「PHEV」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年12月21日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

車載用リチウムイオン電池世界市場に関する調査を実施(2018年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 2017年の車載用リチウムイオン電池世界市場は前年比123.1%の57.4GWh~脱「補助金」に揺れる中国、日本・欧州では電動化プロジェクトの第一フェーズが胎動~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年の車載用リチウムイオン電池世界市場を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。 図表1.xEVタイプ別の車載用LiB世界市場規模推移と予測1.市場概況 2017年の車載用リチウムイオン電

2018年11月12日インテージフィードバック数:0大型消費/投資

「EVシフト」の生活者実態調査

インテージ、「EVシフト」の生活者実態調査を公開 ~電気自動車/プラグインハイブリッド車の購入意向者はいずれも1割前後~意向者特徴キーワードは「60代」「教養」「情熱」「人・社会とのつながり」株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚 純晃、以下:インテージ)は、毎月、約60万人から取得している自動車に関する実態や意識のデータ「Car-kit」、インテージ保有の多様なパネルデータから特定の生活者像をプロファイリングする「生活者360°Viewer」を使って、電動車を取り巻く生

2017年12月12日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

車載用リチウムイオン電池世界市場に関する調査を実施

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 車載用リチウムイオン電池世界市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて車載用リチウムイオン電池世界市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年4月~9月2.調査対象:自動車メーカー(日本、欧州、米国、韓国、中国)、車載用リチウムイオン電池メーカー(日本、韓国、中国)3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<車載用リチウムイオン電池とは

2015年2月15日ジェイ・キャストフィードバック数:0ライフスタイル

寝る時に「豆電球」点けますか?アンケートに意外な地域差...共通点は「地震」!?

夜、寝る時に真っ暗にすると、なんとなく不安で、つい豆電球を点けたままで、寝てしまう......そんな人はけっこう多いのではないか。もっとも、明るいままではまぶしくて眠れない、という人もやはり多いだろう。というわけで、Jタウン研究所では、寝る時に「豆電球」点けますか?という、アンケート調査を都道府県別で行った(総投票数925票、2015年1月6日~2月10日)真っ暗は512票、55.4%、豆電球を点けるは381票、41.2%、明るいままが82票、3.4%だった。結果が、この円グラフだ。「真っ暗」派

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ