「profile」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年4月11日アクセンチュア★★フィードバック数:0社会/政治

市民のAI受容度が高まっていることが明らかに――アクセンチュア最新調査

Skip to main content Skip to Footerニュースリリース 2019年アクセンチュアが2019年に発表/配信したニュースリリースを掲載しています。 2019年11月2019年10月2019年9月2019年8月2019年7月2019年6月2019年5月2019年4月2019年3月2019年2月2019年1月 アクセンチュアの「タレント・コミュニティ」にご登録ください! お持ちのスキルや関心事をご登録いただくと、ご登録いただいた情報を基に、募集中ポジション

2018年10月16日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査―「企業のデジタル投資に関する意思決定でCFOの重要性が増していることが明らかに」

Skip to main content Skip to Footerニュースリリース 2018年アクセンチュアが2018年に発表/配信したニュースリリースを掲載しています。 2018年12月2018年11月2018年10月2018年9月2018年8月2018年7月2018年6月2018年5月2018年4月2018年3月2018年2月2018年1月 アクセンチュアの「タレント・コミュニティ」にご登録ください! お持ちのスキルや関心事をご登録いただくと、ご登録いただいた情報を基に、

2018年6月1日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

デジタル技術の活用が化学プラントの収益向上と新規設備投資を促進する要因になることが判明

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年5月16日アクセンチュア最新調査――デジタル技術の活用が化学プラントの収益向上と新規設備投資を促進する要因になることが判明一方、”つながる工場”の実現はサイバーセキュリティのリスクを伴うおそれもアクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、化学プラントの操業におけるデジタル技術の活用はいまだ初期段階にあるものの、業務管理や財務面でのメリットに対する理解が広がる中、導入に向けた取り組み自

2018年5月26日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

大半のメーカーがAIを導入している一方、大規模な活用に至っている割合はわずかだと判明

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年5月22日アクセンチュア最新調査――大半のメーカーがAIを導入している一方、大規模な活用に至っている割合はわずかだと判明製造業界におけるAI活用の課題はデータ品質とセキュリティ【ドイツ・ハノーバー発:2018年4月25日】 アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査レポートによると、大半のメーカーが、自社の製品やサービスの質を向上させるために、人工知能(AI)の活用に取り組んでいることが分か

2018年5月18日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

保険会社は、ビジネスやオペレーティングモデルの変革により、3,750億ドルの増収が可能と試算

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年5月9日アクセンチュア最新調査――保険会社は、ビジネスやオペレーティングモデルの変革により、3,750億ドルの増収が可能と試算アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、保険会社はビジネスモデルの見直し、事業の変革と活性化に前向きに取り組むことにより、今後5年間で3,750億ドルの増収が世界全体で見込めると試算しました。アクセンチュアが世界の保険会社を対象に実施した最新調査「Ins

2018年4月10日アクセンチュア★★フィードバック数:0デジタル家電

アクセンチュア最新調査――スマートスピーカー所有者は自宅でスマートフォンの使用頻度が低下する傾向が判明

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年4月3日アクセンチュア最新調査――スマートスピーカー所有者は自宅でスマートフォンの使用頻度が低下する傾向が判明アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、家庭向けデジタル音声アシスタント端末(以下、スマートスピーカー)を所有する消費者の間では、エンターテインメントやオンラインショッピングにスマートフォンを使用する頻度が低下してきていることが判明しました。スマートスピーカーとは、人工知

2018年4月6日アクセンチュア★★フィードバック数:0デジタル家電

アクセンチュア最新調査――日本の納税者の過半数が納税申告のAI活用に前向き

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年3月14日アクセンチュア最新調査――日本の納税者の過半数が納税申告のAI活用に前向き【東京発:2018年3月14日】 日本の納税者の過半数(53%)が人工知能(AI)を活用することで納税申告がしやすくなると考えていることが、アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査で明らかになりました。「Digital Taxpayers Research(デジタル納税者調査)」は、日本を含む世界12カ国で

2018年1月24日アクセンチュア★フィードバック数:0ビジネス

新しいエネルギー消費者 アジャイルな経営に向けた新たな道

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2017年12月22日アクセンチュア最新調査――電力会社はデジタル時代の顧客に寄り添う努力が必要であることが判明世界の過半数の消費者はパーソナライズされた商品とサービスが提供されない場合、電力会社の乗り換えを検討すると回答アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、電力会社は利益低下、テクノロジーによる破壊的変化、および自らの顧客をターゲットとした異業種からの参入などに直面しているのに加え、新

2017年8月24日アクセンチュア★フィードバック数:0大型消費/投資

半数以上の金融機関が、顧客体験の向上、デジタルイノベーションの推進、コスト削減を目的に、今後1年間で変革への投資を拡大

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年8月15日アクセンチュア最新調査――半数以上の金融機関が、顧客体験の向上、デジタルイノベーションの推進、コスト削減を目的に、今後1年間で変革への投資を拡大アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、金融機関の半数以上が、主に顧客からの期待値の高まり、デジタルがもたらす破壊的な創造、コスト削減圧力や新たな規制に対応するため、今後1年間で変革への投資を拡大する予定であることが明らかになりま

2017年7月14日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

2035年には人工知能によって16業界で平均38%の増収が可能

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア株式会社2017年7月5日アクセンチュア最新レポート――2035年には人工知能によって16業界で平均38%の増収が可能 【ニューヨーク発:2017年6月21日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新レポートによると、企業は人工知能(AI)を最大活用することで、2035年までに収益を平均で38%向上できる可能性がある結果となりました。企業のAI活用が進むことで、先進12カ国(*1)における16の業界(*2)で、新

2017年7月9日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

Boost Your AIQ: Transforming into an AI Business(AIQを磨け:AIビジネスへの変革に向けて)

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2017年6月28日アクセンチュア最新調査――人工知能を有効に活用している企業ほど大きな株主価値を生み出す【ニューヨーク発:2017年6月15日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、人工知能(AI)を活用したイノベーションに関して有効な戦略を持つ企業は、持たない企業に比べてより高い株主価値を生み出すことが明らかになりました。一方で、AIを活用している大手企業で近年高い実績を上げている企

2017年7月4日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

Skip to main content Skip to Footer2017年6月23日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――行政機関のデジタル投資と行政課題のギャップを埋めるには、民間企業や市民との連携が効果的 【バージニア州アーリントン発 2017年5月25日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、行政機関がデジタル技術に投資して解決しようとしている課題と、行政機関のリーダーが「最も市民ニーズが高い」と考えている課題の間にはギャップが存在することが明らかになりまし

2017年2月22日アクセンチュア★フィードバック数:0大型消費/投資

Banking on Blockchain: A Value Analysis for Investment Banks(投資銀行におけるブロックチェーン ― 投資銀行での利用価値に関する考察)

Skip to main content Skip to Footer投資銀行ビジネスはさらなる収益の拡大とリスクの低減が必要です。ブロックチェーンは収益性向上に苦戦する投資銀行に光明をもたらすのでしょうか。その答えを探るべく、アクセンチュアはマクラガン社と共同でデータに基づく分析を実施しました。 調査結果により、ブロックチェーンを活用することでミドルオフィス・バックオフィス全体において 30%以上のコスト削減が可能であることが明らかになりました 投資銀行ビジネスにおける課題にはどの

2016年11月17日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――2035年には人工知能によって先進12カ国の経済成長率が倍増し、労働生産性は最大40%向上することが判明

Skip to main content Skip to Footer2016年11月17日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――2035年には人工知能によって先進12カ国の経済成長率が倍増し、労働生産性は最大40%向上することが判明アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、人工知能(AI)が仕事の在り方を変え、人間と機械との新たな関係性を生み出すことで、2035年には年間経済成長率が倍増する可能性があることが判明しました。AI技術によって根本的に働き方が変わり、ビジネス成

2016年1月20日アクセンチュア★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー消費者調査

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュアの最新エネルギー消費者調査――エネルギー事業者によるデジタル活用がこれからの競争力の源泉に【2016年1月18日】アクセンチュア(NYSE: ACN)が実施した最新のエネルギー消費者調査によると、デジタル時代におけるグローバルの消費者はデジタル関連のサービスの「個人情報保護」をエネルギー事業者の評価指標として非常に重視していることが分かりました。一方、日本の消費者においては、エネルギー事業者が提供するデジタル関連

2015年11月30日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

銀行の役員に求められるテクノロジー分野の知見

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――銀行の役員に求められるテクノロジー分野の知見邦銀でテクノロジー分野に造詣の深い役員比率は7.5%、世界平均は上回るも米国16%との差が明確に当該分野の知見をもつ役員数では、50%の邦銀が2名以上を擁するも、約40%は不在と回答 【ロンドン発:2015年10月28日】アクセンチュア(NYSE: ACN)が行った最新調査によると、世界の大手銀行において、テクノロジー分野の知見をもつ役員の必要性が明らかにな

2015年11月28日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス海外

Fintech Investment in Asia-Pacific set to at least quadruple in 2015

Skip to main content Skip to FooterFintech Investment in Asia-Pacific set to at least quadruple in 2015Lending and payments are where Asia-Pacific banks should seek startup expertise now. Blockchain, cloud and cybersecurity are the next frontier.

2015年11月18日サンリオ★フィードバック数:0エンタテインメント

サンリオキャラリーマン総選挙

PROFILE歯ぐるまんすたいる 社会の歯ぐるま達一人ひとりの口の中で勤務し、デンタルケアならぬ『メンタルケア』を仕事としています。歯をくいしばって頑張っている時に現れ、歯がゆい思いを代弁し応援します!誕生日:乳歯から生え変わった日 このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権は株式会社サンリオに帰属します。 著作 株式会社サンリオ © 2019 SANRIO CO., LTD.

2014年9月11日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

デジタル・トランスフォーメーション――顧客中心のデジタル変革

新型コロナウイルス(COVID-19):今すぐやるべきこと、次にやるべきこと​エラスティック・デジタル・ワークプレイスによる不確実な時代のビジネス生産性 ―柔軟なデジタル・ワークプレイスがどのように役立つかをご覧ください。 知見/レポート ―データ・アクション・成果― 「人間×テクノロジー」がビジネスに革命を起こす―AI活用の最先端を、第一線の識者、先進事例の取材から徹底解剖。 事業転換すべき領域を、どのように企業が選択していくべきかについてご説明します。 ポストデジタル時

2014年8月28日アクセンチュアフィードバック数:0マーケティング

コンテンツとコンテキストの相乗効果による最高の顧客体験の創出

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュアはイノベーションや豊かな業界知識を駆使して、お客様が直面する課題を解決しています。 We were unable to find a match for \"$searchstring.\" Try searching again by using different or more general keywords and check for spelling errors. アクセンチュアの

2014年8月28日アクセンチュア★★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

アクセンチュアのレポートです。

アクセンチュア エネルギーマネジメントに関するユーザー分析2014年版

Skip to main content Skip to Footer長期調査プログラム アクセンチュアエネルギーマネジメントに関するユーザー分析 アクセンチュアが数年にわたって実施している調査プログラムをご紹介します。 アクセンチュアは、ガス、電気、水道などの公益事業者が、消費者ニーズと嗜好、また新しい課題と機会を特定し、進化するエネルギー市場で成功するために必要となる、重要なコンピテンシーを明らかにすることを目的とし、数年にわたるエネルギー消費者調査プログラムを実施してきました。この

2013年12月1日アクセンチュア★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

アクセンチュアのレポートです。

新しいエネルギー消費者体験の実現 ~アクセンチュアエネルギーマネジメントに関するユーザー分析 2013年版 日本版ハンドブック~

Skip to main content Skip to Footer長期調査プログラム アクセンチュアエネルギーマネジメントに関するユーザー分析 アクセンチュアが数年にわたって実施している調査プログラムをご紹介します。 アクセンチュアは、ガス、電気、水道などの公益事業者が、消費者ニーズと嗜好、また新しい課題と機会を特定し、進化するエネルギー市場で成功するために必要となる、重要なコンピテンシーを明らかにすることを目的とし、数年にわたるエネルギー消費者調査プログラムを実施してきました。この

2013年10月29日アクセンチュア★フィードバック数:0マーケティング

1980年から2000年の間に生まれた若者についてのレポートです。

ミレニアム世代の消費者の実態:彼らが本当に求めているものは何か

新型コロナウイルス(COVID-19):ビジネスの再開と改革を支援する5つの優先事項コロナ危機終息後、企業がビジネスを再開・改革する際に考慮すべき5つの優先事項をご説明します。 知見/レポート ―データ・アクション・成果― 緊急事態下でサプライチェーンを維持し人々の健康や生活を保護するためには―今すぐ、そして次にやるべきこと。 ビジネスやテクノロジー、デザインに影響を及ぼす7つのトレンドをご紹介します。 企業が「テック・クラッシュ」を乗り切るには―企業が押さえておくべき5つ

2013年7月7日アクセンチュア★フィードバック数:0マーケティング海外

アクセンチュアのレポートです。

中国の消費者心理をつかむ

Skip to main content Skip to Footer中国の消費者心理をつかむアクセンチュアは中国における消費動向に関して調査を実施しました。本調査は、急速な消費者行動の変化が企業活動に与える影響に関する洞察を提供します。 中国における消費者の知識と行動は急速に変化しており、企業が消費動向の変化を追うことが極めて困難な時代になりつつあります。アクセンチュアによる最新調査は、急速な消費行動の変化がもたらす企業活動への影響に対する洞察を提供します。また、本調査は流動的な事業環境

2013年7月7日アクセンチュアフィードバック数:0マーケティング

テレビの未来を制するものは誰か

新型コロナウイルス(COVID-19):ビジネスの再開と改革を支援する5つの優先事項コロナ危機終息後、企業がビジネスを再開・改革する際に考慮すべき5つの優先事項をご説明します。 知見/レポート ―データ・アクション・成果― 緊急事態下でサプライチェーンを維持し人々の健康や生活を保護するためには―今すぐ、そして次にやるべきこと。 ビジネスやテクノロジー、デザインに影響を及ぼす7つのトレンドをご紹介します。 企業が「テック・クラッシュ」を乗り切るには―企業が押さえておくべき5つ

2013年3月13日アクセンチュア★フィードバック数:3モバイル

企業のモバイル活用についてのCIO調査です。

2013年アクセンチュアCIOモビリティ調査

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア、企業のモビリティ活用に関するグローバル調査結果を発表CIOの約8割がモビリティは企業の収益拡大に欠かせない要素と回答し、IT予算の継続的かつ大規模な投資意向が明らかに【ニューヨーク発、2013年2月25日】アクセンチュア(ニューヨーク証券取引所:ACN)が新たに実施した調査によると、多くのCIO(最高情報責任者)がスマートデバイスなどのモビリティを活用していくことは、自社の収益拡大や顧客エンゲージメント強化のた

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ