「SNS」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年6月10日エイジア★フィードバック数:0ライフスタイル

1,110人の生活者に聞いた「企業に求める情報発信とコミュニケーション方法」

ニュース一覧に戻る【調査レポート】1,110人の生活者に聞いた「企業に求める情報発信とコミュニケーション方法」マーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS(ウェブキャス)」シリーズの開発・販売を中心に、企業や団体のCRM運用支援を行う株式会社エイジア(本社:東京都品川区、代表取締役:美濃 和男、東証一部上場:証券コード2352、以下 エイジア)は、2021年4月20日~4月21日に、生活者を対象に「企業に求める情報発信とコミュニケーション方法」をインターネットリサーチで実施し、1,11

メディアとSNS、生活者起点の情報拡散に関する調査

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。 メディアから情報を得て商品・サービスを購入する方は半数以上! SNSで参考にするのは企業の公式アカウントや親族・親しい友人! 20歳~69歳の男女1000人に聞いた「メディアとSNS、生活者起点の情報拡散に関する調査」 生活者起点のリサーチ&マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2021年2

2021年3月13日Avast Softwareフィードバック数:0大型消費/投資

出会い系サービス利用者の3人に1人が対面で会う相手についてネットでリサーチ

ニュースルームに戻るアバスト調査:出会い系サービス利用者の3人に1人が対面で会う相手についてネットでリサーチ 12. 3月 20215人に1人が検索結果を見てデートをキャンセル デジタルセキュリティおよびプライバシー製品のグローバルリーダーであるアバストは本日、オンラインデーティングに関する調査結果を発表し、出会い系サイトやマッチングアプリを利用する日本人の3人に1人(31%)が、対面で会う相手をインターネット上で調べていることが明らかになりました。調べた理由として、「相手についてもっと知るため

2021年3月3日LIDDELLフィードバック数:0マーケティング

【独自調査】クラブハウス、インフルエンサーの利用率は57% 。全体の利用率4%(※)と比較すると14.25倍に。

【独自調査】クラブハウス、インフルエンサーの利用率は57% 。全体の利用率4%(※)と比較すると14.25倍に。 マーケティング事業を展開するLIDDELL株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:福田 晃一、以下リデル)は、運営するマーケティングプラットフォームに登録しているインフルエンサーを対象に、使用しているSNSプラットフォームとそれぞれの利用頻度に関するアンケートを実施致しました。その結果、2021年1月に日本に上陸したクラブハウスに関して、57%が月1回以上利用していると回答。全体

SNSに関する調査(2021年)

無料調査レポート クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。 SNSに関する調査(2021年) 2021 / 02 / 10株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国20歳~69歳の男女を対象に【SNSに関する調査 (2021年)】を実

2020年12月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

食事のメニューの決め方に関するアンケート調査(第4回)

食事のメニューの決め方に関するアンケート調査(第4回) ■食事を作る人の、メニュー検討時の参考情報は「レシピサイトやアプリ、レシピ動画」が5割弱で、過去調査より増加傾向。「テレビ番組」が3割強、「家族の意見」「料理レシピを書いた本」などが各2割前後。■直近1年間レシピサイトやアプリなど利用者の利用頻度は「月に1日以下」がボリュームゾーン。週1日以上利用者は4割強で、過去調査より減少傾向。■夕食を作る人が、作るメニューを決めるタイミングは「前もって家にある材料から」が3割強、「買い物に行って

2020年12月3日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

博報堂生活総合研究所、「スマートフォン・SNS内の保存データ調査」を実施

博報堂生活総合研究所、「スマートフォン・SNS内の保存データ調査」を実施Z世代のスマホの写真・動画保存点数は、平均2,914点 特に10代後半は“自撮り”より芸能人の“推し撮り”博報堂生活総合研究所は、15~34歳男女2,080人を対象に、「スマートフォン・SNS内の保存データ調査」を2020年9月に実施しました。本調査では、Z世代とミレニアル世代に対して、スマートフォン(以下、スマホ)やSNSアカウント内に保存された写真の枚数や内容などを聴取。両世代の比較分析を通してZ世代の特徴を浮き彫りにし

2020年10月28日TikTok For Business★★フィードバック数:0マーケティング

「Ulikeユーザー白書」発表! カメラアプリUlikeから見える「映え」を超えた新しい価値観とは

HOMEコラム・白書「Ulikeユーザー白書」発表! カメラアプリUlikeから見える「映え」を超えた新しい価値観とは「Ulikeユーザー白書」発表! カメラアプリUlikeから見える「映え」を超えた新しい価値観とはTikTok For Businessは、カメラアプリ「Ulike(ユーライク)」の活用に関するユーザーの実態や意識を調査し、世代を超えて幅広く活用されているカメラアプリのリアルを解明した「Ulikeユーザー白書」を発表しました。 高性能のスマートフォンカメラが次々に登場する中、ここ

2020年10月20日敷島製パンフィードバック数:0ライフスタイル

-外出自粛における生活様式および食の変化に関する意識調査-

-外出自粛における生活様式および食の変化に関する意識調査- 外出自粛で生活様式が激変、4人に1人の「食事」が変化! 約9割が「おうちごはんの増加」と回答。約半数が食事のレパートリーの少なさに悩む一方、パン食レパートリーに関しては増加するという相反する結果も。さらに生活様式の変化に伴い“食事×SNS”の関係性も変わる!?自粛期間でSNSでの「料理の記録化」、「レシピ検索」が加速。 敷島製パン株式会社(Pasco)は、緊急事態宣言および外出自粛期間を経た、生活者の意識や食の変化に関するアンケート調

2020年10月12日結婚あした研究所フィードバック数:0社会/政治

「結婚報告」に関する実態調査

結婚の“今”と“未来”を考えるメディア「結婚あした研究所 by Wedding Park」は、恋愛から結婚、結婚式、夫婦関係、さらに、ブライダルのお仕事や業界情報まで、結婚にまつわるあらゆる情報を発信します。 ホームResearch【「結婚報告」に関する実態調査】 女性の約8割がSNSでの結婚報告は「アリ」と回答 今年、結婚報告が印象的だった有名人カップルランキング 生田斗真さん&清野菜名さん・瀬戸康史さん&山本美月さんが同率1位! 【「結婚報告」に関する実態調査】 女性の約8割がSNSでの結

デジタルD2Cの市場規模、2025年には3兆円に達すると予測

プレスリリース 報道関係者各位 2020年9月8日株式会社 売れるネット広告社 『売れるネット広告社』は「デジタルD2C」の市場動向調査を行いました。本調査では、「デジタルD2C」を、ネットメディアを通じて自社ブランドの商品を消費者に直接に販売する事業と定義したうえで2019年の市場規模を推計し、2025年までの年間の国内市場規模予測を算出しております。本調査内容及びグラフはご自由にご利用いただけます。 D2Cとは、「Direct to Consumer」の略で、“消費者に対して商品を直接的に

2020年9月8日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

動物動画は、4人に1人が「毎回、最後まで視聴」

動物動画は、4人に1人が「毎回、最後まで視聴」 動画&動画広告 月次定点調査(2020年7月度)動物動画は、4人に1人が「毎回、最後まで視聴」視聴する動物動画は、圧倒的に「犬」と「猫」調査結果サマリー動物動画を視聴する人のうち、動物動画を「毎回、最後まで視聴する」人は23.0%でした。年代別で見てみると、10代(34.0%)、20代(37.6%)、30代(25.8%)、40代(16.0%)、50代(13.9%)、60代(10.8%)でした。10代では3割以上、20代では4割近くが、毎回、動物動画

2020年9月4日ビッグローブ★フィードバック数:0社会/政治

SNSでの誹謗中傷に対する罰則「強化すべき」8割強 BIGLOBEが「withコロナ時代のストレスに関する調査」第2弾を発表

プレスルームSNSでの誹謗中傷に対する罰則「強化すべき」8割強BIGLOBEが「withコロナ時代のストレスに関する調査」第2弾を発表~withコロナ時代に行動をSNSに投稿することに抵抗「感じる」3割強~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「withコロナ時代のストレスに関する調査」を実施しました。本日、調査結果の第2弾を発表します。本調査は、全国の20代~60代の男女1,000人(内SNSを利用している770人)を対象にアンケート形式で実施しました。調査日は2020年8月5日~8月6日、調

2020年8月7日日本財団★フィードバック数:0マーケティング

日本財団「18歳意識調査」第28回テーマ:SNSについて

日本財団「18歳意識調査」第28回テーマ:SNSについて 日本財団は6月下旬、「SNS」をテーマに28回目の18歳意識調査を実施しました。この結果、94%がSNSを利用し、1日2時間以上の利用が約6割に上っています。経験者の75%が「SNSは生活に必要不可欠」、44%は「依存している」と回答、約20人に一人が「根拠の希薄な批判や悪口を書いたことがある」と答えています。調査結果ポイントSNS利用経験 94% 過半数が1日2時間以上使用主な使途「情報収集」80.4%、「友人とのやり取り」 75.5%

2020年8月5日セコム★フィードバック数:0社会/政治

女性の「安全・安心」に関する意識調査

−「女性の『安全・安心』に関する意識調査」− 犯罪被害を経験した女性の6割が「何もできなかった」と回答 実際の被害は「痴漢」「ストーカー」「盗撮」が上位 セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:尾関一郎)は、10代以上女性(12-19歳50名、20-29歳100名(うち大学生58名)、30-39歳50名の計200名)を対象に、「女性の『安全・安心』に関する意識調査」を実施しました。ネット・SNSのトラブルや悪用に関する項目も設定し、身近な犯罪被害の原因になり得る、ネット環境への意識について

2020年7月28日シグナルフィードバック数:0マーケティング

コロナ禍、世代で分かれる情報・メディアとの距離感

Z世代、8割がSNSの情報「信じられない」 頼みの綱は「両親」!まん延するインフォデミック 4人に1人が不要な買いだめ、誤情報拡散経験アリ 【コロナ禍、世代で分かれる情報・メディアとの距離感】ベクトルグループにおいてWEBを活用した総合的なPR活動を支援する株式会社シグナル(本社:東京都港区、代表取締役:草場大輔)は、新型コロナウイルス感染症による生活の変化が、情報やメディアに対する消費者の意識にどのような影響を与えているかを明らかにするため、「コロナ禍における情報・メディアに対する意識調査」を

緊急事態宣言解除後のメディア接触調査

~博報堂DYメディアパートナーズ「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」を実施~新型コロナウイルスの感染拡大を受けたメディアライフの変化。注視すべきは「時間」ではなく、「情報態度」と「利用行動」 博報堂DYメディアパートナーズ2020年7月7日●緊急事態宣言解除後のメディア接触時間は、1月末と同程度の水準———-99.2 % ●時間の変化はないが、情報態度が変化———-「向き合う」「確かめる」「なごむ」 ●わずか4カ月間で伸びた———-デジタル系新メディアサービスの利用行動株式会社博報堂DYメデ

2020年7月1日TBWA HAKUHODO★★フィードバック数:0大型消費/投資

新しい時代に対応する観光復興ガイド‐SNSから見える企画のタネ‐

新しい時代に対応する観光復興ガイド‐SNSから見える企画のタネ‐

2020年6月29日オリコンフィードバック数:0ライフスタイル

テーマパーク利用時のSNS活用、年代や同行者によって異なる?

満足度向上を追求するすべての人へ ヒントを提供するメディア 満足度向上を追求するすべての人へ ヒントを提供するメディア テーマパーク利用時のSNS活用、年代や同行者によって異なる? 〜「テーマパーク」利用動向調査近年、訪日観光の目玉の1つにもなっていたテーマパーク。現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響により大きな打撃を受けているが、各パークでwithコロナ、afterコロナに向けた対策や取り組みが徐々に見られはじめ、全国的に再起への機運が高まりつつある状況だ。そもそも日本には、各地に個性豊かな

2020年6月17日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

【ネットいじめ】批判・悪口を書いたことが「ある」のは14.5%

/ / 【ネットいじめ】批判・悪口を書いたことが「ある」のは14.5%【ネットいじめ】批判・悪口を書いたことが「ある」のは14.5%ネットで他の人に対する批判・悪口を書き込んだことがありますか?SNSでの誹謗中傷が社会問題となっています。インターネット、スマートフォンの普及により、小中学生・高校生の間でも「SNSいじめ」「ネットいじめ」がおこなわれ、問題視されているようです。今回はSNSやネット掲示板を利用したことが「ある」と回答した方を対象に、ネットへの書き込みについて調べてみました。「ネッ

2020年5月29日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

Twitterユーザーの半数以上に、「Twitter漫画」を読んだ経験

Twitterユーザーの半数以上に、「Twitter漫画」を読んだ経験 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2020年4月度)Twitterユーザーの半数以上に、「Twitter漫画」を読んだ経験「Twitter漫画」読了後、3割以上に「投稿企業のWebサイト閲覧」の経験調査結果サマリーTwitterユーザーのうち、漫画画像の投稿(「Twitter漫画」)を「頻繁に読む」人は12.3%、「ときどき読む」人は41.8%で、あわせて54.1%の人に読んだ経験がありました。一方、「読んだことはな

2020年5月13日Avast Softwareフィードバック数:0社会/政治

日本人の9割が「SNSに投稿する写真に他の子どもが写っていても保護者から事前に許可を得ない」と回答

We use cookies and similar technologies to recognize your repeat visits and preferences, to measure the effectiveness of campaigns, and improve our websites. For settings and more information about cookies, view our Cookie Policy. By clicking “I acce

2020年4月21日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

6割以上が、「リモートワーク導入を発表した企業に対して、印象が良くなった」

6割以上が、「リモートワーク導入を発表した企業に対して、印象が良くなった」 リモートワークに関する実態調査6割以上が、「リモートワーク導入を発表した企業に対して、印象が良くなった」約7割が、「緊急時のリモートワークに賛成」調査結果サマリー 直近 3 カ月の間に、「緊急時対応として、リモートワークを導入、または推奨を発表した」企業を 「知っている」人は 43.7 %でした。そのうち、 62.9 %の人が導入企業に対する「印象が良くなっ た」と回答しました※1 。一方、「どちらとも言えない」

2020年3月11日ザクー★フィードバック数:0マーケティング

エンタメ ファンテック カオスマップ 2020

業界初の【 エンタメ ファンテック カオスマップ 2020 】を公開。■ファンテックとはファンテックとは「 ファン 」と「 テクノロジー(技術)」を組み合わせた造語であり、ファンサービスとIT技術などを結びつけた新しいサービスや動きのことを指します。■カオスマップ作成の背景( 1 )エンターテインメント業界の変化と課題昨今、エンターテインメントを取り巻くあらゆるコンテンツがオンラインサービスへと急速に移行を続けています。1枚 3,000円前後で売られていたCDが 1再生 約1円(※プラットフォー

「応援消費」に関する意識・実態を調査

2020年2月27日各位株式会社ジャパンネット銀行令和の新消費スタイル 注目キーワードは「応援」と「共感」 「モノ」より「コト」消費を重視したい人が半数以上 約60%が「共感」できるものにお金を使いたいと回答 3人に1人が「応援消費」経験者 200万円以上使った人は8%株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田鎖智人、以下ジャパンネット銀行)では、20〜60代の男女各500名、計1,000名を対象に、「応援消費」に関する意識・実態調査を行いました。 人や企業・地域などを

2020年1月15日コムニコ★フィードバック数:0マーケティング

5,000人に聞いた!Twitterキャンペーンに関する意識調査

2020年に押さえておきたい!Twitterキャンペーン成功のコツ 2019年10月28日~31日までの4日間、株式会社コムニコ企画のハロウィンをテーマにしたインスタントウィンキャンペーン「#みんなでトリックorリツイート キャンペーン」を開催。Wチャンスキャンペーンも並走して行い、これに参加したユーザーへウェブアンケートを実施。売上/ブランド好意度向上においてのTwitterキャンペーンの効果について、5,165名の回答から得た調査結果をご紹介します。なお、調査結果の詳しい資料のダウンロードも

2020年1月13日オーネットフィードバック数:0ライフスタイル

第25回 新成人の恋愛、結婚に関する意識調査

第25回 新成人の恋愛、結婚に関する意識調査 2020年1月 令和最初の成人式を迎える「新成人」の恋愛結婚に関する意識調査 新成人の恋愛・結婚に関する意識は、4年連続で回復トレンドを維持!「今後異性と積極的に交際したい」新成人の割合が約5割、3年連続増加傾向を維持!新成人の結婚希望年齢は25歳が最多割合、女性の7割は27歳までに結婚したい!新成人の「将来子供が欲しい」割合が65.9%で過去25年間で最低水準に?! 結婚相手紹介サービスを提供する株式会社オーネット(本社:東京都中央区 代表取締役

2019年11月28日トランスコスモス★★フィードバック数:0マーケティング

消費者と企業のコミュニケーション実態調査2019

多様化が進む コミュニケーションスタイル消費者間の コミュニケーションの変化「メッセージングアプリ」の利用が13ポイント上昇し、「電話」や「Eメール」の利用を上回った。また「SNS」も10ポイント上昇しており、従来型の音声やテキスト中心から、画像や絵文字・スタンプ等を交えたコミュニケーションが普及・定着してきている。 消費者と企業の コミュニケーションの変化消費者と企業のコミュニケーションではスマホを起点にしたチャネル利用が増加。「チャット」や「メッセージングアプリ」は確実に普及・定着し始めて

2019年7月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2019年5月度) 休日、10~20代は「動画配信サービス」、50~60代は「テレビ」で過ごす

休日、10~20代は「動画配信サービス」、50~60代は「テレビ」で過ごす 動画&動画広告 月次定点調査(2019年5月度)休日、10~20代は「動画配信サービス」、50~60代は「テレビ」で過ごす 10~30代の約3割に、プロジェクションマッピングイベントの参加経験調査結果サマリー休日、10~20代は「動画配信サービス」、50~60代は「テレビ」で過ごす 休日の過ごし方について聞いたところ、最も多くの人から挙がったのは「ショッピング」(76.3%)、次いで「テレビ」(75.9%)、「掃除や洗濯

2019年3月26日エノテカ★フィードバック数:0大型消費/投資

現代のお花見事情に関する調査

【現代のお花見事情に関する調査】46.8%が「お花見女子会」... 【現代のお花見事情に関する調査】 46.8%が「お花見女子会」に参加20代女性はSNS映えを重視する傾向エノテカ株式会社(本社:東京都港区、社長:黒木 誠也)では、桜開花が間近に迫るこの時期に、今春、お花見に行きたいと考えている全国の20歳以上の女性400人を対象に、お花見の楽しみ方、飲みたいお酒、お花見スポットの探し方などお花見事情について、アンケート調査を行いました。<主な調査結果>1. 46.8%がお花見女子会に参加

「SNSでの出会い」に関するアンケート調査

SNSで出会う時代? 「SNSでつながった知らない人と実際に会ったことがある」20代36.3% ~SNSで知り合った相手と実際に会ったその後「交流は続いている」40代50.4%~ Vol.125 QOM総研 「SNSでの出会い」に関するアンケート調査 婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、https://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、20~29歳、40~49歳の独身男女2,

「恋愛観」に関するアンケート調査

気になる相手とSNSで気軽につながれない57.6% ~恋愛に努力は必要?恋愛が得意な人、苦手な人それぞれの恋愛事情~ Vol.124 QOM総研 「恋愛観」に関するアンケート調査 婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、https://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、20~39歳の独身男女300人に対して「恋愛観」に関するアンケート調査を実施いたしました。<調査背景>すぐに誰か

2019年2月19日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

情報収集は、「テレビ」よりも「スマートフォン」

情報収集は、「テレビ」よりも「スマートフォン」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 2018年総集編【トレンド版】情報収集は、「テレビ」よりも「スマートフォン」主要SNSの広告について、「Instagram」のみ不快感を持つ人が増加調査結果サマリー10代から50代が情報収集に使うのは「テレビ」よりも「スマートフォン」 スマートフォン利用者に、普段、情報収集に活用するツールを聞いたところ、「スマーフォンからのインターネットやアプリ」(75.7%)が最も多く、次いで「テレビ」(70.9%)でし

2019年2月14日IBJフィードバック数:0大型消費/投資

「今ドキの婚活事情」に関する意識調査

【今ドキの婚活事情】改元まで残り3ヶ月。約4割が「平成駆け込み婚」に期待する?! 婚活事業を展開する株式会社IBJ(東一/6071)は、20歳~49歳の独身男女約1,500人に対して「今ドキの婚活事情」に関する意識調査をを実施いたしました。 ■調査結果サマリSNSを介した出会いはアリ(約9割)婚活にも抵抗は感じない(約8割)異性との出会いは、婚活パーティー(1,139人)と友人の紹介(1,067人)がベター男性の4割、女性の3割は、婚活サービスから交際へ発展した経験ありすぐにでも結婚したい5

2019年1月31日ジャストシステム★★フィードバック数:0マーケティング

2018年、最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」

Eコマース&アプリコマース月次定点調査 2018年総集編2018年、最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」スマートフォンからのEC利用は、約6割が「アプリ」調査結果サマリー2018年、最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」で昨年の1.6倍に 主要なECアプリのなかで、特に利用している人の割合が増えたのは「ZOZOTOWN」で、14.4%(2017年4月度調査)から22.6%(2018年12月度調査)と、約1.6倍に増加しました。10代に限って見ても、「ZOZOTOWN」の利用

2019年1月18日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

派遣経験者に聞いた「派遣で働く際に知りたい情報」調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース派遣経験者に聞いた「派遣で働く際に知りたい情報」調査 トップ3は「給与」「仕事内容」「勤務地」。気になる情報は派遣会社に確認、20代はSNSも活用。ー『エン派遣』ユーザーアンケート集計結果ー 派遣経験者に聞いた「派遣で働く際に知りたい情報」調査ー『エン派遣』ユーザーアンケートー トップ3は「給与」「仕事内容」「勤務地」。気になる情報は派遣会社に確認、20代はSNSも活用。 人材

2019年1月18日セコムフィードバック数:0社会/政治

日本人の不安に関する意識調査

第7回「日本人の不安に関する意識調査」 7年連続で7割以上が「最近不安を感じている」と回答 自然災害への不安が増加する一方、約6割が対策を実施せず同時実施の女性への調査では経験した被害として「ネット・SNSのトラブル」が「痴漢」に次ぐ2位に セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、12月3日~5日に、20代以上男女(20-29歳、30-39歳、40-49歳、50-59歳、60歳以上/男女各50名の計500名)を対象に、「日本人の不安に関する意識調査」を実施しました。本調査は、高齢

2019年1月17日ジャストシステム★フィードバック数:0大型消費/投資

「QR決済」の利用経験

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年11月度)約2割に、「QR決済」の利用経験あり若者の3人に1人が「D2Cブランド」を認知。1割に購入経験あり調査結果サマリー約2割に、「QR決済」利用経験顧客がスマートフォンに表示したQRコードを店舗側が読み取ることで、もしくは店舗側が表示したQRコードを顧客がスマートフォンで読み取ることで、決済が行われる「QR決済」について、スマートフォン利用者のうち、「頻繁に利用している」人は6.0%、「ときどき利用することがある」人は14.1%でした。一方

2019年1月16日オレンジページフィードバック数:0マーケティング

食品や飲料、お酒などの「お取り寄せ」について調査

お取り寄せしたことのある人、68.8%人気No.1は「洋... お取り寄せしたことのある人、68.8%人気No.1は「洋菓子・スイーツ・アイス」スマホ派はSNSを見て、「即買い」する傾向あり!?「オレンジページくらし予報」では、国内在住の成人女性を対象に、食品や飲料、お酒などの「お取り寄せ」について調査を実施しました。「今までにお取り寄せをしたことがある」と回答したのは全体の68.8%。取り寄せた品物は、「洋菓子・スイーツ・アイス」が69.6%と圧倒的な人気でした。スマートフォンやパソコン

2019年1月10日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

20~30代に聞くフィットネスジム利用実態調査【ジム男子&女子編】

“ジム女子”が意識して鍛える部位は「お尻」、“ジム男子”は「お腹」 20~30代に聞くフィットネスジム利用実態調査【ジム男子&女子編】“ジム女子”が意識して鍛える部位は「お尻」、“ジム男子”は「お腹」“ジム男子”の約4割が食事の糖質を意識。“非ジム男子”は2割弱調査結果サマリー“ジム女子”が意識して鍛える部位は「お尻」、“ジム男子”は「お腹」 現在、「フィットネスジム(以下、ジム)に通っている」人に、意識して鍛えている部位を聞いたところ、「腹の筋肉」と答えた人が最も多く(45.5%)、次いで「脚

第3回現代人の語彙(ごい)に関する調査

高校生から60代までの約3,000名を対象 「第3回 現代人の語彙(ごい)に関する調査」結果速報 ~厳選440語の語彙の認知と、「語彙力」に関する推察~ 「インスタ映え」「SNS」が上位に!世代を超えてSNSの言葉が浸透 相手に伝える意識をもって「書く」ことが語彙力を磨くか情報を正しく理解し、自分の考えをわかりやすく伝えるコミュニケーション力の必要性がますます高まり、そのベースとなる語彙力の重要性が増しています。そこで『語彙・読解力検定*』を主催する株式会社ベネッセコーポレーション(株式会社ベネ

2018年12月27日NTTドコモフィードバック数:0社会/政治

防災レポート第8弾災害情報をSNSで収集する半数はその情報を信用できない

防災レポート第8弾災害情報をSNSで収集する半数はその情報を信用できない

2018年12月4日リスキーブランドフィードバック数:0マーケティング

SNSユーザー動向

1-9-4 Ebisu-Minami, Shibuya-ku,Tokyo 150-0022 JapanTEL: 03-5720-5280info@riskybrand.com主要SNSアクティブユーザーの推移(2011-2018)とユーザー特性を分析October 24, 2018連絡用途のポジションを築いたLINE、シニシズム/冷笑主義の社会トレンドをつかんだTwitter、Instagramが伸長。Facebookは若者からの支持を失い失速。 リスキーブランドが実施する生活意識調査MINDV

2018年11月22日結婚あした研究所フィードバック数:0大型消費/投資

「初恋」に関する調査

結婚の“今”と“未来”を考えるメディア「結婚あした研究所 by Wedding Park」は、恋愛から結婚、結婚式、夫婦関係、さらに、ブライダルのお仕事や業界情報まで、結婚にまつわるあらゆる情報を発信します。 ホームResearch女性の約7割が「初恋は“平成イチの大恋愛”」と回答~「初恋相手として出会いたかった」男性俳優ランキング 1位:松坂桃李~ 女性の約7割が「初恋は“平成イチの大恋愛”」と回答~「初恋相手として出会いたかった」男性俳優ランキング 1位:松坂桃李~ 20代~30代の女性3

2018年11月19日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2018年9月度)

Instagramの機能「ストーリーズ」利用率が、10代は1.8倍に増加 動画&動画広告 月次定点調査(2018年9月度)Instagramの機能「ストーリーズ」利用率が、10代は1.8倍に増加月額制動画配信サービスの利用率1位は、「Amazonプライム・ビデオ」調査結果サマリーInstagramの機能「ストーリーズ」利用率が、10代は1.8倍に増加Instagramを現在利用していると回答した人のうち、投稿した写真や動画が24時間で自動的に消える、Instagramの機能「ストーリーズ(Sto

2018年10月11日ニューアクションフィードバック数:0社会/政治

妊活に関するアンケート

「夫の協力」と「葉酸などの栄養摂取」が妊活を成功させるカギ。9割以上が夫と協力して成功を手に入れたと回答。先輩ママへの『妊活に関するアンケート調査』で分かった妊活成功の秘訣とは 妊活は夫婦の協力があってこそ!9割以上の妻が『夫は妊活に協力的』と回答! 株式会社ニューアクションは、全国20代~30代の既婚で出産経験のある女性に『妊活に関するアンケート』を行い、結婚・妊娠・出産を経験した女性たちがどのようにして妊活を成功させたのかを調査しました。 今年の始めにある夫婦の妊活を描いたドラマが話題にな

2018年10月4日コズレフィードバック数:0社会/政治

年賀状に関する調査

子育て世代の年賀状事情は?伝統的コミュニケーションにはSNSに負けない根強いニーズ!?【はじめに】子どもが生まれた後、子育て世代による年賀状送付の実態に変化はあるのだろうか。SNSで日常的にお互いの近況を知ることができる現在のママパパたちにとって、年賀状への意欲はどのように変化するのか(しないのか)。また、子どもがいない層との差がそこにはあるのだろうか。そこで、本レポートでは「年賀状」に関し調査を行った。【調査】弊社コズレ子育てマーケティング研究所では、2018年8月28日から2018年9月3日

2018年8月27日マクロミル★フィードバック数:0マーケティング

シニア世代1,000人にSNSの利用状況を大調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2018年8月16日テスティーラボフィードバック数:0モバイル

女子大生のカメラ&加工アプリに関する調査

【College Now】女子大生のカメラ&加工アプリに関する調査 2018/07/18 2018/08/10【女子大生対象】写真&加工アプリ関する調査TesTee Lab × マイナビ学生の窓口 コラボ調査企画第2弾!最近の若者にスポットをあてた若年層リサーチ結果を発信する『TesTee Lab!』と大学生総合情報サイト『マイナビ学生の窓口』のコラボ企画『College now』(カレッジナウ)。第2弾となる今回は、女子大学生(以下、女子大生)503名を対象に、カメラ&加工アプリについてのアン

2018年7月4日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「SNSに週1回以上、動画投稿する」10代が、前年比で1.6倍に

「SNSに週1回以上、動画投稿する」10代が、前年比で1.6倍に 動画&動画広告 月次定点調査(2018年5月度)「SNSに週1回以上、動画投稿する」10代が、前年比で1.6倍に60代の4割以上に「ライブ動画の視聴経験」あり。調査結果サマリー「SNSに週1回以上、動画投稿する」10代が、前年比で1.6倍に普段、SNSで動画コンテンツを視聴している人のうち、「自身でも動画コンテンツを投稿する」と答えた人の割合は31.2%でした※1。「自身でも動画コンテンツを投稿する」と答えた人に、その頻度を聞いた

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

特集データ

お知らせ