「WEB会議」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年11月18日ビズヒッツフィードバック数:0キャリアとスキル

リモートワークで一番買ってよかったものランキング!500人アンケート調査

リモートワークで一番買ってよかったものランキング!500人アンケート調査 「あなたはリモートワークのために何を買いましたか?」 自宅勤務の広がりに伴い、これまで一部の人にしか需要のなかったパソコン関連商品や便利グッズが注目されるようになりました。あなたにも、自宅で快適に仕事ができるよう購入したものがあるのではないでしょうか。そこで今回は、「リモートワークのために購入したもの」について男女500人にアンケート調査を実施。「何を買ったのか」また「一番買ってよかったものは何か」についてランキング形式で

【自主調査】コロナ前後の夕食自炊頻度の変化

【自主調査】コロナ前後の夕食自炊頻度の変化 株式会社マーケティングアプリケーションズ(本社:東京都千代田区 代表取締役:萩野郁夫)は東京都の20歳~59歳未婚者を対象として、コロナ前後における夕食の自炊頻度、またそれに対しての感想を調査しました。ローデータ、レイアウトデータ、GT表は無料で提供しております。ご希望の方はこちらのフォームより必要情報をご入力下さい。対象者:東京都在住の20~59歳未婚男女有効サンプル数:400サンプル(性年代別均等割付)調査期間:7/14~7/17調査方法:Webア

【自主調査】コロナ前後の夕食自炊頻度の変化

【自主調査】コロナ前後の夕食自炊頻度の変化 株式会社マーケティングアプリケーションズ(本社:東京都千代田区 代表取締役:萩野郁夫)は東京都の20歳~59歳未婚者を対象として、コロナ前後における夕食の自炊頻度、またそれに対しての感想を調査しました。ローデータ、レイアウトデータ、GT表は無料で提供しております。ご希望の方はこちらのフォームより必要情報をご入力下さい。対象者:東京都在住の20~59歳未婚男女有効サンプル数:400サンプル(性年代別均等割付)調査期間:7/14~7/17調査方法:Webア

2019年12月18日HENNGE★★フィードバック数:0企業情報システム

企業のSaaS利用に関する調査結果

ニュース企業のSaaS利用に関する調査結果 HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏)は、2019年11月14日に企業におけるSaaS利用に関する調査を実施しましたので、その結果を公表します。 調査概要:企業のSaaS利用に関する調査 有効回答:72件 調査日:2019年11月14日 調査方法:HENNGE Oneユーザー(1,428社)の中から、SaaSに関する利用調査表に回答いただいた72社をもとに分析。グループウェア、ビジネスチャット/SNS、Web会議、オンラ

2017年2月13日イノベーション★フィードバック数:0マーケティング

ITトレンド年間ランキング2016

資料請求リストに製品が追加されていません。 2016年、ITトレンドでユーザーから最もお問い合わせが多かった製品を発表する「ITトレンド年間ランキング」。ITトレンドユーザーに最も支持されたIT製品はどの製品か?各カテゴリー毎に紹介します。※ランキング結果は2016年1月1日~11月30日までの期間の資料請求数を基に集計しています。 従業員規模、提供形態は2016年11月30日時点の情報です。 勤怠管理・就業管理 NTTの勤務管理「followスマートタッチ」【月額200円、最大120日無料

2015年4月26日イード★フィードバック数:0モバイル

Apple Watchについての調査です。

Apple Watchに関する認知・利用意向調査

Apple Watchの認知度は7割、最も知られている機能は…(株)イードでは、Apple Watchに関する認知・利用意向調査を実施しました。結果、その認知度の高さがうかがえたものの、実際の購入に至るまでにネックとなる要因も明らかになりました。 イードのリサーチ事業本部は、4月24日のApple Watch(※)発売に先立ち、Apple Watchの認知・利用意向に関する自主調査を実施しました。調査結果概要は下記の通りです。※Apple Watchは、Apple社が新たに発売する、スマートウォ

2015年1月27日アイティメディア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

キーマンズの調査結果です。

遠隔会議システムの導入状況(2014年)

IT担当者332人を対象に遠隔会議システムについて調査を実施。導入状況、きっかけ、導入しない理由など気になる実態が明らかに。 キーマンズネットでは、2014年10月22日〜2014年11月4日にかけて「遠隔会議システムの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数332件)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の41.9%、一般部門が58.1%という構成比だった。 今回、聞いたのは遠隔会議システムの「導入状況」「導入目的」「重視ポイント」「満足度」「導入しない理由」など、遠隔会議システ

ビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態と非導入企業の導入意向調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態と非導入企業の導入意向調査 調査結果 ■ コミュニケーションツールの認知度と導入率は、✓ 認知度は、①スカイプ(Skype)、②グーグル+(プラス)ハングアウト、③FaceTime(アップル)。✓ 導入率NO1はLync(マイクロソフト)。■ ビデオ会議/Web会議/音声会議導入企業は、✓ 業種は、「製造」 「情報通信」 「卸・小売」 「金融・保険」が多い。✓ 従業員数は、300人以上が70%強を占

市場データです。

ビデオ会議・Web会議・音声会議の最新動向と将来予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングビデオ会議・Web会議・音声会議の最新動向と将来予測 ◆ 国内のビデオ会議/Web会議/音声会議等市場は、2013年約423億円(推定)が2014年は450億円へ拡大。◆ 国内市場のシェアトップは、ビデオ会議がシスコシステムズ、Web会議がブイキューブ、MCUはポリコム。◆ 広義のビデオ&オーディオコミュニケーション市場は既存市場の2.7倍の1,200億円市場に。 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅

ビデオ会議・Web会議・音声会議の最新動向と将来予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングビデオ会議・Web会議・音声会議の最新動向と将来予測 ◆ 国内のビデオ会議/Web会議/音声会議市場は、2012年420億円(推定)が2016年には517億円に拡大。◆ 国内市場のシェアトップは、ビデオ会議がポリコム、Web会議がブイキューブ。◆ 潮流は、ビデオコミュニケーションからユニファイドコミュニケーションへ。クラウドやビデオチャット市場を含めると2020年8,000億円市場に。市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本

遠隔会議システムの市場規模と販売ルート調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング遠隔会議システム(*)の市場規模と販売ルート調査 ◆ 遠隔会議システム(*)の市場規模は2011年に400億円。2016年には690億円市場に成長すると予測される。◆ ビデオ会議システムは、直販と1次・2次販売代理店のルートで販売。ビデオ会議上位3社は代理店販売比率が100%。(*)遠隔会議システム・・・ビデオ会議、Web会議、音声会議、MCUの総称市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下

ビデオ会議・Web会議・音声会議のメーカー・ベンダーに緊急アンケート

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングビデオ会議・Web会議・音声会議のメーカー・ベンダーに緊急アンケートを実施しました。 ◆ 問い合わせ増加、無料サービスや割引サービスは39%が実施◆ 今後(2〜3年後)の市場は、全メーカー・ベンダーが増加すると予測◆ 今後、緊急時の危機管理ツール、テレワークツールとして注目されると考えるメーカー・ベンダーは96%市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、3月11日に

映像・音声会議システムの市場動向と将来予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングビデオ会議・Web会議・音声会議のメーカー・ベンダーへの緊急アンケート ◆ 国内映像・音声会議システム市場は、2014年に570億円、2020年には2,000億円に伸張。クラウドやビデオチャット市場を含めると2020年8,000億円市場に。◆ ビデオ会議(専用端末タイプ)はHD化が進み、2010年に80%、2012年には94%がHDに。◆ 国内市場のシェアトップは、ビデオ会議がポリコム社、Web会議がブイキューブ社。市場調査・コンサルティング会社の

2011年2月24日アイティメディアフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

「タブレットでWeb会議」に見るモバイルユニファイドコミュニケーションの成長性

ここ数年、映像コミュニケーションの市場が急成長している。その一方で、タブレット端末を業務に活用しようとする動きもあり、ビジネスコミュニケーションのツールとして利用する環境が整備されつつある。本稿では、映像コミュニケーションのうち、Web会議およびスマートフォン、タブレット端末といったスマートデバイスを利用した「モバイルユニファイドコミュニケーション」の可能性について、独自の調査データなどを基に考察したい。関連記事どれを選ぶ? モバイルユニファイドコミュニケーションに最適なタブレット端末モバイルユ

テレビ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査結果

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングテレビ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査結果◆ 2003年以前はテレビ会議、音声会議の導入が多く、2007年からはWeb会議の導入が多い。◆ 2003年以前は大企業の導入が多く、300名以下の小企業は2007年以降からの導入が多い。◆ 2004年から2010年までの継続調査の結果、6年間の変化は、・ 参加メンバーは増加傾向、利用時間は1時間〜1時間30分が増加。・ 満足度はアップ。市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プラン

2010年8月24日アイティメディアフィードバック数:11セキュリティ/ネットワーク

ビデオ会議/Web会議の製品選び、決め手は「ユーザビリティ」

TechTargetジャパンでは2010年6月11日から25日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「ビデオ会議/Web会議」に関する読者アンケート調査を実施した。この調査結果から、ビデオ会議/Web会議システム共に約45%のユーザーが利用しており、さらに全体の6割弱が今後の導入を検討していることが分かった。以下、その回答内容の一部を紹介する。調査概要 目的:TechTargetジャパン会員のビデオ会議/Web会議の利用状況調査方法:Webによるアンケート調査対象:TechTarge

テレビ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査2010

テレビ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査2010 (書籍版/PDF版) シード・プランニング オンラインショップ 市場調査レポートテレビ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態調査2010 (書籍版/PDF版) 〜ビジュアルコミュニケーション導入企業アンケート調査〜※書籍版はご発注後に印刷するため、5営業日以内に発送いたします。 ビジネスマン515名のテレビ会議/Web会議/音声会議の利用実態と評価/アプリケーション共有等のコラボレーションの可能性調査(過去4回と同じ質問を

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ