「csv」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年9月10日LeadingTechフィードバック数:0大型消費/投資

貯金実態調査2019

貯金実態調査2019LeadingTechが運営する情報メディア「ワイズローン」は、「貯金実態調査2019」を発表しました。本調査は2019年現在の国民の貯金状況を明らかにすることを目的に実施され、計1,060の有効回答を得ました。従来の調査では簡易的な選択式アンケートが用いられているのに対し、本調査では数値データを取得することでより精緻な分析を行っています。サマリ貯金額の平均値は317万円、中央値は100万円。全体の53%が貯金100万円以下 貯金年数と貯金額に強い相関。早期からの資産形成が鍵

2018年2月26日メンバーズ★フィードバック数:0マーケティング

従来の「機能・価格訴求型コンテンツ」と比較し「社会課題解決型コンテンツ」アプローチでより高いマーケティング成果を実証

ナビゲーションメンバーズについてニュースリリース(2018年)メンバーズ、従来の「機能・価格訴求型コンテンツ」と比較し「社会課題解決型コンテンツ」アプローチでより高いマーケティング成果を実証~「社会課題解決型コンテンツ」を見たユーザーの利用数は5.5倍。ミレニアル世代で最も顕著にマーケティング効果を発揮~メンバーズ、従来の「機能・価格訴求型コンテンツ」と比較し「社会課題解決型コンテンツ」アプローチでより高いマーケティング成果を実証~「社会課題解決型コンテンツ」を見たユーザーの利用数は5.5倍。ミ

2017年3月1日メンバーズ★フィードバック数:0マーケティング

第1回「エンゲージメント・サーベイ」

ホームメンバーズについてニュースリリース(2017年)消費者の購買志向を調査する第1回「エンゲージメント・サーベイ」実施~Webサイト上で企業のビジョン・価値観や本業による社会的課題への解決姿勢(CSV)を発信することは、消費者の継続利用や他者への推奨意向に繋がることが明らかに~ 消費者の購買志向を調査する第1回「エンゲージメント・サーベイ」実施 ~Webサイト上で企業のビジョン・価値観や本業による社会的課題への解決姿勢(CSV)を発信することは、消費者の継続利用や他者への推奨意向に繋がること

ソーシャル・ブランディング 3.0-社会的課題の解決に向け、「本来のCSR」とCSVを統合する!!

ソーシャル・ブランディング 3.0-社会的課題の解決に向け、「本来のCSR」とCSVを統合する!! | ニッセイ基礎研究所 ソーシャル・ブランディング 3.0-社会的課題の解決に向け、「本来のCSR」とCSVを統合する!! 川村 雅彦基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら はじめに1――ソーシャルグッドの時代1│ ソーシャルグッドの意味するもの2│ 市民と消費者のソー

2014年7月15日総務省★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

白書です。

平成26年「情報通信に関する現状報告」(平成26年版情報通信白書)

報道資料平成26年「情報通信に関する現状報告」(平成26年版情報通信白書)の公表 総務省は本日、平成26年「情報通信に関する現状報告」(平成26年版情報通信白書)を公表しました。情報通信白書は、我が国の情報通信の現況及び情報通信の政策の動向について、国民の理解を得ることを目的として、総務省が昭和48年から毎年作成しており、今回で42回目となります。今回の白書では、特集テーマを「ICTがもたらす世界規模でのパラダイムシフト」とし、ICTの全世界的かつ生活のあらゆる局面での浸透と、それに伴う不可逆的

2014年3月27日ヤラカス舘フィードバック数:0社会/政治

社会貢献意識・行動調査

[株式会社ヤラカス舘] ,環境 団塊 CSR CSV シニア フェアトレード マーケット エコ ソーシャル 寄付つき

都市と災害についてのPwCのレポートです。

レジリエントシティへの挑戦 災害に強くしなやかなインフラの構築に向けて

中長期的な企業価値を向上させるためのシナリオを提供CSV(Creating Shared Value)、すなわち経営トップ主導により、本来の事業活動に加えて、社会的価値も創造する経営手法がグローバルで主流となりつつあります。今後、企業の社会的評価は経営戦略にCSVがどのように反映されているかにより左右される時代となるでしょう。新興国の経済成長、気候変動、自然資源の逼迫など深刻化する環境問題や社会的問題のメガトレンドを見据えて事業活動と連動したサステナビリティ戦略を策定することにより、同業他社との

2013年7月16日総務省★フィードバック数:29企業情報システム

情報通信白書です。

平成25年「情報通信に関する現状報告」(平成25年版情報通信白書)

報道資料平成25年「情報通信に関する現状報告」(平成25年版情報通信白書)の公表総務省は本日、平成25年「情報通信に関する現状報告」(平成25年版情報通信白書)を公表しました。情報通信白書は、我が国の情報通信の現況及び情報通信の政策の動向について、国民の理解を得ることを目的として、総務省が昭和48年から毎年作成しており、今回で41回目となります。今回の白書では、特集テーマを「『スマートICT』の戦略的活用でいかに日本に元気と成長をもたらすか」とし、ICTの最新トレンド、あるいはICT産業の国際展

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

お知らせ