調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 大型消費/投資 > 2017年上半期の首都圏の新築戸建価格動向

2017年上半期の首都圏の新築戸建価格動向

2017 年 上半期の首都圏の新築戸建の価格動向■2017 上半期(1~6 月)における首都圏の新築戸建成約価格動向の主な特徴▽成約が最も多いのは3,000 万円台の物件、僅差で2,000 万円台が続く。エリア別では、一部に低価格志向が見られ、ユーザーニーズの分散も目立つ。▽成約物件の平均敷地面積は121.91 ㎡、前期比微減。東京23 区、横浜・川崎市では、購入価格を抑えるため敷地の狭い物件を選択。▽駅からの所要時間は、「徒歩20 分超・バス便」が32.5%で最多。駅近物件の成約が減少、立地を

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ