「SNA」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ちっとも失われていなかったこの20年―国富の推移は、どうなってきたのか―

ちっとも失われていなかったこの20年―国富の推移は、どうなってきたのか― | ニッセイ基礎研究所 ちっとも失われていなかったこの20年―国富の推移は、どうなってきたのか― 保険研究部 専務取締役 部長 兼 生活研究部 部長 中村 昭基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 私ごとですが、ノルディック・ウォーキングiという、ポールを使用する歩行エクササイズを始めました。最

2015年3月25日内閣府フィードバック数:0ビジネス

ESRI Discussion Paper Series No.319「企業R&D資本の減耗率についての実証研究」

現在のページ: »»» ESRI Discussion Paper No.319 企業R&D資本の減耗率についての実証研究 企業R&D資本の減耗率についての実証研究外木内閣府経済社会総合研究所客員研究員、一橋大学経済研究所特任講師北岡内閣府経済社会総合研究所研究官Wendy C. Y. Liアメリカ合衆国商務省経済分析局リサーチエコノミスト 要旨日本では、2016年より国民経済計算に新しいSNA基準である2008SNAの実施が計画されている。2008SNAの実施による最も重要な変更点は研究開発

2015年2月6日鹿児島県フィードバック数:0社会/政治

2012年度県民経済計算(確報)の概要

ここから本文です。県民経済計算年報民経済計算推計結果を年報としてまとめたものを,以下から「全ページ」又は「分割」で内容をご覧いただくことができます。全ページ】分】第3編_県民経済計算の関連指標(PDF:193KB)県民経済計算と国民経済計算 一人当たり水準 県内総生産及び県民所得等の国に対するシェア 第4編_県民経済計算の概念と内容(PDF:580KB)県民経済計算の観念相互関連図 県民経済計算の概念 基本勘定 主要系列表 付表 第5編_県民経済計算の推計方法(PDF:481KB) 参_考(PD

2014年4月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

SNA中心で見た社会保障(その1)

トップレポート・コラム経済分析日本SNA中心で見た社会保障(その①) ここから本文ですSNA中心で見た社会保障(その①)給付増は高齢化の影響だけではないサマリー◆本稿は、SNA統計を中心にして社会保障を分析したものである。SNAを使うメリットは、今や社会保障が財政悪化の最大の要因となっている中、社会保障と財政・経済との関係を整合的に捉えることができることなどである。しかし、現時点では年齢層別のデータが存在しないなどの制約があるため、他の統計データで補う必要がある。◆具体的な内容としては、財政健全

2014年4月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

SNA中心で見た社会保障(その2)

トップレポート・コラム経済分析日本SNA中心で見た社会保障(その②) ここから本文ですSNA中心で見た社会保障(その②)給付増は高齢化の影響だけではないサマリー◆個別分野を見ると、年金保険は高齢者数増の影響が支配的である。なお、個別世帯では減額でも、高齢者数増によりマクロでは増加するため財政赤字に直結する。また、社会保障の中でも年金の赤字が最大であるが、特に、国民年金保険は給付と負担の差が大きく、突出している上、未納・免除が4分の3を占め、もはや「保険」とは言えない状況にある。◆医療保険は、制度

2014年4月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

SNA中心で見た社会保障(その3)

トップレポート・コラム経済分析日本SNA中心で見た社会保障(その③) ここから本文ですSNA中心で見た社会保障(その③)給付増は高齢化の影響だけではないサマリー◆介護保険は、当初の制度定着期を経て、最近は、高齢人口増以外の要因である受給率上昇や、一人当たり受給額増の影響が目立つ。介護予防サービスなどの予防の効果は見出しにくい。◆労災保険は黒字が続いていたが、保険料引下げ等により2009年度からは若干の赤字である。雇用保険は、給付と負担が雇用情勢に応じて変動する。急速な雇用悪化時には給付額は急増す

2014年4月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

SNA中心で見た社会保障

トップレポート・コラム経済分析日本SNA中心で見た社会保障 ここから本文ですSNA中心で見た社会保障給付増は高齢化の影響だけではないサマリー◆本稿は、SNA統計を中心にして社会保障を分析したものである。SNAを使うメリットは、今や社会保障が財政悪化の最大の要因となっている中、社会保障と財政・経済との関係を整合的に捉えることができることなどである。しかし、現時点では年齢層別のデータが存在しないなどの制約があるため、他の統計データで補う必要がある。◆具体的な内容としては、財政健全化目標など財政との関

2014年4月22日宮城県フィードバック数:0社会/政治

平成23年度宮城県市町村民経済計算

概要平成30年6月4日 年報公表計数の訂正について年報及び統計表の訂正(平成30年8月20日) 平成30年6月4日に公表した「平成27年度宮城県市町村民経済計算」(年報及び統計表)の計数に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。訂正後の資料を本ページに掲載しておりますが、当該資料には平成26年度以前の計数も含まれており、これらの計数についても遡及して訂正しておりますので、御利用の際は御注意願います。なお、詳細な訂正内容については、各資料の朱書き・下線箇所を御参照願います。平成27年度市町村民

2013年10月18日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2008SNAを踏まえた資金循環統計の見直し方針

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2008SNAを踏まえた資金循環統計の見直し方針ご意見のお願い2013年10月17日日本銀行調査統計局日本銀行では、国連統計委員会において2009年に採択された国民経済計算体系にかかる作成基準(、以下2008SNA)を踏まえた「資金循環統計」の見直しを、検討しています。これまでも、日本銀行は、資金循環統計をよりよい統計とするべく、1999年に、その時点の最新の作成基準()を踏まえた見直しを行ったほか、随時、部門分類の見

2013年8月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

SNAで見た近年の財政

トップレポート・コラム経済分析日本SNAで見た近年の財政 ここから本文ですSNAで見た近年の財政我が国財政の総合的・整合的把握サマリー◆財政状況の分析には通常、予算書・決算書等が使用されるが、必ずしも分析のために作られているものではなく、本稿は敢えてSNA統計中心に近年の財政の動向を分析する試みである。◆その結果、まず、一般政府を見ると、支出面では、社会保障給付は高齢者人口の増加に伴い増加を続けてきた一方、1990年代半ば以降は、総固定資本形成の大幅減や、低金利による財産所得の支払(利子の支払)

2013年7月24日内閣府フィードバック数:0社会/政治

家計の行動とSNA ~SNA 分布統計を用いた分析例~

家計の行動とSNA ~SNA 分布統計を用いた分析例~

2013年6月3日大和総研フィードバック数:2社会/政治

1998年を節目とした日本経済の変貌

トップレポート・コラム経済分析日本1998年を節目とした日本経済の変貌 ここから本文です1998年を節目とした日本経済の変貌~「失われた20年」以外の成長低迷とデフレの見方~『大和総研調査季報』 2013年春季号(Vol.10)掲載サマリーバブル崩壊後の1991年を節目として「失われた20年」と言われることがあるが、家計部門の変化の節目は1998年であったと考えられる。正規雇用者の減少とその賃金の低下、一方で賃金水準は上昇しても格段に水準の低いままの非正規雇用者の増加、結果としてのトータルの雇用

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ