「value」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年8月19日ビデオリサーチ★フィードバック数:0マーケティング

第6回 M-VALUE(雑誌広告効果測定調査) 結果

ニュース 第6回 M-VALUE(雑誌広告効果測定調査) 結果リリース第6回 M-VALUE(雑誌広告効果測定調査) 株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、代表取締役社長:望月 渡)は、一般社団法人日本雑誌協会(理事長 鹿谷史明)及び一般社団法人日本雑誌広告協会(理事長 片桐隆雄)に協力し、2019年2月~4月に「雑誌広告効果測定調査」を実施しました。この度、その結果がまとまりましたのでお知らせいたします。 この調査は、雑誌広告に関して業界共通で利用できる客観的な基準値を整備・蓄積すること、また

2019年4月22日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2018年玩具の販売動向

27.03.2019 「2018年 玩具の販売動向」  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国の家電量販店、GMS、インターネット販売における2018年の玩具*1 販売動向を発表した。 【概要】・ 2018年の玩具は金額前年比3%増。基礎玩具・女児玩具・ゲーム分類がいずれも同6%増と成長をけん引・ クリスマス商戦はスロースタートながら後半に需要が盛り上がり、前年並みの販売を維持 【2018年の分類別販売動向】2018年の全国の家電量販店、GMS、インターネットにおける玩具販売は金額前年比3%

2019年3月12日GfKフィードバック数:0モバイル

2018年グローバルのスマートフォン販売動向

28.02.2019 「GfK調べ:2018年 グローバルのスマートフォン販売動向」- 販売金額は前年比5%増の5,220億ドル 2018年におけるグローバルのスマートフォン販売台数は前年比3%減の14億4,000万台となったが、販売金額は前年比5%増の5,220億ドルに拡大した。高価格帯製品の好調により平均価格が上昇し、金額規模を押し上げた。 ・高価格帯製品の成長がスマートフォン販売をけん引 2018年のスマートフォン販売における価格帯別の金額構成比をみると、ボリュームゾーンである中価格帯

2019年3月12日GfKフィードバック数:0マーケティング

2018年コンタクトレンズ市場動向

28.02.2019 「2018年 コンタクトレンズ市場動向」  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のコンタクトレンズ・メガネ専門店の販売実績データ等を基に、2018年におけるコンタクトレンズ市場の販売動向について発表した*1 。 【概要】・2018年のコンタクトレンズ小売市場は、金額前年比5%増の3,130億円・一箱当たりの税抜き平均価格は3,050円と、前年から3%上昇 【コンタクトレンズ小売市場】2018年のコンタクトレンズ小売市場の販売金額は前年比5%増の3,130億円となった(図

2019年2月19日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

第6回 M-VALUE(雑誌広告効果測定調査)

デジタルPRとプレスリリース配信info@digitalpr.jp受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) カスタマーサポートデスクは、新型コロナウイルス対策のため在宅対応につき、電話での対応を行っておりません。お問い合わせは info@digitalpr.jp までお願いいたします。運営会社からのお知らせはこちら第6回 M-VALUE(雑誌広告効果測定調査)実施のお知らせ株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:加藤 讓)は、一般社団法人日本雑誌協会(理事長:鹿谷 史明)及び一般社団法

2018年8月21日ビデオリサーチ★★フィードバック数:0マーケティング

第5回 M-VALUE(雑誌広告効果測定調査)

ニュース 第5回 M-VALUE(雑誌広告効果測定調査)結果リリース第5回 M-VALUE(雑誌広告効果測定調査)結果リリース株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、代表取締役社長:加藤 讓)は、一般社団法人 日本雑誌協会(理事長 鹿谷 史明)及び一般社団法人 日本雑誌広告協会(理事長 堀内 丸恵)に協力し、2018年2月~4月に「雑誌広告効果測定調査」を実施し、このたびその結果がまとまりましたので、お知らせいたします。この調査は、雑誌広告に関して業界共通で利用できる客観的な基準値を整備・蓄積する

2018年6月28日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

「乗用車用サンシェードに関する消費者調査」

13.06.2018 「乗用車用サンシェードに関する消費者調査」  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー約13,000名に対し、乗用車用サンシェードなどの日よけ用品に関するインターネット調査※を実施し、その結果を発表した。 【概要】・ドライバーのフロントガラス用サンシェード保有率は51%・フロントガラス用サンシェードに次いで保有率が高い乗用車用日よけ用品は「運転用サングラス」で49%・女性はフロント用サンシェード購入に際し、機能面やデザインを重視する傾向にある 【フロントガラス

2018年1月10日GfKフィードバック数:0ビジネス

「2017年度、企業の情報化投資に関する調査」 - 「働き方改革」、約半数の企業で着手済み

19.12.2017 「2017年度、企業の情報化投資に関する調査」 - 「働き方改革」、約半数の企業で着手済み  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国1,430事業所を対象に実施したインターネット調査※より、 情報化投資動向や「働き方改革」への取り組み状況、先端ソリューションの導入状況について発表した。 【概要】・情報化投資の2017年度見込みは「前年より増加」が42%と堅調・「働き方改革」への取り組みは約5割の企業で完了または進行中。大企業先行で浸透。・ビックデータの導入率は9%、AI・

2017年12月12日GfKフィードバック数:0デジタル家電

「2017年のミラーレス一眼カメラの販売動向」

18.10.2017 「2017年のミラーレス一眼カメラの販売動向」 GfKジャパン(東京:中野区)は、国内におけるミラーレス一眼カメラ(以下、ミラーレスカメラ)の販売動向を発表した※1。 【概要】・2017年1-9月におけるミラーレスカメラの販売数量は前年から1割弱の増加。・10万円以上のハイエンドモデルが数量構成比2割、金額構成比4割を占めるまでに拡大。 【ハイエンドモデルの好調により、販売金額は前年の3割増に】ミラーレスカメラの販売は2014年以降、縮小していたが、2017年1-9月は数

2017年12月4日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

「フィットネス機器販売動向」- EMS型および振動型の人気により市場が急成長

17.11.2017 「フィットネス機器販売動向」- EMS型および振動型の人気により市場が急成長  GfKジャパン(東京:中野区)は、家電量販店における家庭用フィットネス機器の販売動向について発表した※1。 【概要】・2017年1月~10月のフィットネス機器販売は数量ベースで前年同期の1.7倍、金額で2.1倍・低周波などのEMS型は、メーカー参入により約2倍と大きく伸長 【家庭用フィットネス機器の販売数は前年の1.7倍】家庭用フィットネス機器の販売が大きく拡大している。メーカーの参入と新形状

2017年11月17日GfK★フィードバック数:0ライフスタイル

GfKグローバル意識調査:食べ物を選ぶ際の重視点

02.11.2017 「GfKグローバル意識調査:食べ物を選ぶ際の重視点」 - 最も重視されているのは、「低糖」と「遺伝子組み換えでない」こと GfKは17カ国、23,000名のインターネットユーザーに対し、食べ物や飲み物を選ぶ際の重視点についての調査を実施し、その結果を発表しました。【概要】・グローバルでは、「無糖または糖分控えめであること」と「遺伝子組み換えでないこと」が最も重視される。・日本では、「遺伝子組み換えでないこと」と「塩分控えめであること」がトップ2に。 世界17カ国の23,0

2017年10月29日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2017-2018年シーズンにおける乗用車用冬タイヤの販売初動

13.10.2017 「2017-2018年シーズンにおける乗用車用冬タイヤの販売初動」- 初動は駆け込み需要で前年比1.6倍 GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品店、タイヤ専門店(メーカー系列を除く)、ガソリンスタンド、インターネットにおける乗用車用冬タイヤの販売動向*1 を発表した。 【概要】・値上げ前の特需により冬タイヤ商戦の初動(8月第1週~9月第4週)における販売本数は前年の1.6倍。・値上げ直前の8月第4週では前年の4.5倍を記録。【今季の冬タイヤ商戦初動と昨年の降雪

2017年8月11日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

第4回 M-VALUE(雑誌広告効果測定調査)

ニュース 第4回 M-VALUE(雑誌広告効果測定調査)結果リリース第4回 M-VALUE(雑誌広告効果測定調査)結果リリース株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、代表取締役社長:加藤 讓)は、一般社団法人 日本雑誌協会(理事長 鹿谷 史明)及び一般社団法人 日本雑誌広告協会(理事長 堀内 丸恵)に協力し、2017年2月~4月に「雑誌広告効果測定調査」を実施し、このたび その結果がまとまりましたので、お知らせいたします。この調査は、雑誌広告に関して業界共通で利用できる客観的な基準値を整備・蓄積す

2017年6月23日GfKフィードバック数:0デジタル家電

4Kテレビおよび有機ELテレビの販売動向

09.06.2017 「4Kテレビおよび有機ELテレビの販売動向」  GfKジャパン(東京:中野区)は、家電量販店、総合量販店、インターネット通販における4Kテレビ及び有機ELテレビの販売動向を発表した※1。 【概要】・2017年1-4月の4Kテレビ販売台数は前年比76%増と拡大が継続。・2017年通年では140万台を見込む。 【4Kテレビ市場の成長が継続】4Kテレビ販売は、2017年も好調に推移しており、1-4月では数量前年比76%増、金額前年比40%増となった。同期間のテレビ販売における4

2017年6月4日GfK★フィードバック数:0マーケティング

GfKグローバル意識調査:「お金vs時間」、「所有vs体験」 - グローバルの消費者は、時間と体験をより重視

26.05.2017 GfKグローバル意識調査:「お金vs時間」、「所有vs体験」 - グローバルの消費者は、時間と体験をより重視  GfKは17カ国、22,000名のインターネットユーザーに、「時間」と「お金」、および「所有」と「体験」のどちらを重視しているか調査し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは、お金より時間を重視する人は31%、お金を重視する人の3倍超に。・所有することより体験することを重視する人は44%、所有することを重視する人の11倍に。  世界17カ国の22,0

2017年3月4日GfK★フィードバック数:0大型消費/投資

GfKグローバル調査:車に対する重視点

28.02.2017 「GfKグローバル調査:車に対する重視点」 - 最新のドライビング・テクノロジーをとても重視するのは3人に1人  GfKは17カ国、22,000人に、車に対する重視点を尋ね、その結果を発表しました。 【概要】・グローバル(17カ国全体)では「安全性」、「信頼性」、「燃費」、「ランニングコスト」が重視される上位4項目。・最新のドライビング・テクノロジーを重視する人は36%。高所得者層では44%に。  GfKは世界17カ国の22,000名に対し、17の車に関する項目についてど

2016年12月19日GfKフィードバック数:0マーケティング

Anholt-GfK 国家ブランド指数 2016年

【ニュースリリース】新型コロナウイルス感染症COVID-19による消費者意識の変化 GfKは、新型コロナウイルス感染症COVID-19の蔓延による消費者の価値観や購買行動の変化を把握するため、4月から世界20か国で継続的な消費者意識調査を実施しており、日本の調査結果の一部をニュースリリースとして発表した。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による家電市場への影響とは? 無料ウェブセミナー「新型コロナウイルス感染拡大による家電市場の影響」を開催しています。足元の販売状況をより正確

2016年9月8日Syracuse Universityフィードバック数:0デジタル家電

The Evolution of Virtual Reality [Infographic]

The Evolution of Virtual Reality [Infographic]Virtual reality has the ability to not only mimic real life, but also to transport its users to another world. The term was popularized relatively recently, in 1987 by Jaron Lanier, but the technology tha

2016年5月18日GfKフィードバック数:0デジタル家電

ウェアラブル端末の販売動向および購入意向調査

13.05.2016 「ウェアラブル端末の販売動向および購入意向調査」  GfK ジャパン(東京:中野区)は、ウェアラブル端末※1の販売動向※2、および購入・利用実態調査※3の結果を発表した。 【概要】・2015年度のウェアラブル端末の販売台数は前年の1.8倍。高機能モデルの伸長により平均単価は5割上昇。・今後の購入は女性、中高齢者など幅広い層へ。 【ウェアラブル端末の販売数は前年比83%増 】2015年度(2015年4月~2016年3月)のウェアラブル端末販売は、参入メーカーと発売モデルの増

2016年4月14日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

グローバル買い物行動調査「GfK FutureBuy 2015」より 日本とグローバルの比較

11.04.2016 「グローバル買い物行動調査「GfK FutureBuy 2015」より 日本とグローバルの比較を発表」 インターネットからの購入経験、日本は高水準 GfKジャパン(所在地:東京都中野区)は消費者の買い物に対する考え方や行動を把握する「GfK FutureBuy※ 2015」調査の結果から、日本のインターネット購入状況と各国との比較を発表しました。 【概要】・日本において、過去半年で情報収集や購入をした人の内、インターネットでの購入経験が最も多かったサービス・製品は「おもち

2016年3月14日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

第3回M-VALUEの平均値による結果トピックス

ニュース 第3回 雑誌広告効果測定調査「M-VALUE(エム・バリュー)」 リリース第3回 雑誌広告効果測定調査「M-VALUE(エム・バリュー)」 リリース 株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、代表取締役社長:秋山 創一)は、一般社団法人日本雑誌協会(理事長 石﨑 孟)及び一般社団法人 日本雑誌広告協会(理事長 高橋 基陽)に協力し、2015年9月~11月に「雑誌広告効果測定調査」を実施し、このたびその結果がまとまりましたので、お知らせいたします。この調査は、雑誌広告に関して業界共通で利用で

2016年3月2日Brand Financeフィードバック数:0マーケティング

The World’s Most Powerful Brands 2016

· Disney is the world’s most powerful brand, thanks to Star Wars’ record-breaking success· Despite slowing sales, Apple is the world’s most valuable brand, up 14% to US$145.9 bn· VW brand value falls by US$12 billion following emissions scandal· 4 of

2015年8月26日GfKフィードバック数:0デジタル家電

デジタル製品の見た目の重要性に関するグローバル意識調査

【ニュースリリース】新型コロナウイルス感染症COVID-19による消費者意識の変化 GfKは、新型コロナウイルス感染症COVID-19の蔓延による消費者の価値観や購買行動の変化を把握するため、4月から世界20か国で継続的な消費者意識調査を実施しており、日本の調査結果の一部をニュースリリースとして発表した。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による家電市場への影響とは? 無料ウェブセミナー「新型コロナウイルス感染拡大による家電市場の影響」を開催しています。足元の販売状況をより正確

2015年6月14日Sporting Intelligenceフィードバック数:0エンタテインメント海外

Sommer pips Neuer and Buffon as best ‘Moneyball’ keeper as De Gea intrigue continues

Sommer pips Neuer and Buffon as best ‘Moneyball’ keeper as De Gea intrigue continues 11 June 2015Gianluigi Buffon demonstrated in the Champions League final last Saturday that age needn’t be an impediment to high-level performances by a goalkeeper. A

2015年3月6日GfK★フィードバック数:0エンタテインメント

市場データです。

2014年 ゴルフ用品市場動向

【ニュースリリース】新型コロナウイルス感染症COVID-19による消費者意識の変化 GfKは、新型コロナウイルス感染症COVID-19の蔓延による消費者の価値観や購買行動の変化を把握するため、4月から世界20か国で継続的な消費者意識調査を実施しており、日本の調査結果の一部をニュースリリースとして発表した。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)リソースセンター GfK Japanが販売実績調査・消費者調査に基づいて発信したCOVID-19関連情報をまとめたウェブサイト「COVID-

2015年3月3日ビデオリサーチ★フィードバック数:0マーケティング

雑誌広告の効果測定です。

第2回 雑誌広告効果測定調査 「M-VALUE(エム・バリュー)」

ニュース 第2回 雑誌広告効果測定調査 「M-VALUE(エム・バリュー)」リリース第2回 雑誌広告効果測定調査 「M-VALUE(エム・バリュー)」リリース ニュース お問い合わせ

2015年2月27日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2014年 ドライブレコーダー販売動向

【ニュースリリース】新型コロナウイルス感染症COVID-19による消費者意識の変化 GfKは、新型コロナウイルス感染症COVID-19の蔓延による消費者の価値観や購買行動の変化を把握するため、4月から世界20か国で継続的な消費者意識調査を実施しており、日本の調査結果の一部をニュースリリースとして発表した。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)リソースセンター GfK Japanが販売実績調査・消費者調査に基づいて発信したCOVID-19関連情報をまとめたウェブサイト「COVID-

2015年2月24日GfKフィードバック数:0モバイル

実店舗における携帯電話の使用調査

【ニュースリリース】新型コロナウイルス感染症COVID-19による消費者意識の変化 GfKは、新型コロナウイルス感染症COVID-19の蔓延による消費者の価値観や購買行動の変化を把握するため、4月から世界20か国で継続的な消費者意識調査を実施しており、日本の調査結果の一部をニュースリリースとして発表した。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)リソースセンター GfK Japanが販売実績調査・消費者調査に基づいて発信したCOVID-19関連情報をまとめたウェブサイト「COVID-

2014年12月28日GfKフィードバック数:0マーケティング海外

勃興するアジア中間層への意識調査

【ニュースリリース】新型コロナウイルス感染症COVID-19による消費者意識の変化 GfKは、新型コロナウイルス感染症COVID-19の蔓延による消費者の価値観や購買行動の変化を把握するため、4月から世界20か国で継続的な消費者意識調査を実施しており、日本の調査結果の一部をニュースリリースとして発表した。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による家電市場への影響とは? 無料ウェブセミナー「新型コロナウイルス感染拡大による家電市場の影響」を開催しています。足元の販売状況をより正確

2014年10月20日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

2014年度上半期の玩具販売動向

【ニュースリリース】新型コロナウイルス感染症COVID-19による消費者意識の変化 GfKは、新型コロナウイルス感染症COVID-19の蔓延による消費者の価値観や購買行動の変化を把握するため、4月から世界20か国で継続的な消費者意識調査を実施しており、日本の調査結果の一部をニュースリリースとして発表した。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)リソースセンター GfK Japanが販売実績調査・消費者調査に基づいて発信したCOVID-19関連情報をまとめたウェブサイト「COVID-

Extracting value‐投資専門家が鉱業会社による報告に求めているものは何か?‐

Extracting value‐投資専門家が鉱業会社による報告に求めているものは何か?‐ 世界の5つの市場の鉱業セクターをカバーする投資家やアナリストを対象として、「鉱業会社は効果的に業績に関する報告を行っているか」という観点でPwCが調査を実施しました。投資家やアナリストから得られた回答から、改善を望んでいる領域があることが分かりました。投資家やアナリストは、アニュアルレポートに代表される鉱業会社のコーポレートレポーティングを基本的には評価しています。また、コーポレートレポーティング

2014年5月22日Millward Brown★フィードバック数:0マーケティング海外

企業ブランドランキングです。

2014 BrandZ Top 100

The BrandZ Top 100 Most Valuable Global Brands 2020 have increased their total brand value by 6 percent, adding $277 billion over the past year to reach $5 trillion in total value. The global pandemic has impacted brands regardless of size or geograp

2014年4月13日Jiscフィードバック数:0マーケティング海外

The Value and Impact of Data Sharing and Curation

The Value and Impact of Data Sharing and Curation

2014年4月2日ビデオリサーチフィードバック数:0マーケティング

第1回 雑誌広告効果測定調査 「M-VALUE(エム・バリュー)」

ニュース 第1回 雑誌広告効果測定調査 「M-VALUE(エム・バリュー)」(商標出願中) リリース第1回 雑誌広告効果測定調査 「M-VALUE(エム・バリュー)」(商標出願中) リリースニュース お問い合わせ

2014年3月18日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2013年ゴルフウェア販売動向

【ニュースリリース】新型コロナウイルス感染症COVID-19による消費者意識の変化 GfKは、新型コロナウイルス感染症COVID-19の蔓延による消費者の価値観や購買行動の変化を把握するため、4月から世界20か国で継続的な消費者意識調査を実施しており、日本の調査結果の一部をニュースリリースとして発表した。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による家電市場への影響とは? 無料ウェブセミナー「新型コロナウイルス感染拡大による家電市場の影響」を開催しています。足元の販売状況をより正確

2014年3月14日GfKフィードバック数:0デジタル家電

主要家電製品の販売動向

【ニュースリリース】新型コロナウイルス感染症COVID-19による消費者意識の変化 GfKは、新型コロナウイルス感染症COVID-19の蔓延による消費者の価値観や購買行動の変化を把握するため、4月から世界20か国で継続的な消費者意識調査を実施しており、日本の調査結果の一部をニュースリリースとして発表した。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による家電市場への影響とは? 無料ウェブセミナー「新型コロナウイルス感染拡大による家電市場の影響」を開催しています。足元の販売状況をより正確

2014年1月16日GfKフィードバック数:0ライフスタイル

2013年の電動アシスト自転車の販売動向

【ニュースリリース】新型コロナウイルス感染症COVID-19による消費者意識の変化 GfKは、新型コロナウイルス感染症COVID-19の蔓延による消費者の価値観や購買行動の変化を把握するため、4月から世界20か国で継続的な消費者意識調査を実施しており、日本の調査結果の一部をニュースリリースとして発表した。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による家電市場への影響とは? 無料ウェブセミナー「新型コロナウイルス感染拡大による家電市場の影響」を開催しています。足元の販売状況をより正確

2013年12月17日GfKフィードバック数:0デジタル家電

2013年の薄型テレビ販売および市場展望

【ニュースリリース】新型コロナウイルス感染症COVID-19による消費者意識の変化 GfKは、新型コロナウイルス感染症COVID-19の蔓延による消費者の価値観や購買行動の変化を把握するため、4月から世界20か国で継続的な消費者意識調査を実施しており、日本の調査結果の一部をニュースリリースとして発表した。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による家電市場への影響とは? 無料ウェブセミナー「新型コロナウイルス感染拡大による家電市場の影響」を開催しています。足元の販売状況をより正確

2013年11月12日エリクソンフィードバック数:0モバイル海外

Ericsson Mobility Report: Global smartphone subscriptions to reach 5.6 billion by 2019

In this section Our vision and purpose Company facts Corporate governance Diversity and inclusion Empowering an intelligent, sustainable and connected world Sponsorships and donations Sourcing Ericsson Ventures Quality work Enterprise security Ericss

2013年11月4日GfKフィードバック数:0デジタル家電

コンパクトカメラの販売動向

【ニュースリリース】新型コロナウイルス感染症COVID-19による消費者意識の変化 GfKは、新型コロナウイルス感染症COVID-19の蔓延による消費者の価値観や購買行動の変化を把握するため、4月から世界20か国で継続的な消費者意識調査を実施しており、日本の調査結果の一部をニュースリリースとして発表した。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による家電市場への影響とは? 無料ウェブセミナー「新型コロナウイルス感染拡大による家電市場の影響」を開催しています。足元の販売状況をより正確

2011年5月10日Millward Brownフィードバック数:277マーケティング海外

BrandZ Rankings

With a total brand value of $134.3 billion, the 2020 BrandZ™ Top 50 Most Valuable Latin American Brands ranking features a range of industry sectors, from energy and healthcare companies to communications providers and airlines. The Latin American re

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ