調査のチカラ TOP > 分類一覧 > キャリアとスキル

キャリアとスキル | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2022年6月22日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

「企業の雇用施策に関するレポート(2022年版)」を発表

「企業の雇用施策に関するレポート(2022年版)」を発表 5割を超える企業が「新規採用者の賃上げを予定」「教育訓練費を増やす予定」と回答。人材投資への意欲は高く、賃上げ予定の水準は「前年度より10%以上」が最も多い株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:土屋芳明)は、全国の民間企業等を対象に、中途採用業務のうち「採用費用の管理・運用」に携わっている人事担当者を対象に実施した「企業の雇用施策に関するレポート(2022年版)」の結果を発表しました。―――――――――――――

2022年6月22日NEWONEフィードバック数:0キャリアとスキル

キャリア形成に影響を及ぼす行動とは?

キャリア形成に影響を及ぼす行動とは? ~仕事の満足度や管理職・転職の有無での違い~ 昨今、急速に変化する時代に伴い、「個人と組織」の関係性が大きく変化しています。組織はパーパスの発信や、成長機会の創出など「選ばれる組織作り」を、個人は「キャリアは与えてもらうものではなく、自ら築くもの」といった意識転換が必要となり、より対等な関係性を築くためのが増しています。本レポートでは、あらゆるビジネスパーソンが、自分らしい豊かなキャリアを主体的に築くための行動を「キャリアクラフト」とし、以下の6つの観点

2022年6月22日エイトレッドフィードバック数:0キャリアとスキル

大企業のバックオフィス勤務者約8割が3月~4月の組織改編・人事異動で「ストレス」を実感

> 大企業のバックオフィス勤務者約8割が3月〜4月の組織改編・人事異動で「ストレス」を実感 業務量が膨大となり、76.4%が残業増加大企業のバックオフィス勤務者約8割が3月〜4月の組織改編・人事異動で「ストレス」を実感 業務量が膨大となり、76.4%が残業増加 〜「業務マニュアルの整備」や「ペーパーレス化促進」に期待の声〜 業務手続きの電子化(ワークフローシステム)大手の株式会社エイトレッド(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:岡本 康広)は、3月決算4月新年度の会社で、2022年3月〜4月に組

2022年6月21日派遣サーチフィードバック数:0キャリアとスキル

派遣社員の時給交渉は成功しにくくなった!コロナ禍前後の派遣時給アンケート調査

派遣社員の時給交渉は成功しにくくなった!コロナ禍前後の派遣時給アンケート調査 時給交渉について派遣社員の皆様へアンケート調査を行いました。コロナ禍以降時給交渉したか?交渉は成功したか?時給の上り幅はいくらですか?について質問しました。コロナ前の2019年のアンケート結果とも対比しています。是非ご覧ください。 調査概要調査手法:派遣に関するインターネット調査対象者:派遣社員 n=250名性別:男性 83名 女性162名 答えたくない5名年齢: ~20代 72名、30代 95名、40代以上83名対

2022年6月20日アッテルフィードバック数:0キャリアとスキル

現在、採用面接をオンライン面接のみで行っている企業は5%未満

現在、採用面接をオンライン面接のみで行っている企業は5%未満。オンラインと対面面接を併用する企業の7割が”オンラインだけでは見抜けない”と回答 AI(機械学習)が採用候補者の入社後活躍・退職確率を予測する将来予測型ピープルアナリティクスサービス「アッテル(Attelu)」を展開する株式会社アッテル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:塚本 鋭)は、この度、人事・採用担当者300人を対象にインターネット調査を行い、採用時の面接に関する調査を行いました。その結果に関して、下記の通り発表いたします。 【

2022年6月17日ラフールフィードバック数:0キャリアとスキル

Z世代の約7割、「ウェルビーイング」が貢献意識や働きがいに繋がり、転職先選びの条件に

Z世代の約7割、「ウェルビーイング」が貢献意識や働きがいに繋がり、転職先選びの条件に 「多様な働き方の奨励」や「心理的安全性の確保」期待が高まる 「個人が変われば、 組織が変わる」組織改善サーベイ『ラフールサーベイ』を提供するメンタルデータテックの株式会社ラフール(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:結木啓太、代表取締役副社長:小梨明人、以下「ラフール」)は、従業員数1,000名以上の企業で勤めるZ世代109名に対し、「Z世代のウェルビーイング」に対する意識調査を実施いたしましたので、お知らせい

2022年6月7日レバテックフィードバック数:0キャリアとスキル

約7割のITエンジニア・クリエイターが副業を考えている

>> 約7割のITエンジニア・クリエイターが副業を考えている約7割のITエンジニア・クリエイターが副業を考えている1.約7割のITエンジニア・クリエイターが副業を考えていると回答約7割のITエンジニア・クリエイターが休日や業務時間後などの空いている時間に副業をしたいと考えていると回答しました。雇用形態別では、正社員(58.5%)とフリーランス(75.2%)、どちらも高い水準にあります。働き方改革の推進や新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、リモートワークが一般化したことにより、副業のニーズが高

2022年6月6日ジェイックフィードバック数:0キャリアとスキル

2022年度の教育研修 前年より増加予定が29%に対し、減少予定は7%

2022年度の教育研修 前年より増加予定が29%に対し、減少予定は7% 【教育研修に関する企業調査】全国200社以上の回答データを公開 企業向けの教育研修事業と若年層向けの就職支援事業を展開する株式会社ジェイック(所在地:東京都千代田区、代表取締役:佐藤剛志)は、インターネット調査により行った「2022年度 教育研修の実態と課題に関するアンケート」結果を公開しました。(有効回答:234社、調査日2022年3月25日-2022年4月27日)3年ぶりに緊急事態宣言・まん延防止等重点措置の発令が出ない

2022年6月2日NEXERフィードバック数:0キャリアとスキル

【職場でのストレス】働いている方のうち26.5%が「かなりストレスが溜まっている」

【職場でのストレス】働いている方のうち26.5%が「かなりストレスが溜まっている」 2022年6月14日職場でのストレスはありますか?働いていると、人間関係や仕事の悩み、労働時間などなど少なからずストレスに感じている方も多いのでは?では会社に勤めている方のうち、どれほどの方がどのような理由でストレスを抱えているのでしょうか。また、うまくストレスを発散できているのでしょうか。今回は会社に「役員」もしくは「従業員」として勤めている全国の男女1185人の方々に「職場でのストレス」についてアンケートを実

2022年6月1日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「退職を伝えるタイミング」実態調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース『エン転職』1万人アンケート(2022年5月) 「退職を伝えるタイミング」実態調査 上司・同僚・部下の困った辞め方、最多は「退職日が急すぎる」。 退職を伝えるタイミング、退職未経験者は『内定を得たタイミング』、 退職経験者は『退職を決意したタイミング』が最多。 『エン転職』1万人アンケート(2022年5月)「退職を伝えるタイミング」実態調査 上司・同僚・部下の困った辞め方、最多

【若手女性ITエンジニア、今後のキャリア展望は?】約7割が「キャリアアップ」に意欲、目的は「収入アップ」

【若手女性ITエンジニア、今後のキャリア展望は?】約7割が「キャリアアップ」に意欲、目的は「収入アップ」 キャリアアップ先は「開発エンジニア」が4割以上 〜開発エンジニアに次いで、「プロジェクトマネージャー」へも関心集まる〜社会インフラであるネットワークシステムの企画・設計・構築を行う、株式会社ブレイバンステクノロジーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山田和則)は、ITエンジニアとして働いている35歳までの女性かつ、ITエンジニア経験が5年未満の方103名を対象に、若手女性ITエンジニアの

2022年5月31日KindAgentフィードバック数:0キャリアとスキル

「農園型障害者雇用」に7割の障害者が否定的意見 「障害者雇用の実態調査」

「農園型障害者雇用」に7割の障害者が否定的意見 「障害者雇用の実態調査」結果発表 〜 障害者から見た「農福連携」と「農園型障害者雇用」の評価に明暗が〜 現在、障害者雇用を実施する企業で数多く見受けられるようになった「農園型障害者雇用」。一般的には国が推進する「農福連携」との違いも分かり辛いところですが、今回、「障害者雇用の実態調査」を行ったところ、障害当事者の7割が「農園型障害者雇用」に否定的な意見を持っている事が分かりました。以下、本アンケート調査の詳細な結果を記載致しましたのでぜひご覧くださ

2022年5月30日サイボウズフィードバック数:0キャリアとスキル

男性育児休業期間の理想と現実、 上司と取得希望者で大きなギャップ

2022.05.19男性育児休業期間の理想と現実、 上司と取得希望者で大きなギャップ企業や組織へ、チームワークや働き方改革のメソッドを提供するサイボウズ チームワーク総研では、上司2000人を対象に「男性育休」についての意識調査を行いました。同時に、将来、育児休業取得意向のある男性正社員/公務員の声も調べ、必要箇所で比較をしました。*図表中の設問文について:育休取得希望者本人のみへ向けた設問は青で記載《 調査概要 》 ◆調査目的:男性の育児休業取得や育児参加について、本人・職場ともに良い形を模索

2022年5月23日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

「2022年4月度 アルバイト・パート平均時給レポート」を発表

「2022年4月度 アルバイト・パート平均時給レポート」を発表 22年4月の全国平均時給は1,142円(前月1,142円、前年同月1,099円) 。[飲食・フード]の平均時給は前年同月比44円増加で過去最高に株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:土屋芳明)は、アルバイト募集時の平均時給データ(2022年4月度)を発表しました。本調査は、アルバイト・パート求人情報サイト『マイナビバイト』(https://baito.mynavi.jp/)に掲載された求人広告データを集計

2022年5月19日ASHIATOフィードバック数:0キャリアとスキル

人事担当者の78.3%が面接による人材の見極めは困難と回答「リファレンスチェックに関する意識・実態調査(人事担当者編)」

ニュースリリース掲載・配信 PRナビ企業の広報・PRを適正価格でサポート! リリースも無料掲載中PRナビ運営事務 平日10:00〜18:00 人事担当者の78.3%が面接による人材の見極めは困難と回答 ASHIATO(アシアト)調べ「リファレンスチェックに関する意識・実態調査(人事担当者編)」エン・ジャパン株式会社https://corp.en-japan.com/ 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営するリファレンスチェックサー

2022年5月13日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

「リクルートエージェント」における2022年1-3月期の「転職時の賃金変動状況

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘)が提供する転職支援サービス『リクルートエージェント』における2022年1−3月期の「転職時の賃金変動状況」を報告します。「転職時の賃金変動状況」では“転職者の賃金は転職前後でどのように変化しているのか”という点に着目し「前職と比べ賃金が明確に(1割以上)増加した転職者数の割合」の経年変化を観察していきます。 ※前職(転職前)の賃金は時間外労働等の「変動する割増賃金」を含む一方、転職後の賃金にはそれらが含まれないため「前職と比べ

早稲田大学柴田重信研究室・ベネッセ教育総合研究所 共同調査 「子どもの生活リズムと健康・学習習慣に関する調査」結果

調査・研究データ早稲田大学 理工学術院 柴田重信研究室ベネッセ教育総合研究所「子どもの生活リズムと健康・学習習慣に関する調査2021」 ※内容をご確認いただくためにはAdobe Readerが必要です。 調査内容コロナ禍によって家庭で過ごす時間が増え、子どもたちの生活習慣の乱れが心配されています。そのような環境下では、健康的な生活習慣(睡眠、運動、食事、適切なメディア利用など)の確立がとても重要です。それらは、学習習慣(学び続ける力)の醸成にも、大きな影響を与えると考えられます。本調査は、このよ

2022年5月9日エン・ジャパン★★フィードバック数:0キャリアとスキル

今後身につけたいITスキルや知識

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース学びを実践予定の社会人500名が回答!『今後身につけたいITスキルや知識』第1位は、データに関わる統計学的知識―『エン転職』『AMBI』『ミドルの転職』ユーザーアンケート―30代以下はマーケティングやプログラミングにも注目 学びを実践予定の社会人500名が回答!『今後身につけたいITスキルや知識』第1位は、データに関わる統計学的知識―『エン転職』『AMBI』『ミドルの転職』ユー

2022年5月6日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

Z世代の「結婚×働き方」

【はたらきかたラボ調査】第2回目のテーマは、結婚。Z世代の理想の結婚年齢は「25歳以上」で、理想の働き方は仕事も家庭も両方大切にする「共働き」。一方2割を超えるZ世代が「結婚願望がない」 株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:土屋芳明)が運営する総合転職情報サイト『マイナビ転職』(https://tenshoku.mynavi.jp/)と、Z世代(※)を対象としたシンクタンク組織『Z総研』の共同プロジェクト『はたらきかたラボ』では、Z世代の「結婚×働き方」について、

2022年4月26日アイティメディアフィードバック数:0キャリアとスキル

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2022年4月)

この連載について Tecgence(テックジェンス、外部リンク)は国内ICT企業向けに、競合テクノロジーの導入・解約情報データ(テクノグラフィック)を提供するサービスを運営しています。同サービスでは高精度のトラッキング技術で国内150万以上の企業のドメインを解析。海外および国産の1000以上のツールについて、各社がいつ導入開始し、いつ削除したかを特定します。これを基に当連載ではMarTech(マーケティングテクノロジー)にフォーカスし、関連製品の導入数ランキング(直近1カ月)を週替わりで紹介しま

長期休暇を活用した副業に関する意識調査実施

長期休暇中/長期休暇前後に集中する副業意欲時期問わず、副業前は、本業との両立が不安に副業人材マッチングサービス『lotsful』、長期休暇を活用した副業に関する意識調査実施総合人材サービス、パーソルグループのパーソルイノベーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:長井 利仁)が運営する副業人材マッチングサービス『(ロッツフル)』(https://lotsful.jp/)は、長期休暇を活用した副業に関する意識調査を全国のビジネスパーソン 人に実施しました。■調査結果✓副業開始タイミングは

2022年4月25日LASSIC?フィードバック数:0キャリアとスキル

テレワークによる家計への影響 2021年度版

テレワークによる家計への影響 2021年度版 2022年04月22日 2020年から急拡大したテレワーク。オフィスワークからテレワークへ移行を終え、ご家庭はもちろん、様々な場所で仕事ができる環境を整えた方も多いのではないでしょうか。そういった状況のなかで、在宅でお仕事をされているケースにおいては家計への影響はどのように変化したのでしょうか。そこで今回は前回2020年の調査データと比較をしながら、あらためてテレワークが家計へどれくらい影響を与えているのかを調査してみました。 電気代はやはり増えて

2022年4月12日ディスコフィードバック数:0キャリアとスキル

オンラインよりも対面型インターンシップに高い満足感~キャリタス就活2023 学生モニター調査(2022年4月)

オンラインよりも対面型インターンシップに高い満足感~キャリタス就活2023 学生モニター調査(2022年4月)

2023年入社希望者 就職ブランドランキング調査(前半)を発表

企業ブランド調査2022.04.04 2023年入社希望者 就職ブランドランキング調査(前半)を発表文化放送キャリアパートナーズ 就職情報研究所2023年春入社希望の「ブンナビ」会員 (現大学4年生、現大学院2年生) 文化放送キャリアパートナーズ運営の就職サイト「ブンナビ」上でのWebアンケート文化放送キャリアパートナーズ主催の就職イベント会場での紙・アプリアンケート文化放送キャリアパートナーズ就職雑誌&デジタルブック内QRコードアンケート*投票者1名が最大5票を有し、志望企業を1位から5位まで

2022年3月21日アイティメディアフィードバック数:0キャリアとスキル

「マクドナルド」「IKEA」「スタバ」他、ロシアからグローバルブランド続々撤退で現地雇用への影響は?

多くの国が、ロシアに対する制裁を始めています。エール大学経営大学院によると、330社以上がロシア市場での活動の撤退や停止を表明しています。事業の一部または一時的な停止に始まり、事務所の閉鎖、国外への永続的な撤退まで、その措置は多岐にわたります。50ものユニクロ店舗を展開するファーストリテイリングも、結果的に撤退の決断に至りました。世界的になじみ深い有名なブランド企業も歩調を合わせています。今週は、その撤退が与える現地労働者への影響についてデータで迫ってみましょう。(出典:Statista)12万

2022年3月18日ディスコフィードバック数:0キャリアとスキル

23卒学生の2月1日時点の就職意識調査

23卒学生の2月1日時点の就職意識調査 ~キャリタス就活2023 学生モニター調査(2022年2月)株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、2023年3月卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象に、2月1日時点での就職意識や就活準備状況について調査しました。(調査期間:2022年2月1日~7日、回答数:1,319人)<< 主な内容 >>1.就活解禁1カ月前の不安 ・・・図表1○「希望する企業から内定をもらえるか」76.1%、「内定をもらえるか」7

<非正規で働く女性>コロナ禍で学び直し・勉強を始めた人は2割「求職者支援制度」は半数以上が興味あり

コロナ禍で学び直し・勉強を始めた人は2割 「求職者支援制度」は半数以上が興味あり報道関係各位 プレスリリース株式会社mitoriz(旧:ソフトブレーン・フィールド株式会社)2022年2月15日コロナ禍で学び直し・勉強を始めた人は2割ーコロナ禍における学び直し/興味関心ーフィールド・クラウドソーシング事業を展開する株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)は、全国の主婦を中心とした万人を超える登録スタッフネットワークを活用し、営業支援(ラウンダー

2022年3月17日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

「週休3日制の意識調査」を発表

マイナビ転職、「週休3日制の意識調査」を発表 週休3日制、「収入が減るなら利用したくない」が約8割で、収入減少への不安が大きい。給料と休み、どちらかを選ぶとしたら、20代・30代は「休み」、40代・50代は「給料」株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:土屋芳明)が運営する総合転職情報サイト『マイナビ転職』(https://tenshoku.mynavi.jp/)は、正社員男女800名を対象に行った「週休3日制の意識調査」の結果を発表しました。本調査では、週休3日制の利

2022年3月8日5coreフィードバック数:0キャリアとスキル

退職理由を100人にアンケートしました

退職代行業者が現場のリアルをお届け!|退職代行オイトマが退職理由を100人にアンケートしました 20代から40代の退職代行利用者男女100名に対し、なぜ会社を辞めたのか?「退職理由」についてアンケート調査しました。 退職代行オイトマ( https://o-itoma.jp/ )の利用者100名に対して、「退職理由」についてアンケート調査しました。 【アンケート概要】今回のアンケートでは以下の内容で調査を実施いたしました。年齢:20代~50代性別:男女調査方法:退職代行オイトマのお客様にアンケート

2022年3月3日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

「マイナビ 人材ニーズ調査」を発表

2021年の採用実績は前年より減少。一方、2022年の採用予定は全雇用形態でいずれも増加に転じる。「70歳までの就業機会確保(改正高年齢者雇用安定法)」の努力義務に関して、対応を行った企業は6割以上株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:土屋芳明)は、人材採用に関して「採用実施」「手法選定」「雇用の決定」のいずれかの決裁権を持つ採用担当者(2,036名)を対象に調査した、「マイナビ 人材ニーズ調査」を発表しました。本調査は、今回で6回目となります。-----------

2022年3月2日クロスビットフィードバック数:0キャリアとスキル

【アルバイト雇用に関するアンケート調査】パートタイム労働者と店舗のシフトミスマッチの実態 ~定常的な人員不足を補う手段の必要性~

トップニュース【アルバイト雇用に関するアンケート調査】パートタイム労働者と店舗のシフトミスマッチの実態 〜定常的な人員不足を補う手段の必要性〜【アルバイト雇用に関するアンケート調査】パートタイム労働者と店舗のシフトミスマッチの実態 〜定常的な人員不足を補う手段の必要性〜デスクレスワーカー向けのヒューマンマネジメントプラットフォームを提供する株式会社クロスビット(東京都品川区、代表取締役社長 小久保 孝咲 、以下「クロスビット」)は、シフト管理DXツール「らくしふ」を導入する企業および、導入企業で

2022年2月28日パーソルキャリア★★フィードバック数:0キャリアとスキル

第3回”新しい時代に求められる営業職”に関する調査

ミッション / バリュー 事業・サービス 会社情報 採用情報 プレスルーム 転職サービス「doda」、「第3回”新しい時代に求められる営業職”に関する調査」を実施「インサイドセールス」「カスタマーサクセス」職の テレワークが可能な求人は3年間で約4倍に上昇 ~フリーワード検索ランキングでも上昇傾向に~パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda(デューダ)」(編集長:喜多 恭子)は、「第3回”新しい時代に求められる営業職”に関する調査」を行いましたので、結果をお知らせいたします。“新

2022年2月10日Webpiaフィードバック数:0キャリアとスキル

プログラミングスクールは無駄なのか?経験者の9割以上が目的を達成と回答

プログラミングスクールは無駄なのか?経験者の9割以上が目的を達成と回答 卒業生93人に聞いた|プログラミングスクール受講者の実態をアンケート調査 プログラミングメディア「Webpia」( https://webpia.jp/ )は、プログラミングスクールに通った方93名を対象に、プログラミングスクール経験者の実態調査を行いましたので、お知らせいたします。 ■ 93人のプログラミングスクール卒業生の中で、目的を達成できた人の割合→ 88.2%■ 最も受講者が多かったプログラミングスクール→ 侍エン

2022年2月9日シェアエックスフィードバック数:0キャリアとスキル

DX人材育成調査

【DX人材育成調査】82.2%の大企業の人事担当者が、DX時代の人材戦略として「リスキリング(DX人材育成)」が重要になると回答 〜大企業の人事担当者101名対象に「大企業人事の人材活用」に関する意識調査実施〜 リスキリング支援を提供するシェアエックス株式会社(本社:神奈川県茅ヶ崎市、代表取締役:中川亮、以下 シェアエックス)とオンライン学習プラットフォーム「UMU(ユーム)」を展開しているユームテクノロジージャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:松田しゅう平、以下、ユームテクノロジー)

2022年2月4日NEXERフィードバック数:0キャリアとスキル

【転職したことがある39%が経験!】転職先に入社してみて分かった「良い意味で想像と違った」実際のエピソードを紹介!

【転職したことがある39%が経験!】転職先に入社してみて分かった「良い意味で想像と違った」実際のエピソードを紹介! 2021年12月24日転職先で「想像と全然違う!」と思ったことはありますか?転職をして新しい会社で働いてみると、と感じることも少なくないのではないでしょうか?それがのであれば、その会社に入って良かった!と安心することが出来ますよね。では転職経験者のうち、どれほどの方が転職先で「良い意味で想像と違った」と思ったことがあるのでしょうか?今回は転職の経験がある全国の男女1619名の方々に

2022年2月1日Photosynthフィードバック数:0キャリアとスキル

オフィス出勤状況に関する調査レポート(2021年12月更新)を発表

オフィス出勤状況に関する調査レポート(2021年12月更新)を発表〜4度の緊急事態宣言を経た、東京や大阪、45道府県のオフィス出勤率の変化を調査〜株式会社Photosynth(東京都港区、代表取締役社長 河瀬航大、以下フォトシンス)は、全国の累計6,000社以上で導入されている「Akerun入退室管理システム」のIoTデータを活用し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響拡大に伴う日本政府による緊急事態宣などを経たオフィス出勤者数の推移に関する調査結果の更新版を発表しました。この調査

2022年1月28日ピースマインドフィードバック数:0キャリアとスキル

日本ではたらく外国人社員の従業員支援プログラム相談傾向分析調査2021

検索【調査分析】日本ではたらく外国人社員の従業員支援プログラム相談傾向分析調査2021~コロナ禍で相談件数の増加率は日本人社員の倍以上も~ 企業向けに『はたらくをよくする®』支援事業を展開するピースマインド株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荻原英人)は、今般のコロナ禍の長期化を踏まえ、近年増加している外国人社員が心身ともに健康的に働くためのポイントを明らかにする目的で、2021年度「日本ではたらく外国人社員の従業員支援プログラム相談傾向分析調査」を実施しました。 企業向けに『はたらく

2022年1月28日PLAN-Bフィードバック数:0キャリアとスキル

週休3日制に反対?賛成?正社員1000人に聞いてみた!

週休3日制に反対?賛成?正社員1000人に聞いてみた!「賛成」は51.8%という結果に近年、労働時間の長さや休日が少ないことが度々取り沙汰されており、2018年には「働き方改革」を推進するための法律も成立しました。それに伴い、政府は企業の週休3日制を普及するべく2021年6月に「経済財政運営と改革の基本方針2021」を閣議決定し、選択制週休3日制の導入を促しています。現在週休3日制を導入している企業は少なく(※3)、完全義務化の実現はまだまだ先ですが、働く側の人は週休3日制をどう思っているのでし

2022年1月26日全研本社フィードバック数:0キャリアとスキル

「留学保険」に関する意識調査

【留学経験のある子を持つ親を対象にアンケート】78.8%の親が海外留学前に「保険」に加入【留学経験のある子を持つ親を対象にアンケート】78.8%の親が海外留学前に「保険」に加入〜留学経験のある子を持つ親108名対象、「留学保険」に関する意識調査実施〜『グローバルスタディ海外留学センター』を運営する全研本社株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:林 順之亮、以下 全研本社)は、留学経験のある子を持つ親108名に対し、「留学保険」に関する意識調査を実施しましたので、発表いたします。調査概要:

地域別・働き方リサーチ ~第一弾:理想と現実編~

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。 リサーチ・市場調査ならネオマーケティング リサーチに関する市場調査レポート 全国の20歳~79歳の男女2100人に聞いた「地域別・働き方リサーチ ~第一弾:理想と現実編~」 「社外で業務をするためのシステムが無いから」出社している方、約30% 「テレワーク・リモートワーク」「在宅勤務」導入率、関東と東北で14~16ポイント差 全国の20歳~79歳の男女2100人に聞いた「地域別・働き方リサーチ ~第一弾:

2022年1月20日Daiフィードバック数:0キャリアとスキル

収入に関する意識調査

【収入に関する意識調査】2022年は40%超が収入アップに取り組みたいと回答。最も多い理由は「将来への不安」から 株式会社Dai(所在地:京都市中京区、代表取締役:木脇和政)が運営するフランチャイズビジネス情報サイト「フランチャイズWEBリポート」は、「収入アップの取り組み」に関するアンケート調査を実施したので、その結果をお知らせします。 2021年フランチャイズWEBリポートでは”働き方”に関する様々なアンケートを実施してきました。昨年より続くコロナ禍で働き方が大きく変化を続ける中、収入や

2022年1月20日トライトグループフィードバック数:0キャリアとスキル

介護・看護・保育職の給与実態調査

【介護・看護・保育職の給与実態調査】全体の55.9%が「給与引き上げ」の経済政策に期待、一方で期待しない人の約半数が「収入への反映が期待できない」と回答 ~すべての職種の半数が給与に不満、「業務量に見合っていない」が不満理由のトップに~医療・福祉分野等での⼈材紹介・派遣サービスを行うトライトグループ(本社:大阪府大阪市、東京本部:東京都千代田区、代表取締役CEO:笹井 英孝)は、この度、介護職・看護職・保育職男女計626名を対象に、「介護・看護・保育職の給与実態調査」を実施しました。 本調査から

2022年1月19日チームスピリットフィードバック数:0キャリアとスキル

大企業の中間管理職の約6割がコロナ禍で「マネジメントの難易度が上がった」と回答

大企業の中間管理職の約6割がコロナ禍で「マネジメントの難易度が上がった」と回答身体的負担・疲労感が増えた役職者は3割以上も ~メンバーとのコミュニケーション・相互理解の工夫に課題あり 企業の成長には役職者層の働き方の再定義が重要に~ 働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」シリーズを開発・提供する株式会社チームスピリット(代表取締役:荻島 浩司、 以下 チームスピリット)は、バーチャルシンクタンク「イノベーション総合研究所」の第2回目の調査として、全国の士業・コンサルタント業・エンジニ

2022年1月18日ToLicoフィードバック数:0キャリアとスキル

「子どものプログラミング学習」に関する調査

8割以上がプログラミングは将来役に立つと回答!大学受験も見据え、プログラミング教室への親の関心が高まる 7割以上が外部でプログラミングを学ぶ場があれば利用したいと回答 キッズ向けプログラミング教室『STUDY SPACE』(https://studyspace.jp/)を運営する株式会社ToLico(本社所在地:東京都品川区、代表取締役:大平 達也)は、小学生の子どもを持つ親を対象に、「子どものプログラミング学習」に関する調査を実施しました。 学習指導要領の改訂を受け、2020年に小学校での“

2022年1月14日白潟総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

Withコロナの就活、リアルとオンラインどちらが選ばれるのか

【Withコロナの就活、リアルとオンラインどちらが選ばれるのか】23卒就活生の53.2%が、会社説明会は「オンライン」を希望。一方、69.4%が最終面接は「リアル」を希望 〜23卒の就活生111名対象、「Withコロナの就職活動」に関する実態調査を実施~ 「中小ベンチャー企業の社長を元気にする!」ために人・組織づくりのコンサルティングを提供する白潟総合研究所株式会社(代表取締役社長:白潟 敏朗)は、23卒の就活生111名に対し、「Withコロナの就職活動」に関する実態調査を実施いたしましたので、

【社会人を対象にグローバル調査を実施】回答者の約8割がスキルアップの必要性を認識し、転職にも意欲示す

【ヘイズ 社会人を対象にグローバル調査を実施】回答者の約8割がスキルアップの必要性を認識し、転職にも意欲示す 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:グラント・トレンズ、以下ヘイズ)はこの度、世界各国の社会人を対象にグローバル調査を行いました。 この調査は、2021年12月8日から同月13日までの間、LinkedIn上で実施したものです。調査の結果、「キャリアで成功するために、2022年はスキルアップする必要がある

2021年12月27日クアルトリクス★★フィードバック数:0キャリアとスキル

「職場における孤立の実態調査」 結果を発表

従業員の孤立は エンゲージメントやパフォーマンスにマイナスの示唆クアルトリクスが埼玉大学宇田川准教授との共同研究 「職場における孤立の実態調査」 結果を発表 従業員の孤立は エンゲージメントやパフォーマンスにマイナスの示唆 <プレスリリース一覧に戻るクアルトリクスが埼玉大学宇田川准教授との共同研究 「職場における孤立の実態調査」 結果を発表【2021 年 12 月 22 日 東京発】 クアルトリクス合同会社 (本社:東京都千代田区、カントリーマネージャー:熊代 悟、以下 クアルトリクス) は、

グローバル企業のリモートワーク実態調査2021

外資系企業・グローバル企業の市況からキャリア形成まで、役立つ業界の最新情報が手に入るセミナー随時実施中! 最新ニュース インフォメーション すべて見る ブログへ戻る グローバル企業のリモートワーク実態調査2021 ​リモートワークを経て起きた良い変化、第1位は「社内システム・ワークフローのIT化」 エンゲージメント向上のために企業が注力したことは「上司と部下の1 on 1コミュニケーション」日本最大級のグローバル人材に特化した人材紹介会社 エンワールド・ジャパン株式会社(本社:東京都中央

2021年12月22日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

全国の20代から40代の正社員3,951人を対象にしたコロナ禍の転職に関する調査

全国の20代から40代の正社員3,951人を対象にしたコロナ禍の転職に関する調査 回答者の2人に1人がコロナ禍に転職活動をしたと回答 コロナ禍に転職活動をした正社員の9割以上が実際に転職した人財サービスのグローバルリーダーであるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎 健一郎、以下「アデコ」)人財紹介事業ブランドであるSpring転職エージェントは、この度、日本全国の20代から40代の正社員3,951人を対象に、コロナ

2021年12月21日Lboseフィードバック数:0キャリアとスキル

フリーランスの2人に1人が、「孤独を感じる」「メンタルヘルスに課題を感じる」と回答。

フリーランスの2人に1人が、「孤独を感じる」「メンタルヘルスに課題を感じる」と回答。 Lbose、フリーランスの健康に関する調査結果を発表 フリーランスを中心としたメンバー組成を行い、企業のデジタルプロダクト開発支援を行う株式会社Lbose(本社:熊本県熊本市、代表取締役:小谷草志)は、一都三県在住(東京、神奈川、千葉、埼玉)の、フリーランスを対象に「フリーランスの健康に関する調査」を行いました。 ■調査結果サマリー・2人に1人が、日々の仕事の中で「孤独を感じる」「メンタルヘルスに課題を感じる」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ