「future」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年2月1日iProspect★★フィードバック数:0マーケティング

Future Focus 2019

CloseWe use cookies to personalise content, to provide social media features and to analyse our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising and analytics partners If you want to change your cookie

2018年12月21日IDC★フィードバック数:0ビジネス

「働き方の未来(Future of Work)」の進行状況に関する日本とAPeJ(日本を除くアジア太平洋地域)の比較結果

「働き方の未来(Future of Work)」の進行状況に関する日本とAPeJ(日本を除くアジア太平洋地域)の比較結果を発表 最新ITを利用した職場の変革を展開済み/展開中と回答した企業は、日本が3割超なのに対しAPeJは6割と、日本の変革の遅れが目立つ 日本では労働力不足の改善や働き方改革のためにITを活用することの重要性が認識されつつあるとはいうものの、ワーカーのデジタルスキル不足やIT部門の人材不足が、変革の遅れの背景にあると考えられる APeJのようにデジタルに慣れ親しんだミレニ

2018年6月4日日本マイクロソフト★★フィードバック数:0企業情報システム

The Future Computed 人工知能とその社会における役割

The Future Computed 人工知能とその社会における役割

2018年3月13日iProspectフィードバック数:0マーケティング

マーケティングビジネスとそのトレンド予測「Future Focus 2018」

CloseWe use cookies to personalise content, to provide social media features and to analyse our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising and analytics partners If you want to change your cookie

2018年3月7日iProspect★★フィードバック数:0マーケティング

Future Focus 2018

CloseWe use cookies to personalise content, to provide social media features and to analyse our traffic. We also share information about your use of our site with our social media, advertising and analytics partners If you want to change your cookie

2017年7月14日businesswireフィードバック数:0企業情報システム

Robots to Enhance, not Replace Humans in most Jobs

Key findings: 61% of respondents think AI will help society, with only 22% believing change will be negative Future jobs: 30% list job concerns as biggest drawback of AI citing construction, delivery and transportation as being most impacted Health

2015年10月26日YouGovフィードバック数:0エンタテインメント海外

Back to the future? British people would rather go back to the past

Back to the future? British people would rather go back to the pastMost British people would rather time travel to the past than the future – and Back to the Future viewers prefer the real 2015 to the fictional 2015On 21 October 2015 Doc Brown and Ma

PwCのレポートです。

Future of India 勝利への飛躍(エグゼクティブサマリー版)

Future of India 勝利への飛躍(エグゼクティブサマリー版) 独立から70年、インドは大きな変化の時代を迎えようとしています。この20年間でインドの国内総生産(GDP)は1兆米ドル超拡大し、その過程で何百万もの人々が新興中間層と呼ばれる新たな階層への仲間入りを果たしました。本報告書は、インドが年率9%のペースでGDPを拡大させ、今後20年間で10兆米ドル規模の経済大国となるには何が必要かを見極めようとするものです。PwCでは、インド内外の企業経営者、学識者、経済専門家とのワー

Real Estate 2020 不動産の未来(要約版)

本報告書は、PwCが発刊した「Real Estate 2020 building the future」(英語版)から要旨部分を抜粋翻訳したものです。「Real Estate 2020 building the future」では、2020年における不動産の未来の姿について、データ分析、ディスカッションなどの手法で調査を実施し、不動産の取り巻く環境が今後どのように変化していくのか、またそれがファンド、不動産投資業界の戦略にどのような影響を及ぼすのかなど、幅広い視点から考察を行っていますので併せて

2014年12月5日エリクソン★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

都市ランキングです。

2014年版 Networked Society City Index

Improving the European Standardisation System for 5G & IoTInventors of the YearTurning our research into your realityHow future 5G technology transform societyBuilding global infrastructure works for everyone everywhereA legacy of innovation in cellu

2014年2月23日経済協力開発機構フィードバック数:0社会/政治

成長へ向けて Going for Growth

20 September 2019 汚染物質を排出するエネルギー源への課税は、地球環境と人体に悪影響を及ぼす物資の排出を抑える有効な方法の一つで、その税収は被害を受けやすい家計の低炭素への移行を進めるのに利用できます。しかし、先進及び新興諸国から排出されるエネルギー関連のCO2の70%には全く課税されていません。 19 September 2019 OECDの最新エコノミックアウトルック中間報告(Interim Economic Outlook)によると、世界経済は成長が鈍り景気を押し下げる

Future Timeline

インフォグラフィックを世界に発信しよう!デザイナー・ブランド・メディアを繋げる世界最大のインフォグラフィックコミュニティー無料登録Future Timeline2014年から2034年までの未来予測年表をイラストを交えて表現しました。ワークショップやブレストの現場で活用される事を目的にしています。この素材を囲んで議論や企画会議が行われると嬉しいです。 制作/デザイン:ナレジックス株式会社 制作原案/協働制作:株式会社日建設計 出典:博報堂生活総合研究所「未来年表」(データ提供:FUTURE LA

2013年12月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国版「3本の矢」と投資復活の期待~米国経済の回顧と展望(Back to the future?)~

米国版「3本の矢」と投資復活の期待~米国経済の回顧と展望(Back to the future?)~

2013年12月4日経済協力開発機構★フィードバック数:0ライフスタイル

グローバルでの学習到達度調査です。

PISA2012調査

9 October 2019 OECDは本日、国際社会が経済のデジタル化によって生じる課税問題解決に向けて取り組みを続けており、2020年末までに合意に基づく長期的解決策を見出そうとしていると発表しました。 20 September 2019 汚染物質を排出するエネルギー源への課税は、地球環境と人体に悪影響を及ぼす物資の排出を抑える有効な方法の一つで、その税収は被害を受けやすい家計の低炭素への移行を進めるのに利用できます。しかし、先進及び新興諸国から排出されるエネルギー関連のCO2の70%に

2013年11月27日経済協力開発機構★フィードバック数:0大型消費/投資

OECDのレポートです。

図表でみる年金2013

10 October 2019 OECDの新報告書、The Heavy Burden of Obesity – The Economics of Preventionによると、肥満に起因する疾病により、今後30年間にOECD諸国で9000万人以上が死亡し、余命がほぼ3年縮まります。また、肥満とそれに関連する症状により、OECD諸国のGDPは3.3%下落し、1人当たり年間360米ドルという重い負担が個人のしかかっています。 9 October 2019 OECDは本日、国際社会が経済のデジタル

2013年11月22日OECDフィードバック数:0ライフスタイル

図表で見る医療2013年版

20 September 2019 汚染物質を排出するエネルギー源への課税は、地球環境と人体に悪影響を及ぼす物資の排出を抑える有効な方法の一つで、その税収は被害を受けやすい家計の低炭素への移行を進めるのに利用できます。しかし、先進及び新興諸国から排出されるエネルギー関連のCO2の70%には全く課税されていません。 19 September 2019 OECDの最新エコノミックアウトルック中間報告(Interim Economic Outlook)によると、世界経済は成長が鈍り景気を押し下げる

2013年11月2日OECDフィードバック数:0ライフスタイル

「がん医療:生存率の向上に向けた質の保証」 日本に関する資料

10 October 2019 OECDの新報告書、The Heavy Burden of Obesity – The Economics of Preventionによると、肥満に起因する疾病により、今後30年間にOECD諸国で9000万人以上が死亡し、余命がほぼ3年縮まります。また、肥満とそれに関連する症状により、OECD諸国のGDPは3.3%下落し、1人当たり年間360米ドルという重い負担が個人のしかかっています。 9 October 2019 OECDは本日、国際社会が経済のデジタル

2013年10月15日comScoreフィードバック数:0マーケティング要登録

2013 Japan Digital Future in Focus

コムスコアによる最新のインターネット利用動向レポートの「Future in Focus」。シリーズ初の日本版をリリースしました。PCやモバイルからのインターネットの概況や、オンライン動画、ソーシャルメディア、オンラインリーテル等、様々なカテゴリー毎にインターネット利用動向を分析しています。以下は内容の抜粋です。国内インターネットユーザーの年齢構成は35歳以下が34%である一方で、55歳以上のユーザーは26%で世界平均の約2倍でした。モバイルは45歳以上のユーザーが半分以上を占め、他調査対象国と比

2013年7月18日経済協力開発機構フィードバック数:1キャリアとスキル

OECD雇用アウトルック2013

20 September 2019 汚染物質を排出するエネルギー源への課税は、地球環境と人体に悪影響を及ぼす物資の排出を抑える有効な方法の一つで、その税収は被害を受けやすい家計の低炭素への移行を進めるのに利用できます。しかし、先進及び新興諸国から排出されるエネルギー関連のCO2の70%には全く課税されていません。 19 September 2019 OECDの最新エコノミックアウトルック中間報告(Interim Economic Outlook)によると、世界経済は成長が鈍り景気を押し下げる

2013年6月26日経済協力開発機構★フィードバック数:14ライフスタイル

グローバル調査です。

図表でみる教育2013

20 September 2019 汚染物質を排出するエネルギー源への課税は、地球環境と人体に悪影響を及ぼす物資の排出を抑える有効な方法の一つで、その税収は被害を受けやすい家計の低炭素への移行を進めるのに利用できます。しかし、先進及び新興諸国から排出されるエネルギー関連のCO2の70%には全く課税されていません。 19 September 2019 OECDの最新エコノミックアウトルック中間報告(Interim Economic Outlook)によると、世界経済は成長が鈍り景気を押し下げる

2011年4月14日経済協力開発機構フィードバック数:15社会/政治

図表でみる社会2011

10 October 2019 OECDの新報告書、The Heavy Burden of Obesity – The Economics of Preventionによると、肥満に起因する疾病により、今後30年間にOECD諸国で9000万人以上が死亡し、余命がほぼ3年縮まります。また、肥満とそれに関連する症状により、OECD諸国のGDPは3.3%下落し、1人当たり年間360米ドルという重い負担が個人のしかかっています。 9 October 2019 OECDは本日、国際社会が経済のデジタル

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ