「Tok」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年8月2日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画SNSの「Tik Tok」を、10代の7割以上が認知

動画SNSの「Tik Tok」を、10代の7割以上が認知 動画&動画広告 月次定点調査(2018年6月度)動画SNSの「Tik Tok」を、10代の7割以上が認知「YouTube」の動画広告に悪印象を持つ人は、4年前より減少調査結果サマリー動画SNSの「Tik Tok」、10代の認知率で「YouTube」「ツイキャス」に次いで3位動画を投稿したり、視聴したりできる動画専用SNSの利用状況を、スマートフォンユーザーに聞いたところ、「YouTube」の認知率が81.1%とずば抜けて高く、それ以外はい

2016年12月1日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

人工知能(AI)&ロボット活用に対する意識調査【医療編】

約3割が「将来、AIが病気を診断するようになる」と予想 人工知能(AI)&ロボット活用に対する意識調査【医療編】約3割が「将来、AIが病気を診断するようになる」と予想AIの診断を支持する理由は、1位「待ち時間」、2位「診断の納得感」調査結果サマリー約3割が、「将来、AIが診断をするようになる」と予想将来的に、医療現場でのAI活用がどの程度実現するかについて、「すべての診断業務が医師ではなく、AIに置きかわる」と予想する人は4.9%、「すべてとは言わないが、医師ではなく、AIが診断するようになる」

2016年8月29日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

業種別で聞く!自分の仕事が「人工知能」に置きかわると思いますか?

マーケティング従事者の約3割が、「人工知能に仕事が奪われる」と不安 業種別で聞く!自分の仕事が「人工知能」に置きかわると思いますか?マーケティング従事者の約3割が、「人工知能に仕事が奪われる」と不安消費者の立場では半数以上が工場などの製造業務が「置きかわる」と予測調査結果サマリーマーケティング従事者の約3割が、人工知能に自分の仕事が「奪われる」と不安視現在、「企画・マーケティング、広報・PR、市場調査・アナリスト」に従事していると回答したマーケティング関連職種の人のうち、人工知能(AI)によって

2013年1月10日ジャストシステムフィードバック数:7マーケティング要登録

「若者の○○離れ」に関する調査

若者の○○離れは本当か?20代の男女800名に緊急調査「若者の○○離れ」に関する調査「自動車」「新聞」「テレビ」「雑誌」「読書(活字)」 「生命保険」「お酒」の利用実態が明らかに調査結果サマリー自動車・・・所有率は33.1%。所有しない理由は、「他の移動手段で十分」(45.6%)セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、所有率は全体で33.1%でしたが、地域別でみると東京は26.5%、大阪は39.8%と大きな差が出ました。所有していない人に理由を聞いたところ(複数回答)、最も多い理由は「他の

2012年10月4日ジャストシステムフィードバック数:1マーケティング要登録

携帯電話・インターネットの利用に関する月例調査(2012年9月度)

[最新] 携帯電話・インターネットの利用に関する月例調査(2012年9月度) 「LINE」の認知率が50歳以上の層にも徐々に広まる[最新] 携帯電話・インターネットの利用に関する月例調査(2012年9月度)通常の携帯電話(フィーチャーフォン)を使ったSNS利用が減少調査結果サマリー「LINE」の認知率が50歳以上の層にも徐々に広まる通常の携帯電話(フィーチャーフォン)を使ったSNS利用が減少旅行情報サイトは認知率、利用率とも「楽天トラベル」。60代男性の35%が年1回以上利用全調査対象者の15.

2012年8月29日ジャストシステムフィードバック数:2マーケティング

携帯電話・インターネットの利用に関する月例調査(2012年8月度)

[最新] 携帯電話・インターネットの利用に関する月例調査(2012年8月度) タブレット型PC 、30~40代男性の4人に1人が所有[最新] 携帯電話・インターネットの利用に関する月例調査(2012年8月度)LINEの利用者が30代で拡大し、利用率が24%に急上昇調査結果サマリータブレット型PCの所有率は14.6%。30~40代男性では27.5%が所有タブレット型PCの購入意向は35.2%。60代でも33%が購入を検討するなど広い世代で注目スマートフォンの利用率が34.5%に上昇。30代男性では

2012年5月31日ジャストシステムフィードバック数:2製造業/エレクトロニクス要登録

節電対策に関する意識調査

計画停電を経験した「東京」と、未経験の「大阪」で意識の差節電対策に関する意識調査節電は我慢できるが、停電の場合は原発再稼働を支持する人が「43.8%」調査結果サマリー「節電は我慢できるが、停電の場合には再稼働を支持」する人が「43.8%」セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、今夏、節電や停電のリスクが懸念されている中で、原子力発電所の再稼働についてたずねたところ、「たとえ停電になっても、再稼働を支持しない」人が35.0%いる一方で、「節電は我慢できるが、停電となる場合は再稼働を支持する」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ