調査のチカラ TOP > タグ一覧 > Webサイト価値

「Webサイト価値」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

Web Equity 2017

Web Equity 2017結果発表Webサイト価値ランキング1位にANA 2位にJAL、3位にトヨタ自動車 株式会社トライベック・ブランド戦略研究所(本社・東京都港区、代表取締役社長・後藤 洋)は、日本の有力企業の242社(一部はブランドを含む)のWebサイトの価値を発表した。■1位は全日本空輸(ANA) Webサイト価値で1位となったのは全日本空輸(ANA)で1,009億円であった。2位は日本航空(JAL)で923億円、以下、トヨタ自動車が683億円、パナソニックが664億円となった。

Web Equity 2016

Web Equity 2016結果発表ANAがWebサイト価値1位 2位にJAL、3位にNTTドコモ トライベック・ブランド戦略研究所(本社・東京都港区、代表取締役・榛沢明浩)は、日本の有力企業の242社(一部はブランドを含む)のWebサイトの価値を発表した。■1位は全日本空輸(ANA) Webサイト価値で1位となったのは全日本空輸(ANA)で734億円であった。2位は日本航空(JAL)で666億円、以下、NTTドコモが472億円、パナソニックが455億円となった。  アンケート調査および各

Web Equity 2015

Web Equity 2015結果発表ANAがWebサイト価値1位 2位にJAL、3位にパナソニック  トライベック・ブランド戦略研究所(本社:東京都港区、代表取締役:榛沢 明浩)は、日本の有力企業242社(一部ブランドを含む)のWebサイト価値を発表した。Webサイト価値で1位となったのは全日本空輸(ANA)で674億円となった。2位は日本航空(JAL)で627億円、以下、パナソニックが624億円、NTTドコモが561億円となった。 アンケート調査および各社の財務データをもとに各社のウェブサ

Web Equity調査結果分析2014 第2回:経営者とWeb担当者とのギャップを埋めるWebサイト価値

Web Equity調査結果分析2014第2回:経営者とWeb担当者とのギャップを埋めるWebサイト価値Webサイト価値とは、経営者が理解できる「金額」と「順位」の2つの単位を共通尺度にすることによって、その企業のオンライン活動が実現した価値を表現したものである。本調査は多くの業界を束ねる形で行われているが、金額に換算することによって、業界が異なっても同じ尺度でのランキングにすることができる。名称は「Webサイト価値ランキング」だが、対象とする活動は自社の公式サイトのほか、ブランドサイトやECサ

アクセス者の行動推移とWebサイト価値の意義

Web Equity調査結果分析2013第3回:アクセス者の行動推移とWebサイト価値の意義グラフは、Web Equity調査対象企業260社の平均値を取って、インターネットが利用可能な一般消費者が企業サイトにアクセスしてから購入するまでの行動推移を表したものである。【図1】アクセスから購入までのユーザー行動推移(2012~13年) 2013年の各企業へのアクセス率の平均は13.0%である。さらに一般消費者全体に対して8.8%、アクセス者に対しては68%(=8.8/13.0)が再訪問意向を持った

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ

お知らせ