「TFP」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期のGDPギャップ

トップレポート・コラム経済分析日本2015年1-3月期のGDPギャップ ここから本文です2015年1-3月期のGDPギャップ2四半期連続でマイナス幅が縮小したが、力強さに欠けるサマリー◆2015年1-3月期GDP(一次速報)の結果を反映して大和総研が試算した同四半期のGDPギャップは▲1.7%となり、2014年10-12月期の▲2.2%からマイナス幅が0.5%pt縮小した。また、実質GDPの成長ペースが加速したことから、GDPギャップの改善幅は前四半期(0.2%の改善)よりも拡大した。ただし、全

2015年3月31日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

プロダクト・イノベーションと経済成長 PartⅣ:高齢化社会における需要の変化

プロダクト・イノベーションと経済成長 PartⅣ:高齢化社会における需要の変化吉川 洋(ファカルティフェロー) /安藤 浩一(中央大学) 概要プロダクト・イノベーションこそが先進国の経済成長を生み出す究極の要因である、というわれわれの基本命題をさまざまな面から検討する。出発点となるのは、既存のモノ・サービスに対する需要は必ず飽和するという事実である。第1に、このことを実証した従来の研究をサーベイする。第2に、内生的経済成長理論がプロダクト・イノベーションをモデル化しているにもかかわらず、全

2015年3月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(リサーチラボ)金融危機後の景気回復はなぜ緩慢なのか

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 金融危機後の景気回復はなぜ緩慢なのか:金融政策運営への含意に関する一考察池田大輔、黒住卓司(日本銀行) No.15-J-2, 2015年3月24日キーワード:金融危機後の緩慢な景気回復、全要素生産性の低迷、社会厚生最大化金融政策JEL分類番号: E52、O33:takushi.kurozumi@boj.or.jp(黒住)要旨先般の世界的金融危機に限らず、これまでの金融危機の歴史を振り返ると、危機後の景気回復は、通常の回

「日本経済研究」No72

日本経済研究「日本経済研究」は日本有数の学術論文誌です。年に2,3回発行しています。論文は公募しており、レフェリーの厳正な審査などを経たうえで掲載となります。【72】 2015年3月発行本稿では、空港が効率的に運営されているかという問題意識のもと、DEA(Data Envelopment Analysis(包絡分析法))を用いて各空港の技術効率性を推計するとともに、多段階モデルアプローチを用いて、技術効率性から地理的要因や制度的要因といった空港の裁量が及ばない要因(非裁量要因)を除去することで、

2015年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

上場企業によるIPOの動機と上場後の企業パフォーマンス

未上場企業によるIPOの動機と上場後の企業パフォーマンス 細野 薫(学習院大学) /滝澤 美帆(東洋大学) 概要本稿では、1990年代後半以降の日本企業を対象として、非上場企業のIPO(新規株式公開)による資金調達の決定要因、および、資金調達後の企業パフォーマンスを分析した。この結果、規模、ROA、全要素生産性(TFP)が高く、負債比率および費用比率が低い企業はIPOをする確率が高いこと、また、IPOをした企業は、その後、非IPO企業に比べて、設備投資比率、研究開発費比率、ROA、TFP、

2015年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期のGDPギャップ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年10-12月期のGDPギャップマイナス幅が縮小するも、大幅な需要不足が続く 2015年2月19日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年10-12月期GDP(一次速報)の結果を反映して大和総研が試算した同四半期のGDPギャップは▲2.2%となり、7-9月期の▲2.6%からマイナス幅が0.4%pt縮小した。これは、個人消費の持ち直しの動きが続き、設備投資が3四

関西の高生産性企業のイノベーションの源泉 -組織・人事への取組-

2013年度の報告書 関西の高生産性企業のイノベーションの源泉 -組織・人事への取組- が完成しました。 2014-05-21 本プロジェクトでは、高い生産性の伸びを維持している関西企業を抽出して、ヒアリング調査を通じて高生産性の秘訣を探りました。この調査の大きな特徴は2つあります。第1に、生産性の指標として全要素生産性(TFP; Total factor productivity 付加価値に対する労働や資本といった生産要素の貢献以外の部分)を取り上げ、個別企業の財務データを使用して定量的な分

2013年6月30日厚生労働省フィードバック数:1社会/政治

生産年齢人口・GDP・TFP(全要素生産性)の関係

生産年齢人口・GDP・TFP(全要素生産性)の関係

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ