「ZOOM」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年7月2日アイティメディア★★フィードバック数:0ビジネス

「Zoom」快進撃 ステイホームが加速させた驚くべき成長の軌跡

コロナ禍を経てすっかり市民権を得たリモートワークや在宅勤務。Zoom Video Communications(以下、Zoom)のWeb会議ツール「Zoom」をはじめとする各種ビデオ会議ツールの恩恵により仕事がはかどっていることに疑いはありません。読者の皆さんは「いま、画面見えていますか?」と1日に何回言いますか。 Zoomといえばセキュリティへの懸念や中国当局との関係が問題視されたこともありますが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックがもたらした変化の中で、世界中の人々が

2021年1月4日ヘイ★フィードバック数:0マーケティング

オンライン接客・オンラインレッスンに関する実態

2020年12月18日7割以上がオンラインでのサービス提供に関心ありと回答!ヘイが「オンライン接客・オンラインレッスンに関する実態」を独自調査。お商売のデジタル化を支援するヘイ株式会社(以下、hey)では、アパレル販売、ヨガ、フィットネス、ピラティストレーナー、教室講師、士業など比較的オンライン接客が可能である業種に従事し、かつ業務内容に顧客からの予約・予定の受付(オンライン接客等含む)がある男女477名に、「新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた客足の変化」や「オンライン接客・オンラインレッ

2020年10月20日oricon ME★フィードバック数:0ビジネス

【初調査】『Web会議ツール』はZoom Meeting、『ビジネスチャットツール』はSlackが総合1位を獲得

【初調査】『Web会議ツール』はZoom Meeting、『ビジネスチャットツール』はSlackが総合1位を獲得-2020年 オリコン顧客満足度®調査 ~「オンライン飲み会」1位はMicrosoft Teams~ “見えない満足を可視化する”をコンセプトに、第三者の立場で顧客満足度調査を実施する株式会社oricon ME(読み:オリコン エムイー 本社:東京都港区 代表取締役社長:小池恒)は、『Web会議ツール』『ビジネスチャットツール』についての満足度調査を実施し、10月1日(木)14時00分

2020年6月19日アクイアジャパン★★フィードバック数:0マーケティング

アクイアジャパン、オンラインイベントに関する意識調査

Main navigationUtilityアクイアジャパン、オンラインイベントに関する意識調査 アクイアジャパン、オンラインイベントに関する意識調査~参加イベントは「サービス紹介のオンラインイベント」が1位〜 デジタル エクスペリエンス プラットフォーム(DXP)※1のリーダーカンパニーであるアクイアジャパン(アクイアジャパン合同会社、東京都渋谷区)は、新型コロナウィルス感染症の影響によりマーケティングの手法も変化し、これまでオフラインで開催されていたイベントが、オンラインに移行したことによ

社長のSNSは見られている。10人に2人は転職時に応募企業の社長のFacebookアカウントをチェック|転職・仕事実態調査vol.22

キャリアインデックスが提供する「お役立ち情報マガジン」 「CAREER INDEX」は 国内最大級の求人数を誇る求人サイトです。 無料会員登録する情報サイト開発・運営の株式会社キャリアインデックスは、「CAREER INDEX転職・仕事実態調査vol.22」を発表しました。今回は「転職する際、応募企業のSNSや、社長のSNS、部門長・面接官などのSNSをチェックしましたか」について、過去3年以内に転職経験のある関東在住の515名に調査しました。 転職時に応募企業の社長のFacebookの内容を

会社にあったら嬉しい制度・イベントランキング

キャリアインデックスが提供する「お役立ち情報マガジン」 「CAREER INDEX」は 国内最大級の求人数を誇る求人サイトです。 無料会員登録する働き方改革が進む中、働く人がより心地よく働けるような制度を提供する企業が増えてきています。今年度からプレミアムフライデーも始まり、その効果が疑問視されているような現状ですが、実際労働者にはどのように受け止められているのでしょうか。今回は515名に「会社にあったら嬉しい制度・イベント」について調査しました。その結果をランキング形式で発表します!やっぱり

関東エリアの人に聞いた働きたいエリアランキング

キャリアインデックスが提供する「お役立ち情報マガジン」 「CAREER INDEX」は 国内最大級の求人数を誇る求人サイトです。 無料会員登録する仕事を選ぶ時に欠かせない基準の一つとなるのが働く場所。転職する際、「こんなところで働いてみたい」というエリアを一度は思い浮かべたこともあるのではないでしょうか。街のイメージや、交通の利便性、働きたい企業の所在地など、働きたい場所はひとそれぞれ。そこで今回は一体どのエリアで働きたいのか、関東在住の515名に調査しました。総合編と男女編、それぞれ結果を発

職場で不快な会話ランキング

キャリアインデックスが提供する「お役立ち情報マガジン」 「CAREER INDEX」は 国内最大級の求人数を誇る求人サイトです。 無料会員登録するオフィスで意外と気を使うのが日常会話。特に最近は「セクハラ」「パワハラ」「マタハラ」など不快な思いを表す言葉も増えてきました。今回は「職場での不快な話題」について調査。性別で不快感を覚える話題に違いがあることが明らかになりました。職場で不快に感じる話題ランキング男女とも割合が高かった一位は「偏見に基づいた会話」でしたが、注目すべきは「性的な話題」。女

転職で注目するポイントランキング第1位は給与。第2位はミレニアル世代とミドル世代で差

キャリアインデックスが提供する「お役立ち情報マガジン」 「CAREER INDEX」は 国内最大級の求人数を誇る求人サイトです。 無料会員登録するあなたは転職をしようと思ったとき、ホームページや求人票のどこに注目していますか?給与や立地、福利厚生など会社によってそれぞれ特徴がありますが、人それぞれ重視する項目は違うもの。今回は「転職の際、企業のどこを見て応募するか」を515名に調査。20代・30代の若手層と40代以上のミドル層の結果をランキング形式で発表します。(質問17項目、複数回答可)ミレ

女性上司と働きたい女性はわずか6%!上司の性別に関する希望調査

キャリアインデックスが提供する「お役立ち情報マガジン」 「CAREER INDEX」は 国内最大級の求人数を誇る求人サイトです。 無料会員登録する上司との関係性は転職理由の上位にランクインするほど、仕事を円滑に進めていく上での重要な要素。そこでキャリアインデックスでは「上司の性別は男性がいい?女性がいい?」という本音をリサーチしました。一緒に働きたい上司の性別は「女性より男性」派が多数Q. 男女どちらの上司のもとで働きたいですか?女性回答者では「男性上司が望ましい」と回答した人が32.4%、「

約9割の女性は「管理職になりたくない」。男性との意識の違いを調査

キャリアインデックスが提供する「お役立ち情報マガジン」 「CAREER INDEX」は 国内最大級の求人数を誇る求人サイトです。 無料会員登録する通称“2030(ニイマルサンマル)”と呼ばれる、2020年までに女性の管理職割合を3割程度に引き上げようと政府が目標を掲げていますが、実際に「管理職になりたい」と思っている女性はどれくらいいるのでしょうか?働く人々の本音をキャリアインデックスが調査しました。約9割の女性は「管理職になりたくない」今回は、管理職になることへの意向について有職者の回答者5

面接で結婚に関する質問をされた経験がある人は25%!男性と女性ではどちらが聞かれやすい?

キャリアインデックスが提供する「お役立ち情報マガジン」 「CAREER INDEX」は 国内最大級の求人数を誇る求人サイトです。 無料会員登録するキャリアインデックスでは転職やビジネスに関する“普段表面化されることのない転職や仕事に対する本音”に焦点を当て、現代の働き方を考えるきっかけとなる調査を独自に行なっています。今回は転職時の面接で「面接官に結婚関連の質問をされた経験があるかどうか」について調査。一般的に男女を差別する質問はNGとされている面接ですが、採用側のリスク回避などの観点からタブ

2013年11月11日バルクフィードバック数:0社会/政治

VOL.20 危機に対する備えや意識に関する調査(2009/5)

危機に対する備えや意識に関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.20 危機に対する備えや意識に関する調査調査日時:2009年5月13日(水)~5月18日(月) 国内でも感染者が発見された、豚インフルエンザ。さらに、将来的に起こる可能性があるとされる東海地震などの災害。これらの危機の、現在や未来に対して、どのような意識を持っているか、実際に何か備えているかどうかを聞いてみました。※本調査レポートの引用・転載ご希望の方はこちらをご参照ください。 調査概要合計1,0

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ