「pwc」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

業界別財務分析(損益計算書中心)‐ホスピタリティ業界(主にホテル、ゴルフ場、レストラン)

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

新たな地域でのパワーハウスの構築‐東南アジア地域における成功戦略

新たな地域でのパワーハウスの構築‐東南アジア地域における成功戦略 邦銀がグローバルな大手金融機関と伍して存在感を維持していくためには、日本の国内市場から視点を外に向ける必要があります。今後の成長が見込める大きなビジネスチャンスのいくつかは、東南アジアという日本に近い地域に存在しています。日本が世界第3位の経済大国であることを踏まえると、国内市場が重要な市場であることに変わりはありません。しかし、PwCは、例えば東南アジアにおけるインドネシアやベトナムの国内銀行資産は2030年までに現在の

炭素予算の破綻 低炭素経済指標2013

PwCが2013年に調査した第5回目の「低炭素経済指標」の結果、世界の気温上昇を2100年時点で平均2度以下に抑えるためには世界全体のGDP当たり炭素排出量を毎年6%削減する必要があることがわかりました。しかし2007年から2012年の5年間における炭素削減率は平均0.7%に過ぎず、このままでは2100年までの許容炭素排出量、すなわち炭素予算を2034年までに使い果たしてしまう計算となります。この毎年6%という炭素削減率は極めて大きな数字ですが、一部の国々におけるエネルギー効率の向上や再生可能エ

PwCのレポートです。

次世代のダイバーシティ‐未来の女性リーダーの育成

次世代のダイバーシティ‐未来の女性リーダーの育成 現在、世界中の企業は、女性リーダーの不足問題に直面しています。企業が持続可能な変革を実現するためには、幹部人材の多様化を促す努力と並行して、将来、リーダーとなり得る才能ある女性の育成に取り組む必要があります。PwCは若手社員の考え方の変化について掘り下げた調査を2008年から実施しており、今回、「ミレニアル世代*」の重要性について着目した「次世代のダイバーシティ‐未来の女性リーダーの育成(Next generation diversity

Extracting value‐投資専門家が鉱業会社による報告に求めているものは何か?‐

Extracting value‐投資専門家が鉱業会社による報告に求めているものは何か?‐ 世界の5つの市場の鉱業セクターをカバーする投資家やアナリストを対象として、「鉱業会社は効果的に業績に関する報告を行っているか」という観点でPwCが調査を実施しました。投資家やアナリストから得られた回答から、改善を望んでいる領域があることが分かりました。投資家やアナリストは、アニュアルレポートに代表される鉱業会社のコーポレートレポーティングを基本的には評価しています。また、コーポレートレポーティング

Exploring reporting‐投資専門家が石油およびガス会社による報告に求めているものは何か?‐

Exploring reporting‐投資専門家が石油およびガス会社による報告に求めているものは何か?‐ 世界の5つの市場の石油およびガスセクターをカバーする投資家やアナリストを対象として、「石油およびガス会社は効果的に業績に関する報告を行っているか」という観点でPwCが調査を実施しました。投資家やアナリストから得られた回答から、改善を望んでいる領域があることが分かりました。投資家やアナリストは、アニュアルレポートに代表される石油およびガス会社のコーポレートレポーティングを基本的には評

公共部門の生産性向上のための新たなアプローチ‐優先順位付け、測定、整合化による公共部門の生産性の向上‐

公共部門の生産性向上のための新たなアプローチ‐優先順位付け、測定、整合化による公共部門の生産性の向上‐ 「生産性」は、公共部門においても産業界においても、長期間にわたり議論されてきたテーマです。本書では、公共部門の生産性に関するこれまでの取り組みの原動力と経緯について考察し、また以下の3つの質問に焦点を当てることによって、公共部門においても生産性は大きな意味を持つものになる、とこれまでの否定的な見解を覆す主張をしています。政府のプログラムや活動を戦略的に優先順位付けするに当たり、集団的ア

10Minutes‐注目すべきCOSOフレームワークの改訂‐

COSO内部統制フレームワークの改訂 2013COSO内部統制フレームワークが20年ぶりに改訂され、2013年5月14日に公表されました。1992年に米国で公表されたCOSO内部統制フレームワークは、内部統制に関するグローバルスタンダードとして、世界の主要国で内部統制の整備や運用・評価の基準として広く活用され、わが国の内部統制報告制度や金融検査マニュアル策定の際にも参照されました。今回の改訂は、従来のフレームワークにおける内部統制の定義や評価・管理方法を大きく変えるものではなく、この20年間にお

PwCのレポートです。

Cities of Opportunity 世界の都市力比較 未来を築く

2012年、PwCはシリーズ第5回となる「Cities of Opportunity‐世界の都市力比較 2012」を発行し、世界の主要27都市を対象とした競争力比較を行いました。同レポートでは「知的資本・イノベーション」における力や、「経済的影響力」、「産業・生活のコスト」などをはじめとする幅広い視点で都市の評価を行いましたが、今回はこれを都市の成長に欠かせない「インフラ」の視点でさらに掘り下げ、27都市における経済・社会インフラ整備の成熟度や需要に対する充足度を評価比較するとともに、各都市にお

10Minutes 戦略的サプライチェーンマネジメント

PwCが実施したグローバル・サプライチェーン・サーベイ2013によると、サプライチェーン先進企業は、サプライチェーンを戦略的資産として扱い、成長と効率化を両立していることが明らかになりました。本10minutesでは、サプライチェーンがビジネス戦略に与える影響の大きさ、同業他社と差別化するための方法を示しています。サプライチェーンのパフォーマンスが優れている企業は、より良い財務成績を達成している。先進企業は、同業他社と差別化された際立ったサプライチェーンを構築している。先進企業は、経営陣の指揮に

10Minutes データプライバシー

「顧客のデータプライバシーに真摯に向き合うこと」がビジネス上重要であることは、言うまでもありません。顧客から預かった個人情報を適切に取り扱うことによって、確実に法令を遵守し、また顧客の信頼を勝ち取ることが可能になります。ビジネスがグローバル化した現代の環境下では、日本の個人情報保護法だけでなく、EUのデータ保護規則など、海外の法規制を遵守することも不可欠です。一方で、顧客情報の利用価値は以前よりも増しています。企業にとって、顧客の属性情報(性別、年齢、職業、家族構成、居住地域、購買履歴等)はそれ

日本のテクノロジー業界8社の財務諸表を見ています。

業界別財務分析(損益計算書中心)‐テクノロジー

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

日本の分析です。

第17回世界CEO意識調査 日本分析版

PwCが実施した「第17回世界CEO意識調査」における日本のCEO127名の回答によると、前回調査を大きく上回る8割以上のCEOが今後の業績について自信を示しています。 「新たな地域の市場」と回答したCEOの割合が、他地域のCEOと比べてかなり高い割合になっている。この結果は、製造業、サービス業など業種を問わず、アジアを中心に日本企業が海外進出を積極的に進めていることと符合している。 従来と同様に中国をはじめとするアジア地域を重視する傾向が続いているが、時系列で見た場合、各国の経

経済犯罪実態調査 2014 日本分析版

日本における経済犯罪‐現状と対策‐PwCが実施した「経済犯罪実態調査 2014」を基に日本企業の回答結果(75社)を分析した「経済犯罪実態調査 2014 日本分析版」の結果、経済犯罪の被害にあった日本企業の割合が世界全体(37%)の半分以下の15%であることが分かりました。しかし、この結果だけを見て、日本で起こる経済犯罪が少ないと結論付けるのは早計であり、日本での不正発見率が低い可能性を念頭に置く必要があります。調査回答を分析した結果、日本企業は企業内で起こり得る経済犯罪を過小評価している傾向が

経済犯罪実態調査 2014(グローバル翻訳版)

経済犯罪‐ビジネスへの脅威‐会計不正、汚職、知的財産の侵害、サイバー犯罪などの経済犯罪は、依然としてあらゆる産業、地域、規模の企業にとって主要な懸念事項であり続けています。このことは、全回答企業の3分の1以上が経済犯罪の被害にあったと報告したことからも明白です。しかし、経済犯罪はそれ自体が脅威というだけでなく、それがもたらす企業への悪影響、つまりあらゆる業務プロセスの中断、従業員のモラルの低下、企業の評判の失墜などが本当の脅威なのです。PwCが行った今回の調査では、経済犯罪の実態について、業種別

PwCのグローバル調査です。

第17回世界CEO意識調査

第23回世界CEO意識調査高まる不確実性の波を乗り切るPwCが世界のCEOを対象に実施した「第23回世界CEO意識調査」をもとに、日本のCEOと世界全体や他地域のCEOを比較した調査結果を報告します。 PwCは、2019年9月から10月にかけて「第23回世界CEO意識調査」を実施しました。世界83カ国の1,500名以上のCEO(うち、日本のCEOは139名)を対象に、今後12カ月の世界経済や企業の成長見通しについて伺っています。主な日本や世界の調査結果は以下のとおりです。 世界

有価証券報告書のボリューム‐テクノロジー

ケーススタディ/事例紹介コンサルティング、アドバイザリーおよび調査研究業務の事例やケーススタディ、実績をご紹介しています。 日本日本国内事業の再構築戦略策定支援米国に本拠地を置くクライアントの日本事業の再構築に向けて、競合のビジネスモデルを分析し、クライアントにとって新しいビジネスモデルを立案しました。事業リスクの評価と管理手法の導入商品価格や為替の変動によるクライアント全社収益への影響を予測するための新たなリスク管理手法を導入しました。外部機関の予測、過去データを基にした将来シナ

汚職リスクに対する効果的なアプローチ

汚職リスクを定量的に評価し、万全な統制環境から企業の発展をもたらす多くの国で汚職に関する規制や監督官庁からの監視が強まっており、企業における汚職リスクへの対策が不可欠となっています。贈賄や汚職リスクをコントロールするには、SOX法への対応だけでは十分ではありません。このリスクに対して、PwCでは「Type of official interactions(公務員との関係性)」、「Industry(業界)」、「Geography(地理・地域性)」、「History(歴史)」、「Tone at th

PwCのレポートです。

グローバルにおける自動車部品サプライヤー業界の統合 2013年版

グローバルにおける自動車部品サプライヤー業界の統合 2013年版 PwCが2013年に世界的な773社の自動車部品サプライヤーを対象に、30の指標に基づき情報収集および分析を行った結果を要約した調査資料です。地域、規模別、分野別等のさまざまな観点から、サプライヤーの動向を分析し、2014年以降の業界動向を予測しています。主な内容2013年の自動車部品サプライヤーのM&A件数は減少が見込まれているものの、取引規模は増加が見込まれています。買収に積極的な北米のサプライヤーに対して、業績が不振

PwCのレポートです。

日系企業のグローバル化に関する共同研究

日系企業のグローバル化に関する共同研究‐新興国での成功への示唆に向けて‐ 本研究は、日本における戦略・組織マネジメント研究の第一人者であり、企業のグローバル化における諸課題について研究を進めている、慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 清水勝彦教授と、あらた監査法人およびプライスウォーターハウスクーパース株式会社が共同で実施したものです。海外展開で実績を有する業界大手の日系企業21社の海外事業担当役員へのインタビューを基に、グローバル化の進展度合いと課題について分析しています。本研究では、

インド投資ガイド2013年

PwCメンバーファームが発行する、世界各国・地域の税務最新情報およびビジネスガイドブックをご紹介します。 © 2004 - 2020 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of which is a separate legal entity. Please see www.pwc.com/structure for furth

PwCのレポートです。

Emerging Trends in Real Estate Asia Pacific 不動産の新しい動向 アジア太平洋

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 2020 不動産の新しい動向 アジア太平洋2020年版 本報告書は、PwCとアーバンランド・インスティテュート(ULI)とが共同発表している不動産動向調査報告書です。投資家、デベロッパー、不動産会社のトップ、金融機関、仲介業者、コンサルタントなど、国際的に著名な不動産専門家の見解に基づき、アジア太平洋地域における不動産投資と開発のトレンド、不動産金融・資本市場の状況、および不動産部門別・都市別の傾向

10Minutes‐グローバル・ビジネス・サービス(GBS)による価値の創造について

10Minutes‐グローバル・ビジネス・サービス(GBS)による価値の創造について グローバル先進企業が実現している「グローバル・ビジネス・サービス(GBS)」とは、経理、人事、ITといった単一機能別の業務プロセスの効率化やコスト削減にフォーカスした伝統的なシェアードサービスやアウトソーシングとは異なり、ビジネス戦略や顧客ニーズに合わせてEnd to Endで変革された業務プロセスやM&Aによる企業統合等に迅速に対応可能な組織の柔軟性を保持し、グローバルな事業拡大やイノベーションに貢献

都市と災害についてのPwCのレポートです。

レジリエントシティへの挑戦 災害に強くしなやかなインフラの構築に向けて

中長期的な企業価値を向上させるためのシナリオを提供CSV(Creating Shared Value)、すなわち経営トップ主導により、本来の事業活動に加えて、社会的価値も創造する経営手法がグローバルで主流となりつつあります。今後、企業の社会的評価は経営戦略にCSVがどのように反映されているかにより左右される時代となるでしょう。新興国の経済成長、気候変動、自然資源の逼迫など深刻化する環境問題や社会的問題のメガトレンドを見据えて事業活動と連動したサステナビリティ戦略を策定することにより、同業他社との

PwCのレポートです。

米国サイバー犯罪調査-2013における主要な発見事項-

米国サイバー犯罪調査‐2013における主要な発見事項‐ 危機感の欠如PwCが米国において実施した、サイバー犯罪調査2013によると、「サイバー犯罪の脅威が深刻になりつつあるにもかかわらず、組織のリーダー達の危機感は依然として希薄である。」という調査結果が導出されました。リーダー達の多くは、自社のサイバーセキュリティ体制を正確に把握しておらず、サイバー攻撃によってもたらされるさまざまなリスクを過小評価し、逆に知らず知らずのうちに攻撃に対する脆弱性を増大させてしまっていることさえあります。一

10Minutes:成長を促進する顧客デマンドの活用

プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、消費財企業、小売業者におけるデマンドチェーンの再構築、およびイノベーションによる需要促進を提案します。デマンドチェーンの強化に向けて、企業が統一する必要性のある5つの主要エリアについて説明するとともに、以下の仮説について各種調査から方向性を検討しています。自社のデマンドチェーンを理解し、責任者を決めることが重要な第一歩である。需要の促進とは、消費者と企業に関する膨大なデータの中に関連性を見出すことである。優れたデマンドチェーンはサプライチェーンと同

電力小売市場調査

コネクテッドホーム・スマートデバイス市場意識調査2018 PwCコンサルティングは、2018年8月、全国の一般家庭における消費者を対象に「コネクテッドホーム・スマートデバイス市場意識調査2018」を実施しました。本調査は、当社内の専門組織「電力・ガスシステム改革支援室」が今年初めて実施したもので、国内のコネクテッドホーム・スマートデバイス使用の実態と普及に向けた課題を分析しています。電力・ガスの小売自由化に伴い、電力・ガス事業会社間の顧客獲得競争が激化し、価格競争が限界を迎える中で、各社

PwCのレポートです。

中国開発フォーラム2013 調査報告書

中国という選択‐多国籍企業から見た投資環境‐中国開発フォーラム2013 調査報告書 多国籍企業は中国における投資機会をどう見据え、さらなる機会拡大に向けて中国政府にいかなる変更を求めているのでしょうか。PwCでは多国籍企業227社の最高経営責任者(CEO)から得た回答に基づく分析に加えて、11人のCEOとの詳細なインタビューを行いました。この数十年間における中国経済の発展は目覚ましく、今後4年のうちに購買力平価ベースで見た市場規模で米国を追い抜き、世界最大の市場になると見込まれています。

グローバルビジネスについてのレポートです。

Risk in review‐変革の時代におけるグローバルリスク

2013年Risk in Review調査:変革の時代におけるグローバルリスク 本レポートは、800名を超えるグローバル企業の経営幹部やリスクマネジャーを対象とした年次調査結果で、リスクが突然、素早く、広範囲に及んで発生する可能性がある今日の複雑かつ不確実な環境に対応するため、企業がリスク戦略や組織、分析手法をどのように見直しているかについて調査したものです。また、私たちの統計結果に経営者の見識やベストプラクティスを補足するため、数多くの金融業や製造業の上級経営幹部に対して詳細なインタビ

10Minutes‐サイバーセキュリティの厳しい現実‐

国家や企業を標的にしたサイバー攻撃が世界中で大きな社会問題となっています。これは、もはやITの問題ではなく、組織の存亡に関わる経営課題にほかなりません。特に、インターネットを介した企業間の連携や、事業活動のグローバル化が進んだ現代のビジネス社会では、問題がさらに複雑化しています。ひとたび、顧客情報や製品情報等の機密情報が盗難されたり漏えいしたりすると、組織が受けるダメージは計り知れません。このような中、PwCは、サイバー攻撃から効果的に情報資産を保護するアプローチを提言します。 © 200

PwCによるレポートです。

シェールオイル ‐次世代エネルギー革命‐

全世界における非常に多く埋蔵されているシェールオイルの潜在的な利用可能性とアクセス可能性、および国際石油価格の増加を制限するシェールオイルの生産量増加の潜在的な影響は、石油産業を超えて影響を与えます。世界レベルにおいては、長期的にはシェールオイルは世界経済を一新させ、エネルギー安全保障、独立性および価格によい影響を与えます。しかしながら、これらの利便性は地域および全世界におけるより広い環境目的に適合されるべきです。政策や規制において結果として生じる変化は、石油生産者や消費者に重要な連鎖反応をもた

ソフトウェア業界のランキング、レポートです。

グローバル100ソフトウェアリーダー‐ソフトウェア業界の動向に関する調査レポート‐

グローバル100ソフトウェアリーダー2013‐ソフトウェア業界の動向に関する調査レポート‐ クラウド、SaaS、モバイル分野の動向が、ソフトウェア産業のビジネスモデルの変革に影響グローバル100ソフトウェア・リーダー・レポート(Global 100 Software Leaders Report)は、ソフトウェア業界をリードする企業およびそれら企業・業界全体の動向を調査・分析し、その結果を取りまとめたレポートになります。2013年5月発行の本報告書では、新たに、SaaS(Software

M&Aについてのレポートです。

Power & Renewables Deals 2013年の展望と2012年のレビュー

2012年版(Power Deals~2012年の展望と2011年のレビュー)において記したとおり、近年の電力および再生可能エネルギーセクターでは、「ネットワーク資産(送配電網)」や「エネルギー消費の効率化につながる技術」をターゲットとするM&Aが多くみられるようになっています。また同市場の主たる投資家として、プライベートエクイティやインフラ投資ファンド、年金基金等の「金融投資家」、あるいは日本の商社や中国の電力会社などの「アジアの投資家」のプレゼンスが高まっています。一方で、化石燃料(とりわけ

PwCによるレポートです。

アジア地域におけるタレントマネジメントの動向調査

アジア地域におけるタレントマネジメントの動向調査 ‐グローバル化に苦しむ日本企業が今後どのような人材戦略をとるべきか、まずはアジアにおける現状を知る‐ PwCでは、タレントマネジメントに関する最新動向調査を、世界各地域で実施しており、本レポートは、そのアジア地域版となります。本調査によれば、調査に参加した約50%のCEOが、アジア地域の今後3年間の業績拡大の見通しについて、肯定的な意見を示している一方で、少子化問題に起因する労働力不足、優秀人材の報酬の高騰などの人材面に関わる課題について

紛争鉱物サーベイ結果~企業はどのように取り組んでいるのか

サステナビリティに関連するレポート、出版物、カタログなどを掲載しています。 © 2004 - 2020 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of which is a separate legal entity. Please see www.pwc.com/structure for further details.

CEO調査です。

第16回世界CEO意識調査

第23回世界CEO意識調査高まる不確実性の波を乗り切るPwCが世界のCEOを対象に実施した「第23回世界CEO意識調査」をもとに、日本のCEOと世界全体や他地域のCEOを比較した調査結果を報告します。 PwCは、2019年9月から10月にかけて「第23回世界CEO意識調査」を実施しました。世界83カ国の1,500名以上のCEO(うち、日本のCEOは139名)を対象に、今後12カ月の世界経済や企業の成長見通しについて伺っています。主な日本や世界の調査結果は以下のとおりです。 世界

企業のサプライチェーンについてのレポートです。

10Minutes サプライチェーンの柔軟性

ビジネス展開を考える上で、変化への柔軟な対応は、企業の生命線となります。グローバル進出を実現した多くの企業でも、需要と供給の変動に対して柔軟に対応できるサプライチェーンを構築できていません。この10Minutesでは、サプライチェーンを構築する上で必要な、柔軟性や俊敏性をより高める戦略について調査しています。 © 2004 - 2020 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more of

サプライチェーンについてのグローバル調査です。

グローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013

「グローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013」調査結果 9回目となる本調査では、あらゆる規模、業種にわたる企業から、欧州、北米、アジア地域の500を超えるサプライチェーン責任者を対象に、PwCが2012年5月~7月に調査を実施し、その結果をまとめたものです。本調査の結果から、以下の6つの知見が明らかになりました。 サプライチェーンを戦略的資産として認識している企業は、70%高い業績を達成しています。サプライチェーン先進企業は、最良の配送、コスト削減、柔軟性に注力し、ますます厳しくな

CEO対象の調査です。

人材マネジメント戦略への挑戦-従来にない卓越した指導力が求められる時代-

人材マネジメント戦略への挑戦‐従来にない卓越した指導力が求められる時代‐ PwC「第16回世界CEO意識調査」は、世界の企業のリーダーがこれまで同様に困難な市場の状況に直面していることを明らかにしました。向こう1年で世界経済が改善すると予想するCEOは5人に1人に過ぎず、70%のCEOがコスト削減を決意しています。市場間の差が顕著になる中で、CEOは、成長の速度が異なる世界市場の舵取りをしていかねばならず、人材の需給マッチに常に頭を悩ませています。そればかりでなく、あたかも彼らの取り組み

珍しいテーマでの調査です。

内部監査全世界実態調査2013 Reaching greater heights

内部監査全世界実態調査2013 Reaching greater heights~あなたの会社の内部監査部門は改善へ向けた準備ができていますか~ 内部監査部門がより多くの価値を組織にもたらす機会、そして要望が存在する。今回で第9回目となるPwCの内部監査全世界実態調査によると、企業がマーケットのボラティリティや複雑性を受け入れ、政治および法令規則上の変革を避けられない現状において、内部監査部門にとって真に有意義な方法で組織やビジネスに貢献できる機会があることが判明しました。一方で、調査に

PwCによる調査です。

電気自動車に関する調査報告書 2012年版

Charging forward‐電気自動車に関する調査報告書2012年版‐ PwCによる電気自動車(以下、EV)に関する調査報告書は、2011年4月版に続き2度目の発行となり、短期、中期、長期にわたってEVを成功に導く主要な要因について評価することを目的として作成されました。自動車、ユーティリティ、エネルギー、テクノロジー、政府、金融、教育の各セクターを代表する、34カ国200名以上が本調査に回答を寄せています。本調査報告書には、その中から選り抜いた結果をまとめ、EVの現在および将来の

医薬品業界についてのレポートです。

ファーマ2020:ビジョンから決断へ

医薬品業界は重要な転機に立たされています。優れた新薬の開発を支援、促進するツールが実用化され、製品への需要は増加し、自由貿易への障壁は低くなりつつあります。一方で製薬企業がこの機会を利用し、医療 保険支払者、医療従事者、患者により多くの価値をもたらすことを目論むと、経済的な、また業務オペレーション上の課題にも直面することになります。2020年の医薬品業界の様相を決定する要因の多くは既に目の前にあります。例えば、その時点で上市されているであろう製品の多くは既に開発パイプライン上に並んでいます。それ

インド投資ガイド-投資規制と税制2012年度

PwCメンバーファームが発行する、世界各国・地域の税務最新情報およびビジネスガイドブックをご紹介します。 © 2004 - Sun Sep 06 10:28:37 UTC 2020 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of which is a separate legal entity. Please see www.pwc

2050年の予測です。やはりBRICsが目立ちます。

2050年の世界(World in 2050)-BRICSsを超えて:その展望・課題・機会

2050年の世界(World in 2050)-BRICsを超えて:その展望・課題・機会 本調査レポートは、2050年にかけての主要国のGDP予測を行ったシリーズ「World in 2050」における最新版です。PwCが初めて発表した2006年版の「2050年の世界」では、調査対象国をG7(フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国、カナダ)とスペイン、オーストラリア、韓国、およびE7(ブラジル、ロシア、インド、中国、インドネシア、メキシコ、トルコ)の17カ国としていました。今回の「2

ランキングとしては、ニューヨーク、ロンドン、トロントとなっています。

世界の都市力比較 2012

「Cities of Opportunity – 世界の都市力比較 2012」日本語版(抜粋) 本レポートは、2012年10月にPwCが米国Partnership for New York Cityと共同で発表しました年次レポート「Cities of Opportunity – 世界の都市力比較 2012」※を抜粋し、翻訳したものです。世界の産業・金融・文化の中心となる27都市について、都市を活性化する主要素(都市力)を分析することで、傾向や特徴を把握し、都市の成長や回復に貢献することを

グローバルでの調査です。日本についての切り出しもあります。

グローバル情報セキュリティ調査 2013

「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。企業のCEO、CFO、CIO、CSO、IT・情報セキュリティ部門の責任者からデータを収集し、企業の情報セキュリティに関する問題意識、投資動向、対策などについて統計的分析を行った上で、トレンドや企業の規模、業種、地域ごとの特徴を明らかにしています。2013年のレポートには、グローバルでの調査結果を踏まえて、日本企業

不動産市況の新しい動向 アジア太平洋2013年

Emerging Trends in Real Estate® Asia Pacific 2013 不動産市況の新しい動向 アジア太平洋2013年(日本語版) 日本を含むアジア太平洋地域における不動産投資、不動産開発および金融市場の2013年の展望について、400名を超える方にインタビュー・アンケートを行い、アーバンランド・インスティテュート(ULI)とPwCが共同報告書としてとりまとめを行いました。なお、米国(含むカナダ、ラテンアメリカ)での同様の調査であるEmerging Trend

グローバルでのCEO調査です。

第16回 世界CEO意識調査

プレスリリースPwC Japanグループの動向をプレスルームからお届けします。 © 2004 - 2019 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of which is a separate legal entity. Please see www.pwc.com/structure for further detail

企業の役員およびその報酬についての調査です。

役員報酬サーベイ2012

プレスリリースPwC Japanグループの動向をプレスルームからお届けします。 © 2004 - 2019 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of which is a separate legal entity. Please see www.pwc.com/structure for further detail

PwCによる国際調査です。

震災後の日本に関する世界CEO意識調査

プレスリリースPwC Japanグループの動向をプレスルームからお届けします。 © 2004 - Fri Dec 06 18:01:52 UTC 2019 PwC. All rights reserved. PwC refers to the PwC network and/or one or more of its member firms, each of which is a separate legal entity. Please see www.pwc.com/stru

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

お知らせ