「iPS細胞」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

再生・細胞医療研究の現状とビジネスの展望

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング再生・細胞医療研究の現状とビジネスの展望 −調査結果− • 国内の再生医療市場→ 2015年の市場規模は、約140億円と推計。約9割が 「がん免疫細胞療法」や「美容領域」等の保険外診療。→ 2020年以降、iPS細胞由来の再生医療等製品が徐々に承認され、市場は急速に拡大。→ 2030年の市場規模は、2015年比約78倍の約1兆1,000億円を超えると予測。• 世界の再生医療市場→ 2015年の市場規模は、約1,200億円と推計。米国が約70%。→

2016年5月2日アスタミューゼフィードバック数:0社会/政治

「発生工学・再生医療・細胞治療」市場における科研費獲得金額ランキングTOP50

「発生工学・再生医療・細胞治療」市場における科研費獲得金額ランキングTOP50 どのようなテーマが共感を呼び、どのような形で投資を集めているのか、世界中の特許/論文、科学技術研究費、ベンチャー投資、クラウドファンディング情報などを集め、独自に分析する本企画。今回は、180の有望成長市場のうちの19番目である「19. 発生工学・再生医療・細胞治療」市場における大学・研究機関別の科研費獲得金額ランキングを発表、さらに注目すべき研究テーマを紹介する。■全大学/研究機関332、6,698テーマ中、「19

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ