「Red」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

小紅書(RED)利用実態調査

KOCからの発信が商品購入や店舗来店の後押しに効果的!アライドアーキテクツが「小紅書(RED)利用実態調査」を実施2021年06月18日  SaaSとデジタル人材で企業のマーケティングDXを支援するアライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:中村壮秀、証券コード:6081)は、中国で近年人気を博している、ライフスタイル・美容・ファッション・旅行などの情報を共有するSNS「小紅書(RED、以下RED)」の利用実態を調査するためアンケートを実施し、当社が独自に構築する日本最大

2017年3月2日Clueフィードバック数:0ライフスタイル

Talking About Periods ? An International Investigation

SocietyTop euphemisms for “period” by languageLast week we published the findings of our international period survey. With the help of our international community (190 countries and counting!), we discovered over 5,000 euphemisms for the word "period

国慶節期間に、訪日中国人はどこへ行ったか?--インフォグラフィックで見る

国慶節期間に、訪日中国人はどこへ行ったか?--インフォグラフィックで見る 図解中国トレンドExpress編集部(株式会社ホットリンク)  2015年の国慶節が終了しましたが、訪日中国人の動向、特に「爆買い」の様子や、日本企業の取り組みなどについて、この期間中多くのニュースで取り上げられていました。 今回は、国慶節期間中に訪日中国人はどこへ行ったのか、インフォグラフィックで確認してみましょう。個人旅行の増加により、「行った」ランキングにも変化が 現在のところ、中国の方の日本旅行は団体ツアーがメイ

中国人が「端午節」に日本で買ったもの--インフォグラフィックで見る

中国人が「端午節」に日本で買ったもの--インフォグラフィックで見る 図解中国トレンドExpress編集部(株式会社ホットリンク)  ホットリンクでは、2015年の「国慶節」に日本訪問を予定している中国人のクチコミから、人気商品を集計、ランキング形式で発表しました(対象ソーシャルメディア : 新浪微博、Wechatパブリックアカウント部分、BBS、BLOG)。 国慶節前のクチコミでは、酵素ダイエット食品/サプリメント、文房具やカー用品などが上位にあがっていました。では、そのほかの“節”の時は、ど

中国人はこの夏、日本で何を買ったのか--インフォグラフィックで解説

中国人はこの夏、日本で何を買ったのか--インフォグラフィックで解説 図解中国トレンドExpress編集部(株式会社ホットリンク)  訪日中国人の間で日本のお土産として定着しているもの、それは「炊飯器」「温水洗浄便座」「魔法瓶」「セラミック包丁」の4つで、中国では「四宝」と呼ばれています。しかし、昨今は医薬品、化粧品、食品など人気製品が多様化しており、ソーシャルメディアの書き込みでもその傾向を確認することができます。 今回は、実際に訪日して何を購入したか、ソーシャルメディアの書き込みから集計した

インフォグラフィックでみる訪日中国人のインバウンド消費

インフォグラフィックでみる訪日中国人のインバウンド消費 図解中国トレンドExpress編集部(株式会社ホットリンク) 「4倍」「30万人」~訪日中国人の爆発的増加~ 近年、訪日中国人が増えていると言われていますが、改めて数字で確認してみましょう。日本政府観光局(JNTO)調べによると、2014年度は前年から100万人以上増加して240万9158人が来日しているとされ、10年前の約4倍となっています。 また、JNTOからの最新発表(2015年7月推計値)によると、7月単月の訪日中国人数は前年同月

2014年下半期売れ筋ランキング「ビデオカメラ編」

2014年下半期売れ筋ランキング「ビデオカメラ編」  ウェアラブルタイプの小型モデルが2013年以上にビデオカメラ市場をにぎわせた2014年。360度全方向の撮影ができるモデルや低価格モデルなど、より多様化され、参入メーカーも相次いだ。売れ筋はフルHDモデルが主流で、ソニー、パナソニックの2社で上位を独占している。「全国の有力家電量販店販売実績を集計/GfK Japan調べ」(集計期間:2014年6月30日~12月7日) CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料) The J

2020年までにIT需要が急増へ

A.T.カーニー 戦略ITプラクティス 監訳:東京オフィス プリンシパル 安茂 義洋2014-08-14 07:30 クリップした記事をMyページから読むことができますHere's my content  デジタル化はビジネスの世界を一変させた。今や、商品の売買から事務・契約手続き、決済に至るまで、ビジネスのあらゆる場面にITが浸透しており、ITはビジネスの成長をもたらすエンジンとなる。 今日の企業にとって、ITは単なるツールにとどまらず、競争力の源泉となっている。例えば、eコマースにお

2014年3月28日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

労働災害発生状況(2014年3月)

��ࡱ�>�� ����s���������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������

クラウドに関するアンケート結果

クラウドに関するアンケート結果を大公開--ニフティクラウドとCNET編集長が解説します 企業のクラウド導入が着実に進みつつある中で、導入前の企業では「実際のところクラウドってどうなの?」、導入後の企業からは「こんな効果があった!」「運用面でここが難しい」など、さまざまな声が聞かれるようになった。そこで今回は読者の皆様から「クラウドかわら版」に投稿頂いたアンケート結果を公開!その解説を、CNET Japan 編集長の別井貴志と、ニフティ株式会社 クラウド事業部 クラウド事業推進部 課長 林田真秀

【アンケート結果】1000人に聞きました!バックアップに関する実態調査レポート

【アンケート結果】1000人に聞きました!バックアップに関する実態調査レポート [PR]企業が扱うデータ量が膨大になり、その重要性が高まるにつれ、ビジネス継続性の面からバックアップの重要度が増している。では、実際に企業ではどのような方法でバックアップを行い、どのような課題を抱えているのだろうか? そうしたことがわかるアンケート結果が、株式会社ラネクシーから公開された。今回の「バックアップに関する実態調査」は、株式会社ラネクシーが2010年12月13日~2011年1月13日までZDNet Ja

ソーシャルメディアに関する調査結果です。

ソーシャルメディアに関する調査--個人が発する情報を信頼するのは40%

ソーシャルメディアに関する調査--個人が発する情報を信頼するのは40%  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、ソーシャルメディアに関する調査を行った。 前回のソーシャルメディアに関する調査では、ネットサービスの利用度合いと、ソーシャルメディア上の友人との付き合い方について調査した。この結果、約半数がソーシャルメディア上の友人を実際の友人にしても抵抗がないと回答した。その一方、ソーシャルゲームの課金に関しては90%の人がまだ抵抗感を持っている

ソーシャルメディアに関する調査--ソーシャルゲーム課金に抵抗がないのは10%

ソーシャルメディアに関する調査--ソーシャルゲーム課金に抵抗がないのは10%  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、ソーシャルメディアに関する調査を行った。前回の「ソーシャルメディアに関する調査」ではそれぞれのソーシャルメディアの利用具合と利用目的、得ていると考えている恩恵や効果についてまとめた。 今回のソーシャルメディアに関する調査(下)では、ネット上で利用されているサービスについてや、ソーシャルメディアとリアルのつながりなどについて尋ね

SNSに限らずソーシャルメディア全般に関するまとまった調査です。

ソーシャルメディアに関する調査--メディア別の利用率、認知率の違いと利用のされ方について

ソーシャルメディアに関する調査--メディア別の利用率、認知率の違いと利用のされ方について  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、ソーシャルメディアに関する調査を行った。 ここ1、2年足らずの間に“ソーシャルメディア”という言葉を聞く機会が多くなり、広告出稿メディア、自社媒体(サイト)に次ぐもう1つのメディアの総称として、ようやく多方面から注目が集まるに至った。 ソーシャルメディアに関する定義はあいまいで、人によりけりとなっているが、ざっくり

広告に関する意識調査です。

広告に対する意識調査(特別編)--男女、年代にみる広告に対する意識の違い

広告に対する意識調査(特別編)--男女、年代にみる広告に対する意識の違い  今回の特別編では、「広告に対する意識調査(上)」と「広告に対する意識調査(下)」で明らかになった事実とさらに深堀し、性年代別にどのような意識の違いがあるのかをみていきたいと思う。【調査結果サマリー】年代が若くなるほど、広告に対して不快感を感じたことのあるユーザーが多い傾向にある女性は誇大表現の使われた広告を迷惑だと感じる傾向が強い男性は、行動ターゲティングに対する許容度が高い 調査対象は、10代〜50代の男女500人。

iPhoneユーザーのモバイルインターネット利用率は2倍以上--調査結果が示す数々の相関

iPhoneユーザーのモバイルインターネット利用率は2倍以上--調査結果が示す数々の相関 要旨 就職している「iPhone」ユーザーは、就職している「BlackBerry」「Palm」「Windows Mobile」デバイスなどのユーザーに比べ、携帯電話機からインターネットにアクセスする人の割合が2倍以上多い。このデータは、iPhoneがモバイルインターネットの利用を促進することを証明しているわけではないが、iPhoneの所有とモバイルインターネットアクセスとの間には高い相関関係がある。したが

電通とグーグルの広告効果に関する共同調査です。

YouTube投稿動画の広告効果はいかに--電通とグーグルが共同調査

YouTube投稿動画の広告効果はいかに--電通とグーグルが共同調査  動画共有サイトに動画を投稿し、プロモーションに活用する企業が増えている。しかし、その効果を計測する指標はまだ完全に確立されてはいない。  インターネット上の動画の再生回数とその認知率にはどのような関係があるのか、また、動画は購買行動に結びつくのだろうか――こういったインターネット動画の効果を調べるため、電通とグーグルがYouTubeのデータをもとに共同で調査した。その結果、再生回数と認知率の相関度合いや、YouTube上で

まだメリットが感じられていないのかもしれません。

広告に対する意識調査--約70%のユーザーは行動データの収集を迷惑に感じている

広告に対する意識調査--約70%のユーザーは行動データの収集を迷惑に感じている  前回の「広告に対する意識調査」では、「60%以上のユーザーが広告から得をした経験がある」ことや「最も購入につながりやすい広告はメールマガジン」だということが明らかになった。今回の調査では、ユーザーの広告に対する“意識”にふれていきたいと思う。【調査結果サマリー】半数以上のユーザーが、広告に対して不快感や不安感を覚えたことがあるユーザーが最も嫌うのは「誇大表現を使った広告」約70%のユーザーは、ウェブ上での行動デー

やはりプッシュ型の効果は高いとのことです。

広告に対する意識調査--最も購入につながりやすいネット広告は「メールマガジン」

広告に対する意識調査--最も購入につながりやすいネット広告は「メールマガジン」  「広告離れ」という言葉をよく耳にするようになったが、消費者は広告に対してどのような意識を持っているのだろうか。 インターネット広告は、市場の拡大とアドテクノロジの進化により、その形態が少しずつ変化してきている。ユーザーの行動履歴をもとに広告配信を行うターゲティング広告などはその最たる例である。ターゲティング広告は、効果的にターゲットをセグメント出来る一方で、どこまで個人の情報を記録・特定して良いのかというモラル上

eコマースサイトの利用に関する調査--一番のストレスは「サイトの重さ」

eコマースサイトの利用に関する調査--一番のストレスは「サイトの重さ」  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同でPCの検索とモバイルの検索の比較調査を行った。また、本調査はボーダーズが提供するセルフ型アンケートリサーチシステム「アンとケイト」を使用して調査を行った。 前回の「eコマースサイトの利用に関する調査」では、eコマースサイトの利用頻度をはじめ、商品ごとの購入経路などをまとめた。その結果、60代以上のシルバー層もほかの世代と比べて遜色がないほどeコマー

広告の効果についても言及しています。

eコマースサイトの利用に関する調査--潜在層に対しては広告での訴求が効果的

eコマースサイトの利用に関する調査--潜在層に対しては広告での訴求が効果的  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同でPCの検索とモバイルの検索の比較調査を行った。また、本調査はボーダーズが提供するセルフ型アンケートリサーチシステム「アンとケイト」を使用して調査を行った。 富士経済の通信販売市場の調査結果報告書「通販・e-コマースビジネスの実態と今後 2008-2009 市場編」によると、インターネット通販市場は2010年に2.5兆円、モバイル通販も4000億

ダイエットへの意識と商品購入までの経路に関する調査--情報収集はインターネット、購入は店頭がメイン

ダイエットへの意識と商品購入までの経路に関する調査--情報収集はインターネット、購入は店頭がメイン  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、ダイエットへの意識と商品購入までの経路に関する調査を行った。 厚生省がまとめた「国民栄養調査」によると、日本人の肥満度は21%となっており、特にダイエット市場を支える20代女性では「肥満の人」が約5%と少なく、肥満度がマイナス10%未満の「やせ型の人」が44%を占めていた。 また「ダイエットをしている」と

PCとモバイルの検索に関する比較調査--公式メニューからの検索、キャリアごとに差

PCとモバイルの検索に関する比較調査--公式メニューからの検索、キャリアごとに差  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同でPCとモバイルの検索に関する比較調査を実施した。調査では、ボーダーズが提供するセルフ型アンケートリサーチシステム「アンとケイト」を使用した。 前回の「PCの検索とモバイルの検索の比較調査」では、PCとモバイルそれぞれの検索に関する不満をまとめた。その結果、PCに比べて比較的モバイルの検索に不満が多い点や、モバイルの検索結果が不満でPCで検

モバイルバンキングに関する調査--まだまだPCに勝てないモバイルバンキング

モバイルバンキングに関する調査--まだまだPCに勝てないモバイルバンキング  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、モバイルバンキングに関する調査を行った。 以前に調査を実施した「モバイルバンキングに関する調査」では、ユーザーはモバイルバンキングを選ぶうえで「手数料」と「セキュリティ」を重視していることや、男性はインターネットから、女性は金融機関の窓口やチラシ、そして家族や友達からモバイルバンキングを認知する傾向が強いことなどが明らかになった

PCとモバイルの検索に関する比較調査--10代でもPCほど積極的に利用しないモバイル検索

PCとモバイルの検索に関する比較調査--10代でもPCほど積極的に利用しないモバイル検索  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同でPCの検索とモバイルの検索の比較調査を行った。本調査はボーダーズが提供するセルフ型アンケートリサーチシステム「アンとケイト」を使用して実施された。 モバイルの利用方法は年々多様化しており、「ケータイ白書2009」によるとパケット定額制加入率の上昇もあり、ウェブサイトの利用率は高まっているという。また2月に発表された「2008年(平

ワンセグの態度変容に関する調査--最大の利用シーンは「暇つぶし」

ワンセグの態度変容に関する調査--最大の利用シーンは「暇つぶし」  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、ワンセグの態度変容に関する調査を行った。 ケータイ白書2009によれば、2008年の時点でワンセグの利用率が1年前と比べて20ポイント以上増加しており、急速に需要が高まっていることが分かる。また、2008年10月9日に発表された「移動電話国内出荷統計」では、月の携帯電話出荷台数のうち8割がワンセグの搭載がされており、そのワンセグ累計出荷台

モバイルバンキングに関する調査--サービスの選定ポイントは手数料とセキュリティ

モバイルバンキングに関する調査--サービスの選定ポイントは手数料とセキュリティ  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、モバイルバンキングに関する調査を行った。 2009年5月27日、NTTドコモとみずほ銀行が提携し、携帯電話を使った送金サービスを開始するというニュースが流れた。国内では、すでにKDDIと東京三菱UFJ銀行が共同で「じぶん銀行」というモバイルネット銀行を立ち上げており、モバイルバンキング市場は今後一気に拡大していくように思われ

若い女性が多く見ているサイトは?--ビデオリサーチ調査

若い女性が多く見ているサイトは?--ビデオリサーチ調査  ユーザーの中にF1層と呼ばれる20〜34歳の女性が多く含まれているサイトはどこか――このような調査をビデオリサーチインタラクティブが実施した。コミュニケーションサイトや通販サイト、グルメサイトが上位にのぼった。  第1位はミクシィが運営するソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」。推定で400万人以上の接触者がおり、そのうちF1層が27.7%を占めるという結果となった。コミュニケーションサイトではこのほか、GMOメディア

携帯電話を使う時間帯、深夜から夕方へ移行

携帯電話を使う時間帯、深夜から夕方へ移行  携帯電話を持っていない人が身の周りに何人いるだろうか。契約数が1億台を突破した今、携帯電話は国民の大多数が持っているツールとなった。マクドナルドなどの国際的な大企業が本格的な携帯電話を使った販促を始めたことで、ひとり1台、身近に持っている販促ツールとして携帯電話の注目度がますます高まり、携帯電話を利用したキャンペーンや企業のモバイルサイトが急増している。  ユーザーに情報やクーポンなどを提供する企業のモバイルサイトへは、いつアクセスされるのだろうか。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

特集データ

新着データ

お知らせ