調査のチカラ TOP > 分類一覧 > セキュリティ/ネットワーク > ブロードバンドサービスの地域別普及動向調査

ブロードバンドサービスの地域別普及動向調査

2011年度 ブロードバンドサービスの地域別普及動向調査 ■ 大都市圏75%・地方50%強と世帯普及率に大きな格差。■ 東北地方被災地復興のためブロードバンド環境整備振興策が重要。■ ブロードバンド加入者数は伸び悩み傾向だがWiMAX利用者は急増。■ KDDIグループの純増数がNTT東西に迫る勢い。 株式会社 ICT総研 (東京都千代田区)は6月10日、ブロードバンドサービスの地域別普及動向に関する調査結果をまとめた。この調査は、2011年4月から6月にかけて、全国のインターネットユーザー8

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ