「foundation」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年3月29日日本財団フィードバック数:0社会/政治

第3回自殺意識調査結果

≪自殺意識調査≫若年層の10人中3人が自殺念慮、10人に1人が自殺未遂を経験。自殺したいと考えた原因の半数が学校問題、さらにその半数が「いじめ」 第3回自殺意識調査結果 ・3人に2人が「本気で自殺したいと考えた」(自殺念慮)を継続・8割近くがその後も自殺未遂経験・若年層の10人中3人が自殺念慮、10人に1人が自殺未遂を経験・若年層の自殺念慮の原因 半数が学校問題、さらにその半数は「いじめ」 日本財団(東京都港区・会長 笹川陽平)は、2016年から実施している大規模な自殺意識調査の3年目として昨年

2018年12月26日日本財団★フィードバック数:0キャリアとスキル

「18歳の意識調査」の第4回として「働く」について

<人生100年時代 働くのは65歳まで>仕事からの引退は42.6%が「65歳」または「65歳未満」。政府が掲げる「70歳までの就業」とかなりの差。 日本財団「18歳意識調査」第4回テーマ :働く 日本財団(東京都港区、会長笹川陽平)が10月からスタートした「18歳の意識調査」の第4回として「働く」について調べた結果、全体の42.6%が仕事から引退する時期を65歳、または65歳未満と回答、政府が「人生100年時代構想」で掲げる「70歳までの就業」には、かなりの差が出ています。このほか、働きたい場所

2018年12月17日日本財団★フィードバック数:0社会/政治

「18歳の意識調査」第3回

<意外に高い結婚、子ども願望!晩婚・少子化の中で18歳>結婚願望がある人は74.9%、子どもがほしい人は78.6%。55.5%はお付き合いの経験あり。出会いの場1位は学校、2位SNS、3位部活。 日本財団「18歳意識調査」第3回テーマ 恋愛・結婚観 日本財団(東京都港区、会長笹川陽平)は10月からスタートした「18歳の意識調査」の第3回として恋愛・結婚観を調査しました。この結果、18歳の4人に3人が結婚願望を持ち、3人に2人はほしい子どもの数を2人とするなど、晩婚化、少子化が進む現状とは異なる意

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ