調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 製造業/エレクトロニクス > CFRPリサイクル技術の進展、そして次への展開を推察する!

CFRPリサイクル技術の進展、そして次への展開を推察する!

CFRPリサイクル技術の進展、そして次への展開を推察する!:知財コンサルタントが教える業界事情(14) CFRP素材普及の最大のネックともいえるリサイクル技術ではどの企業が優位? 航空・宇宙、自動車の次に各社が狙う市場も調査。 前回の「CFRPの知財マップ/炭素繊維で世界シェア7割を占める日本企業の知財勢力図は?」では、軽量化による環境負荷低減構造材料として、軽量・高剛性・高強度の炭素繊維強化樹脂(CFRP)が自動車用構造材料として注目されていることを紹介しました。 そこで今回は、航空機分野から

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ