「WBGT」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年8月26日タニタフィードバック数:0ライフスタイル

熱中症に関する意識・実態調査2020

タニタは世界の人々の健康づくりに貢献します。 【熱中症に関する意識・実態調査2020】熱中症についての知識や経験に関する結果を追加発表熱中症警戒アラートの発表基準となる「暑さ指数(WBGT)」の認知率は半数未満熱中症に対する知識を身に付けて、新型コロナ感染症対策と熱中症対策を両立させる必要あり2020年7月21日株式会社タニタは、6月24日に「熱中症に関する意識・実態調査2020(速報)」で発表した調査内容に続き、新たに13項目を追加した結果を公表します。新たに公表する内容で特徴的だったのは

2019年7月17日タニタフィードバック数:0ライフスタイル

熱中症に関する意識・実態調査2019

タニタは世界の人々の健康づくりに貢献します。 「熱中症に関する意識・実態調査2019」を実施「熱中症の経験ない」と答えた人のうち70%が「熱中症の症状を示す暑さによるからだの不調の自覚あり」多くの人が気付かずに熱中症を発症している恐れがあるという実態が明らかに健康総合企業の株式会社タニタ(東京都板橋区前野町1-14-2、社長・谷田千里)は、「熱中症に関する意識・実態調査2019」を実施しました。調査結果で特徴的だったのは、多くの人が熱中症と気付かずに発症している恐れが高いという実態が明らかに

2013年6月25日日本自動車連盟フィードバック数:46ライフスタイル

JAFユーザーテスト 車内温度/夏

彩湖・道満グリーンパーク駐車場(埼玉県戸田市) 午後12時から4時間、駐車条件の異なる車両(ミニバン)を5台用意し、炎天下における車内温度を測定。 各車両の室温を25℃に揃え、3つのテストを実施した。 テスト1:サンシェード装着や窓開けなどの対策で、車内温度の上昇は防げる?温度計測器を用いて、各車両の車内温度の変化を測定した。 対策なし(黒)の車内温度が一番高く推移していたが、サンシェード対策や窓開け対策をしていても温度抑制効果は低く、人や動物が耐えられない温度となり、車内温度の上

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ