「Spotify」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

Spotifyが2021年の音楽や音声コンテンツシーンを振り返る 世界と日本のランキングを発表

Spotifyが2021年の音楽や音声コンテンツシーンを振り返る 世界と日本のランキングを発表 ・2021年に国内で最も再生されたアーティストはBTS、最も聴かれた楽曲は優里「ドライフラワー」・ポッドキャスト部門1位は「呪術廻戦 じゅじゅとーく」・リスナーがSpotify上での聴取履歴をもとに、今年よく聴いた音楽やポッドキャストを振り返ることができる「Spotifyまとめ 2021」も公開 世界で 3億8,100万人以上のユーザーが利用するオーディオ ストリーミングサービス Spotify(会

2021年6月23日ビデオリサーチ★★フィードバック数:0マーケティング

「Z世代と音声メディア」について

ニュース Z世代に拡がる「音声メディア」、音楽配信は6割が利用~耳をマルチタスクに使い分け、テキストより通話、女性は“人の声”で寂しさ解消~Z世代に拡がる「音声メディア」、音楽配信は6割が利用~耳をマルチタスクに使い分け、テキストより通話、女性は“人の声”で寂しさ解消~株式会社ビデオリサーチ(東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:望月 渡)は、スポティファイジャパン株式会社(東京都渋谷区)と共同で「Z世代と音声メディア」についての調査と分析研究を行いました。 この研究から、Z世代は他世代に比

2020年4月24日トレンダーズフィードバック数:0ライフスタイル

TT総研、10代女性への新型コロナウイルスの影響を調査

~TT総研、10代女性への新型コロナウイルスの影響を調査~テレビ離れ、活字離れに変化の兆し 将来観にも影響、なりたい職業1位は医師・看護師に 有料オンラインサービスの利用増加もテレスタディ環境は進まず ティーン世代のトレンドやインサイトを分析するマーケティング研究機関「TT総研 -Teens Trend総研-」(ティーティー ソウケン)は、このたび「10代女性への新型コロナウイルスの影響」に関する調査をおこないました。 なお今回の調査では、新型コロナウイルスの影響による様々な状況下の方々に配慮

2018年12月28日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

音楽ダウンロードの利用に関するアンケート調査(第11回)

音楽ダウンロードの利用に関するアンケート調査(第11回) ■直近1年間の、音楽ダウンロード・有料サービス利用者は約8%、無料サービスは1割強。定額制音楽配信サービス直近1年間利用者は約6%。■直近1年間に利用した音楽ダウンロードサービスは「iTunes Store」が、利用者の5割弱、「Amazon music デジタルミュージック」が3割弱。選定時の重視点は「好きなアーティストの曲が充実」が利用者の5割弱、「最新の曲が充実」「曲の検索がしやすい」「懐かしい曲が充実」「幅広いジャンルの曲が

2018年1月15日宣伝会議フィードバック数:0マーケティング

日本上陸から1年、躍進を続けるSpotifyのユーザー層を分析。その広告価値とは?

日本上陸から1年、躍進を続けるSpotifyのユーザー層を分析。その広告価値とは? 世界で1億4000万人以上に利用されている音楽ストリーミングサービス「Spotify」。2016年11月に日本で本格的にサービスを開始して以降、着実にユーザーを増やし、その無料版に流れるオーディオ広告には様々な大手広告主が出稿している。上陸から1年が経った現在、国内のSpotifyユーザーの実態を探るべく、ビデオリサーチが調査を実施。そこから見えてきたSpotifyの広告価値に迫る。 消費意欲旺盛な34歳以下の

この夏に最も再生された音楽ランキング

Spotifyがこの夏に最も再生された音楽ランキングを発表! 世界で最も聞かれたのは、ルイス・フォンシ、ダディー・ヤンキー「Despacito-Remix(feat. Justin Bieber)、日本ではエド・シーラン「Shape of You」 世界で1億 4,000万人以上のユーザーに利用されている音楽ストリーミングサービス Spotify(会社名 Spotify AB / 本社 Stockholm, Sweden)は、2017年夏に世界のSpotifyユーザーに最も聴かれた楽曲ランキン

2017年4月10日インプレス★フィードバック数:0デジタル家電

定額制音楽配信サービスの利用に関する調査結果2017

利用率は2.8ポイント増の11.9%、メインで利用しているサービスのトップは「Prime Music」定額制音楽配信サービスの利用に関する調査結果2017インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、定額制音楽配信サービス(サブスクリプションサービス)の利用実態調査を実施し、その調査結果を発表いたします。日本国内において2012年より提供が始まっている定額制音楽配信サービスは、

2017年2月17日ICT総研フィードバック数:0デジタル家電

2017年 定額制音楽配信サービス利用動向に関する調査

2017年 定額制音楽配信サービス利用動向に関する調査 ■ 定額制音楽配信サービス利用者数は2016年に1,420万人、2018年に2,000万人を突破■ 定額制音楽配信サービスの有料サービス利用率は8.5%、無料サービス利用率は9.9%■ 利用者数トップはApple Music、以下LINE MUSIC、Amazon Prime Musicが続く■ 顧客満足度トップ3は、Apple Music、レコチョク Best、Spotify 株式会社 ICT総研 (東京都千代田区)は2月8日、「20

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ