調査のチカラ TOP > タグ一覧 > SNSマーケティング

「SNSマーケティング」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年11月22日Macbee Planet★★フィードバック数:0マーケティング

最も購入動機となるSNSは「YouTube」で3割 10~20代は「Instagram」が6割と最多

最も購入動機となるSNSは「YouTube」で3割 10~20代は「Instagram」が6割と最多 ~ SNSマーケティングにおける消費者の意識調査 ~ SNS投稿で重視するもの、10~20代は『投稿の見た目』/50~60代は『投稿の内容』  株式会社Macbee Planet(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小嶋 雄介、以下 Macbee Planet)は、データを活用したマーケティングによってプロモーション設計を行うテクノロジー企業です。今回は近年増加しているSNSを活用したマーケティング

2019年2月12日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「YouTube」に動画投稿する人のうち、約3割が収入を得た経験あり

「YouTube」に動画投稿する人のうち、約3割が収入を得た経験あり 動画&動画広告 月次定点調査(2018年12月度)「YouTube」に動画投稿する人のうち、約3割が収入を得た経験ありライブ動画を視聴する10代の約半数が、「Instagram」で視聴調査結果サマリー「YouTube」に動画投稿する人のうち、約3割が収入を得た経験あり「YouTube」利用者のうち、「動画を投稿することがある」と答えた人は14.5%でした※1。そのうち、投稿した動画によって「収入を得た経験がある」人は32.4%

消費者のSNS利用を左右する「承認欲求」を徹底分析!

2017年は、「インスタ映え」が流行語の年間大賞をとり(※1)、国内のInstagram月間ユーザー数が2,000万人に急伸したことも発表されました(※2)。このようにInstagramをはじめ、FacebookやTwitterなどのSNSは、現在、消費者の生活に欠かせないものになっています。そしてSNSが社会に浸透したことで、いいね!を得るためにモノを買ったり、どこかへ出かけるといった、「承認欲求に起因する消費者行動の変化」が顕著になっています。特にB2C企業にとっては、この消費者のトレンドを

2018年1月25日misosilフィードバック数:0マーケティング

2017年のハロウィンにインフルエンサーは渋谷で何をしていたのか

[] SNSデータ解析やインフルエンサー分析事業を展開する株式会社misosil(ミソシル)(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:兼城 駿一郎)は、位置情報の解析に強みを持つ株式会社ナイトレイ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:石川 豊)とともに、「インフルエンサー分析×位置情報解析」を切り口に、2017年のハロウィン期間に渋谷に来ているインフルエンサーがどこで何をしていたのかを分析する共同調査を行いました。調査の結果、ハロウィン期間に渋谷を訪れているインフルエンサーはSHIBUYA109とい

2016年11月15日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

じっくり派?指名買い派?商品購入までの比較に関する実態調査

消耗品を、60代は「指名買い」、20代は「安さ」で選ぶ じっくり派?指名買い派?商品購入までの比較に関する実態調査消耗品を、60代は「指名買い」、20代は「安さ」で選ぶ女性は洋服、男性はパソコンを「納得がいくまで比較して購入」調査結果サマリー消耗品を、60代は「指名買い」、20代は「安さ」で選ぶ キッチン用品(消耗品)の購入時にどれくらい比較するかを聞いたところ、20代は「あまり比較はせずに目にとまったもの(価格が安いなど)を購入することが多い」(23.4%)が最も多く、60代では「もともと決め

2016年8月29日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

業種別で聞く!自分の仕事が「人工知能」に置きかわると思いますか?

マーケティング従事者の約3割が、「人工知能に仕事が奪われる」と不安 業種別で聞く!自分の仕事が「人工知能」に置きかわると思いますか?マーケティング従事者の約3割が、「人工知能に仕事が奪われる」と不安消費者の立場では半数以上が工場などの製造業務が「置きかわる」と予測調査結果サマリーマーケティング従事者の約3割が、人工知能に自分の仕事が「奪われる」と不安視現在、「企画・マーケティング、広報・PR、市場調査・アナリスト」に従事していると回答したマーケティング関連職種の人のうち、人工知能(AI)によって

2016年5月31日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

スマホで検索をする際に使うのは「Google」?「SNS」?

スマホで検索をする際に使うのは「Google」?「SNS」? 3割が、旬な話題は「Twitter」で探すスマホで検索をする際に使うのは「Google」?「SNS」?流行のファッション情報を「Instagram」で探す女性は約2割調査結果サマリー約3割が、旬な話題は「Twitter」で探す世の中で話題になっている情報をスマートフォンで情報収集する際に最も利用されるサービスは「Google」(38.1%)、次いで「Twitter」(29.8%)でした。年代別に見ると、20代から50代はいずれも「Go

2016年4月18日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

「ファッションコマース利用動向調査」 (後編)

「ファッションコマース利用動向調査」 (後編) 購入の後押しは「割引クーポン」「ファッションコマース利用動向調査」 (後編)20代女性の4割が、「流行アイテムを、ファストファッションで揃えたことがある」調査結果サマリー購入の後押しは、6割以上が「割引クーポン」ファッションアイテムの購入を迷ったときに、購入の後押しになるものとして、64.0%が「割引クーポン」、51.6%が「ポイント付与」を挙げました。なお、30代男性に限っては、「ポイント付与」が56.2%で、「割引クーポン」の51.7%を上回り

2015年2月19日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル要登録

“男性の美活”に関するアンケート調査

30代男性の美活が熱い!6割がスキンケア、7割がデオドラントケアを実施中“男性の美活”に関するアンケート女性の3人に1人は、男性が化粧ポーチや日焼け止めを使うことに好意的調査結果サマリー30代男性の美活が熱い!6割がスキンケア、7割がデオドラントケアを実施中スキンケア用品を日常的に使っている男性は30代が最も多く(59.0%)、続いて20代(58.0%)、40代(40.0%)でした。また、デオドラントケアをしている男性も30代(76.0%)が最も多く、40代(66.0%)や20代(64.0%)を

モニプラ for Facebookでの調査です。

Facebookユーザーの企業・ブランドSNS利用実態調査2014

SMMLabはアライドアーキテクツが運営するSNSマーケティングに関する情報に特化したメディアです (009)データ集 >【アンケート調査結果大公開!】Facebookユーザーの企業・ブランドSNS利用実態調査2014 投稿日: 2014年8月21日FacebookユーザーのSNS利用実態調査結果をまとめて発表!Facebookは今や全世界で13億2000万人(月間アクティブユーザー数)が利用しており、毎日8億2900万人(毎日のアクティブユーザー数)が交流する情報インフラとなりました。(※数値

2014年6月25日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資要登録

中古車アプリに関するアンケート

中古車情報のアプリ化による消費者動向の変化は? アプリ利用者の6割以上が、「中古車情報を見る機会が増えた」中古車情報のアプリ化による消費者動向の変化は?54.6%の人は、アプリによって「中古車の印象が良くなった」調査結果サマリーアプリ利用者の6割以上が、「中古車情報を見る機会が増えた」中古車アプリの利用者のうち、61.5%の人が中古車アプリによって「中古車情報を見る機会が増えた」と答えました。年代別で見ると20代が最も多く(70.4%)、次いで40代(60.8%)でした。54.6%の人は、アプリ

2013年11月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度) 10 代は1 日平均80 分間以上「SNS アプリ」を利用するモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度)10 代では75 %が利用。スマホ利用率がついにフィーチャーフォンを上回る。調査結果サマリー10代は1日平均80分間以上「SNSアプリ」を利用する10 代では75 %が利用。スマホ利用率がついにフィーチャーフォンを上回る。App Storeの値上げで、半数近くが既に利用中のアプリ課金にも消極的iPhoneユーザ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ