「QRコード」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

QRコード決済の利用率が初めて50%を突破

QRコード決済の利用率が初めて50%を突破 -インフキュリオン、「決済動向2020年12月調査」を発表 - 株式会社インフキュリオン(本社:東京都千代田区、代表取締役:丸山 弘毅)は、「決済動向2020年12月調査」を実施しました。今回は、全国の16歳〜69歳男女5,000人を対象に、各キャッシュレス決済の利用動向(利用金額や利用回数)やニューノーマルにおけるデジタルシフトに関して調査しました。 2019年10月以降急速に拡大している、QRコード決済の利用率が調査開始以来初めて50%を超え、若年

今でも現金払い派の560人の調査から見るキャッシュレスに移行しない理由の調査レポート

今でも現金払い派の560人の調査から見るキャッシュレスに移行しない理由の調査レポートキャッシュレス推進事業からのコロナ渦の影響から、多くの人が現金払いではなく、キャッシュレス決済へと移行しています。キャッシュレス決済へ移行した方は、以前の調査にて85%も増えていることがわかりましたが、一方で未だに現金払いを続けている方も多くいます。そこで、Office Withの運営するカードレビュードットコム(URL:https://review.card-shinsa.com/)では、560人を対象に現金払

2020年12月14日Office Withフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ禍だからこそ「病院はキャッシュレスに対応してほしい!」と44%の人が回答

コロナ禍だからこそ「病院はキャッシュレスに対応してほしい!」と44%の人が回答|キャッシュレス調査アンケートで85%の人が前年よりキャッシュレス決済が増加 〜 《44%の人が希望している!》なぜここがキャッシュレス決済にならないのか〜 Office With(所在地:大阪府大阪市、代表:梅本健一)は、キャッシュレス決済人口の調査に加え、利用している決済ツールやキャッシュレス対応になってほしい場所を調査した結果、今こそ病院や調剤薬局がキャッシュレスに対応するべきと44%の人が回答したことが判明しま

キャッシュレス決済に関する調査

無料調査レポート クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。 キャッシュレス決済に関する調査 2020 / 09 / 14 全国18歳~69歳の男女2000人を対象に「キャッシュレス決済に関する調査」を実施しました。2018年4月に経済産業省より「キャッシュレス・ビジョン」が策定さ

2020年7月28日インフキュリオンフィードバック数:0マーケティング要登録

QRコード決済の利用率は48%。外出自粛期間の影響で、約30%が消費行動に変化

QRコード決済の利用率は48%。 外出自粛期間の影響で、44%が消費行動に変化インフキュリオン、「決済動向2020年6月調査」を発表 株式会社インフキュリオン(本社:東京都千代田区、代表取締役:丸山 弘毅)は、新型コロナウイルス感染拡大や2020年6月に終了した「キャッシュレス・消費者還元事業(※)」に伴う、キャッシュレス決済利用の変化を調査しました。調査では、全体の半数の方がQRコード決済を利用していることが分かりました。また、キャッシュレス決済はポイント等の特典が有利だからという点に加え利便

2020年7月17日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

【キャッシュレス】まったく現金を使わない人は4.0%

/ / 【キャッシュレス】まったく現金を使わない人は4.0%【キャッシュレス】まったく現金を使わない人は4.0%キャッシュレス決済を利用していますか?2019年10月の増税に伴って始まったキャッシュレス・ポイント還元事業が、2020年6月いっぱいで終了しました。キャッシュレス化の推進などを目的に、一部対象店舗の利用で、利用額の最大5%が還元されるというもので、期間中は意識的にキャッシュレス決済を利用していた方も多いのではないでしょうか。今回は、全国の男女550名ずつを対象にキャッシュレス決済に

2020年3月4日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2020年2月 スマートフォン決済に関する実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > スマホ決済を普段の支払いで利用する人は約3割に増加 毎日スマホ決済を利用する人は非接触決済が21.2%、QRコード決済が18.3% スマホ決済を普段の支払いで利用する人は約3割に増加 毎日スマホ決済を利用する人は非接触決済が21.2%、QRコード決済が18.3% MMD研究所は、18歳~69歳の男女35,000人を対象に2020年1月27

2019年11月12日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

非接触IC型電子マネーに関するアンケート調査(第8回)

非接触IC型電子マネーに関するアンケート調査(第8回) ■直近1年間非接触型電子マネー利用者は全体の8割弱。そのうち、週1回以上利用者は5割強。「コンビニエンスストア」「交通機関」での利用が、直近1年間利用者の各60%台、「スーパー」が5割弱、「自動販売機」「ドラッグストア」「駅の売店」が各20%台。■店頭で支払う際「電子マネーのカード本体を端末にかざして支払う」は全体の5割強。スマートフォンで「店頭の端末にかざして支払う」は2割弱、「画面にバーコードを表示しスキャン」「店頭で表示されたQ

2019年7月22日MMDLaboフィードバック数:0ライフスタイル

2019年7月 QRコード決済の満足度調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > QRコード決済利用上位6サービスの総合満足度は64.7%、総合満足度1位は「メルペイ」 QRコード決済利用上位6サービスの総合満足度は64.7%、総合満足度1位は「メルペイ」 MMD研究所は、「2019年7月QRコード決済利用動向調査」において利用率が高かったQRコード決済サービスの上位6サービスの利用者18歳~69歳の男女600人※を対

2019年2月18日MMDLaboフィードバック数:0大型消費/投資

2019年1月QRコード決済サービスのキャンペーンに関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 各QRコード決済サービスが2018年秋~冬に実施したキャンペーンの認知度、トップはPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」で62.6% キャンペーンを知って実際に利用したQRコード決済サービス、トップはOrigami Payで18.8% 各QRコード決済サービスが2018年秋~冬に実施したキャンペーンの認知度、トップはPayPay

2019年1月29日マイナビフィードバック数:0マーケティング

2018年10代女子が選ぶトレンドランキング

JKメンバーになると、アンケートに答えて金券をもらえたり、様々な特典が受けられると同時に普段できない体験をたくさん用意しています!まずはこちらからLINE登録してメンバーにエントリーしてみてね!LINE公式アカウント※ LINEアプリの友だちタブを開き、画面右上にある、友だち追加ボタン>QRコードをタップして、コードリーダーでスキャンしてください。

2019年1月25日矢野経済研究所★★フィードバック数:0ビジネス

クレジットカード市場に関する調査を実施(2018年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています クレジットカード市場は2017年度58兆円突破、2023年度には100兆円を超える見通し 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、クレジットカード市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。1.市場概況日本政府は経済産業省の「日本復興戦略」をはじめ、様々な場面でキャッシュレス推進の方針を打ち出してきた。2025年頃まで、日本国内で様々な国際イベントが開催される予定であり、インバウンド(訪日外国人客)対応の

2018年12月13日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

モバイル決済市場に関する調査を実施(2018年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 国内モバイル決済市場は2017年度の1兆円から2023年度には4.3兆円までの拡大を予測​~カードレス化の進展とQRコード決済の拡大機運の高まり~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内モバイル決済市場を調査し、現況、決済領域別の動向、および将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度の国内モバイル決済市場規模(モバイルコンタクトレス決済、及びQRコード決済合算値)は、1兆円まで拡大した。日本市場でApple Pa

2018年11月15日Lier Factoryフィードバック数:0大型消費/投資

消費傾向と節約方法についての調査

【調査レポート】キャッシュレスを促進するにはポイント還元が有効。消費傾向と節約方法について。【調査レポート】キャッシュレスを促進するにはポイント還元が有効。消費傾向と節約方法について。「使わない節約」はもう古い?新しい節約法は「使う節約」どの家庭でも気をつけているのが「節約」ですよね。必要なものにだけお金を使い、無駄だと思われるものにはお金を使わない、これが節約の常識だと長らく思われてきました。が、昨今普及しつつあるキャッシュレス決済サービスがこの常識を打ちこわす新システムになりつつあります。A

DMにQRコードはもはや必須!若い女性層がけん引

DMにQRコードはもはや必須!若い女性層がけん引 DMにQRコードはもはや必須!若い女性層がけん引~時系列変化で見るDMのトレンド調査の結果より~ デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ株式会社(以下トッパンフォームズ)は、生活者の意識とダイレクトメール(以下DM)を取り巻く実態を把握するため、さまざまな自主調査を実施しています。2014年度および2016年度に続き、DMの平均受け取り通数や開封閲読状況、開封したくなるワード、形状、開封後の行動など、生活者の意識とDMを取り巻く実態や時

2016年12月1日自由国民社★★フィードバック数:0社会/政治

2016年ユーキャン新語流行語大賞

第回 年 登壇者:森 重隆 さん(公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会 会長)ONE TEAM「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」の公式キャッチフレーズで始まったラグビーワールドカップ2019日本大会。日本代表チームは開幕戦のロシアに勝利すると、アイルランド、サモアそしてスコットランドを撃破、予選プール4連勝で日本ラグビー史上初の決勝トーナメント進出を決めた。日本代表の快進撃と1個のボールを取り合う面白さは多くの人々を虜にした。テレビの視聴率はうなぎ上り、日本代表のレプリカジャージは完売

2015年12月2日自由国民社★★フィードバック数:0マーケティング

2015 ユーキャン新語流行語大賞

第回 年 登壇者:森 重隆 さん(公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会 会長)ONE TEAM「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」の公式キャッチフレーズで始まったラグビーワールドカップ2019日本大会。日本代表チームは開幕戦のロシアに勝利すると、アイルランド、サモアそしてスコットランドを撃破、予選プール4連勝で日本ラグビー史上初の決勝トーナメント進出を決めた。日本代表の快進撃と1個のボールを取り合う面白さは多くの人々を虜にした。テレビの視聴率はうなぎ上り、日本代表のレプリカジャージは完売

2015年5月22日浦添市フィードバック数:0社会/政治

統計うらそえ平成26年版

公開日 2015年05月21日最終更新日 2015年05月21日 お問い合わせ:〒901-2501 沖縄県浦添市安波茶一丁目1番1号(本庁4階)PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。Adobe Readerダウンロード 浦添市役所〒901-2501沖縄県浦添市安波茶1-1-1TEL(098)876-1234(代表)FAX(098)876-8585(

2013年11月20日自由国民社★フィードバック数:0マーケティング

ノミネートが発表されました。

2013年ユーキャン新語・流行語大賞の候補語50語

第回 年 登壇者:森 重隆 さん(公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会 会長)ONE TEAM「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」の公式キャッチフレーズで始まったラグビーワールドカップ2019日本大会。日本代表チームは開幕戦のロシアに勝利すると、アイルランド、サモアそしてスコットランドを撃破、予選プール4連勝で日本ラグビー史上初の決勝トーナメント進出を決めた。日本代表の快進撃と1個のボールを取り合う面白さは多くの人々を虜にした。テレビの視聴率はうなぎ上り、日本代表のレプリカジャージは完売

2012年12月4日自由国民社★フィードバック数:3262マーケティング

恒例の大賞です。

2012 ユーキャン新語流行語大賞

第回 年 登壇者:森 重隆 さん(公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会 会長)ONE TEAM「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」の公式キャッチフレーズで始まったラグビーワールドカップ2019日本大会。日本代表チームは開幕戦のロシアに勝利すると、アイルランド、サモアそしてスコットランドを撃破、予選プール4連勝で日本ラグビー史上初の決勝トーナメント進出を決めた。日本代表の快進撃と1個のボールを取り合う面白さは多くの人々を虜にした。テレビの視聴率はうなぎ上り、日本代表のレプリカジャージは完売

2009年7月27日MMDLaboフィードバック数:0マーケティング

携帯キャンペーンサイトへのアクセスに関する実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 携帯キャンペーンサイトへのアクセスに関する実態調査 携帯キャンペーンサイトへのアクセスに関する実態調査 MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)では、株式会社ビジュアルワークス(本社:東京都豊島区、代表取締役:豊田 康三)が運営する『フォレストページ』他、計10社、モバイル10サイトの協力の下、「携帯キャンペーンサイトへのアクセ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ