「LINE」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年2月4日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

SNSプロモーションに対する消費者動向調査

「SNSプロモーションに対する消費者動向調査」 スマホで企業からの情報をチェックする際、最も使うのは「LINE」「SNSプロモーションに対する消費者動向調査」公式アカウントと友だちになるのは、「スタンプ」より「お得な情報」調査結果サマリー企業からの情報収集に使うのは、1位「LINE」、2位「ニュース」、3位「Twitter」スマホユーザーが、企業がプロモーションやマーケティング活動で発信する情報をスマートフォンで収集する際、最もよく使っているのは「LINE」で(57.7%)、続いて「Webニュー

2016年1月27日ADDIXフィードバック数:0大型消費/投資

新年の迎え方についての意識調査

「今年、LINEで新年のあいさつをした」4割。「新年の迎え方についての意識調査」大みそかには家族そろって紅白歌合戦を観て、年越しそばを食べて、新年の瞬間を迎える。かつては多くの家庭で見られたそんな光景も今や少数派となり、新年の迎え方は大きく変わったと言われています。また、インターネット、とりわけLINEなどのSNSの普及にともない、年賀状離れが進んでいるとも言われています。今年の女性たちの新年の迎え方は、実際どうだったのでしょうか?BWRITEでは、今年1月、18歳以上の女性200名にアンケート

2016年1月19日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

年末年始のスマホ利用実態調査【2016年】

半数以上が、年末年始にスマホでショッピング年末年始のスマホ利用実態調査【2016年】4人に1人は普段はSNSに投稿しないが、年末年始は投稿機会が「増える」調査結果サマリー半数以上が、年末年始にスマホでショッピング。1年前より大幅増加年末年始(2015年12月30日~2016年1月3日)にスマートフォンで商品を購入した人の割合は、「スマートフォンのWEBサイト経由」(18.6%)、「スマートフォンのショッピングアプリ経由」(28.0%)、「スマートフォンのフリマアプリ経由」(9.4%)でした。あわ

2016年1月18日ADDIX★フィードバック数:0マーケティング

SNSと女性についての意識調査

20代以下は「もっとも楽しいのはインスタ」!「SNSと女性についての意識調査」2016年がスタートして、はや2週間がすぎました。昨年は、若い年代の女性への「Instagram」の急速な普及が話題となりましたが、今年、ソーシャルメディアサービス(以下、SNS)と女性を取り巻く状況はどのように変化していくのでしょうか。BWRITEでは、女性とSNSについての今後を占うべく、昨年12月中旬に18歳以上の女性213名にアンケートを実施。「SNSと女性についての意識調査」として結果をまとめました。今回の調

2015年12月14日リクルートフィードバック数:0マーケティング

SNS、どんなふうに利用してる?

Vol.320 大学1年生に聞きました。SNS、どんなふうに利用してる?  LINEやTwitterなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用していますか?大学1年生に、LINEやTwitterなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用しているかどうかを尋ねたところ、95.3%が「はい」と回答。ほとんどの学生がSNSを利用しており、利用していない学生はごくわずかであることがわかった。では、「はい」と回答した学生が89.2%であったことからすると、SNS利用者はさらに増

2015年11月29日ニールセンフィードバック数:0モバイル

スマートフォンアプリの利用状況

スマートフォンの利用時間の増加はアプリの利用時間が牽引 スマートフォンアプリ利用時間の1位は「LINE」で総利用時間の約10% 「Twitter」は0~5時の利用時間が他と比べ長くアプリによって時間帯別利用時間シェアが異なる視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)の9月データをもとにアプリケーション(以下アプリ)の利用状況を分析し、結果を発表しました。スマートフォンの利用時間の約

2015年10月8日ジャストシステム★★フィードバック数:0エンタテインメント

広告を見ても、"違和感を抱かない"SNSとは?

広告を見ても、“違和感を抱かない”SNSとは? インスタグラマーの認知度は57.6%、フォローしているのは4人に1人広告を見ても、“違和感を抱かない”SNSとは?意外と多い!? Instagramユーザーの3割は、「見る専」調査結果サマリー広告に“違和感を抱かない”SNSは、「Instagram」「Facebook」「Twitter」「LINE」「Instagram」のうち、利用中に広告が目に入ってきたとしても、特に違和感を抱かないというユーザーの割合が最も高かったのは「Instagram」(2

2015年10月6日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

SNSの利用実態調査

LINEは、若者だけのものではない!「SNSの利用実態調査」 50代の「LINE」利用率が、57.9%から67.9%に半年で大幅アップLINEは、若者だけのものではない!「SNSの利用実態調査」「タイムライン」を利用する4人に1人が、企業投稿をきっかけに来店調査結果サマリー50代の「LINE」利用率が、57.9%から67.9%に半年間で大幅にアップ現在、使っているSNSサービスは「LINE」(74.5%)が最も多く、続いて「Twitter」(43.1%)、「Facebook」(42.7%)、「I

2015年10月2日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年9月度)

スマホでよく使う機能をひとつに集約するなら、2位「LINE」、3位「楽天市場」で、1位は? モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年9月度)スマホでよく使う機能をひとつに集約するなら、2位「LINE」、3位「楽天市場」で、1位は?3人に1人が、「個人情報の登録を求めたスマホアプリは削除」調査結果サマリースマートフォンでよく使う機能を集約するなら、1位「Yahoo!」、2位「LINE」、3位「楽天市場」スマートフォンでよく使うニュースやショッピングなどの機能をひとつのアプリに「集約した

2015年9月30日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム ソーシャルメディア(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ現在利用サービスは「YouTube」「LINE」が各3〜4割、「Facebook」「価格.com」「Twitter」「クックパッド」「ブログ」「Yahoo!知恵袋」「食べログ」が各2割。投稿しているのは「Facebook」「LINE」「Twitter」「ブログ」などが各1〜2割。「mixi」は過去調査に比べ利用・投稿とも減少傾向 サービス利用目的は、LINE主利用者では、家族や友人とのコミュニケーション、複数人と同時やりとりなどが上位。Fa

2015年9月9日マッチアラーム★★フィードバック数:0ライフスタイル

独身女性の7割が「メールでの告白はナシ」と回答

[マッチアラーム株式会社] ,メール 恋愛 結婚 婚活 告白 LINE 恋活

2015年7月30日ソニー損害保険フィードバック数:0ライフスタイル

お盆の帰省に関する調査(2015年)

リサーチレポート以下の内容は掲載当時のもので、現在と異なる場合がございます。以下の内容は掲載当時のもので、 現在と異なる場合がございます。ソニー損保、「お盆の帰省に関する調査(2015年)」日並びの影響? 今年のお盆休みの平均日数は4.6日 昨年比0.4日減今年の帰省ラッシュは8月13日(木)付近、Uターンラッシュは15・16日の土日に集中愛犬家・愛猫家「ペットと一緒に帰省」が半数近く、「ペットだけ家に残す」が3割弱帰省の連絡方法 実家(親)へは「電話」8割強、20代の3割は「LINE」で連絡4

2015年7月24日インプレス★フィードバック数:0エンタテインメント

音楽配信サービス利用状況についての集計結果(2015年7月)

読者アンケート結果発表音楽配信サービス利用状況についての集計結果(2015年7月)新定額サービスの人気はApple Music、AWA、LINEの順(2015/7/24 15:06)今回は260人の方から投票を頂きました。ご協力ありがとうございました。アンケート実施期間:2015年7月16日~7月23日※複数回答の設問があるため、回答結果を合わせると100%・総投票人数を超える場合があります過半数がiTunes利用、Apple Music/moraが2位 利用している音楽サービスを尋ねたところ、

2015年7月12日アスマークフィードバック数:0ビジネス

メッセージアプリのマナーに関する調査

メッセージアプリのマナーに関するアンケート調査 メッセージアプリのマナーに関するアンケート調査メッセージアプリのマナーに関するアンケート調査急ぎの用事があるから…「迷惑かもしれない」と思いつつ、半数の人がメッセージを送っている「迷惑かもしれない」と思いつつ、半数の人がメッセージを送っているやっと眠りについたころに鳴る携帯、朝から送られてくる重い内容のメッセージ、仕事中なのに何通も繰り広げられるメッセージのやり取り…。「不快、嫌だ、迷惑だ。」とまでは思わなくても、「微妙な心境」を感じる人は、多い

2015年7月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

利用シーン別×属性別アプリ利用実態調査

朝起きてから夜眠るまで、最も利用されているアプリは?利用シーン別×属性別アプリ利用実態調査主婦は、平日の就寝前に「LINE」「ゲーム」「ECアプリ」調査結果サマリー朝起きてから夜眠るまで、最も利用されているアプリは「LINE」スマートフォンユーザーを「学生」「会社員」「主婦」で分類し、「平日」「休前日」「休日」における「朝起きてすぐ」「通勤・通学時間帯」「お昼休み」「授業・仕事の合間(休憩、トイレなど)」「帰宅時間帯」「就寝前」といった時間帯ごとに何のアプリを使っているかを聞いたところ、いずれの

2015年7月6日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

無料動画アプリに関する利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 無料動画アプリ、学生の42.4%が「シェア機能を利用」、 利用したことがあるサービスは「LINE(69.8%)、Twitter(62.7%)」 無料動画アプリ、学生の42.4%が「シェア機能を利用」、 利用したことがあるサービスは「LINE(69.8%)、Twitter(62.7%)」 MMDLabo株式会社は同社が運営するMMD研究所と

2015年7月6日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

「定額制音楽ストリーミングサービス」に関するアンケート調査

「定額制音楽ストリーミングサービス」に関するアンケート調査 認知度1位「LINE MUSIC」、2位「dヒッツ」「定額制音楽ストリーミングサービス」に関するアンケート調査今は使わない理由は、「サービスが出そろうまで様子を見たい」調査結果サマリー認知度が高いサービスの1位は「LINE MUSIC」、2位は「dヒッツ」定額制音楽ストリーミングサービスについて「利用している」「利用を検討している」「興味がある」と回答した人のうち、「知っている」※1と答えた人が最も多かったサービスは「LINE MUSI

2015年6月23日フリュー★フィードバック数:0大型消費/投資

フリューの調査です。

女子高生・女子大生を対象とした「恋愛とSNSに関する意識調査」

女子高生・女子大生を対象とした「恋愛とSNSに関する意識調査」 プロフィール画像への一目惚れ経験者は16.2%、うち付き合ったのは48.1%LINEでの告白経験は78.7%!気になる人からの返信はすぐ読まない派が約半数キュンとするカップルのラブラブシーン、SNS上の動画が4位にランクイン フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂吉朗 以下、フリュー)が運営する女子高生・女子大生の動向調査・研究機関『GIRLS'TREND(ガールズトレンド) 研究所』は、2015年5月に「恋愛

2015年5月28日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル要登録

スマートフォンカメラに関する実態調査

スマホカメラの写真共有は、10代は「LINE」、50代は「Eメール」 カメラもスマホシフト?スマートフォンカメラに関する実態調査スマホカメラの写真共有は、10代は「LINE」、50代は「Eメール」自撮り棒所有者の4割以上は、「ほぼ毎日、自撮り棒を携帯」調査結果サマリー自撮り棒所有者の4割以上は「ほぼ毎日、自撮り棒を携帯」スマートフォンのカメラ機能を利用する人のうち、自撮り棒を所有しているのは7.1%でした。自撮り棒所有者の44.4%が「ほぼ毎日、自撮り棒を携帯している」と回答しました※1。※1

2015年5月20日東京工科大学★フィードバック数:0マーケティング

LINEが目立ちます。

東京工科大学2015年度新入生の「コミュニケーションツール」利用実態調査

東京工科大学2015年度新入生の「コミュニケーションツール」利用実態調査を発表「LINE」の主流化がさらに進み、携帯メールの利用は5割以下に 「Instagram」は女子の3割が利用 東京工科大学(東京都八王子市片倉町、学長軽部征夫)では、八王子キャンパスに設置する理工系4学部※1の2015年度新入生を対象に、普段の生活におけるコミュニケーションツール等の利用状況に関するアンケート調査を実施いたしました(サンプル数:1269名、調査日:2015年4月4日)。以下の通り結果をご報告いたします。 調

2015年5月15日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

今年の新入社員は「スマート家電型」

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 今年の新入社員は「スマート家電型」 データや合理性重視のエコなデジタルネイティブ世代 ―オリジナルの適性検査から新人傾向を発表― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、エン・ジャパンが顧客企業に提供している新人研修を受講した2015年度の新入社員388名を対象に、企業が求める特性や能力を持つ人材を短時間で簡単に見極められる適性テスト『3E-IP』()を実施。その結

子どもとのコミュニケーションについての調査です。

母と子のコミュニケーション実態調査

ソフトブレーン・フィールドは営業効果を高めたい企業と全国規模で店舗売場を店頭調査する消費者モニターとを結ぶ企業パートナーです。 ホーム > 新着情報 > 【プレスリリース】「〜母と子のコミュニケーション実態調査〜半数以上のママが子供との会話時間を「増やしたい」と思っている!高校生以上の子供がいる家庭の約4割がLINE等を活用」 法人企業のお客さまへ 働きたい主婦の皆さまへ 【プレスリリース】「〜母と子のコミュニケーション実態調査〜半数以上のママが子供との会話時間を「増やしたい」と思っている!

2015年4月19日日本法規情報フィードバック数:0マーケティング

ちょっとした出来心で大ゲンカ!SNSトラブルの実態『SNSトラブルに巻き込まれたことがある』は48% 法律問題意識調査レポート 「SNSトラブルに関する実態調査」

[日本法規情報株式会社] ,ママ友 SNS ネットトラブル 炎上 LINE(ライン) Facebook(フェイスブック) Twitter(ツイッター) 職場トラブル mixi(ミクシィ)

2015年4月8日マッチアラームフィードバック数:0マーケティング

ニュースアプリ、1番人気は「Yahoo!ニュース」と判明。2位以下は男女で異なる結果に

[マッチアラーム株式会社] ,調査 恋愛 ニュース Yahoo! マッチング 婚活 Facebook LINE 恋活 アプリ

2015年3月25日オウチーノフィードバック数:0マーケティング

「SNSと家庭内コミュニケーション」実態調査

「SNSと家庭内コミュニケーション」実態調査2015.3.16 「SNSと家庭内コミュニケーション」実態調査株式会社 オウチーノいまや多くの若者にとって、LINE・Twitter・FacebookをはじめとするSNSは、毎日の生活と切っても切り離せない存在になった。SNSを主な連絡手段としている人も少なくないだろう。そんな中、イマドキの若者たちは両親や兄弟と、SNSを通してどのようなコミュニケーションを形成しているのだろうか。Copyright © O-uccino, Inc. All Righ

フリマアプリについての調査です。

人気の「フリマアプリ」は「メルカリ」、出品/購入者の79.4%が利用

いらないものを手軽に売ったり、掘り出し物を安く買える「フリマアプリ」をご存知だろうか。スマートフォンで撮った写真をそのままアップロードするだけで出品できるのが特徴だ。出店される品物も、ワンピースからアクセサリー、帽子から絵本まで、幅広い。インターネットコムと NTT コムリサーチでは「フリマアプリ」に関する調査を行った。調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,070人。男女比は男性53.5%、女性46.5%。年代比は10代13.5%、20代15.1%、30代21.8%、40

ログデータの分析です。

スマートフォンユーザーのアプリ利用実態

― スマートフォンユーザーのアプリ利用実態 ―約8割がゲームアプリを利用。男女ともパズルゲームの利用が最も高い。 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:荻野 欣之)は、スマートフォンユーザーのアプリ利用データを多面的に分析できるサービス「Cloudish by App Ape」の2014年12月度のアプリ利用ログデータを使用して、Androidスマートフォンにおけるゲームアプリ利用状況についてまとめました。<

2015年2月13日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年1月度)

スマートフォンメインのネットショッピングが、半年で約1.5倍に モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年1月度)スマートフォンメインのネットショッピングが、半年で約1.5倍にニュースキュレーションアプリで最も満足度が高いのは、「NewsPicks」調査結果サマリースマートフォンメインのネットショッピングが、半年で約1.5倍にネットショッピングに最もよく使う機器として「スマートフォン」と回答した人の割合は10.8%でした。2014年6月調査時の7.4%から1.46倍に増えました。※1 

2015年2月3日D2Cフィードバック数:0モバイル

お昼休みにみんなが使っているアプリは何?

スマイルの新着情報を RSSフィードで漏れなくチェック! デジタルマーケティングの総合オピニオンサイトHOME > お昼休みにみんなが使っているアプリは何? お昼休みにみんなが使っているアプリは何?こんにちは。D2Cスマイル編集部です。今回は、ビデオリサーチインタラクティブさんが実施された、スマートフォンアプリ(Android)の利用状況調査をご紹介します。一日を通してのアプリの利用状況まず、一日を通してのアプリの利用状況ですが、6、7時頃に利用率が上昇し、その後、12時台に山があり、17時

2015年1月22日MMDLabo★フィードバック数:0マーケティング

具体的なアプリ名を出した調査です。

フリマアプリに関する利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 現在利用しているフリマアプリ「メルカリ」が62.2%で最多、次いで「Fril」「LINE MALL」 現在利用しているフリマアプリ「メルカリ」が62.2%で最多、次いで「Fril」「LINE MALL」 MMD研究所は、スマートフォンのフリマアプリを利用したことがある10~30歳の男女559人を対象に「フリマアプリに関する利用実態調査」を

登録者は減るがヘビーユーザーは残る mixi―定期調査「SNS利用」(8)

このレポートは、インターネットコムと NTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「SNS利用」について調査した第8回である。調査対象は全国10代〜50代以上のインターネット ユーザー1,079人。男女比は男性53.7%、女性46.3%。年代比は10代2.3%、20代27.2%、30代21.5%、40代17.2%、50代以上31.7%。まず、各 SNS にどの程度の登録者がいるか調べてみた。これまでに登録したことのある SNS

2015年1月15日オプト★フィードバック数:0デジタル家電

オプトの調査です。

年賀状・オンライン上の新年の挨拶に関する調査

オプト、「年賀状・オンライン上の新年の挨拶に関する調査」を実施~ 一般化する「SNSで新年の挨拶」、「年賀状の新たな趣向」の兆し ~ 株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:鉢嶺 登、東証一部:証券コード 2389、以下オプト)は、全国の20~69歳の男女1,000人を対象に、年賀状やオンライン上での新年の挨拶行動に関する調査を実施しました。調査結果の概要は以下のとおりです。《トピックス》 1 オンライン上の新年の挨拶「電子メール」23%に次いで「LINE」が14%にのぼる

平日12時代に利用されるアプリを調べています。

スマートフォンユーザーのアプリ利用実態 ー 昼休みによく利用するアプリは?

ー スマートフォンユーザーのアプリ利用実態 ー昼休みによく利用するアプリは? インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:荻野 欣之)は、スマートフォンユーザーのアプリ利用データを多面的に分析できるサービス「Cloudish by App Ape」の2014年11月度のアプリ利用ログデータを使用して、平日の昼休みの時間帯(12時台)におけるAndroidスマートフォンのアプリ利用状況についてまとめました。<結果の主

2015年1月8日マクロミル★フィードバック数:0社会/政治

マクロミルによる恒例の調査です。

2015年 新成人に関する調査

2015年 新成人に関する調査 ~就職や年金など将来に不安を抱くも、7割が“自分たちが日本を変えたい”~ 2015年01月08日“日本の未来”は「明るい」と思う34%、昨年よりも10ポイントダウン“自分の未来”は「明るい」と思う68%、昨年よりも5ポイントアップこれからの日本の政治に「期待できない」81%7割が、自分たちの世代が“日本を変えてゆきたい”「国民年金は、将来、自分がもらえるか不安」91%パソコンの所有率、昨年の新成人よりも大幅減スマホはiPhoneが43%で9ポイントの大幅増2015

2015年1月4日NEWSYフィードバック数:0大型消費/投資

年始のご挨拶は何でする?1位は年賀状も、「あけおめメール」も割合高い結果に!

年始のご挨拶は何でする?1位は年賀状も、「あけおめメール」も割合高い結果に! 2015年に入りましたが、皆さんは友人・知人に向けて新年の挨拶はしましたか? 年越しの瞬間にメールやLINE、SNSなどで「あけおめメール」を送った人も多いと思います。いつのまにか、スタンダードになった「あけおめメール」ですが、年賀状と比べてどれくらい浸透しているのか気になるところですよね。ということで、アンケートサイト「みんなの声」で男女13469名を対象にした「新年の挨拶」についての結果をご紹介します。“年始のご

2014年12月23日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

スマホアプリの利用についての調査です。

2014年スマートフォンアプリ/コンテンツに関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > SNS/コミュニケーションサービス利用「LINE(59.6%)、Facebook(52.0%)、Twitter(39.3%)」 SNS/コミュニケーションサービス利用「LINE(59.6%)、Facebook(52.0%)、Twitter(39.3%)」 MMD研究所は、2014年12月11日~12月13日にかけてスマートフォンを所有して

2014年12月19日ビッグローブフィードバック数:0エンタテインメント

「エンジョイ!マガジン」2014年の人気記事ランキング

プレスルームビッグローブ株式会社BIGLOBEは本日より、パソコンの実用技やネットのトレンドなどを発信する情報サイト「エンジョイ!マガジン」において、今年注目された記事のランキング(注1)を発表します。また、あわせて2014年に最も多く検索されたキーワードの年間ランキングも発表します。 「エンジョイ!マガジン」年間ランキング イメージ画像本ランキングの概要は、以下の通りです。■2014年 エンジョイ!マガジン年間ランキング“2014年の総合アクセス数ランキング”では、LINEの裏技を紹介した記事

「夫婦間の約束」に関するアンケート調査

プレスリリース株式会社みんなのウェディング2014年12月18日 みんなのウェディング×GLITTER「夫婦間の約束」に関するアンケート調査 【夫婦間の約束】「ある」「なんとなくある」82.9% 【小さな約束トップ3】 「帰るときは連絡」「予定は前もって報告」「挨拶のキス」 結婚式場選びの口コミサイトを運営する株式会社みんなのウェディング(本社:東京都中央区、代表取締役:飯尾慶介)は、日本の女性がもっともっと自由に心から人生を楽しむことを応援するファッションマガジン「GLITTER」に協力し、

2014年12月4日マイボイスコム★フィードバック数:0マーケティング

SNSの利用状況です。

マイボイスコム SNSの利用(10)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへSNS利用者(現在登録者)は5割強、登録経験者は6割弱で、過去調査より増加傾向。利用者は10〜20代で7〜8割を占める 利用サイトは「Facebook」「LINE」がSNS利用者の各5〜6割、「Twitter」「mixi」が各3〜4割。「LINE」は2013年より利用率が増加し、今後利用したいSNSで最も多くの人があげている。SNS利用者の6割強は毎日アクセスしており、過去調査よりも利用頻度が高い層が増えている。「スマートフォン」でアクセス

2014年10月30日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

LINE スタンプに 関する調査

LINEの企業スタンプはユーザーの行動に変化をもたらすのか? 企業スタンプ入手後、約3 割が、その企業の商品・サービスの購入経験ありLINEの企業スタンプはユーザーの行動に変化をもたらすのか?商品購入が条件でも、企業スタンプ入手者の半数以上は「スタンプ欲しさに商品購入」調査結果サマリー企業スタンプ入手後、約3割が、その企業の商品・サービスの購入経験ありLINEで企業スタンプを入手した後、その企業について、「商品・サービスを購入/申し込みをした」人が28.5%、「WEBサイトを訪問した」人が51.

2014年10月14日トモノカイ★フィードバック数:0マーケティング

大学生のSNS利用状況です。

96%の大学生がLINEを利用。大学生のSNSの利用実態

【アンケート結果】96%の大学生がLINEを利用。大学生のSNSの利用実態(アンケート)|t-news バイトあれこれバイトあれこれ家庭教師・塾講師、採点・試験監督をはじめとした教育系アルバイトを中心に大学生にオススメのアルバイトを紹介します。 キャリアキャリアインターンシップや就職活動、語学・法律等の資格試験、大学院入試の情報等、大学生のキャリアに役立つ情報を紹介します。 大学生活大学生活サークル・履修情報・キャンパス周辺の情報から大学生活の有意義な過ごし方やお金の話等役立つコンテン

SNS利用状況の推移が見られます。

利用率の低下が止まった「mixi」、止まらない「Mobage」―定期調査「SNS利用」(7)

このレポートは、インターネットコムと NTTコム リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「SNS利用」について調査した第7回である。調査対象は全国10代〜50代以上のインターネット ユーザー1,089人。男女比は男性53.7%、女性46.3%。年代比は10代2.1%、20代27.4%、30代21.5%、40代17.3%、50代以上31.8%。まず、各 SNS にどの程度の登録者がいるか調べてみた。これまでに登録したことのある SNS

2014年9月21日NEWSYフィードバック数:0マーケティング

止まったら最も困るWEBサービスは?1位は断トツでヤフー、20代のみLINEに!

止まったら最も困るWEBサービスは?1位は断トツでヤフー、20代のみLINEに! 電気・水道・ガスは、生活に不可欠で、止まってしまうと本当に困るライフラインですよね。では、「次に止まって困るものは?」と質問を投げかけたら皆さんは何を思い浮かべますか? かなり多くの方がスマホやインターネットを挙げるのではないでしょうか。あらためて1日を振り返ってみると、朝起きてから夜寝るまでの間、実に様々な場所、様々な理由でスマホやパソコンを使ってインターネットに接続していることに気付きます。例えば、ニュースや

2014年9月18日JQフィードバック数:0マーケティング海外

インドネシア人のSNS・メッセンジャーアプリの利用実態調査

[] 写真とアンケートで分析するインドネシア調査サービス「エスノグラフ」を提供する、株式会社JQ(東京都目黒区、代表:下田幸祐)は、インドネシア ジャカルタ周辺に住む100名(男性50名、女性50名)へ、SNS及びメッセンジャーアプリの利用実態に関する調査を、オンライン調査サービス「エスノグラフ」で実施・集計し、2014年9月18日に結果を発表いたしました。<結果概要>・最も利用しているSNSは「Facebook」(36%)、2位は「Path」(32%)、3位「Twitter」(15%)・最も利

フィオーレ婚活調査隊 VOL.05 メール・LINE編

Vol5. メール・LINE編 | フィオーレ婚活調査隊 | 結婚相談所フィオーレVol.05 メール・LINE編でもメールの返信はあせらず、できるときでOK。 今回のフィオーレ婚活調査隊のテーマはメール・LINE編。特に、交際前と交際中で男女の意識はどのように違うのか、について重点的に調べました。あまり頻繁に送りすぎると嫌がられる?返事はいつまでに返す?など、コミュニケーションツールとして不可欠なメール・LINEついて男女の意識を調査しました。対象:フィオーレ会員アンケート実施期間:2014年

【スマホ(スマートフォン)】に関する独自調査

[]  ブランド品宅配買取サービス「ブランディア」のブランディア総研(運営:株式会社デファクトスタンダード、本社:東京都大田区、代表取締役社長:尾嶋崇遠)は、現地時間の9月9日に発表となるiPhone6も話題の「スマホ(スマートフォン)」に焦点を当てた意識調査を、ブランディアオークションの利用者を対象にWEBアンケート形式で実施しました。約80%がスマホを利用! ■現在、スマホを使っていますか?はい:79%いいえ:21%今回の回答者ではスマホユーザーが約80%という結果となりました。ブランディア

2014年9月5日マイナビフィードバック数:0モバイル

「comm」「カカオトーク」ユーザーはどれだけいるのか

レポート 「comm」「カカオトーク」ユーザーはどれだけいるのか - マイナビニュース調査 スマホユーザーのみなさんは、メッセージアプリを使用しているだろうか。ただし、「LINE」以外で。日本国内では「LINE」が大人気なのは知っている。では、「LINE」以外のアプリだったら、どのようなアプリが人気なのだろうか。また、なぜそのアプリを使っているのだろうか。スマートフォンユーザーのマイナビニュース会員500人に聞いてみた。「comm」より「カカオトーク」の方がわずかにユーザーが多い質問を作成す

2014年9月3日ライフメディア★フィードバック数:0マーケティング

LINEの利用についての調査です。

LINEに関する調査

自主アンケート・調査結果のレポートサイトLINEに関する調査。10代女性の94%がLINEを使っている。 LINEに関する調査。10代女性の94%がLINEを使っている。2014年9月 3日■テーマ:LINEに関する調査■有効回答:1300件■調査期間:2014年8月21日から8月27日■対象者:スマートフォン(iPhone,Android)利用者■キーワード:LINE,iPhone,Android,スタンプこの春、登録ユーザーが世界4億人を突破した無料通話・メールアプリのLINE。 今年もスマ

2014年8月25日JQ★フィードバック数:0マーケティング海外

インドネシアのECです。

インドネシア人のネットショップ利用の実態調査

[] 写真とアンケートで分析するインドネシア調査サービス「エスノグラフ」を提供する、株式会社JQ(本社:東京都目黒区、代表:下田幸祐)は、インドネシア ジャカルタ周辺に住む100名(男性50名、女性50名)へ「ネットショップの利用実態」に関する調査を、オンライン調査サービス「エスノグラフ」で実施・集計し、2014年8月25日に結果を発表いたしました。<結果概要>・利用したことのあるネットショップ1位は「kaskus」、2位「Facebook」、3位「BlackBerry Messenger」・「

2014年8月22日アイブリッジ★フィードバック数:0マーケティング

SNSの利用についての調査です。

「Facebook」「LINE」「Twitter」「mixi」の利用に関する調査

業界最大規模のモニター数を誇るリサーチプラスが実施した「Facebook」「LINE」「Twitter」「mixi」の利用に関する調査結果。企業登録をすると、管理画面からのアンケート作成や、回答結果のダウンロードが可能となります。「Facebook」「LINE」「Twitter」「mixi」の利用に関する調査2014年8月11日「Facebook」「LINE」「Twitter」「mixi」の利用に関する調査アイブリッジ株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:松田康弘)が展開するインターネッ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ