「pwc」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

世界の消費者意識調査2021

新型コロナウイルス発生前と後、都市部の消費者を対象に、購買・消費に関する意識調査を実施 コロナウイルス発生後、モバイルショッピングの利用が増えた 私の街はコロナウイルスの発生に効果的に対処している コロナウイルスの発生により、メンタルヘルスと健康への意識が高まった 将来のカスタマージャーニーの再構築消費者にサービスを提供する企業では、数カ月前に誰もが想像したよりも早く未来が到来し、消費行動を変化させたデジタルトレンドを加速させています。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡

第24回世界CEO意識調査 サイバーセキュリティ編

第24回世界CEO意識調査 サイバーセキュリティ編 2021年1月~2月にPwCが実施した第24回世界CEO意識調査によると、世界のCEOは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックの渦中においてもデジタルトランスフォーメーション(DX)を積極的に推進しており、その動きに衰えは見受けられません。しかしながら、北米と西欧の企業のCEOは、自社の成長見通しに対する脅威のトップに「サイバー攻撃」を挙げており、DX推進の足かせになる可能性があります。今回の世界CEO意識調査では、

国内企業における「ゼロトラスト・アーキテクチャ」の実態調査2021

国内企業における「ゼロトラスト・アーキテクチャ」の実態調査2021―ゼロトラストから得られた効果は「DXの推進・多様な働き方の実現」がトップ 1.はじめに2020年8月、ITアーキテクトやセキュリティの専門家が新しいセキュリティの概念である「ゼロトラスト・アーキテクチャ(以下、ゼロトラスト)」の原則を理解する際に役立つガイドとして「Special Publication(SP)800-207 ゼロトラスト・アーキテクチャ」が発行されました(PwCコンサルティング合同会社が日本語翻訳

第24回世界CEO意識調査

第24回世界CEO意識調査新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が始まって1年を経た2021年1月~2月、第24回世界CEO意識調査では5,050名のCEOに、新たな脅威に対応し、経営モデルを変革し、持続可能な未来を創り出していくための計画について聞きました。 2020年3月11日、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)を宣言したことを公式な節目として、深刻な混乱と苦難の時期が始まりました。それから1年以上が経

世界CEO意識調査

Register and add content to your listStart adding content to your list by clicking on the star icon included in each card Add content to your listStart adding content to your list by clicking on the star icon included in each card For bu

2020年Chief Digital Officer(CDO)調査:COVID-19の影響によるデジタル化の加速

2020年Chief Digital Officer(CDO)調査:COVID-19の影響によるデジタル化の加速 Strategy&が日本国内において実施した2020年CDO調査は、企業のデジタル化に関する取り組み内容や組織についての調査で*、2016年、2018年に続き第3回となります。レポートでは、本調査の結果をご紹介しながら、本格的なデジタル化の推進のために経営陣とCDOが取り組むべき課題と対応について、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響も含めて考察を行っています。

世界の消費者意識調査2020

世界の消費者意識調査2019 今必要なのは消費者中心の指標:「体験からのリターン」27の国と地域、21,000人以上のオンライン消費者を対象としたPwCの第10回世界消費者意識調査(GCIS:Global Consumer Insights Survey)では、企業の成功を判断する指標として、従来の投資効果(ROI:Return on Investment)に加え、カスタマーエクスペリエンス(顧客の体験、CX:Customer Experience)に着目した指標、すなわち「体験からのリターン」

2020年AI予測調査日本版

2020年AI予測(日本) 日本企業はAI活用への準備ができているのか 2019年のラグビーワールドカップ。日本代表が歴史的偉業を成し遂げたことは、多くの人々に勇気を与えました。同年7月末の世界ランキングは11位、誰もが予選リーグを2位以上で通過するのは難しいと予想していた中、彼らはロシア(世界ランキング20位、以下同様)、アイルランド(3位)、サモア(16位)、スコットランド(7位)を連破し予選リーグを全勝で通過したのです。この快進撃は、その後、イングランドを決勝で破り優勝した南アフリ

【調査結果速報】結婚観・家族観に関するアンケート(個人の価値観から少子化の原因を考える)

【調査結果速報】結婚観・家族観に関するアンケート(個人の価値観から少子化の原因を考える) 調査の背景と目的 調査の背景厚生労働省の平成30年(2018)人口動態統計によると、2018年のわが国における出生数は前年比27,746人減の918,400人(統計開始以降最低)、合計特殊出生率は前年比0.01ポイント減の1.42(3年連続の減少)となっています1。このまま状況が改善されない場合、労働力人口の減少や産業の空洞化による日本経済の衰退や社会保障制度の崩壊などにつながることが想定され

顧客エンゲージメントの最適化‐企業収益に貢献するカスタマーサービスの創り方‐

顧客エンゲージメントの最適化‐企業収益に貢献するカスタマーサービスの創り方‐ カスタマーサービスの役割の変化ビジネス環境は急速に変化しています。当然、カスタマーサービスに求められる役割や期待も、これまで通りの業務効率化によるコスト削減だけではなくなっています。顧客と企業の重要な顧客接点として、「顧客との長期的なつながりの強化」「テクノロジーを活用した従業員の支援と顧客体験の向上」「顧客接点部門のサイロ化からの脱却と一貫性のある顧客体験の提供」、そして、これらを通じた収益への明確な貢献が求

第23回世界CEO意識調査

第23回世界CEO意識調査高まる不確実性の波を乗り切るPwCが世界のCEOを対象に実施した「第23回世界CEO意識調査」をもとに、日本のCEOと世界全体や他地域のCEOを比較した調査結果を報告します。 PwCは、2019年9月から10月にかけて「第23回世界CEO意識調査」を実施しました。世界83カ国の1,500名以上のCEO(うち、日本のCEOは139名)を対象に、今後12カ月の世界経済や企業の成長見通しについて伺っています。主な日本や世界の調査結果は以下のとおりです。 世界

PwC Japan、「第23回世界CEO意識調査」の日本調査結果を発表

PwC Japan、「第23回世界CEO意識調査」の日本調査結果を発表 世界経済および自社の成長に対し、日本のCEOは悲観的見方を強める以下は、日本のCEOに見られた主な傾向今後12カ月の世界経済の成長に対する見通しは昨年から大幅に低下、自社の成長については、世界で最も悲観的自社の成長にとって重要な国は、昨年に引き続き中国が1位、米国は2位、3位はタイに代わりベトナムがランクイン自社の成長見通しに対する3大脅威として、「鍵となる人材の獲得(53%)」、「技術変化のスピード(47%)」、「

第23回世界CEO意識調査

世界経済の成長見通しに対するCEOの悲観的見方が記録的水準まで増加 世界の全地域において、CEOは経済成長の鈍化を予測自社の売上成長への自信は2009年以来の最低水準脅威のトップ3は、不透明な経済成長見通し、過剰な規制、貿易摩擦2020年1月21日PwC Japanグループ ※本プレスリリースは、2020年1月21日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。2020年1月20日ダボス(スイス)‐新たな10年を迎える中、世界経済

第22回世界CEO意識調査 人材トレンド版 デジタル世界におけるスキル向上の必要性

第22回世界CEO意識調査 人材トレンド版 デジタル世界におけるスキル向上の必要性 人工知能(AI)やロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)をはじめデジタル・ワークフォースの活用が広がるにつれて、組織を担う人材に求められるスキルは大きく変化しています。PwCの第22回世界CEO意識調査ではCEOの5人中4人が「自社で働く人々の業務上必須スキルの不足・欠如に不安がある」と回答し、経営者の悩みを浮き彫りにしました。また、同調査では、スキル不足を解決する施策として経営者の関心を現在

PwCアドバイザリー、「M&A実態調査2019 クロスボーダーM&Aにおけるシナジーの発現に向けて」を発表

PwCアドバイザリー、「M&A実態調査2019 クロスボーダーM&Aにおけるシナジーの発現に向けて」を発表 買収先企業の業績が当初計画を上回ったとの回答は約1割にとどまる2019年7月10日PwCアドバイザリー合同会社PwCアドバイザリー合同会社(東京都千代田区、代表執行役:吉田あかね)は、7月10日、「M&A実態調査2019 クロスボーダーM&Aにおけるシナジーの発現に向けて」を発表しました。M&Aの経験を有する企業のうち、買収した企業の業績が「計画を上回って推移」と回答したのは約1割

第22回世界CEO意識調査

第22回世界CEO意識調査慎重な姿勢は成長への警鐘PwCが世界のCEOを対象に実施した「第22回世界CEO意識調査」をもとに、日本のCEOと世界全体や他地域のCEOを比較した調査結果を報告します。 PwCは、2018年9月から10月にかけて「第22回世界CEO意識調査」を実施しました。世界91カ国の1,300名以上のCEO(うち、日本のCEOは150名)を対象に、今後12カ月の世界経済や企業の成長見通しについて伺っています。主な日本や世界の調査結果は以下のとおりです。 世界の経

世界のR&D支出上位1,000社に日本企業160社がランクイン

世界のR&D支出上位1,000社に日本企業160社がランクイン PwCの戦略コンサルティングを担うStrategy&は、2018年グローバル・イノベーション調査を実施しました。この調査は、研究開発に多額の費用を投入した世界の上場企業のトップ1,000社を「グローバル・イノベーション1000」として特定し、研究開発が企業の業績に及ぼす影響などについて評価を行い、高い費用対効果を生む手がかりを探るために毎年実施しているものです。14年目となる2018年調査では、以下の動向が明らかになりました

グローバル投資家意識調査2018

グローバル投資家意識調査2018 複雑な世界における成長への自信に潜む不安 このThought Leadershipは、2018年2月26日にPwC Globalが発表した「2018 Global Investor Survey」の日本語訳となります。本冊子は、世界各国の663名の投資家に対して、今後の世界経済に対する見方、不確実な時代の企業経営のあり方、テクノロジーの急速な進歩がもたらす影響などについて、インタビューやオンライン調査を行った結果をとりまとめたものです。昨年に続き、今年も

「ロボットは仕事を奪うのか?」‐デジタルとの共存による「攻めの働き方改革」のススメ‐

「ロボットは仕事を奪うのか?」‐デジタルとの共存による「攻めの働き方改革」のススメ‐ 人事・チェンジマネジメント・コンサルタントコラム 「攻めの働き方改革」を支えると期待されるデジタルワークフォース日本では今、旧来型の仕事の在り方を見直すべく「働き方改革」に関する検討が各方面で活発に行われています。また働き方改革関連法案が今国会に提出される見通しで、大企業を中心に「働き方改革」実行への圧力が大いに高まるものと予想されます。働き方改革は、長時間労働の是正や賃金格差の改善などの労働に関する

「第21回世界CEO意識調査」日本調査結果

PwC Japan、「第21回世界CEO意識調査」の日本調査結果を発表 今後12カ月の成長への自信は回復するも、デジタル人材戦略など中期的な課題が明らかに以下は、日本のCEOに見られた主な傾向今後12カ月の世界経済の見通しおよび自社の成長に対する自信は、世界のCEOと同様に大幅に上昇自社の成長において重要な国は、米国、中国が上位を占め、両国への集中傾向が強まっている成長への施策としてM&Aを活用する日本のCEOが増加しているものの、依然として米国との差が大きいデジタル人材の獲得を懸念する

Emerging Trends in Real Estate Asia Pacific 不動産の新しい動向 アジア太平洋

本報告書は、PwCとアーバンランド・インスティテュート(ULI)とが共同発表している不動産動向調査報告書です。投資家、デベロッパー、不動産会社のトップ、金融機関、仲介業者、コンサルタントなど、国際的に著名な不動産専門家の見解に基づき、アジア太平洋地域における不動産投資と開発のトレンド、不動産金融・資本市場の状況、および不動産部門別・都市別の傾向について見通しを示しています。 最新号Emerging Trends in Real Estate® アジア太平洋2019年版2019年に予測される最

グローバル情報セキュリティ調査2017 Vol.3:IoTの可能性を探る サイバーセキュリティ対策はIoTの未来を具現化できるのか?

グローバル情報セキュリティ調査2017 Vol.3:IoTの可能性を探る サイバーセキュリティ対策はIoTの未来を具現化できるのか? 今日、世界のCEOや経営幹部は、サイバーセキュリティやプライバシーへの革新的なアプローチを求めています。多くの先進的な企業では、サイバーセキュリティによってビジネスにおける優位性、信頼、株主価値を生み出すことができることを理解し、これが常識になりつつあります。日本におけるIoTのセキュリティ戦略およびそれに基づく具体的な対策の取り組み状況は、一部の業界や企

PwC スポーツ産業調査2017

PwCスポーツ産業調査2017 ‐破壊的変化の大波にさらされるスポーツ産業‐ 世界のスポーツ産業は、成長の鈍化が見込まれる一方で、若年層の消費行動の変化によって新たな市場が形成されつつあります。PwCが2017年5月から6月にかけて実施した「スポーツ産業調査」によって、スポーツ産業は大きな変革の時を迎えていることが明らかとなりました。変革をもたらしている要因は、テクノロジーの進化と若年層の消費行動の変化です。例えばオリンピック リオデジャネイロ大会の18歳~49歳のプライムタイム視聴率は

電力・ガス小売市場意識調査2017

PwCコンサルティング、「電力・ガス小売市場意識調査2017」の結果を発表 消費者の料金割引への関心が一段落、低額使用者が引き続き電力会社乗り換えの中心 PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋)は、11月29日、全国の一般家庭における消費者を対象に実施した「電力・ガス小売市場意識調査2017」の結果を発表しました(調査期間:2017年9月8日~9月18日、Webによるアンケート形式、有効回答件数:電力契約未変更者1,100件、電力契約変更者137件、

APEC CEO年次調査

PwC、APEC CEO年次調査を発表‐アジア太平洋地域のビジネスリーダーの成長への自信は、貿易摩擦にもかかわらず、過去3年間で最高水準に達する APECの企業投資は増加しており、新たな投資先としてベトナムが人気CEOの63%は、世界における事業範囲が今後3年間で拡大すると予想労働と財の移動に対する潜在的な制約への懸念高まるCEOの58%が自動化に投資2017年11月16日PwC Japanグループ *本プレスリリースは、APEC(アジア太平洋経済協力) CEOサミットの開催に合わせ、P

働き方の未来予測「Workforce of the future 2030」

2030年の働き方について、複数シナリオによる未来予測と日本の労働者意識との乖離が鮮明に本報告書に述べる予測は、PwCと英国オックスフォード大学サイード・ビジネス・スクールのジェームス・マーチン科学文明研究所からなるチームが2007年に開始した調査をベースに、その後、中国、インド、ドイツ、英国、米国の10,000人を対象とした特別委託調査に基づいています。この日本版発刊においては、PwCコンサルティング合同会社の調査チームにより、20歳~60歳までの日本の労働者6,000人を対象にアンケート調査

パフォーマンスの原動力:2020年以降の人的資本

パフォーマンスの原動力:2020年以降の人的資本 金融業界は、さまざまな環境変化に直面し、もはや“変わるべきか”を議論する段階ではなく、いかに早く、いかに他に後れをとらず、新しい環境で“強いビジネスを推進するか”、に議論を集中させる必要があります。【金融業界の環境変化】顧客ニーズの多様化・複雑化新しい技術の導入規制・ルールの改定政治的な混乱本レポート『パフォーマンスの原動力(The Power to perform)』では、さまざまな環境変化の中で取り組むべき人材マネジメントにフォーカス

デジタル自動車レポート2017

デジタル自動車レポート2017 - 急速に発展する「ロボコノミー」における自動車メーカーの戦略の再構築 PwCネットワークの戦略コンサルティングを担うStrategy&では、このたびグローバルで発行された『デジタル自動車レポート2017』の日本語版を作成しました。本レポートでは次のような内容をご紹介しています。モビリティ市場は2.2兆ドル規模へと成長する見通しです。2030年までに移動距離の最大37%はシェアードカーと自動運転車になり、シェアードモビリティ市場は現在のEコマースの世界市場

グローバル情報セキュリティ調査2017 vol2:スレットマネジメントの新たな可能性に向けて

グローバル情報セキュリティ調査2017 Vol.2:スレットマネジメントの新たな可能性に向けて 今日、世界のCEOや経営幹部は、サイバーセキュリティへの革新的なアプローチを求めています。多くの先進的な企業では、サイバーセキュリティによってビジネスにおける優位性、信頼、株主価値を生み出すことができることを理解しており、これが常識になりつつあります。日本企業はグローバルよりも、スレットインテリジェンスのサービスを利用している一方、受け取っているスレットインテリジェンスを有益と考えている企業の

「長時間労働」に関するアンケート

● 残業時間『45時間以上』…13.8%。【運輸・郵便業】では3人に1人● 現状の残業時間が45時間以上の人…「上限規制は守れないと思う」インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「長時間労働」についてアンケートを行い、労働時間の実態や、残業が発生する理由、サービス残業の有無などについてまとめました。 調査は2017年4月4日〜4月14日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニターの「正規社員として働いている人」1,343名から回答を得ています。Tweet ● 残

トータル・リテール・サーベイ2017

Total Retail Survey 2017不確かな未来の備え 小売業に必要な10の投資分野 29カ国/地域で24,000人以上の回答者を対象に調査を実施 全調査対象者の56%がAmazonで買い物をしていると回答 全調査対象者の47%がウエアラブルデバイスを所有 全調査対象者の39%はソーシャルネットワークが購買のきっかけになっていると回答 国/地域別データ国/地域名をクリックすると、各テリトリーのデータが表示されます。 消費者の購買行動とさまざまな購買チャネ

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2017‐2021

PwC、年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2017‐2021」を発表 ユーザーエクスペリエンスが成長の鍵:広告業が苦戦するなか、エンタテイメント&メディア業界は顧客エンゲージメントの向上にデータを活用2017年6月14日PwC Japanグループ※本プレスリリースは、2017年6月7日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。消費者の嗜好が変化し、テクノロジーが急速な進歩を遂げるなか、旧来型ビジネスモ

ファミリービジネスサーベイ2016 日本分析版

ファミリービジネスサーベイ2016 日本分析版 「ファミリービジネス企業の永続的な発展のヒント」 本レポートは、ファミリービジネスサーベイ2016の日本分析版として、日本とグローバルとの回答比較を行い、日本のファミリービジネス企業にとって重要と考えられている「直面する課題」、「国際化」、「事業承継」、「親族間の紛争解決の仕組み」および「デジタル化への対応」に関して取り上げ、分析・考察しています。課題今後5年間の主な課題として、日本とグローバルともに、「優位性を維持するためにイノベーション

2050年の世界 長期的な経済展望:世界の経済秩序は2050年までにどう変化するのか?

2050年の世界 長期的な経済展望:世界の経済秩序は2050年までにどう変化するのか? 本調査レポートは、2050年にかけての主要32カ国のGDPを予測した「The World in 2050」の最新版です。英国の国民投票におけるEU(欧州連合)離脱派の勝利や米国大統領選挙でのトランプ氏の勝利など、世界の政治に何度も激震が走った1年を経て、2050年はおろか、2017年の経済予測を示すことすら大胆な試みに思えるかもしれません。しかし、経済や政治のサイクルにおける短期的な浮き沈みを越えて、

ファミリービジネスサーベイ2016

ファミリービジネスサーベイ2016​日本分析版「ファミリービジネス企業の永続的な発展のヒント」 日本とグローバルの回答に特徴的な違いが見られた5つのテーマ「直面する課題」、「事業承継」、「親族間の紛争解決の仕組み」、「デジタル化」、および「国際化」への対応について分析・考察 今回で8回目となったPwCの「ファミリービジネスサーベイ」は、過去最大の規模、かつ最も包括的なアプローチで実施されました。50カ国の農業、小売、製造など多種多様な業界を代表する2,800社以上の経営幹部に調査へ

第20回世界CEO意識調査

PwC、「第20回世界CEO意識調査」の結果を世界経済フォーラム(ダボス)に合わせて発表‐新たなリスクや不確実性にもかかわらず、CEOは自信を深める 自社の成長に対する自信は緩やかに回復52%が雇用拡大を計画過剰な規制や鍵となる人材の不足に対する懸念は過去最高水準グローバリゼーションは所得格差の解決にほとんど寄与していないと考える2017年1月17日PwC Japanグループ*本プレスリリースは、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)開催に合わせ、PwCが2017年1月16日にスイスの

第12回グローバル・イノベーション調査

R&D支出世界上位1000社のうち日本企業は支出額・企業数ともに減世界ランキングではトヨタが10位世界でR&D支出は製品ハードウエアからソフトウエアやサービス開発へシフトStrategy& 第12回グローバル・イノベーション調査を実施2016年10月26日 - PwCの戦略コンサルティングを担うStrategy&は、2016年グローバル・イノベーション調査を実施した。 12年目となる2016年調査の結果、以下の動向が明らかになった。2016年調査におけるR&D支出トップ1000社のR&D支出額は

電力・ガス小売市場意識調査2016

PwCコンサルティングでは、全国の一般家庭における消費者を対象に電力・ガス小売市場についての意識調査を行いました。本調査は当社内の専門組織「電力・ガスシステム改革支援室」が実施したものです。電力については小売全面自由化前の2013年から毎年意識調査を実施しており、ガスについては今年1月から加わりました。調査の結果、今回の自由化で電力会社の契約を変更した回答者の過半数が、比較的低額な電力料金使用者であり、料金やポイントなどの割引が乗り換えの主な要因であることがわかりました。電力自由化に際し各社は、

第19回世界CEO意識調査 日本分析版

の日本のCEOが今後3年間の成長に非常に自信があると回答。世界全体(49%)を大きく下回る。 自社が成長する上で重要視する国は、調査史上初めて米国が中国(45%)を抜き首位に の日本のCEOが、ステークホルダーとの関わりおいて効果を発揮するテクノロジーとして「データアナリティクス」を挙げているが、世界全体(68%)に比べテクノロジーの活用が低い傾向 の日本のCEOが、人事戦略において「将来のリーダーの選定および育成」を最重要課題と位置付ける 調査結果世界最大級のプロフェッショナルフ

中国銀行経営者調査報告書2015 エグゼクティブサマリー

中国銀行経営者調査報告書2015 エグゼクティブサマリー 本冊子は、PwC中国と中国銀行業協会(CBA)が共同で作成したアンケート調査報告書のエグゼクティブサマリーです。アンケートは中国31省に勤務するマネジメントクラスの銀行員を対象に、電子アンケート形式で実施され、1,328件の有効回答を受領しました。中国経済の減速が続くなか、中国の銀行は成長を求めてベンチャー企業向け融資やアセットマネジメント業務などの新規分野に注力していますが、一方で、不良債権の拡大、インターネット金融業者との競争

Redefining business success in a changing world‐変貌する世界で成功を再定義する‐

PwCの調査によれば、鍵となる人材、価値創造、 業績連動型報酬について投資家の見解はCEOと正反対 サイバー攻撃への脅威と主要市場の認識については一致 2016年5月16日PwC Japanグループ*本プレスリリースは、2016年4 月27日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英語の原文と翻訳内容に食い違いがある場合には原文が優先します。PwCが実施したグローバル調査において、業績連動型報酬、鍵となる人材の調達、価値創造などの主要課題に関する投資家とCEO(最高経営責任者)の考え

インダストリー4.0: デジタルエンタープライズの構築

PwC、企業のインダストリー4.0に向けた投資額は 年間9,000億米ドル超、2020年まで続くと発表 2016年4月21日PwC Japanグループ*本プレスリリースは、2016年4 月13日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英語の原文と翻訳内容に食い違いがある場合には原文が優先します。PwCのグローバル調査によると、製造業各社はインダストリー4.0への対応により、コスト削減、効率性向上、利益拡大など大きなメリットを得られると期待しています。半数以上の企業が2年以内に投資額を

第19回世界CEO意識調査

PwC、「第19回世界CEO意識調査」の結果を世界経済フォーラム(ダボス)に合わせて発表‐地政学的脅威の高まりとともに、世界経済の成長に対するCEOの自信は低下 世界経済への自信が10ポイント低下地政学的な不確実性への懸念が急拡大主要な経済圏では売上への期待が低下90%は顧客やその他のステークホルダーからの期待に応えるべく、テクノロジーを利用する手段を変革2016年1月20日PwC Japan*本プレスリリースは、世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)の開催に合わせて、2016年1

2015年12月2日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

読んでおきたいセキュリティリポート・調査結果まとめ

標的型攻撃をはじめとする不正アクセスやサイバー犯罪、Webサイトの侵害とそれを踏み台にしたマルウエア感染など、日々さまざまな脅威が報じられ、セキュリティ対策の必要性が叫ばれています。さて、セキュリティ対策に取り組む上で大事なのは「敵を知り、己を知る」こと。何がどんなふうに危険にさらされているのかを知らなくては、対策の方針を立てることはできません。しかも攻撃の動向は継続的に変わっており、いつまでも昔の常識で考えていては裏をかかれる、ということを忘れてはいけません。 そんなときに参考になるのが、セキ

2015年11月26日はてなニュースフィードバック数:0社会/政治

2015年度キャリア大学アワード

「キャリア大学アワード」とは、この夏にサマークラスとして、日本を代表する企業が開催したキャリア教育プログラムの中から、特に学生のキャリア形成に貢献した企業を約2,000名の参加学生のアンケートを基に選出し、表彰するのものです。今年で3回目となる「キャリア大学アワード」は、昨年に比べてエントリープログラム数も増加し、各プログラムに対する学生の満足度も非常に高いレベルとなっています。今後とも回が重ねられるごとに、より多くの素晴らしい教育プログラムがキャリア大学から輩出され、次世代を担う学生のキャリア

グローバル情報セキュリティ調査 2016(日本版)

プライスウォーターハウスクーパース、「グローバル情報セキュリティ調査2016(日本版)」を発表 日本企業は、ISO27001のセキュリティフレームワークに偏重サイバーリスクの情報共有活動を行っている日本企業は3割程度2015年11月9日プライスウォーターハウスクーパース株式会社* 本プレスリリースは、2015年11月7日にCyber3 Conference Okinawa 2015 国際会議で開催した「グローバル情報セキュリティ調査2016(日本版)結果報告および新会社設立の記者発表会」

Strategy& 第11回グローバル・イノベーション調査

プレスルームPwCネットワークのStrategy&は、多くの業界別および機能別の見識を備えた専門家を擁しており、メディアの皆様にもその識見を共有させて頂いております。 クライアントの皆様との間では機密情報の守秘義務を徹底しているため、Strategy&ではクライアントの同意なしにプロジェクト内容の詳細を公表することはできませんが、我々の持つ専門知識や、弊社としての知的資産に関しては、共有させて頂いております。掲載記事、プレスリリースならびに取材・寄稿等に関するお問い合わせにつきまし

2015年内部監査全世界実態調査

2015年内部監査全世界実態調査‐急激な変革の時代において内部監査の「真北」を目指す‐ 今回で第11回目となるPwCの内部監査全世界実態調査は、世界中の計1,300名の内部監査部門長や利害関係者(役員会メンバー、マネジメントなど)に調査した結果を取りまとめたものです。今日の企業は新しいビジネス戦略を推進していることから、内部監査が企業において重要な位置を維持し価値を提供し続けるには内部監査も同じペースで進化しなければなりません。PwCは、組織が現在の状態から望んでいる場所にたどり着くため

PwCのレポートです。のレポートです。

リテールバンキング2020 進化か革命か

金融業界は、変化を求められる大きな力にさらされています。顧客の期待、技術の革新、規制強化、人口動態や経済変動など、金融機関が乗り越えなくてはいけない課題は山積みです。これからの時代で成功するには、これらの課題を解決することが必要です。また、金融機関は現在の責務を果たすだけではなく、将来に向けて、自らを根本的に改革し再構築していかなければなりません。本レポートにおいては、PwCの「プロジェクトブルー」という枠組みを駆使し、これらの課題が将来、リテールバンクにどのような衝撃を与えるのかについて見解を

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お知らせ