「jma」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年10月15日日本能率協会★フィードバック数:0ビジネス

『日本企業の経営課題2020』 調査結果 【第3弾】 SDGs の認知度と取り組み状況を報告

ニュースリリース 『日本企業の経営課題2020』 調査結果 【第3弾】 SDGs の認知度と取り組み状況を報告 SDGs の認知度が約9割に。取り組み実施企業は6割超2020/10/01Tweet一般社団法人日本能率協会(会長:中村正己、JMA)は、企業が抱える経営課題を明らかにし、これからの経営指針となるテーマや施策の方向性を探ることを目的に、1979年から、企業経営者を対象に、「当面する企業経営課題に関する調査」を実施しています。今年度は2020年7~8月に実施し、532社からの回答を得ま

2020年10月15日日本能率協会フィードバック数:0ビジネス

『日本企業の経営課題2020』 調査結果 【第2弾】 DX(デジタル・トランスフォーメーション)の取り組み状況

ニュースリリース 『日本企業の経営課題2020』 調査結果 【第2弾】 DX(デジタル・トランスフォーメーション)の取り組み状況 5割超の企業がDXの推進・検討に着手済み。大企業では8割超2020/09/24Tweet一般社団法人日本能率協会(会長:中村正己、JMA)は、企業が抱える経営課題を明らかにし、これからの経営指針となるテーマや施策の方向性を探ることを目的に、1979年から、企業経営者を対象に、「当面する企業経営課題に関する調査」を実施しています。今年度は2020年7~8月に実施し、5

2020年10月15日日本能率協会フィードバック数:0ビジネス

『日本企業の経営課題2020』 調査結果 【第1弾】 新型コロナウイルス感染拡大の事業への影響

ニュースリリース 『日本企業の経営課題2020』 調査結果【第1弾】 新型コロナウイルス感染拡大の事業への影響 7割超の企業が現状のビジネスモデルや事業形態を「変更する必要がある」2020/09/14Tweet一般社団法人日本能率協会(会長:中村正己、JMA)は、企業が抱える経営課題を明らかにし、これからの経営指針となるテーマや施策の方向性を探ることを目的に、1979年から、企業経営者を対象に、「当面する企業経営課題に関する調査」を実施しています。今年度は2020年7~8月に実施し、532社か

2020年4月16日日本能率協会★★フィードバック数:0ビジネス

企業のイノベーション創出と組織活性化に関する実態調査

ニュースリリース 企業のイノベーション創出と組織活性化に関する実態 調査結果 イノベーション能力に優れた組織の特長は何か?2020/04/15Tweet一般社団法人日本能率協会(会長:中村正己、JMA)は、イノベーションの実現と企業組織のあり方の間にどのような関係があるのかを探ることを目的として、立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 山中伸彦教授と共同で、「企業のイノベーション創出と組織活性化に関する実態調査」を実施しました。分析の結果から、イノベーション能力に優れた組織の特長として、下記を確

2014年11月30日気象庁フィードバック数:0社会/政治

平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第2報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成26年11月22日22時08分頃の長野県北部の地震について(第2報)報道発表日概要○震源要素(暫定値)震源の精査をした結果、震源要素(暫定値)は次のとおりとなりました。緯度北緯 36度41.5分経度東経 137度53.4分深さ5kmマグニチュード 6.7○余震活動の状況22日22時37分頃には長野県小谷村(おたりむら)で最大震度5弱を観測する余震(M4.3)が発生しました。この余震を含め、23日7時00分現在、震度1以上を観測する余震は45

2013年4月15日気象庁フィードバック数:21社会/政治

平成25年4月13日05時33分頃の淡路島付近の地震について(第2報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成25年4月13日05時33分頃の淡路島付近の地震について(第2報)報道発表日本文○震源要素(暫定値) 震源の精査をした結果、震源要素(暫定値)は次のとおりとなりました。○余震活動等の状況13日11時00分現在、震度1以上を観測した余震は11回発生しています(震度3:1回、震度2:2回、震度1:8回)。なお、この地震に伴う海面変動は観測されませんでした。○防災上の留意事項揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が通常より高まって

2011年12月11日日本能率協会フィードバック数:0ビジネス

組織活力とマネジメント意識調査

ニュースリリース 部課長400人アンケート「組織活力とマネジメント意識調査」結果 風通しがよいと思う企業1位はグーグル 部課長としての悩みは、「特定の人に仕事が偏る」こと2018/12/06Tweetマネジメントに関する調査・研究、研修を手がける一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、このたび、全国の部課長400人を対象に、組織の活力向上に向けた取組み意識に関するアンケート調査を行いました。本調査は、“組織活力”の視点から、部課長が日頃どのようなマネジメントを行っているかを調べた

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ