「pwc」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

PwCのレポートです。

Gut & gigabytes 直観とビッグデータ

本レポートは、企業がどのような重要な意思決定を行うのか、またリーダーはどんなプロセスを経てその決定に至るのかを探ることを目的とし、PwCの支援により英国エコノミスト社の調査部門(Economist Intelligence Unit)がグローバルの企業や組織の上級役職者1,135名を対象に調査、作成しました。重要な意思決定方法は変わりつつあります。現代のビジネスリーダーの多くは、豊富な情報を手に入れ、それを活用して自社の進むべき方向を選択しています。本報告書では、重要な意思決定プロセスの中で、ビ

PwCのレポートです。

Gut & gigabytes 直観とビッグデータ アジア太平洋地域に関する知見

Gut & gigabytes 直感とビッグデータ アジア太平洋地域に関する知見 本レポートは、企業がどのような重要な意思決定を行うのか、またリーダーはどんなプロセスを経てその決定に至るのかを探ることを目的とし、PwCの支援により英国エコノミスト社の調査部門(Economist Intelligence Unit)がアジア太平洋地域の企業や組織の上級役職者268名を対象に調査、作成しました。重要な意思決定方法は変わりつつあります。現代のビジネスリーダーの多くは、豊富な情報を手に入れ、それ

業界別従業員平均年齢・平均勤続年数の分析‐電機業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

PwCのレポートです。

Emerging Trends in Real Estate Asia Pacific 不動産の新しい動向 アジア太平洋

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 2020 不動産の新しい動向 アジア太平洋2020年版 本報告書は、PwCとアーバンランド・インスティテュート(ULI)とが共同発表している不動産動向調査報告書です。投資家、デベロッパー、不動産会社のトップ、金融機関、仲介業者、コンサルタントなど、国際的に著名な不動産専門家の見解に基づき、アジア太平洋地域における不動産投資と開発のトレンド、不動産金融・資本市場の状況、および不動産部門別・都市別の傾向

PwCのレポートです。

サプライチェーンとリスクマネジメント‐業務パフォーマンスを強化するリスクマネジメント

サプライチェーンとリスクマネジメント‐業務パフォーマンスを強化するリスクマネジメント PwCは、MITのサプライチェーンイノベーションフォーラムと共同で、グローバル企業209社を対象に、「グローバルサプライチェーンとリスクマネジメントサーベイ」を実施しました。これは、グローバル企業のサプライチェーンの運営とリスクマネジメントに対する取り組みを調査したものです。グローバルな組織になるにつれ、企業は原材料の価格変動や為替の変動、市場変化、燃料価格の乱高下といった回避可能なリスクから、自然災害

PwCのレポートです。

2014年ポートフォリオ・プログラム・マネジメントに関する世界調査

プログラムデリバリーに対する考え方はいつ変わるのか‐2014年ポートフォリオ・プログラム・マネジメントに関する世界調査 組織は今、急速に変化し続ける世界に対処するために、数多くの変革プログラムを遂行しており、これらの成否、すなわち変革プログラムを遂行する能力が、組織の成功や競争力を左右するようになってきています。今回で4回目となる「ポートフォリオ・プログラム・マネジメントに関する世界調査」は、110カ国に及ぶさまざまな規模や業種に属する3,025名のプロジェクトマネージャー(ポートフォリ

PwCのレポートです。

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望 本報告書は、資産運用業界に対するPwCの知見に基づき、新たな金融規制、人口動態の変化、ソーシャルメディアの台頭などさまざまな世界情勢を分析して、資産運用業界の2020年の展望を予測しています。今回の分析により、2012年末において約64兆米ドルであった世界の運用資産残高は、2020年までに約102兆米ドルに達するものと見込まれています。また、世界で生じているさまざまな要因をきっかけに、資産運用業は金融ビジネスの中心になることが予想される一

PwCのレポートです。

グローバル情報セキュリティ調査 2015

あらゆるものが高度に複雑にネットワーク化されたサイバー空間を、世界経済フォーラムでは「ハイパー・コネクテッド・ワールド」と名付け、将来的に大きな価値が創出されるものとして期待されています。しかしながら、既にサイバー空間では重大なインシデントが頻発しており、世界のCEOや取締役は、サイバー攻撃を経営リスクとしても認識しています。技術立国である日本には価値の高い知的財産などが多く存在します。また、膨大な個人情報を保有する企業も多くあります。日本企業は、これらの重要資産をサイバーリスクの脅威から、どの

業界別成長度(平均年齢・平均勤続年数)分析‐ホスピタリティ&レジャー業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

業種別従業員平均年齢・平均勤続年数の分析‐ゲーム業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

業界別成長度(売上高伸長、従業員数伸長など)分析‐ゲーム業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

次世代のETF 資産運用会社にETF戦略が必要な理由

次世代のETF 資産運用会社にETF戦略が必要な理由 本稿は、上場投資信託(ETF)商品、市場インフラや販売について、また資産運用会社がETFに関する戦略を必要とする理由について考察しています。近年の資産運用業界においてETFは著しい成長を見せており、ETFの運用資産額は、今後3年から5年間で5兆米ドルにまで成長する可能性があります。その成長の理由として、その低コストという利点だけではなく、特定のアセットアロケーションの構築に使いやすいという利便性も持ち合わせてるということが挙げられます

業界別成長度(売上高伸長、従業員数伸長など)分析‐ホスピタリティ&レジャー業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

業界別成長度(売上高伸長、従業員数伸長など)分析‐電機業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

PwCのレポートです。

短期的思考を超えて事業を成功に導く:サステナビリティに関するCEOの視点

短期的思考を超えて事業を成功に導く:サステナビリティに関するCEOの視点 サステナビリティ(持続可能性)を理解し、行動を起こすにあたり、多くの企業は社会的責任を果たすことから始めます。しかし多くの場合は、こうした活動は事業の戦略的意思決定から切り離されてきました。PwCが実施した第17回世界CEO意識調査の結果によると、世界のCEOの75%がサステナビリティはもはや慈善活動ではなく、製品やサービスを生産し提供する方法の中に先見的な思考と責任あるビジネス慣行を組み入れることであると考えてい

PwCのレポートです。

統合報告を見据えた企業情報開示の課題と挑戦‐日本と英国の調査結果からの示唆‐

統合報告を見据えた企業情報開示の課題と挑戦‐日本と英国の調査結果からの示唆‐ 「日本版スチュワードシップ・コード」と「日本版コーポレートガバナンス・コード」対応を踏まえた、機関投資家と企業による「目的を持った対話(エンゲージメント)」が求められる中、「統合報告」などの企業情報開示への注目と期待が高まっています。PwC UKが実施した企業情報開示に関する調査では、徐々に改善傾向は見られるものの、依然多くの企業情報開示が大きな改善余地を残す結果となっています。調査結果から判明した実践的な12

業界別報告セグメントの個数・内容の分析‐電機業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

PwCのレポートです。

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐調整後業績数値を公表するにあたって‐

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐調整後業績数値を公表するにあたって‐ 経営陣が真に役立つ財務報告資料を用意したいのであれば、プロ投資家のニーズや見解を理解することが肝要です。私たちは、コーポレートレポーティングの有効性を最大化するべく、プロ投資家を対象とした世界調査を実施しました。本報告書では、大半のプロ投資家が有用であると考えている調整後業績数値(APM)の開示について検証し、APMレポーティングの改善に向けた機会を紹介します。 © 2004 -

業界別報告セグメントの個数・内容の分析‐レジャー業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

PwCのレポートです。

未来の働き方‐2022年までの変遷と展望

新しいテクノロジーがわれわれの働き方に計り知れないほど大きな影響を与えています。実際、異なる世代が同じ職場で働く中で、労働力の多様化と就労の長期化が進んでいます。従来のキャリアモデルはもうすぐ過去のものとなり、未来の職務や役職の多くは私たちがこれまで考えたこともないものになるかもしれません。どうすれば新しい時代の人材を惹きつけ、定着させ、動機付けできるでしょうか?その結果、人事はどう変わるのでしょうか?本調査はPwCとオックスフォード大学サイード・ビジネス・スクールのジェームス・マーチン科学文明

CCOについてのレポートです。

「最高経営幹部」としてのチーフ・コンプライアンス・オフィサー‐今取り組むべき課題と将来の機会

「最高経営幹部」としてのチーフ・コンプライアンス・オフィサー‐今取り組むべき課題と将来の機会 今日では、チーフ・コンプライアンス・オフィサー(CCO)はこれまでになく大きな責任を果たすことが求められています。一方でそれは、これまでより戦略的な役割を担うことで、CCOがトップマネジメント層の中で存在感を高めるチャンスでもあります。 PwCの第4回年次コンプライアンス調査(2014年度調査)は、業界で一般的なコンプライアンスの実施状況を理解するのに必要なベンチマークデータをコンプライアンス担

業界別報告セグメントの個数・内容の分析‐ゲーム業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

PwCのレポートです。

10Minutes‐統合報告‐

「日本版スチュワードシップ・コード」の制定により、機関投資家と企業による「目的を持った対話(エンゲージメント)」が求められています。企業と投資家が中長期的な視点から対話を深め、企業価値を高めるためには、非財務情報も含む中長期的な情報開示が有意義です。また、「日本版コーポレートガバナンス・コード」策定の検討が開始され、ダイバーシティなどの非財務情報開示がますます拡大するなど、短期的な財務情報中心の開示から、中長期的な非財務情報を含めた統合的な開示への社会全体の期待が高まっています。企業の外部環境を

PwCの調査です。

デジタル投資の成果を高める5つの行動 ‐第6回 Digital IQ調査‐

デジタル投資の成果を高める5つの行動 ‐第6回 Digital IQ調査‐ PwC USでは、世界36カ国の主要企業の経営幹部を対象に、クラウドコンピューティング、ソーシャルメディア、ビックデータなど先進情報技術への企業の理解と適用状況を調査し、その傾向を明らかにすることを目的に「Digital IQ 調査」を毎年実施しています。本報告書は、「PwC's 2014 Digital IQ Survey」(回答企業1,494社)の回答結果をまとめたもので、デジタルの時代に共通して注視している

PwCのレポートです。

モバイル広告‐消費者は何を求めているのか 各国の比較

モバイル広告‐消費者は何を求めているのか 各国の比較Consumer Intelligence Series PwCのConsumer Intelligence Seriesでは、メディアとテクノロジーの構造が急速に変化する中、消費者の態度と行動について考察します。本レポートでは、「モバイル広告」に関連した消費者の態度と行動について、2013年10月から11月にかけて4カ国(ブラジル、中国、英国、米国)、3,800人を対象に行った調査の主な結果をまとめました。本調査では、以下のような消費

業界別役員報酬・従業員給与の分析‐レジャー業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

業界別役員報酬・従業員給与の分析‐ゲーム業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

世界の都市ランキングです。

Cities of Opportunity 6‐世界の都市力比較2014

本報告書は2014年5月にPwC Globalが発表した「Cities of Opportunity 6」をPwC Japan で抜粋・翻訳し、一部の結果に対する分析を加えたものです。第6回となる今回の報告書では、30の都市、10の領域、59の指標について評価を行っています。ランキングの結果を見ると、2012年にオリンピックを開催したロンドンがニューヨークを抜いて初の1位を獲得し、企業や人材誘致のため積極的な政策を打ち出してきたシンガポールが前回の7位から3位に躍進するなど、興味深い変動が見られ

営業秘密の窃取がもたらす経済的影響

近年、わが国の企業では、業務委託先社員によって大量の顧客情報が名簿業者に売却されたり、提携先社員が研究データを持ち出して外国企業に転職するといった事件が発生しました。このような営業秘密を窃取する事案は、日本だけに限らず世界各国でも深刻な問題になっています。PwCがCREATe.orgと共同で調査したところ、営業秘密の窃取による損失額は先進工業国の国民総生産(GDP)の1~3%にも相当すると推定されています。こうしている今も、営業秘密が窃取されているのかもしれません。営業秘密を狙っている人々は、悪

PwCのレポートです。

サブサハラ・アフリカの成長とともに‐日本とのビジネスをつなぐ視点‐

サブサハラ・アフリカの成長とともに‐日本とのビジネスをつなぐ視点‐ サハラ砂漠以南の地域「サブサハラ・アフリカ」は「最後のフロンティア」と呼ばれ、世界中が注目する新興市場としてその地位を確立しつつあります。欧米や中国系企業と比較し、現地への投資や進出が消極的との印象がある日本企業ですが、多くの日本企業はその理由として情報不足を挙げています。一方で経済的な自信を深めるサブサハラ諸国は、近年では積極的な経済外交や投資誘致策を展開しており、今後グローバル企業間におけるサブサハラ・アフリカ市場で

PwCのレポートです。

レジリエンス 対応すべきリスクと戦略

PwCの行った第17回世界CEO意識調査からは、世界経済について明るい見方がうかがえました。一方で、それが自社の持続的な収益成長につながるかという点については、CEOは慎重な見方を崩していません。 事業に大きな影響を及ぼすメガトレンドを捉え、絶え間なく変化する世界に適応するためには、レジリエンスが不可欠です。本報告書では、その一助となるべく、対応すべき以下の課題におけるリスクと戦略についてまとめています。課題1:テクノロジー テクノロジーからイノベーションを最大限引き出しているか課題2:人口構造

バンキング・バナナ・スキン2014 回復に向かって少しずつ進んでいる状況

バンキング・バナナ・スキン2014 回復に向かって少しずつ進んでいる状況 CSFI(Centre for the Study of Financial Innovation)がPwCと提携して行った2014年の調査結果では、銀行業界が直面する数多くの懸念事項のうち「規制」、「政治による干渉」、「マクロ経済リスク」が上位に挙げられました。そのほかでは、テクノロジーリスク(4位)、犯罪行為(9位)が前回の2012年調査に比べて大幅に順位を挙げており、これらのリスクに対する懸念が高まっているこ

It’s how you play the game 都市の成長戦略とメガスポーツイベントの活用

It’s how you play the game‐都市の成長戦略とメガスポーツイベントの活用 オリンピックやサッカーFIFAワールドカップなどの花形イベントの誘致による都市の宣伝効果は高く、世界中の都市がこれらの著名なイベントの誘致を競っています。一方、全ての都市がこれらのメガイベントを誘致するだけの資源、インフラ、能力、知見を有しているわけではありません。むしろ一般的な都市にとっては、都市の長期的な成長戦略と発展における優先順位に基づき、最適なイベントを選択することが重要であると言

CEO調査です。

第17回世界CEO意識調査:人材をめぐる課題

技術進歩、人口構造の変化、都市化といった巨大なメガトレンドが世界を変え、それに伴って事業環境も変化しています。こうした流れは、人材マネジメントにもはっきりと大きな影響を及ぼしています。メガトレンドによって、グローバル企業のスキルマップが書き換えられているのです。特定のスキルに対する需要が高まり、それと同時に供給側も大きく変化しているこの時代、CEOにとって長年の悩みの種であった優秀人材の確保をさらに難しくしています。世界のメガトレンドから予測すると事態は厳しさを増す一方だと思われます。小手先の対

PwCのレポートです。

競争に打ち勝つために‐銀行業の未来への展望‐

競争に打ち勝つために‐銀行業の未来への展望‐ 利鞘が縮小し、貸し出し需要が伸び悩む中で日本の銀行業界は成長軌道に戻ることに苦戦しています。一方で、経営環境の変化は、イノベーション、差別化など成長を実現する上での重要な機会も提供しています。 本冊子では、PwCのプロジェクトブルーのフレームワークを活用し、そこで示されている環境変化をもたらすいくつかの要因の中から、下記2点について考察しています。長期的な経営戦略を検討する上での参考にしていただけます。新興市場の台頭や新興市場間の相互依存関係

PwCのレポートです。

Risk in Review‐あなたの会社のリスク対応を再評価しましょう‐

2014年Risk in Review調査:あなたの会社のリスク対応を再評価しましょう‐ 今回で3回目となるPwCの年次リスク調査は、現在のビジネス環境においてリスクの詳細を把握するため、37カ国にわたる1,940名の経営者(役員会メンバー、マネジメント、内部監査部門長など)に調査した結果をとりまとめたものです。本調査では経営者に対して今日の複雑なリスク環境における懸念について以下を含めたさまざまな質問を実施しました。変化の内部要因と外部要因のうち、今後18カ月にわたって最も大きな影響を

退職給付引当金(退職給付に係る負債)の改正前後の増減分析‐電機業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

PwCのレポートです。

トータルリテールの実現‐顧客の期待が次なる小売ビジネスモデルの原動力

トータルリテールの実現‐顧客の期待が次なる小売ビジネスモデルの原動力 本報告書は、世界15カ国・地域の約15,000人のオンライン買い物客を対象に実施したPwC世界トータルリテール調査(PwC Global Total Retail Survey)の結果をまとめたものです。 今回の結果より、消費者は小売業者に顧客の心をつかむ店舗内テクノロジー、24時間対応のサービス精神、リアルタイムで把握できる各店舗の在庫状況、そして同じ小売業者であれば、どの購買チャネルからも同じ価格、同じ割引率で購入

税金負担率分析‐レジャー業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

税金負担率分析‐ゲーム業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

PwCのレポートです。

Emerging Trends in Real Estate 2014 グローバル版2014年の展望

本報告書は世界の投資家の不動産市況の2014年の見通しについてまとめたものです。長年にわたりPwCはUrban Land Instituteと共同で、不動産投資業界で最も影響力のあるリーダーを対象とした調査を行い、その結果をEmerging Trends in Real Estate®として毎年公表しています。これは北米、アジア太平洋、欧州の各地域の不動産投資に関するセンチメントを示す主要指標として広く利用されてきていますが、今回、さらにグローバルレベルでとりまとめを行い、地域ごとの不動産投資の

企業のリスク管理についての調査です。

ERM/ORSAサーベイ報告書‐ORSA導入を見据えた各社の取り組み状況

ERM/ORSAサーベイ報告書‐ORSA導入を見据えた各社の取り組み状況 IAIS(保険監督者国際機構)が公表した「保険コアプリンシプル」においては、保険会社による「統合的リスク管理(Enterprise Risk Management;ERM)」および「リスクとソルベンシーの自己評価(Own Risk and Solvency Assessment;ORSA)」の実施を監督するよう既定されています。これを受け、2014年2月に日本で公表された保険会社向けの総合的な監督指針においても、O

企業の内部監査についての調査です。

2014年内部監査全世界実態調査

2014年内部監査全世界実態調査‐より強固なパフォーマンスをデザインする:革新のための青写真‐ 今回で第10回目となるPwCの内部監査全世界実態調査は、常に進化し続ける内部監査業務に関して1,900名を超える内部監査部門長や利害関係者(役員会メンバー、マネジメントなど)に行った調査結果とそれに対する私どもPwCの見解を紹介しています。また、内部監査業務に対するニーズや変化し続ける要請に内部監査が取り組む上で手助けとなるような見識や分析を提供しています。昨年度の調査では、内部監査の利害関係

資産運用業界の2020年の予測です。

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望 本報告書は、資産運用業界に対するPwCの知見に基づき、新たな金融規制、人口動態の変化、ソーシャルメディアの台頭などさまざまな世界情勢を分析して、資産運用業界の2020年の展望を予測しています。今回の分析により、2012年末において約64兆米ドルであった世界の運用資産残高は、2020年までに約102兆米ドルに達するものと見込まれています。また、世界で生じているさまざまな要因をきっかけに、資産運用業は金融ビジネスの中心になることが予想される一

四半期決算短信開示情報(四半期連結財務諸表に関する注記事項)の分析‐主にゲーム、映画、テーマパーク、ホテル

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

コミュニケーションズレビュー/2014年3月

コミュニケーションズレビュー/2014年3月‐通信、ケーブル、衛星、インターネット企業経営幹部のための洞察‐ 通信業界では、顧客の需要が音声サービスからデータサービスへ大きくシフトしています。事業目標の達成度を測る上でこれまでのような利用者単位の指標、すなわち一人当たりの平均売上(ARPU)や純増数では無く、データシェアプランなどの台頭に伴い、顧客が端末やサービスをどのように利用しているかという全体像を把握するための新たな指標が必要になっています。データとスマート端末が主流となる市場にお

税金負担率‐電機業界

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

APECでのCEO調査です。

PwC 2013年 APEC CEO意識調査 レジリエンスと成長に向けて

PwC 2013年 APEC CEO意識調査 レジリエンスと成長に向けて PwCでは、2013年APEC CEO意識調査として、2013年6月11日から8月9日まで、APEC21カ国・地域を含む世界40カ国のCEOと業界リーダーを対象に調査を実施し、CEOやその他の経営トップ、ビジネス専門家にも詳細なインタビューを行いました。本報告書では、その結果を基に、世界を動かしている要因と自社の成長戦略に対するビジネスリーダーたちの見方を取りまとめ、次のような傾向があると説明しています。2013年

業界別財務分析(キャッシュ・フロー計算書中心)‐ホスピタリティ&レジャー業界(主にホテル、ゴルフ場、レストラン、テーマパーク)

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

PwCのCEO調査です。

17th Annual Global CEO Survey Japan Analysis : Fit for the future

第23回世界CEO意識調査高まる不確実性の波を乗り切るPwCが世界のCEOを対象に実施した「第23回世界CEO意識調査」をもとに、日本のCEOと世界全体や他地域のCEOを比較した調査結果を報告します。 PwCは、2019年9月から10月にかけて「第23回世界CEO意識調査」を実施しました。世界83カ国の1,500名以上のCEO(うち、日本のCEOは139名)を対象に、今後12カ月の世界経済や企業の成長見通しについて伺っています。主な日本や世界の調査結果は以下のとおりです。 世界

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

お知らせ