「ZDNet」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年下半期売れ筋ランキング「ビデオカメラ編」

2014年下半期売れ筋ランキング「ビデオカメラ編」  ウェアラブルタイプの小型モデルが2013年以上にビデオカメラ市場をにぎわせた2014年。360度全方向の撮影ができるモデルや低価格モデルなど、より多様化され、参入メーカーも相次いだ。売れ筋はフルHDモデルが主流で、ソニー、パナソニックの2社で上位を独占している。「全国の有力家電量販店販売実績を集計/GfK Japan調べ」(集計期間:2014年6月30日~12月7日) CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料) The J

まだメリットが感じられていないのかもしれません。

広告に対する意識調査--約70%のユーザーは行動データの収集を迷惑に感じている

広告に対する意識調査--約70%のユーザーは行動データの収集を迷惑に感じている  前回の「広告に対する意識調査」では、「60%以上のユーザーが広告から得をした経験がある」ことや「最も購入につながりやすい広告はメールマガジン」だということが明らかになった。今回の調査では、ユーザーの広告に対する“意識”にふれていきたいと思う。【調査結果サマリー】半数以上のユーザーが、広告に対して不快感や不安感を覚えたことがあるユーザーが最も嫌うのは「誇大表現を使った広告」約70%のユーザーは、ウェブ上での行動デー

やはりプッシュ型の効果は高いとのことです。

広告に対する意識調査--最も購入につながりやすいネット広告は「メールマガジン」

広告に対する意識調査--最も購入につながりやすいネット広告は「メールマガジン」  「広告離れ」という言葉をよく耳にするようになったが、消費者は広告に対してどのような意識を持っているのだろうか。 インターネット広告は、市場の拡大とアドテクノロジの進化により、その形態が少しずつ変化してきている。ユーザーの行動履歴をもとに広告配信を行うターゲティング広告などはその最たる例である。ターゲティング広告は、効果的にターゲットをセグメント出来る一方で、どこまで個人の情報を記録・特定して良いのかというモラル上

ダイエットへの意識と商品購入までの経路に関する調査--情報収集はインターネット、購入は店頭がメイン

ダイエットへの意識と商品購入までの経路に関する調査--情報収集はインターネット、購入は店頭がメイン  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、ダイエットへの意識と商品購入までの経路に関する調査を行った。 厚生省がまとめた「国民栄養調査」によると、日本人の肥満度は21%となっており、特にダイエット市場を支える20代女性では「肥満の人」が約5%と少なく、肥満度がマイナス10%未満の「やせ型の人」が44%を占めていた。 また「ダイエットをしている」と

若い女性が多く見ているサイトは?--ビデオリサーチ調査

若い女性が多く見ているサイトは?--ビデオリサーチ調査  ユーザーの中にF1層と呼ばれる20〜34歳の女性が多く含まれているサイトはどこか――このような調査をビデオリサーチインタラクティブが実施した。コミュニケーションサイトや通販サイト、グルメサイトが上位にのぼった。  第1位はミクシィが運営するソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」。推定で400万人以上の接触者がおり、そのうちF1層が27.7%を占めるという結果となった。コミュニケーションサイトではこのほか、GMOメディア

PC/インターネットがTVよりも先に電源を入れてもらえるようです。

習慣に関する調査--家に帰って最初に使うのは「テレビ」より「PC」

習慣に関する調査--家に帰って最初に使うのは「テレビ」より「PC」  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のボーダーズと共同調査のもと、テレビやPCの習慣に関する調査を行った。  また、本調査はボーダーズが提供するセルフ型アンケートリサーチシステム「アンとケイト」を使用して調査を行った。 ≪調査結果サマリー≫40%以上のユーザーは、家に帰るとまず「PC」を立ち上げる80%以上のユーザーが、PCを立ち上げるとまず「メール」を確認する 今回の調査対象は、15歳〜59歳までの男女

ジェネレータコンテンツに関する調査--ジェネレータコンテンツはユーザーの興味喚起に効果的?

ジェネレータコンテンツに関する調査--ジェネレータコンテンツはユーザーの興味喚起に効果的?  Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同のもと、「顔ちぇき!」などに代表されるジェネレータコンテンツに関する調査を行った。 前回のジェネレータコンテンツに関する調査では、ジェネレータコンテンツの利用経験率は30%を超え、男性に比べ女性の利用率が高いことがわかった。また、ジェネレータコンテンツの認知経路としては「友人・知人からの紹介」が中心となっていることも明

10代の消費行動に関する調査

10代男女の消費行動に関する調査--男性は“付き合い”、女性は“自分”に投資する  Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同調査のもと、10代の消費行動に関する調査を行った。 ≪調査結果サマリー≫10代男女の平均お小遣いは「1万4700円」で、男性に比べ女性の方が高い傾向にある男女ともに、携帯電話への支払額は減少傾向にある男性はファッション、女性は飲食代にお金をかけない傾向が強い今後節約したいのは、「携帯電話」が86.7%でトップ。次いで、「飲食」の

成熟に向かう携帯電話市場--あなたはメーカーで携帯端末を選びますか?

成熟に向かう携帯電話市場--あなたはメーカーで携帯端末を選びますか?  三菱電機が3月3日、携帯電話端末事業からの撤退を発表しました。撤退の理由を「市場が成熟化し、携帯電話端末の需要の伸びが見通せない中で、顧客の嗜好がますます多様化する非常に厳しい事業環境の下、足下の出荷台数が減少するとともに、今後の業績改善を見通すことが非常に難しくなっている」としています。  さらに3月10日には、ソニー・エリクソン・モバイルがNTTドコモ向け端末の製品計画を見直すと発表しています。  日本の携帯電話の契約

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ