「sns」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年7月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年6月度) ファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜く

ファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜く モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2019年6月度)ファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜くクラウドゲームを10代の半数以上が認知調査結果サマリーファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜く スマートフォン利用者に、「流行のファッション情報」を調べる際に使うサービスを聞いたところ「Instagram」が29.4%と最も多く、「Google」の28.3%を上回りました。2016年

2019年3月26日エノテカ★フィードバック数:0大型消費/投資

現代のお花見事情に関する調査

【現代のお花見事情に関する調査】46.8%が「お花見女子会」... 【現代のお花見事情に関する調査】 46.8%が「お花見女子会」に参加20代女性はSNS映えを重視する傾向エノテカ株式会社(本社:東京都港区、社長:黒木 誠也)では、桜開花が間近に迫るこの時期に、今春、お花見に行きたいと考えている全国の20歳以上の女性400人を対象に、お花見の楽しみ方、飲みたいお酒、お花見スポットの探し方などお花見事情について、アンケート調査を行いました。<主な調査結果>1. 46.8%がお花見女子会に参加

「SNSでの出会い」に関するアンケート調査

SNSで出会う時代? 「SNSでつながった知らない人と実際に会ったことがある」20代36.3% ~SNSで知り合った相手と実際に会ったその後「交流は続いている」40代50.4%~ Vol.125 QOM総研 「SNSでの出会い」に関するアンケート調査 婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、https://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、20~29歳、40~49歳の独身男女2,

「恋愛観」に関するアンケート調査

気になる相手とSNSで気軽につながれない57.6% ~恋愛に努力は必要?恋愛が得意な人、苦手な人それぞれの恋愛事情~ Vol.124 QOM総研 「恋愛観」に関するアンケート調査 婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、https://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、20~39歳の独身男女300人に対して「恋愛観」に関するアンケート調査を実施いたしました。<調査背景>すぐに誰か

2019年1月31日ジャストシステム★★フィードバック数:0マーケティング

2018年、最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」

Eコマース&アプリコマース月次定点調査 2018年総集編2018年、最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」スマートフォンからのEC利用は、約6割が「アプリ」調査結果サマリー2018年、最も利用が伸びたECアプリは「ZOZOTOWN」で昨年の1.6倍に 主要なECアプリのなかで、特に利用している人の割合が増えたのは「ZOZOTOWN」で、14.4%(2017年4月度調査)から22.6%(2018年12月度調査)と、約1.6倍に増加しました。10代に限って見ても、「ZOZOTOWN」の利用

2019年1月29日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「Instagram」利用率は3割超。認知率は9割超

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 2018年度総集編「Instagram」利用率は3割超。認知率は9割超「LINE」「Twitter」の利用率が3年前比で増加。「Facebook」は微減調査結果サマリー「Instagram」利用率は3割超。認知率は9割超 「Instagram」の利用率は、年間を通して3割強で推移し、2018年12月度調査では32.9%でしたが、2015年12月度調査(13.4%)と比較すると、この3年間で2倍以上、利用率が伸びたことがわかりました。認知率※2は、2015

2019年1月18日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

派遣経験者に聞いた「派遣で働く際に知りたい情報」調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース派遣経験者に聞いた「派遣で働く際に知りたい情報」調査 トップ3は「給与」「仕事内容」「勤務地」。気になる情報は派遣会社に確認、20代はSNSも活用。ー『エン派遣』ユーザーアンケート集計結果ー 派遣経験者に聞いた「派遣で働く際に知りたい情報」調査ー『エン派遣』ユーザーアンケートー トップ3は「給与」「仕事内容」「勤務地」。気になる情報は派遣会社に確認、20代はSNSも活用。 人材

2019年1月18日セコムフィードバック数:0社会/政治

日本人の不安に関する意識調査

第7回「日本人の不安に関する意識調査」 7年連続で7割以上が「最近不安を感じている」と回答 自然災害への不安が増加する一方、約6割が対策を実施せず同時実施の女性への調査では経験した被害として「ネット・SNSのトラブル」が「痴漢」に次ぐ2位に セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、12月3日~5日に、20代以上男女(20-29歳、30-39歳、40-49歳、50-59歳、60歳以上/男女各50名の計500名)を対象に、「日本人の不安に関する意識調査」を実施しました。本調査は、高齢

2019年1月16日オレンジページフィードバック数:0マーケティング

食品や飲料、お酒などの「お取り寄せ」について調査

お取り寄せしたことのある人、68.8%人気No.1は「洋... お取り寄せしたことのある人、68.8%人気No.1は「洋菓子・スイーツ・アイス」スマホ派はSNSを見て、「即買い」する傾向あり!?「オレンジページくらし予報」では、国内在住の成人女性を対象に、食品や飲料、お酒などの「お取り寄せ」について調査を実施しました。「今までにお取り寄せをしたことがある」と回答したのは全体の68.8%。取り寄せた品物は、「洋菓子・スイーツ・アイス」が69.6%と圧倒的な人気でした。スマートフォンやパソコン

2019年1月7日オーネットフィードバック数:0大型消費/投資

2019年「新成人の恋愛・結婚に関する意識調査」

2019年 「新成人の恋愛・結婚に関する意識調査」2019年 「新成人の恋愛・結婚に関する意識調査」新成人の恋愛・結婚に関する意識は、3年連続で回復トレンドを継続! 「今後異性と積極的に交際したい」新成人の割合が5割を超え3年連続増加傾向に! 新成人の約8割が「結婚したい」、うち「20代前半で結婚を望む」割合が10%増加!結婚相手紹介サービスを提供する株式会社オーネット(本社:東京都世田谷区 代表取締役社長:森谷学)は、2019年に成人式を迎える新成人618名(男女各309名)に対して、「恋愛・

2018年12月27日NTTドコモフィードバック数:0社会/政治

防災レポート第8弾災害情報をSNSで収集する半数はその情報を信用できない

防災レポート第8弾災害情報をSNSで収集する半数はその情報を信用できない

2018年12月4日リスキーブランドフィードバック数:0マーケティング

SNSユーザー動向

1-9-4 Ebisu-Minami, Shibuya-ku,Tokyo 150-0022 JapanTEL: 03-5720-5280info@riskybrand.com主要SNSアクティブユーザーの推移(2011-2018)とユーザー特性を分析October 24, 2018連絡用途のポジションを築いたLINE、シニシズム/冷笑主義の社会トレンドをつかんだTwitter、Instagramが伸長。Facebookは若者からの支持を失い失速。 リスキーブランドが実施する生活意識調査MINDV

2018年11月22日結婚あした研究所フィードバック数:0大型消費/投資

「初恋」に関する調査

結婚の“今”と“未来”を考えるメディア「結婚あした研究所 by Wedding Park」は、恋愛から結婚、結婚式、夫婦関係、さらに、ブライダルのお仕事や業界情報まで、結婚にまつわるあらゆる情報を発信します。 ホームResearch女性の約7割が「初恋は“平成イチの大恋愛”」と回答~「初恋相手として出会いたかった」男性俳優ランキング 1位:松坂桃李~ 女性の約7割が「初恋は“平成イチの大恋愛”」と回答~「初恋相手として出会いたかった」男性俳優ランキング 1位:松坂桃李~ 20代~30代の女性3

2018年11月19日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2018年9月度)

Instagramの機能「ストーリーズ」利用率が、10代は1.8倍に増加 動画&動画広告 月次定点調査(2018年9月度)Instagramの機能「ストーリーズ」利用率が、10代は1.8倍に増加月額制動画配信サービスの利用率1位は、「Amazonプライム・ビデオ」調査結果サマリーInstagramの機能「ストーリーズ」利用率が、10代は1.8倍に増加Instagramを現在利用していると回答した人のうち、投稿した写真や動画が24時間で自動的に消える、Instagramの機能「ストーリーズ(Sto

2018年10月11日ニューアクションフィードバック数:0社会/政治

妊活に関するアンケート

「夫の協力」と「葉酸などの栄養摂取」が妊活を成功させるカギ。9割以上が夫と協力して成功を手に入れたと回答。先輩ママへの『妊活に関するアンケート調査』で分かった妊活成功の秘訣とは 妊活は夫婦の協力があってこそ!9割以上の妻が『夫は妊活に協力的』と回答! 株式会社ニューアクションは、全国20代~30代の既婚で出産経験のある女性に『妊活に関するアンケート』を行い、結婚・妊娠・出産を経験した女性たちがどのようにして妊活を成功させたのかを調査しました。 今年の始めにある夫婦の妊活を描いたドラマが話題にな

2018年10月4日コズレフィードバック数:0社会/政治

年賀状に関する調査

子育て世代の年賀状事情は?伝統的コミュニケーションにはSNSに負けない根強いニーズ!?【はじめに】子どもが生まれた後、子育て世代による年賀状送付の実態に変化はあるのだろうか。SNSで日常的にお互いの近況を知ることができる現在のママパパたちにとって、年賀状への意欲はどのように変化するのか(しないのか)。また、子どもがいない層との差がそこにはあるのだろうか。そこで、本レポートでは「年賀状」に関し調査を行った。【調査】弊社コズレ子育てマーケティング研究所では、2018年8月28日から2018年9月3日

2018年8月27日マクロミル★フィードバック数:0マーケティング

シニア世代1,000人にSNSの利用状況を大調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2018年8月16日テスティーラボフィードバック数:0モバイル

女子大生のカメラ&加工アプリに関する調査

【College Now】女子大生のカメラ&加工アプリに関する調査 2018/07/18 2018/08/10【女子大生対象】写真&加工アプリ関する調査TesTee Lab × マイナビ学生の窓口 コラボ調査企画第2弾!最近の若者にスポットをあてた若年層リサーチ結果を発信する『TesTee Lab!』と大学生総合情報サイト『マイナビ学生の窓口』のコラボ企画『College now』(カレッジナウ)。第2弾となる今回は、女子大学生(以下、女子大生)503名を対象に、カメラ&加工アプリについてのアン

2018年8月2日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画SNSの「Tik Tok」を、10代の7割以上が認知

動画SNSの「Tik Tok」を、10代の7割以上が認知 動画&動画広告 月次定点調査(2018年6月度)動画SNSの「Tik Tok」を、10代の7割以上が認知「YouTube」の動画広告に悪印象を持つ人は、4年前より減少調査結果サマリー動画SNSの「Tik Tok」、10代の認知率で「YouTube」「ツイキャス」に次いで3位動画を投稿したり、視聴したりできる動画専用SNSの利用状況を、スマートフォンユーザーに聞いたところ、「YouTube」の認知率が81.1%とずば抜けて高く、それ以外はい

2018年7月4日モバーシャルフィードバック数:0マーケティング

スマートフォンのタテ向き視聴者が大きく増加、横向き視聴者は大きく減少!SNSのタイムラインをきっかけに動画を視聴する人が3倍近く増加『モバーシャル調査』

スマートフォンのタテ向き視聴者が大きく増加、横向き視聴者は大きく減少!SNSのタイムラインをきっかけに動画を視聴する人が3倍近く増加『モバーシャル調査』スマートフォンのタテ向き視聴者が大きく増加、横向き視聴者は大きく減少!SNSのタイムラインをきっかけに動画を視聴する人が3倍近く増加『モバーシャル調査』 モバーシャル調査2018年5月1日〜5月29日まで、20代〜50代の男女700名に対してアンケート調査を実施しました。調査の結果、スマホを「タテ向きのみ」にして動画視聴する人が32.6%(前回:

2018年7月4日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「SNSに週1回以上、動画投稿する」10代が、前年比で1.6倍に

「SNSに週1回以上、動画投稿する」10代が、前年比で1.6倍に 動画&動画広告 月次定点調査(2018年5月度)「SNSに週1回以上、動画投稿する」10代が、前年比で1.6倍に60代の4割以上に「ライブ動画の視聴経験」あり。調査結果サマリー「SNSに週1回以上、動画投稿する」10代が、前年比で1.6倍に普段、SNSで動画コンテンツを視聴している人のうち、「自身でも動画コンテンツを投稿する」と答えた人の割合は31.2%でした※1。「自身でも動画コンテンツを投稿する」と答えた人に、その頻度を聞いた

2018年6月18日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

人気のダイエット方法は、1位「食べ順」、2位「糖質制限」

人気のダイエット方法は、1位「食べ順」、2位「糖質制限」 シニア世代が最も効果を感じているダイエットは「糖質制限」人気のダイエット方法は、1位「食べ順」、2位「糖質制限」最もつらかったダイエットは「運動・筋トレ系」調査結果サマリーシニア世代が最も効果を感じているダイエットは「糖質制限」最も効果を感じたダイエット方法は「ジョギング等有酸素運動系ダイエット」(12.9%)、次いで「糖質制限(または炭水化物抜き)ダイエット」(12.0%)でした。年代別にみると10代では「筋トレ系ダイエット」(21.3

EC サイトに関する調査

総合マーケティング支援事業でお客様の仕事を“もっと”面白くする会社 独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート EC サイトに関する調査全国の 20 歳以上の直近 3 ヶ月以内にECサイトで商品を購入した 500 人に聞いた「EC サイトに関する調査」「メーカー公式ホームページ」は閲覧メイン?閲覧 と購入ともに多い EC サイトは「楽天市場」「Amazon」の 2 強! EC で購入後の SNS シェア経験は 17.0%にとどまる結果に 総合マーケティング支援を行なう株式会社ネ

2018年5月8日インターワイヤード★フィードバック数:0ビジネス

「朝の活動」に関するアンケート

● 朝活TOP3 ・ ・ ・ 定番のテレビ、新聞、SNS・インターネット ● 朝活をする理由 ・ ・ ・ 「習慣になっている」 37.4%インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「朝の活動」についてアンケートを行い、どんな朝活をしているかや、朝活をする理由、朝の活用方法などについてまとめました。調査は2018年3月7日〜3月23日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター3,725人から回答を得ています。 Tweet● 起床時間 ・ ・ ・ 平日 「午前6時台

2018年5月7日インターワイヤード★フィードバック数:0ライフスタイル

「朝の活動」に関するアンケート

● 朝活TOP3 ・ ・ ・ 定番のテレビ、新聞、SNS・インターネット ● 朝活をする理由 ・ ・ ・ 「習慣になっている」 37.4%インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「朝の活動」についてアンケートを行い、どんな朝活をしているかや、朝活をする理由、朝の活用方法などについてまとめました。調査は2018年3月7日〜3月23日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター3,725人から回答を得ています。 Tweet● 起床時間 ・ ・ ・ 平日 「午前6時台

2018年5月3日コロプラ★フィードバック数:0マーケティング

ニュース接触に関する調査結果

ニュースを知るためにどんなメディアを利用していますか? ニュース接触に関する調査結果スマートアンサーでは、スマートアンサーのユーザー22,001人を対象に、ニュースを知るためにどのようなメディアを利用しているか、どのようなニュースのジャンルをよく閲覧、視聴しているか、ニュース記事をSNSでシェアしたことがあるか、ニュース記事のコメント欄や掲示板でコメントしたことがあるかどうかなど、ニュース接触に関するアンケートを実施しました。 ニュースを知るために週に1回以上利用しているメディア: トップは「テ

2018年5月1日コロプラ★フィードバック数:0マーケティング

ニュース接触に関する調査結果

ニュースを知るためにどんなメディアを利用していますか? ニュース接触に関する調査結果スマートアンサーでは、スマートアンサーのユーザー22,001人を対象に、ニュースを知るためにどのようなメディアを利用しているか、どのようなニュースのジャンルをよく閲覧、視聴しているか、ニュース記事をSNSでシェアしたことがあるか、ニュース記事のコメント欄や掲示板でコメントしたことがあるかどうかなど、ニュース接触に関するアンケートを実施しました。 ニュースを知るために週に1回以上利用しているメディア: トップは「テ

2018年4月16日CURUCURUフィードバック数:0ライフスタイル

「妊活・不妊治療」に関する調査

口コミ・ランキングで知る妊活者専用SNS「妊活ボイス」では、「妊活・不妊治療」に関する調査を実施いたしました。 口コミ・ランキングで知る妊活者専用SNS「妊活ボイス」では、「妊活・不妊治療」に関する調査を実施いたしました。【主な調査結果】 〈1〉妊活中に退職や転職などを経験した人は3人に1人以上〈2〉正社員の半数以上は「妊活と仕事との両立が困難」と回答〈3〉最も多い退職・転職理由は「精神的負担が大きかった」で40.8%【背景】晩婚化や晩産化が進む日本において、不妊治療は身近な医療となってきました

2018年4月4日めちゃコミックフィードバック数:0マーケティング

10~30代のインスタ女子600人に徹底調査! まだ「インスタ映え」を気にしてる? 次に流行る「インスタ〇〇」は!?

10~30代のインスタ女子600人に徹底調査! まだ「インスタ映え」を気にしてる? 次に流行る「インスタ〇〇」は!? 更新日:2018/03/29 10:00友達とご飯やお茶に行っても、買い物に行っても、旅行に行っても、いつでもどこでもインスタグラムを開く女子たち。最新のインスタグラムの投稿事情について、10~30代のインスタ女子600人に徹底調査。「インスタ映え」を気にしつつ投稿し、いち早くインスタトレンドを取り入れようとインスタグラムを閲覧している様子でした。調査の最後には、インスタ映え意識

2018年4月3日産労総合研究所フィードバック数:0ビジネス

2018年度(平成30年度)新入社員のタイプ 「SNSを駆使するチームパシュートタイプ」

採用・社員教育ご担当者のための新入社員関連情報 2018年度(平成30年度)新入社員のタイプ「SNSを駆使するチームパシュートタイプ」 ―SNSを活用してグループの協力関係を作りスピーディーに活動―2018.03.26 発表人事労務分野の情報機関である産労総合研究所(代表・平盛之)は、このたび「2018年度(平成30年度)新入社員のタイプ」を発表しました。これは、企業の人事担当者、大学のキャリアセンター担当者などから成る「新社会人の採用・育成研究会」が、当所調査の「2018年度新卒者の採用・就

“聖地巡礼”デートに関する調査

デート中も“インスタ映え”意識|結婚相談所パートナーエージェント【成婚率No.1】vol.105デート中も“インスタ映え”意識 カップル3組中2組が経験アリ 〜“聖地巡礼”デートも人気、43.2%がアニメやドラマの舞台へ。そのうち40%は海外の“聖地巡礼”も〜成婚率にこだわる婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(証券コード:東証マザーズ6181、本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、http://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、20~39歳の独身

2018年3月13日Ryo-MA★フィードバック数:0マーケティング

ミレニアル世代が持つ、EC利用時のマイルール

【第4弾】20代男女、”興味”が左右するPRやAD表記へのアクション。〜ミレニアル世代が持つ、EC利用時のマイルール〜 スマホリサーチを得意とする株式会社テスティーでは「EC×若者」をキーワードに若年層調査・分析を実施し、若者の意識や消費行動を読み解きます。日々のサービス運営やマーケティングなどにおいて少しでも読者の皆様のお役に立てたら幸いです。【TOPICS】・購入検討している商品は「Web検索」、20代女性の4割は「SNS検索」・ミレニアル世代が持つ、EC利用時の「マイルール」・PR、広告

2018年3月5日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

40代女性も、EC利用時のデバイスが「スマホートフォン」にシフト

40代女性も、EC利用時のデバイスが「スマホートフォン」にシフト Eコマース&アプリコマース月次定点調査 2017年総集編40代女性も、EC利用時のデバイスが「スマホートフォン」にシフト利用者の4割超が「InstagramやTwitter上に購入ボタンがあったら使いたい」調査結果サマリー「Instagram」「Twitter」利用者の4割超が、SNS上に「商品購入ボタン」があったら使いたい 2017年9月度調査において、SNSを週1回以上利用する人に、それぞれのSNS上に商品購入ボタンが設置され

2018年2月21日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

親のための子どもスマホ“必修”講座 親世代とは違う!?イマドキ子どもたちのコミュニケーション事情

親世代とは違う!? イマドキ子どもたちのコミュニケーション事情 今では当たり前となっているインターネットやスマホなどのデジタルツール。親世代のみなさまの幼少期には、ここまで発展しておらず、ましてや子どもにとっては少し遠い存在だったはずです。しかし、今の子どもたちはいわゆる“デジタルネイティブ”と呼ばれる世代です。そのデジタルの発展に、時には親の方がついていけていない・・・ということもあるのではないでしょうか。今回、スマホを持っている12~18歳の1204人の子どもを対象にスマホに関する調査を実

2018年2月18日イードフィードバック数:0社会/政治

イマドキ高校生、親世代より「忙しい」…理由にギャップ

40代~50代の親世代の高校時代と比べて、現代の高校生の方が忙しいと感じていることが、河合塾マナビスの調査からわかった。勉強に時間を使っていることは共通していたが、そのほか高校生は趣味や動画サービスなどに時間をとられているなど、世代による変化がみられた。「昨今の高校生に関する調査」は2018年1月10日~12日に実施され、現役高校生を含む16歳~25歳250名と、40歳~59歳250名が対象。現役高校生は現在のこと、それ以外は高校時代のことを振り返り回答している。現役高校生に毎日忙しいと思ってい

2018年2月1日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

年末年始、最も動画コンテンツを視聴したのは「テレビ」で、「スマホ」を上回る

年末年始、最も動画コンテンツを視聴したのは「テレビ」で、「スマホ」を上回る 動画&動画広告 月次定点調査(2017年12月度)年末年始、最も動画コンテンツを視聴したのは「テレビ」で、「スマホ」を上回る動画配信サービスは「Amazonプライム・ビデオ」が利用率5割超えで首位調査結果サマリー年末年始に、最も動画コンテンツを視聴したのは「テレビ」で、「スマホ」を上回る2017年9月度調査において、最も長時間動画コンテンツ(テレビ番組を含む)を視聴したデバイスは「スマートフォン」(29.8%)で、「テレ

2018年1月26日MMDLaboフィードバック数:0マーケティング

現在利用しているSNS「Instagram」が29.7%、2016年12月より6.5ポイント増 20代の半数が利用

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 現在利用しているSNS「Instagram」が29.7%、2016年12月より6.5ポイント増 20代の半数が利用 現在利用しているSNS「Instagram」が29.7%、2016年12月より6.5ポイント増 20代の半数が利用 MMD研究所は、20歳~69歳の男女558人を対象に2017年12月22日~12月23日の期間で「2017年

2018年1月26日ライオンフィードバック数:0社会/政治

【『ストッパ』受験生実態調査】今年の受験生はチャレンジ精神旺盛で勉強家!増加する“親ストレス”に負けず、勉強にSNSを活用して奮闘!

【『ストッパ』受験生実態調査】今年の受験生はチャレンジ精神旺盛で勉強家!増加する“親ストレス”に負けず、勉強にSNSを活用して奮闘!

2018年1月25日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2017年11月度)

最もシェアされやすい動画SNSは「YouTube」。10代では「Twitter」「インスタ」も 動画&動画広告 月次定点調査(2017年11月度)最もシェアされやすい動画SNSは「YouTube」。10代では「Twitter」「インスタ」も動画専門メディアの利用率はいずれも1割未満。若年層ほど利用率が高い傾向調査結果サマリー最もシェアされやすい動画SNSは「YouTube」。10代では「Twitter」や「インスタ」も1週間に1回以上動画を視聴している人に、普段、動画コンテンツを視聴しているプラ

2018年1月24日N.D.Promotionフィードバック数:0マーケティング

2017年に本当に流行ったモノ・ヒトの人気ランキング

人気Youtuber・カメラアプリ他、現役女子中高生280人が選ぶ、「2017年の人気ランキング」を発表!【Nomdeplume(ノンデプルーム)】 ティーン向けメディア「Nomdeplume(ノンデプルーム)」は読者280名を対象に、現役JCJKの中で「2017年に本当に流行ったモノ・ヒトの人気ランキング」を発表いたしました。◼調査概要アンケート実施日:2017年12月11日対象者:中1〜高3までの女子学生 285名調査項目:コスメ・アパレルブランド、カメラアプリ、Youtuber、Abema

2018年1月17日simejiフィードバック数:0モバイル

Simeji 今年の顔文字大賞 2017

SNSを中心に拡大!「いいね」や返信スタンプの代用としても使用され、ハッシュタグにもなった今ドキの若者コミュニケーション事情を表した、『それな ( ᐛ )σ』が顔文字大賞を受賞!!『それな ( ᐛ )σ』が「Simeji 顔文字大賞 2017」に選ばれた理由としては、若者のスマホトークやSNSで多用されており、現代の若者を表している顔文字であるからです。『それな』という言葉自体は、2015年頃から女子高生の間で日常的に多用されるようになり、現代ではSNSなどのスマホでのコミュニケーションが日常化

恋活中の男女約1,000人が選んだ、2017年を表す「恋漢字」1位は「変」

お知らせ 恋活中の男女約1,000人が選んだ、2017年を表す「恋漢字」1位は「変」 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社マッチングエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:合田武広)は、趣味でつながる恋活サービス「タップル誕生」の利用者を対象に「2017年を表す恋漢字」に関するアンケートを実施し、以下のような結果となりましたので発表いたします。 ■第一位1位に輝いた今年の恋漢字は「変」。選ばれ

ママ友とのお付き合い、SNSで気をつけていることや困ったこと

話題趣味データキャッチアップママ友とのお付き合い、SNSで気をつけていることや困ったことデータキャッチアップVOL.27 有効サンプル数 471育児や日常生活の情報を発信したり、ママ友と交流をしたり、SNSはとても便利ではありますが、使い方によってはママ友とトラブルを起こしたり、負担になったりすることも。今回は、「SNSを使ったママ友とのお付き合い(リアル・非リアルとも)で、気をつけていること」や「トラブルなど困った経験」について、育児中のベビカムユーザーのみなさんに伺ってみました。 SNSを使

2017年12月26日スプリックスフィードバック数:0社会/政治

中学生男女が選ぶ『2017年 流行語』アンケート

スプリックス、中学生男女が選ぶ『2017年 流行語』アンケー...| スプリックス、中学生男女が選ぶ『2017年 流行語』 アンケート結果を公開SNSの“タイムライン型コミュニケーション”時代を反映「卍」「あーね」などSNSでの返信を意識した短ワードが上位にランクイン株式会社スプリックス(本部:東京都豊島区、以下 スプリックス)は、スプリックスの運営する個別指導塾『森塾』に通う中学生生徒を対象に「『2017年の流行語』に関するアンケート」を実施いたしました。株式会社スプリックス調べ「中高生

2017年12月26日クックパッド★フィードバック数:0ライフスタイル

2017年「食のトレンド大賞」

クックパッド株式会社は、2017年「食トレンド大賞」を選出しました。今回のトレンドは、クックパッドの検索データ分析ツール「たべみる」※1やクックパッドニュースのアクセス数などのデータをもとに、今年を代表するおうちごはんのトレンドキーワードを選出したものです。後半では、クックパッド編集部が予測する2018年の食トレンドもご紹介しています。2017年、もっとも注目を集めたのが、韓国で人気の料理「タッカルビ」です。鶏肉と野菜に甘辛い味噌を和え、鉄板で焼いたもの。そこにチーズをのせた「チーズタッカルビ」

SNSだけでつながっているママ友、いますか?

妊娠・出産・育児に関する総合情報サイト【ベビカム】 >>> SNSだけでつながっているママ友、いますか?SNSだけでつながっているママ友、いますか? 何かと話題になる「ママ友」。今回は、「SNSだけのママ友」について、育児中のベビカムユーザーのみなさんに伺ってみました。 リアルなママ友以外に、SNSだけでつながっているママ友がいますか?(回答数:471)「はい」と答えたのは、21.9%、約5人に一人が、SNS上だけのママ友がいるという結果に。SNSだけのママ友が一番多いSNSはどれですか?(回

2017年11月13日勝手にランキングフィードバック数:0キャリアとスキル

働くのは何故? 生きていくためとの回答多数!

>, , >働くのは何故? 生きていくためとの回答多数!「何故、人は働くのか……」皆さんは、このことを疑問に思ったことはありませんか?筆者はふとした時、(仕事中もたまに……)このことが脳裏によぎります。そもそも、皆さん働くことが好きなのでしょうか?今日は「働く」ということについて、皆さんの意見を見ていきたいと思います。日本人は仕事好き?2017年10月23日~10月25日に、全国の男女約28,000人にアンケートを通して回答して頂いた「働くことに関するアンケート」。まずは、皆さんが「働く」ことが

コンテンツファン消費行動調査2017

2017年10月13日 コンテンツファン消費行動調査は、近年企業のニーズが高まっているコンテンツを起点とした広告やビジネス設計の支援を行う専門チームである 「コンテンツビジネスラボ」が毎年独自に行っている生活者調査です。全国の15~69歳男女・計5,000名を対象に、エンタテインメントやスポーツなど計11カテゴリのコンテンツに対する消費行動の実態を把握したもので、2011年の発表以来、幅広い業種の企業やコンテンツホルダーにご活用頂いています。クラスター分析編本調査では、コンテンツに対する態度や情

2017年10月23日ferret★フィードバック数:0マーケティング

ミレニアル世代は何を考えてる?統計データから行動特性とニーズを読み解いてみよう

ミレニアル世代は何を考えてる?統計データから行動特性とニーズを読み解いてみようミレニアル世代は何を考えてる?統計データから行動特性とニーズを読み解いてみよう界隈では、2000年以降に成人になった人々の世代を「ミレニアル世代」と呼びます。「パソコンよりスマートフォンを利用している」「あまりモノを買いたがらない」などのイメージはありますが、ミレニアル世代には具体的にどのような特性があるのか、明確に理解している方は少ないのではないでしょうか。今回は、ミレニアル世代の価値観や特性を解説します。ミレニアル

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ