「TSR支社」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年1月13日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

上場企業の倒産動向 2014年は24年ぶりのゼロ

公開日付:2015.01.13連続ゼロ期間 16カ月連続で過去3番目の長さに  2014年の上場企業倒産はゼロ(前年3件)だった。年次集計で上場企業倒産がゼロになったのは、1990年以来24年ぶりのこと。月次ベースでも2013年9月以降は、2014年12月まで16カ月連続で発生がなく、連続ゼロ期間は過去3番目の長さ(「1981年5月から1982年8月まで」と並ぶ)になった。 ちなみに、過去最長はバブル景気時の「1986年9月から1991年7月まで」の59カ月連続。次いで、日本で初めてサミット(先

2015年1月13日東京商工リサーチ★フィードバック数:0キャリアとスキル

年間のまとめです。

2014年「希望・早期退職者募集状況」調査

公開日付:2015.01.13 2014年に希望・早期退職者の募集実施を公表した上場企業数は、前年比4割減の31社だった。アベノミクスに伴う急速な円安進行から上場企業の業績が輸出企業を中心に改善し、人員削減に動いた企業は調査を開始した2000年以降で最少となった。本調査は、2014年1月以降、希望・早期退職者募集の実施を情報開示、具体的な内容を確認できた上場企業を抽出した。希望・早期退職者の募集予定を発表したものの実施に至らない企業、および上場企業の子会社(未上場)は対象から除いた。資料は、原則

2015年1月13日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「円安」関連倒産 2014年は前年より2.0倍増の282件

「円安」関連倒産 2014年は前年より2.0倍増の282件 公開日付:2015.01.13 2014年12月5日の外国為替市場は一時1ドル=121円台まで円安が進み、2007年7月以来、7年4カ月ぶりの円安水準になった。日銀の追加金融緩和の決定以降は円安に拍車がかかっている。急速な円安は輸出企業には収益を押し上げるメリットもあるが、海外からの輸入に頼るエネルギー、資源、食料品など幅広い分野では物価を押し上げ中小企業の体力を消耗させている。倒産全体は中小企業への年末資金の円滑化が図られ抑制されたが

2014年12月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「円安」関連倒産 11月は21件

公開日付:2014.12.08 外国為替市場での円安進行が止まらない。12月5日には一時1ドル=121円台まで円安が進み、2007年7月以来7年4カ月ぶりの円安水準になった。急速な円安は、輸出企業には収益を押し上げるが、海外からの輸入に頼るエネルギー、資源、食料品など幅広い分野では物価を押し上げ中小企業の体力を消耗させ、一般家庭の支出行動にも影響が出始めている。2014年11月の「円安」関連倒産は21件(前年同月比16.6%増、前年同月18件)だった。日銀の追加金融緩和で円安に拍車がかかっている

2014年12月8日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

「人手不足」関連倒産 1-11月累計276件

公開日付:2014.12.08 建設業をはじめ、小売業、外食産業など、幅広い業種で「人手不足」が及んでいる。大手企業を中心に業績が好転する一方で、「人手不足」は幅広い産業に波及し、「求人難」による倒産も発生している。東京商工リサーチでは、これまでも「人手不足」関連倒産を集計していたが、主に代表者死亡や入院などによる「後継者難」型、経営幹部や社員の退職に起因した「従業員退職」型が中心だった。だが、最近の「人手不足」に伴い「求人難」型もみられるようになった。11月の「人手不足」関連倒産は28件(前年

2014年12月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「金融円滑化法」関連倒産 2014年11月は22件

公開日付:2014.12.08 2014年11月の「中小企業金融円滑化法」に基づく貸付条件変更利用後の倒産は、22件だった。金融機関がリスケ要請に弾力的に応じるなどの金融支援や、公共工事の前倒し執行などの景気対策の効果により全体の倒産が抑制され、10カ月連続で前年同月を下回った。 負債総額は、53億700万円(前年同月比43.8%減)で、2カ月連続100億円を下回った。負債額別では、10億円以上の大型倒産がゼロ件(前年同月4件)だった。産業別では、建設業と製造業が各7件で最も多かった。次に、サー

2014年11月11日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2015年3月期「下期想定為替レート」調査 1ドル=105円が約4割

2015年3月期「下期想定為替レート」調査 1ドル=105円が約4割 公開日付:2014.11.11 東証1部、2部上場メーカー85社のうち、約4割の企業が対ドルの下期想定レートを1ドル=105円に設定した。日銀の大胆な金融緩和が影響して、外国為替市場では急速な円安が進行している。追い風を受けて輸出企業を中心に好業績をあげる企業が続出している。ただし、外国為替市場に不安定な要素もあることから、想定レートの変更を慎重にしているケースも一部でみられた。本調査は、東京証券取引所1部、2部に上場する主な

2014年7月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年上半期「主な上場企業 希望・早期退職者募集状況」

2014年上半期「主な上場企業 希望・早期退職者募集状況」 公開日付:2014.07.08 2014年上半期(1-6月)に希望・早期退職者の募集実施を公表した上場企業は21社で、前年同期と比べて半減した。「アベノミクス」による円安と株価上昇を伴った業績回復で、上場企業の人員削減の動きは影を潜めた。本調査は、上場企業を対象に2014年1月以降の希望・早期退職者募集実施を情報開示し、具体的な内容を確認できた企業を抽出した。希望・早期退職者の募集予定を発表したものの実施に至らない企業、および上場企業の

2014年6月24日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

役員報酬 1億円以上開示企業

役員報酬1億円以上開示企業 日産Cゴーン氏 2年連続の報酬額トップならず (6月27日11時現在) 公開日付:2014.06.27 6月27日11時現在、確認された有価証券報告書において(株)キョウデンの橋本浩氏の役員報酬額が12億9,200万円と公表された。これにより、日産自動車(株)カルロス ゴーン氏の2年連続での役員報酬額トップがなくなった。2013年3月期は日産自動車カルロス ゴーン代表取締役社長兼最高経営責任者が9億8,800万円で、役員報酬の最高額だった。2014年3月期は9億9,5

2014年6月10日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2015年3月期初の「想定為替レート」1ドル=100円が7割

2015年3月期初の「想定為替レート」1ドル=100円が7割 公開日付:2014.06.09 東証1部、2部上場のメーカー142社の7割が2015年3月期決算の期初想定為替レートを1ドル=100円に設定したことがわかった。対ユーロは、1ユーロ=135円が約半数を占めた。外国為替市場は2012年秋以降、歴史的な円高が修正されて円安に転じ、輸出産業では好決算が続出している。本調査は、東京証券取引所1部、2部に上場する主な電気機器、自動車関連、機械、精密機器メーカー(3月本決算企業)のうち、2015年

2014年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「金融円滑化法」関連倒産 2013年度は4割増の435件

「金融円滑化法」関連倒産 2013年度は4割増の435件 公開日付:2014.04.08 2014年3月の「中小企業金融円滑化法」に基づく貸付条件変更後の倒産は27件。全体の倒産が抑制されていることを反映して、2カ月連続で前年同月を下回った。ただし、中小企業金融円滑化法の終了から丸1年の、2013年度(2013年4月-2014年3月)の累計は435件(前年度305件)に達し、前年度より4割増(前年度比42.6%増)で推移した。中小企業金融円滑化法の終了後も、金融機関がリスケ要請に応じるなど実質的

2014年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年度スーパーの倒産 2年連続で前年度を上回る

2013年度スーパーの倒産 2年連続で前年度を上回る 公開日付:2014.04.08 2013年度のスーパー倒産は、件数が2年連続で前年度を上回った。地場中小スーパーを中心に破綻が目立ち、価格や品揃えに加え、消費者が求める「安心・安全」という付加価値でも大手に比べて劣勢に立っていることがわかった。今年4月1日からスタートした消費税率8%引き上げで駆け込み需要の反動など個人消費への影響も懸念され、今後の動向から目が離せない。 2013年度(2013年4月-2014年3月)のスーパー倒産は77件(

2014年2月11日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年「休廃業・解散企業動向」調査 年間倒産の2.6倍

2013年「休廃業・解散企業動向」調査 年間倒産の2.6倍 公開日付:2014.02.10 2013年の休廃業・解散件数は2万8,943件で、過去10年で最多を記録した。2013年の倒産件数(1万855件)の2.6倍に達した。2013年の倒産は5年連続で前年を下回り、1991年以来22年ぶりに1万1,000件を割り込んだが、休廃業・解散は年々増加をたどり対照的な動きをみせた。中小企業金融円滑化法で倒産が抑制されている一方で、業績ジリ貧や後継者難などで事業継続を断念する企業が増えていることがわかっ

2014年1月15日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年「主な上場企業 希望・早期退職者募集状況」

2013年「主な上場企業 希望・早期退職者募集状況」 公開日付:2014.01.14 2013年に希望・早期退職者の募集実施を公表した上場企業数は、2年ぶりに前年を下回った。アベノミクスによる円安・株高で景気回復への期待が高まり、人員削減の動きが一服した格好だ。ただ、500人以上の大型募集が5社あり、総募集人数は2年連続で1万人を突破した。本調査は、2013年1月以降、希望・早期退職者募集の実施を情報開示、具体的な内容を確認できた上場企業を抽出した。希望・早期退職者の募集予定を発表したものの実施

2013年12月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「金融円滑化法」関連倒産 11月は29件

公開日付:2013.12.09 2013年11月の「中小企業金融円滑化法」に基づく貸付条件変更後の倒産は29件だった。全体の倒産が抑制されていることを反映して、3カ月ぶりに30件を割り込んだが、前年同月比では14カ月にわたり増加が続いている。2013年1-11月累計は、433件(前年同期230件)で、前年同期より約9割増で推移している。11月の負債総額 3カ月ぶりに前年同月比減少  11月の負債総額は91億7,700万円(前年同月比67.6%減)で、3カ月ぶりに前年同月を下回った。内訳は、100

2013年11月12日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

老人福祉・介護事業の倒産 前年同期より6割増の44件

老人福祉・介護事業の倒産 前年同期より6割増の44件 公開日付:2013.11.112013年1-10月の老人福祉・介護事業の倒産件数は、44件(前年同期比62.9%増)に達した。介護保険法が施行された2000年以降では、2008年(46件)に迫り、過去最多のペースで推移している。なかでも訪問介護事業は1-10月累計で26件に達し、年間で過去最多の2009年(25件)をすでに上回り過去最多を更新した。調査対象の「老人福祉・介護事業」は、有料老人ホーム、通所・短期入所介護事業、訪問介護事業などを含

2013年7月9日東京商工リサーチフィードバック数:6キャリアとスキル

上場企業 希望・早期退職者募集 半年で41社

公開日付:2013.07.082013年に希望・早期退職者の募集実施を公表した上場企業は41社を数え、前年同期とほぼ同水準(40社、7月5日現在)だった。今年は年初から1カ月余りで前年の4割にあたる26社に達し、先行きが懸念されていた。しかし、安倍政権の経済政策「アベノミクス」による円安・株価上昇に伴う収益回復期待から、人員削減の動きに急ブレーキがかかっていることがわかった。本調査は、上場企業を対象に2013年1月以降、希望・早期退職者募集の実施を情報開示し、具体的な内容を確認できた企業を抽出し

2013年6月30日東京商工リサーチフィードバック数:4ビジネス

上場企業の役員報酬1億円以上 167社 292人(6月28日17時現在)

上場企業の役員報酬1億円以上 167社 292人(6月28日17時現在) 公開日付:2013.06.282013年3月期決算企業で、6月28日17時現在、役員報酬1億円以上の個別開示が確認されたのは企業数で167社、人数で292人だった。2012年3月期(172社・295人)より社数で5社、人数で3人少なかった。2013年3月期決算の上場企業は2,484社。有価証券報告書はほぼ出揃い、167社が1億円以上の報酬役員を開示した。2013年3月期決算企業での個別開示では、日産自動車のカルロス・ゴーン

2013年6月11日東京商工リサーチフィードバック数:11ビジネス

「想定為替レート」調査 1ドル=90円 1ユーロ=120円が最多

「想定為替レート」調査 1ドル=90円 1ユーロ=120円が最多 公開日付:2013.06.10東証1部、2部に上場するメーカー143社のうち、全体の4分の1にあたる37社で期初の想定為替レートを1ドル=80円から90円に設定した。また、ユーロも1ユーロ=120円とする企業が最多を占めた。外国為替市場は、昨秋以降、歴史的な円高が修正されて円安傾向に転じ、輸出産業では業績が息を吹き返したところが多い。本調査は、東京証券取引所1部、2部に上場する主な電気機器、自動車関連、機械、精密機械メーカー(3月

2013年4月9日東京商工リサーチフィードバック数:12キャリアとスキル

2013年 主な上場企業 希望・早期退職者募集状況調査(4月5日現在) ~ 募集実施企業が3カ月余りで前年の半数超え、34社に ~

2013年 主な上場企業 希望・早期退職者募集状況調査(4月5日現在) ~ 募集実施企業が3カ月余りで前年の半数超え、34社に ~ 公開日付:2013.04.082013年に希望・早期退職者募集実施を公表した上場企業が34社(4月5日現在)に達した。昨年末から外国為替相場は円安に転じ、株価も上昇しているが、希望・早期退職者募集企業は3カ月余りで前年(63社)の半数を超えた。業績回復の流れの中で、今後の推移が注目される。本調査は、上場企業を対象に2013年1月以降、希望・早期退職者募集の実施を情報

2013年2月8日東京商工リサーチフィードバック数:5キャリアとスキル

2013年主な上場企業 希望・早期退職者募集状況調査(2月7日現在) ~ 募集実施企業数が年初から急増、1カ月余りで26社にのぼる ~

2013年主な上場企業 希望・早期退職者募集状況調査(2月7日現在) ~ 募集実施企業数が年初から急増、1カ月余りで26社にのぼる ~ 公開日付:2013.02.08円高修正と株高で上場企業の業績修正が目立つが、足元では2013年に入り希望・早期退職者募集を実施した上場企業が26社(2月7日現在)と急増している。産業別でも広がりをみせており、今後の推移が注目される。本調査は、上場企業を対象に2013年1月以降、希望・早期退職者募集の実施を情報開示し、具体的な内容を確認できた企業を抽出した。希望・

2013年2月8日東京商工リサーチフィードバック数:9ビジネス

2012年「休廃業・解散企業動向」調査 ~ 過去10年間で最多の2万7,132件 年間倒産の2.2倍 ~

2012年「休廃業・解散企業動向」調査 ~ 過去10年間で最多の2万7,132件 年間倒産の2.2倍 ~ 公開日付:2013.02.082012年の休廃業・解散件数は2万7,132件に達した。2003年以降の過去10年間で最多で、2012年の倒産件数の2.2倍に達した。2012年の年間倒産は4年連続で前年を下回り、1991年以来21年ぶりの低水準で推移したが、休廃業・解散は高水準が続いている。これは企業を取り巻く環境が厳しく、業績不振や後継者難などから事業継続を断念する企業が水面下で多いことを浮

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ