「LINE」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

女子中高生の恋愛についての意識調査

ホーム > リサーチ > 女子中高生の恋愛についての意識調査を実施 浮気を「仕方ない」と考える女子中高生は4割超 - デート代の割り勘を理想とする女子中高生は半数以上、LINEでの告白は54%が賛成 - 報道関係者各位プレスリリース 2016年5月2日株式会社ふみコミュニケーションズ女子中高生の恋愛についての意識調査を実施 浮気を「仕方ない」と考える女子中高生は4割超-デート代の割り勘を理想とする女子中高生は半数以上、LINEでの告白は54%が賛成- 株式会社ふみコミュニケーションズ(所在

2016年5月10日KADOKAWAフィードバック数:0ライフスタイル

スマホにインストールされているアプリ実態調査 KADOKAWA

[株式会社KADOKAWA] ,調査 レポート スマホ ゲーム マーケティング LINE スマートフォン アプリ eb-i Xpresss

2016年5月9日フリュー★フィードバック数:0マーケティング

女子高生・女子大生を対象とした「ソーシャルメディアに関する意識調査」

>>> 女子高生・女子大生を対象とした「ソーシャルメディアに関する…女子高生・女子大生を対象とした「ソーシャルメディアに関する意識調査」 Twitterを毎日使う割合は89.0%と定着傾向、Instagramは5位から3位へ台頭SNSがきっかけで友達または恋人ができた割合は75.6%39.4%がTwitterアイコンにプリントシール画像を使用 フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂吉朗 以下、フリュー)が運営する女子高生・女子大生の動向調査・研究機関『GIRLS’TREND

2016年5月4日BIGLOBE★フィードバック数:0マーケティング

新社会人、若手社員のSNS/LINEに関する利用実態調査

~女性社員へのSNS申請は要注意!?~ 新社会人女性の7割が上司とつながることに抵抗あり(BIGLOBE調べ) 【実態調査】上司必見、2016年4月新社会人のSNS/LINE事情~女性社員へのSNS申請は要注意!?~ 新社会人女性の7割が上司とつながることに抵抗あり(BIGLOBE調べ)更新日:2016年04月21日このたびBIGLOBEは、20歳~25歳の新社会人(N=252)、若手社会人(※1)(N=446)合計698人を対象に、「新社会人、若手社員のSNS/LINEに関する利用実態調査

2016年4月26日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

プリペイドカード利用に関する実態調査

最後発「LINE Payカード」が、10代が購入したいカード2位に プリペイドカード利用に関する実態調査最後発「LINE Payカード」が、10代が購入したいカード2位に交通系カードは7割が利用、リアル店舗で使える汎用系カードは6割調査結果サマリー「交通系カード」は7割、「汎用的なリアル店舗系カード」は6割が利用プリペイドカードについて、PASMOなどの「交通系」、Vプリカなどの「インターネット専用」、スターバックスカードなどの「特定商品系」、nanacoカードなどの「汎用的なリアル店舗系」、旅

2016年4月18日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「誕生日」について

「誕生日」について「自分の誕生日を家族に忘れられていた経験」4人に1人。 SNSで誕生日のお祝いをしたりされたりする人は3人に1人。20代は6割以上で、SNSがお祝いツールとしても定着。フェイスブックやLINEなどSNSの登場によって、ふだんのコミュニケーションのあり方が大きく変化しています。例えば誕生日、タイムラインへのお祝いメッセージの投稿が気軽にできるようになり、友人や知人の誕生日がとても身近になってきたように感じます。そこで今回は、昨今の誕生日事情について、ベルメゾンデッセ会員のみなさん

2016年3月31日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2015年度総集編【トレンドトピック版】

2015年、最も利用が伸びたのは「フリマアプリ」。20代女性の利用率が3倍に モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査2015年度総集編【トレンドトピック版】2015年、最も利用が伸びたのは「フリマアプリ」。20代女性の利用率が3倍にスマホ利用後、最も接触頻度が変わったのは「雑誌」。4割以上が「減った」調査結果サマリー2015年、最も利用が伸びたのは「フリマアプリ」。20代女性の利用率が3倍に「フリマアプリ」の利用率は2014年から2015年にかけて大幅に伸びました。特に20代女性の利用増が顕著

2016年3月19日ジャストシステム★フィードバック数:0モバイル

プッシュ通知に関する実態調査

「プッシュ通知競争」に勝ち抜くために!プッシュ通知に関する実態調査 最も開封されやすい「プッシュ通知」とは?「プッシュ通知競争」に勝ち抜くために!プッシュ通知に関する実態調査4割以上が「大量のプッシュ通知が嫌でアプリを削除」調査結果サマリー4割以上が「大量のプッシュ通知が原因で、アプリを削除」した経験あり 頻繁な「プッシュ通知」が原因でアプリを削除した経験がある人は46.6%でした。年代別で見ると、50代が最も割合が高く、52.9%と半数以上の人に経験があるようです。開封されやすい「プッシュ通知

2016年3月13日ジャストシステムフィードバック数:0キャリアとスキル

イマドキのバイト探しに関する実態調査

10代~20代に聞いた!イマドキのバイト探しに関する実態調査 「バイト探しはアプリで」が、いまや3人に1人10代~20代に聞いた!イマドキのバイト探しに関する実態調査利用率の高いバイト探しアプリの3位「バイトル」、2位「マイナビバイト」、1位は?調査結果サマリー「バイト探しはアプリで」が、いまや3人に1人バイト探しにメインで利用するメディアとして、「スマートフォンのWEBサイト」と答えた人が最も多く(43.5%)、次いで「スマートフォンのアプリ」(27.7%)、「フリーペーパーなどの紙媒体」(1

2016年3月7日LIDDELL★フィードバック数:0大型消費/投資

イマドキ若者は既読スルーからの返事!LINEの焦らしテクで異性を落とす!! LIDDELL

[リデル] ,調査 イケメン SPIRIT LINE 自撮り アイレット cloudpack LIDDELL イマドキ みんなのクラウド教室

2016年3月2日ジャストシステムフィードバック数:0ビジネス

スマホは営業マンのビジネススタイルをどう変えたのか?

スマホは営業マンのビジネススタイルをどう変えたのか? 日々の情報収集は、「新聞」が3割、「スマホ」が8割スマホは営業マンのビジネススタイルをどう変えたのか?20代営業マンの3人に1人が、仕事は「パソコン」よりも「スマホ」調査結果サマリー日々の情報収集は、「新聞」が3割、「スマホ」が8割営業職が日々の情報収集に活用しているメディアとして「スマートフォン」が最も使われており、83.6%の人が「利用頻度が高い」と回答しました。「パソコン」は76.3%、「テレビ」は64.8%で、「新聞」は36.7%でし

2016年2月24日ヴァリューズフィードバック数:0マーケティング

男女×年代別 実際によく使われているアプリランキング

先頭へ末尾へ調査データ 2016年02月19日全世代で強いLINE。Facebook、TwitterにYahoo!とマクドナルドが迫る男女×年代別 実際によく使われているアプリランキング◆ 男性は「Amazon」「Yahoo!乗換案内」「ジョルテ」「SmartNews」、女性は「LINE ディズニーツムツム」「クックパッド」「Instagram」などのアプリがよく起動されている◆ 20代男女で比較すると、男性は「モンスターストライク」や「パズル&ドラゴンズ」などゲームアプリがランクインし、女性は

2016年2月18日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

「スマートフォンのアルバイト探し」について調査

そこで大切なのは、求職者がどんな媒体をどのような手段でチェックして、応募しているのかを把握することです。できれば、求職者が求人を検索するスタイルまで掘り下げられたら理想的です。今回は、アルバイト探しの手段と、求人情報のチェックの仕方についてアンケートをとり、求職者の求人検索~応募パターンを調査。さらに「LINEバイト」の実例から有効な施策を探っています。採用に必要な応募数を獲得するためにご活用ください。【調査地域】 全国(インターネットリサーチ) 【調査対象】 アルバイト経験のある15歳~24歳

2016年2月8日App Annie Japan★フィードバック数:0企業情報システム

新興アプリ市場レポート

[App Annie] ,スマホ LINE iPhone Android アプリ BRICs

2016年2月4日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

SNSプロモーションに対する消費者動向調査

「SNSプロモーションに対する消費者動向調査」 スマホで企業からの情報をチェックする際、最も使うのは「LINE」「SNSプロモーションに対する消費者動向調査」公式アカウントと友だちになるのは、「スタンプ」より「お得な情報」調査結果サマリー企業からの情報収集に使うのは、1位「LINE」、2位「ニュース」、3位「Twitter」スマホユーザーが、企業がプロモーションやマーケティング活動で発信する情報をスマートフォンで収集する際、最もよく使っているのは「LINE」で(57.7%)、続いて「Webニュー

2016年1月27日ADDIXフィードバック数:0大型消費/投資

新年の迎え方についての意識調査

「今年、LINEで新年のあいさつをした」4割。「新年の迎え方についての意識調査」大みそかには家族そろって紅白歌合戦を観て、年越しそばを食べて、新年の瞬間を迎える。かつては多くの家庭で見られたそんな光景も今や少数派となり、新年の迎え方は大きく変わったと言われています。また、インターネット、とりわけLINEなどのSNSの普及にともない、年賀状離れが進んでいるとも言われています。今年の女性たちの新年の迎え方は、実際どうだったのでしょうか?BWRITEでは、今年1月、18歳以上の女性200名にアンケート

2016年1月19日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

年末年始のスマホ利用実態調査【2016年】

半数以上が、年末年始にスマホでショッピング年末年始のスマホ利用実態調査【2016年】4人に1人は普段はSNSに投稿しないが、年末年始は投稿機会が「増える」調査結果サマリー半数以上が、年末年始にスマホでショッピング。1年前より大幅増加年末年始(2015年12月30日~2016年1月3日)にスマートフォンで商品を購入した人の割合は、「スマートフォンのWEBサイト経由」(18.6%)、「スマートフォンのショッピングアプリ経由」(28.0%)、「スマートフォンのフリマアプリ経由」(9.4%)でした。あわ

2016年1月18日ADDIX★フィードバック数:0マーケティング

SNSと女性についての意識調査

20代以下は「もっとも楽しいのはインスタ」!「SNSと女性についての意識調査」2016年がスタートして、はや2週間がすぎました。昨年は、若い年代の女性への「Instagram」の急速な普及が話題となりましたが、今年、ソーシャルメディアサービス(以下、SNS)と女性を取り巻く状況はどのように変化していくのでしょうか。BWRITEでは、女性とSNSについての今後を占うべく、昨年12月中旬に18歳以上の女性213名にアンケートを実施。「SNSと女性についての意識調査」として結果をまとめました。今回の調

2015年12月22日FULLERフィードバック数:0マーケティング

PUSH効果で「ブレフロ」起動率が18%増。見えてきたLINE公式アカウントの可能性

PUSH効果で「ブレフロ」起動率が18%増。見えてきたLINE公式アカウントの可能性。 今回は以前ご紹介した 「モンストで222%ユーザー増!?LINE公式アカウントの効果を検証してみた。」 をさらに深掘りし、LINE公式アカウントによるPUSHの効果についてご報告いたします。 App Apeではログの抽出方法を工夫し、HAU分析を更にカスタムすることで、PUSHの効果を詳細まで調査することができます。具体的な方法として、①LINE公式アカウントからメッセージを送信した時間帯のHAU(Hour

2015年12月14日リクルートフィードバック数:0マーケティング

SNS、どんなふうに利用してる?

Vol.320 大学1年生に聞きました。SNS、どんなふうに利用してる?  LINEやTwitterなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用していますか?大学1年生に、LINEやTwitterなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用しているかどうかを尋ねたところ、95.3%が「はい」と回答。ほとんどの学生がSNSを利用しており、利用していない学生はごくわずかであることがわかった。では、「はい」と回答した学生が89.2%であったことからすると、SNS利用者はさらに増

2015年11月29日ニールセンフィードバック数:0モバイル

スマートフォンアプリの利用状況

スマートフォンの利用時間の増加はアプリの利用時間が牽引 スマートフォンアプリ利用時間の1位は「LINE」で総利用時間の約10% 「Twitter」は0~5時の利用時間が他と比べ長くアプリによって時間帯別利用時間シェアが異なる視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)の9月データをもとにアプリケーション(以下アプリ)の利用状況を分析し、結果を発表しました。スマートフォンの利用時間の約

2015年11月26日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

10代のスマートフォン利用に関する実態調査

10代のスマートフォン利用に関する実態調査 女性の半数以上が「Instagram」を利用、男性は2割に満たず10代のスマートフォン利用に関する実態調査スマホの1日あたりの利用時間は153分で、パソコンの2倍以上調査結果サマリー10代女性の半数以上が「Instagram」を利用、男性は2割に満たずスマートフォンの1日あたりの利用時間は約153分で、パソコンの2倍以上10代のスマホユーザーの1日あたりのメディア接触時間は、「スマートフォンからのインターネット接続」が最も多く152.98分、次いで「テ

2015年10月28日ジャストシステム★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ソーシャルロボット意識調査

家庭用ロボットの所有目的は“癒やし”と“リア充”。欲しい機能は、「テレビ電話」ソーシャルロボット意識調査約6割が、「宿泊先の荷物運び」「チケット販売」はロボットでもよい調査結果サマリー家庭用ソーシャルロボットを持つ目的は、「癒やし」と「リア充」今後、ソーシャルロボットに欲しい機能は、「テレビ電話」 ソーシャルロボットを所有している人やいずれ欲しい人に、追加してほしい機能を聞いたところ、「テレビ電話」(48.6%)や「電話」(42.1%)、「メールの送受信」(36.4%)といった外部とのコミュニケ

2015年10月22日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

10代~30代の女性に聞いた!フリマアプリ利用実態調査

「メルカリ」が圧倒的1位、9割のフリマアプリユーザーが利用 10代〜30代の女性に聞いた!フリマアプリ利用実態調査「メルカリ」が圧倒的1位、9割のフリマアプリユーザーが利用30代出品者の4人に1人は、月1万円以上を販売調査結果サマリー「メルカリ」が圧倒的1位、9割のフリマアプリユーザーが利用現在、利用中のフリマアプリとして回答した人が最も多かったのは「メルカリ」(88.6%)で、次いで「Fril」(30.0%)、「LINE MALL」(18.9%)でした。また、利用目的別に聞いた場合でも、購入を

2015年10月8日ジャストシステム★★フィードバック数:0エンタテインメント

広告を見ても、"違和感を抱かない"SNSとは?

広告を見ても、“違和感を抱かない”SNSとは? インスタグラマーの認知度は57.6%、フォローしているのは4人に1人広告を見ても、“違和感を抱かない”SNSとは?意外と多い!? Instagramユーザーの3割は、「見る専」調査結果サマリー広告に“違和感を抱かない”SNSは、「Instagram」「Facebook」「Twitter」「LINE」「Instagram」のうち、利用中に広告が目に入ってきたとしても、特に違和感を抱かないというユーザーの割合が最も高かったのは「Instagram」(2

2015年10月2日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年9月度)

スマホでよく使う機能をひとつに集約するなら、2位「LINE」、3位「楽天市場」で、1位は? モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年9月度)スマホでよく使う機能をひとつに集約するなら、2位「LINE」、3位「楽天市場」で、1位は?3人に1人が、「個人情報の登録を求めたスマホアプリは削除」調査結果サマリースマートフォンでよく使う機能を集約するなら、1位「Yahoo!」、2位「LINE」、3位「楽天市場」スマートフォンでよく使うニュースやショッピングなどの機能をひとつのアプリに「集約した

2015年9月30日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム ソーシャルメディア(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ現在利用サービスは「YouTube」「LINE」が各3〜4割、「Facebook」「価格.com」「Twitter」「クックパッド」「ブログ」「Yahoo!知恵袋」「食べログ」が各2割。投稿しているのは「Facebook」「LINE」「Twitter」「ブログ」などが各1〜2割。「mixi」は過去調査に比べ利用・投稿とも減少傾向 サービス利用目的は、LINE主利用者では、家族や友人とのコミュニケーション、複数人と同時やりとりなどが上位。Fa

2015年9月9日マッチアラーム★★フィードバック数:0ライフスタイル

独身女性の7割が「メールでの告白はナシ」と回答

[マッチアラーム株式会社] ,メール 恋愛 結婚 婚活 告白 LINE 恋活

2015年7月30日ソニー損害保険フィードバック数:0ライフスタイル

お盆の帰省に関する調査(2015年)

リサーチレポート以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。以下の内容は掲載当時のもので、 現在と異なる場合がございます。ソニー損保、「お盆の帰省に関する調査(2015年)」日並びの影響? 今年のお盆休みの平均日数は4.6日 昨年比0.4日減今年の帰省ラッシュは8月13日(木)付近、Uターンラッシュは15・16日の土日に集中愛犬家・愛猫家「ペットと一緒に帰省」が半数近く、「ペットだけ家に残す」が3割弱帰省の連絡方法 実家(親)へは「電話」8割強、20代の3割は「LINE」で連絡4

2015年7月24日インプレス★フィードバック数:0エンタテインメント

音楽配信サービス利用状況についての集計結果(2015年7月)

読者アンケート結果発表音楽配信サービス利用状況についての集計結果(2015年7月)新定額サービスの人気はApple Music、AWA、LINEの順(2015/7/24 15:06)今回は260人の方から投票を頂きました。ご協力ありがとうございました。アンケート実施期間:2015年7月16日~7月23日※複数回答の設問があるため、回答結果を合わせると100%・総投票人数を超える場合があります過半数がiTunes利用、Apple Music/moraが2位 利用している音楽サービスを尋ねたところ、

2015年7月12日アスマークフィードバック数:0ビジネス

メッセージアプリのマナーに関する調査

メッセージアプリのマナーに関するアンケート調査総括 「迷惑かもしれない」と思いつつ、半数の人がメッセージを送っている やっと眠りについたころに鳴る携帯、朝から送られてくる重い内容のメッセージ、仕事中なのに何通も繰り広げられるメッセージのやり取り…。「不快、嫌だ、迷惑だ。」とまでは思わなくても、「微妙な心境」を感じる人は、多いのではないだろうか 。電話からメール、メールから LINE等のメッセージアプリ変遷していく中で、いつでも、どこでも気軽に連絡をとれる便利さが増す一方、相手の状況を気にする心遣

2015年7月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

利用シーン別×属性別アプリ利用実態調査

朝起きてから夜眠るまで、最も利用されているアプリは?利用シーン別×属性別アプリ利用実態調査主婦は、平日の就寝前に「LINE」「ゲーム」「ECアプリ」調査結果サマリー朝起きてから夜眠るまで、最も利用されているアプリは「LINE」スマートフォンユーザーを「学生」「会社員」「主婦」で分類し、「平日」「休前日」「休日」における「朝起きてすぐ」「通勤・通学時間帯」「お昼休み」「授業・仕事の合間(休憩、トイレなど)」「帰宅時間帯」「就寝前」といった時間帯ごとに何のアプリを使っているかを聞いたところ、いずれの

2015年7月6日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

無料動画アプリに関する利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 無料動画アプリ、学生の42.4%が「シェア機能を利用」、 利用したことがあるサービスは「LINE(69.8%)、Twitter(62.7%)」 無料動画アプリ、学生の42.4%が「シェア機能を利用」、 利用したことがあるサービスは「LINE(69.8%)、Twitter(62.7%)」 MMDLabo株式会社は同社が運営するMMD研究所と

2015年7月6日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

「定額制音楽ストリーミングサービス」に関するアンケート調査

「定額制音楽ストリーミングサービス」に関するアンケート調査 認知度1位「LINE MUSIC」、2位「dヒッツ」「定額制音楽ストリーミングサービス」に関するアンケート調査今は使わない理由は、「サービスが出そろうまで様子を見たい」調査結果サマリー認知度が高いサービスの1位は「LINE MUSIC」、2位は「dヒッツ」定額制音楽ストリーミングサービスについて「利用している」「利用を検討している」「興味がある」と回答した人のうち、「知っている」※1と答えた人が最も多かったサービスは「LINE MUSI

2015年6月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

シェアリングエコノミーに関する調査

日本のシェアリングエコノミー“Uber for X”は、女性が牽引? 拡大のために期待することは、「信頼性・安全性を高める認証制度」日本のシェアリングエコノミー“Uber for X”は、女性が牽引?自宅など、使わない期間やスペースをシェアしたい女性が2割超調査結果サマリーシェアリングエコノミー拡大のために期待することは、「信頼性・安全性を高める認証制度」これまでに家や自動車などを貸し出したことがある人に、今後のサービス拡大に向けて期待することを聞いたところ、「信頼性・安全性を高める認証制度」(

2015年6月23日フリュー★フィードバック数:0大型消費/投資

フリューの調査です。

女子高生・女子大生を対象とした「恋愛とSNSに関する意識調査」

女子高生・女子大生を対象とした「恋愛とSNSに関する意識調査」 プロフィール画像への一目惚れ経験者は16.2%、うち付き合ったのは48.1%LINEでの告白経験は78.7%!気になる人からの返信はすぐ読まない派が約半数キュンとするカップルのラブラブシーン、SNS上の動画が4位にランクイン フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂吉朗 以下、フリュー)が運営する女子高生・女子大生の動向調査・研究機関『GIRLS'TREND(ガールズトレンド) 研究所』は、2015年5月に「恋愛

2015年6月18日ジャストシステムフィードバック数:0デジタル家電要登録

「ドローン」に関するアンケート調査

期待するドローン活用は、1位「災害救助」、2位「映像領域」、3位「救急医療」「ドローン」に関するアンケート調査ドローン規制に「賛成」は、6割以上。 60代では8割が賛成調査結果サマリードローンに期待したい活用領域は、1位「災害救助」、2位「映像領域」、3位「救急医療」ドローンが役立つと期待できる領域として「災害救助」を選んだ人が最も多く(72.5%)、次いで「映像領域」(69.0%)、「救急医療」(65.5%)でした。人命救助のための活用や、人による撮影が厳しい場面の映像撮影などには期待が高いよ

2015年6月17日VSNフィードバック数:0キャリアとスキル

ビジネスパーソンのライフスタイル調査

 2015年6月17日株式会社VSN ビジネスパーソンのライフスタイル調査人材サービスの株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 川崎 健一郎)は、全国・男女20~50代の会社員を対象に、「ビジネスパーソンのライフスタイル調査」を実施しました。調査手法はインターネットリサーチ、調査期間は2015年6月9日(火)~6月11日(木)。計880名から回答を得ました。 TOPICS最も多く使う連絡手段 女性は「LINEメッセンジャー」がトップに約半数のビジネスパーソンが完全に無くなると困る

2015年5月28日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル要登録

スマートフォンカメラに関する実態調査

スマホカメラの写真共有は、10代は「LINE」、50代は「Eメール」 カメラもスマホシフト?スマートフォンカメラに関する実態調査スマホカメラの写真共有は、10代は「LINE」、50代は「Eメール」自撮り棒所有者の4割以上は、「ほぼ毎日、自撮り棒を携帯」調査結果サマリー自撮り棒所有者の4割以上は「ほぼ毎日、自撮り棒を携帯」スマートフォンのカメラ機能を利用する人のうち、自撮り棒を所有しているのは7.1%でした。自撮り棒所有者の44.4%が「ほぼ毎日、自撮り棒を携帯している」と回答しました※1。※1

2015年5月20日東京工科大学★フィードバック数:0マーケティング

LINEが目立ちます。

東京工科大学2015年度新入生の「コミュニケーションツール」利用実態調査

東京工科大学2015年度新入生の「コミュニケーションツール」利用実態調査を発表「LINE」の主流化がさらに進み、携帯メールの利用は5割以下に 「Instagram」は女子の3割が利用 東京工科大学(東京都八王子市片倉町、学長軽部征夫)では、八王子キャンパスに設置する理工系4学部※1の2015年度新入生を対象に、普段の生活におけるコミュニケーションツール等の利用状況に関するアンケート調査を実施いたしました(サンプル数:1269名、調査日:2015年4月4日)。以下の通り結果をご報告いたします。 調

2015年5月15日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

今年の新入社員は「スマート家電型」

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 今年の新入社員は「スマート家電型」 データや合理性重視のエコなデジタルネイティブ世代 ―オリジナルの適性検査から新人傾向を発表― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、エン・ジャパンが顧客企業に提供している新人研修を受講した2015年度の新入社員388名を対象に、企業が求める特性や能力を持つ人材を短時間で簡単に見極められる適性テスト『3E-IP』()を実施。その結

子どもとのコミュニケーションについての調査です。

母と子のコミュニケーション実態調査

ソフトブレーン・フィールドは営業効果を高めたい企業と全国規模で店舗売場を店頭調査する消費者モニターとを結ぶ企業パートナーです。 ホーム > 新着情報 > 【プレスリリース】「〜母と子のコミュニケーション実態調査〜半数以上のママが子供との会話時間を「増やしたい」と思っている!高校生以上の子供がいる家庭の約4割がLINE等を活用」 法人企業のお客さまへ 働きたい主婦の皆さまへ 【プレスリリース】「〜母と子のコミュニケーション実態調査〜半数以上のママが子供との会話時間を「増やしたい」と思っている!

2015年4月19日日本法規情報フィードバック数:0マーケティング

ちょっとした出来心で大ゲンカ!SNSトラブルの実態『SNSトラブルに巻き込まれたことがある』は48% 法律問題意識調査レポート 「SNSトラブルに関する実態調査」

[日本法規情報株式会社] ,ママ友 SNS ネットトラブル 炎上 LINE(ライン) Facebook(フェイスブック) Twitter(ツイッター) 職場トラブル mixi(ミクシィ)

2015年4月8日マッチアラームフィードバック数:0マーケティング

ニュースアプリ、1番人気は「Yahoo!ニュース」と判明。2位以下は男女で異なる結果に

[マッチアラーム株式会社] ,調査 恋愛 ニュース Yahoo! マッチング 婚活 Facebook LINE 恋活 アプリ

ネットと友達についての調査です。

女子中高生の友達についての意識調査

ホーム > リサーチ > 66.8%の女子中高生が、ネット上だけで交流する友達が必要と考えている 女子中高生の友達についての意識調査を実施― 48.9%の女子中高生がSNS疲れ、約3割が悪口や暴言を吐かれた経験あり。 ― 報道関係者各位プレスリリース 2015年4月7日株式会社ふみコミュニケーションズ66.8%の女子中高生が、ネット上だけで交流する友達が必要と考えている 女子中高生の友達についての意識調査を実施― 48.9%の女子中高生がSNS疲れ、約3割が悪口や暴言を吐かれた経験あり。 ―

2015年3月25日オウチーノフィードバック数:0マーケティング

「SNSと家庭内コミュニケーション」実態調査

「SNSと家庭内コミュニケーション」実態調査2015.3.16 「SNSと家庭内コミュニケーション」実態調査株式会社 オウチーノいまや多くの若者にとって、LINE・Twitter・FacebookをはじめとするSNSは、毎日の生活と切っても切り離せない存在になった。SNSを主な連絡手段としている人も少なくないだろう。そんな中、イマドキの若者たちは両親や兄弟と、SNSを通してどのようなコミュニケーションを形成しているのだろうか。Copyright © O-uccino, Inc. All Righ

2015年3月19日オウケイウェイヴ★フィードバック数:0ライフスタイル

OKWaveのレポートです。

Q&Aサイト「OKWave」における『学生の交友関係』に関する疑問・相談を調査

Skip to content総研レポート「LINE」の登場以降、女子学生の交友関係の悩み相談の対象は「個」から「グループ」に変化2015年3月 OKWAVE総合研究所レポート Q&Aサイト「OKWAVE」における『学生の交友関係』に関する疑問・相談を調査2015年3月19日発行 今回の調査では1999年7月から2015年1月の約16年間にOKWAVEに投稿された、 『学生の交友関係』に関連する「質問」105,722件を多角的に分析しました。

フリマアプリについての調査です。

人気の「フリマアプリ」は「メルカリ」、出品/購入者の79.4%が利用

いらないものを手軽に売ったり、掘り出し物を安く買える「フリマアプリ」をご存知だろうか。スマートフォンで撮った写真をそのままアップロードするだけで出品できるのが特徴だ。出店される品物も、ワンピースからアクセサリー、帽子から絵本まで、幅広い。インターネットコムと NTT コムリサーチでは「フリマアプリ」に関する調査を行った。調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,070人。男女比は男性53.5%、女性46.5%。年代比は10代13.5%、20代15.1%、30代21.8%、40

ログデータの分析です。

スマートフォンユーザーのアプリ利用実態

― スマートフォンユーザーのアプリ利用実態 ―約8割がゲームアプリを利用。男女ともパズルゲームの利用が最も高い。 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:荻野 欣之)は、スマートフォンユーザーのアプリ利用データを多面的に分析できるサービス「Cloudish by App Ape」の2014年12月度のアプリ利用ログデータを使用して、Androidスマートフォンにおけるゲームアプリ利用状況についてまとめました。<

2015年2月13日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年1月度)

スマートフォンメインのネットショッピングが、半年で約1.5倍に モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年1月度)スマートフォンメインのネットショッピングが、半年で約1.5倍にニュースキュレーションアプリで最も満足度が高いのは、「NewsPicks」調査結果サマリースマートフォンメインのネットショッピングが、半年で約1.5倍にネットショッピングに最もよく使う機器として「スマートフォン」と回答した人の割合は10.8%でした。2014年6月調査時の7.4%から1.46倍に増えました。※1 

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ