調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > アイティメディア

「アイティメディア」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年9月17日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない

先日、PayPalによる国内スタートアップ「Paidy」の買収がニュースになったばかりですが、世界各地でFinTechが盛り上がりを見せています。 セネガルを拠点とするFinTech企業のWaveは、シリーズAラウンドで2億米ドルを調達し、アフリカ大陸で5番目のユニコーン企業となりました(うち1社はすでに米国で上場)。現在の評価額は17億米ドルで、アフリカを初のキャッシュレス大陸にするというミッションの下、金融インフラの構築を精力的に行っています。そのわずか2週間前にはナイジェリアのOPayがユ

2021年9月14日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年9月)

この連載について Tecgence(テックジェンス、外部リンク)は国内ICT企業向けに、競合テクノロジーの導入・解約情報データ(テクノグラフィック)を提供するサービスを運営しています。同サービスでは高精度のトラッキング技術で国内150万以上の企業のドメインを解析。海外および国産の1000以上のツールについて、各社がいつ導入開始し、いつ削除したかを特定します。これを基に当連載ではMarTech(マーケティングテクノロジー)にフォーカスし、関連製品の導入数ランキング(直近1カ月)を週替わりで紹介しま

2021年9月10日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

Appleが「App Store」の手数料改正にやっと着手――現状どれだけ“抜かれている”のか、まとめてみた

いまやアプリ数200万以上を誇る、Appleの「App Store」。その年間売り上げは720億ドルと、ライバルであるGoogleの「Google Play」を約2倍引き離しています。その独占的な立場から、アプリ開発者は好ましくない条件の数々を飲まされてきたのも事実です。ここに、いよいよメスが入ろうとしています。 米国のアプリ開発者がAppleを相手取って起こした集団訴訟の和解案の一環として、Appleは2021年8月28日、問題となっているApp Storeのポリシーに変更を加えることを発表(

2021年9月7日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年9月)

この連載について Tecgence(テックジェンス、外部リンク)は国内ICT企業向けに、競合テクノロジーの導入・解約情報データ(テクノグラフィック)を提供するサービスを運営しています。同サービスでは高精度のトラッキング技術で国内150万以上の企業のドメインを解析。海外および国産の1000以上のツールについて、各社がいつ導入開始し、いつ削除したかを特定します。これを基に当連載ではMarTech(マーケティングテクノロジー)にフォーカスし、関連製品の導入数ランキング(直近1カ月)を週替わりで紹介しま

2021年9月6日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

世界のゲーム市場はこれからも成長しか見えない

読者の皆さんは「ゲーム」という言葉で何を連想しますか。電子部品を使う「ゲーム機」に限るとその登場は1970年代にさかのぼります。一世を風靡(ふうび)した「スペースインベーダー」が祖となり、現在につながるゲーム産業と市場を作りました。駄菓子屋や喫茶店で小銭をつぎ込んだという人も多いことでしょう(私もその1人です)。 その後も、ゲームはアーケードや家庭用、ポータブル、PC、スマホ、サブスク形式と進化と発展を続けています。ゲームにはそれぞれの思い(思い出)があり、デバイスや消費スタイルこそ変化していま

2021年8月27日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

「ウオーターフットプリント」 最も大量の水を消費する食品は?

「カーボンフットプリント(炭素の足跡)」という言葉をご存じでしょうか。これは、特定の製品・サービスの環境負荷の度合いを原材料調達から生産、流通、廃棄・リサイクルに至るまでに排出される温室効果ガスの総量によって表す概念です。昨今ニュースで取り上げられることが増えているので、耳目に触れたことがある人も多いでしょう。 では、「ウオーターフットプリント」についてはいかがでしょうか。シャワーを浴びるときや食器を洗うときには水道代を気にしても、スーパーで買う食料品が製造過程でどれほどの水を消費してきたか、意

2021年8月24日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年8月)

この連載について Tecgence(テックジェンス、外部リンク)は国内ICT企業向けに、競合テクノロジーの導入・解約情報データ(テクノグラフィック)を提供するサービスを運営しています。同サービスでは高精度のトラッキング技術で国内150万以上の企業のドメインを解析。海外および国産の1000以上のツールについて、各社がいつ導入開始し、いつ削除したかを特定します。これを基に当連載ではMarTech(マーケティングテクノロジー)にフォーカスし、関連製品の導入数ランキング(直近1カ月)を週替わりで紹介しま

2021年8月20日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

Webサイト生誕30周年 その歴史と発展を振り返って

今から30年前の1991年8月6日、スイスのCERN(欧州原子核研究機構)の英国人物理学者のティム・バーナーズ=リーが、世界初のWebサイトを公開しました。1989年3月に同氏がWebの基本構想をCERNに提出してから、約2年半後のことでした。 このサイトは、World Wide Webプロジェクトに関して利用方法や技術情報について説明したものでした。httpやHTMLをはじめとし、現在でも使われるWebサイトの基礎がここで公にされたという点で非常に重要な内容です。その世界初のWebサイトのUR

2021年8月17日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年8月)

この連載について Tecgence(テックジェンス、外部リンク)は国内ICT企業向けに、競合テクノロジーの導入・解約情報データ(テクノグラフィック)を提供するサービスを運営しています。同サービスでは高精度のトラッキング技術で国内150万以上の企業のドメインを解析。海外および国産の1000以上のツールについて、各社がいつ導入開始し、いつ削除したかを特定します。これを基に当連載ではMarTech(マーケティングテクノロジー)にフォーカスし、関連製品の導入数ランキング(直近1カ月)を週替わりで紹介しま

2021年8月6日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

デジタル広告への寛容度 各国の実態は?

一人一人に合った広告が随時アプリやブラウザ上で表示されるデジタル広告は、いまや広告の主流となりつつあります。Zenithがリリースした「Advertising Expenditure Forecasts」の2021年7月版によると、2021年における世界の広告支出の58%をデジタル広告が占めることになるようです。日本でも2019年にデジタル広告がついにテレビ広告を抜き、2020年にはその差をさらに広げています。 しかし、デジタル広告も順風満帆ではありません。2021年春、プライバシー保護のトレン

2021年8月6日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年8月)

この連載について Tecgence(テックジェンス、外部リンク)は国内ICT企業向けに、競合テクノロジーの導入・解約情報データ(テクノグラフィック)を提供するサービスを運営しています。同サービスでは高精度のトラッキング技術で国内150万以上の企業のドメインを解析。海外および国産の1000以上のツールについて、各社がいつ導入開始し、いつ削除したかを特定します。これを基に当連載ではMarTech(マーケティングテクノロジー)にフォーカスし、関連製品の導入数ランキング(直近1カ月)を週替わりで紹介しま

2021年7月27日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)

この連載について Tecgence(テックジェンス、外部リンク)は国内ICT企業向けに、競合テクノロジーの導入・解約情報データ(テクノグラフィック)を提供するサービスを運営しています。同サービスでは高精度のトラッキング技術で国内150万以上の企業のドメインを解析。海外および国産の1000以上のツールについて、各社がいつ導入開始し、いつ削除したかを特定します。これを基に当連載ではMarTech(マーケティングテクノロジー)にフォーカスし、関連製品の導入数ランキング(直近1カ月)を週替わりで紹介しま

2021年7月20日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年7月)

この連載について Tecgence(テックジェンス、外部リンク)は国内ICT企業向けに、競合テクノロジーの導入・解約情報データ(テクノグラフィック)を提供するサービスを運営しています。同サービスでは高精度のトラッキング技術で国内150万以上の企業のドメインを解析。海外および国産の1000以上のツールについて、各社がいつ導入開始し、いつ削除したかを特定します。これを基に当連載ではMarTech(マーケティングテクノロジー)にフォーカスし、関連製品の導入数ランキング(直近1カ月)を週替わりで紹介しま

2021年7月16日アイティメディア★★フィードバック数:0ライフスタイル

フェイク商品の購入経験 国別の傾向は?

ラグジュアリーマーケットがピンチに陥っています。Statista Global Consumer Surveyによると、調査対象となった6カ国(米国、英国、ドイツ、フランス、イタリア、中国)において、回答者の約半数が、高級ジュエリーや高級時計などのアイテムへの支出が減ったと回答しています。背景にあるのはもちろん、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大。ロックダウンで店舗が閉鎖される一方、先行き不透明な経済状況の中で高額商品を買い控える心理が働く中においては、無理もないことではあります

2021年7月13日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年7月)

この連載について Tecgence(テックジェンス、外部リンク)は国内ICT企業向けに、競合テクノロジーの導入・解約情報データ(テクノグラフィック)を提供するサービスを運営しています。同サービスでは高精度のトラッキング技術で国内150万以上の企業のドメインを解析。海外および国産の1000以上のツールについて、各社がいつ導入開始し、いつ削除したかを特定します。これを基に当連載ではMarTech(マーケティングテクノロジー)にフォーカスし、関連製品の導入数ランキング(直近1カ月)を週替わりで紹介しま

2021年7月9日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

「妊夫」「指ハート」も登場予定 絵文字(Emoji)の進化史を振り返る

ほぼ週刊インフォグラフィックスへようこそ(^^)。筆者は通常のメールやチャットでも、いわゆる「顔文字」を割と使う方ですが、読者の皆さんはいかがですか? 「絵文字」(ピクセル描画された文字)の方がお好きですか😉?(※)※ご覧の環境によっては絵文字が表示されない場合があります。 絵文字をローマ字表記した「Emoji」は、いまやそのまま世界言語となっていますが、そのルーツは1995年、米国の非営利団体であるThe Unicode Consortiumが76種類の「ピクトグラム」を採用したことにさかのぼ

2021年7月6日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

「マーケティングオートメーション」 売れ筋TOP10(2021年7月)

この連載について Tecgence(テックジェンス、外部リンク)は国内ICT企業向けに、競合テクノロジーの導入・解約情報データ(テクノグラフィック)を提供するサービスを運営しています。同サービスでは高精度のトラッキング技術で国内150万以上の企業のドメインを解析。海外および国産の1000以上のツールについて、各社がいつ導入開始し、いつ削除したかを特定します。これを基に当連載ではMarTech(マーケティングテクノロジー)にフォーカスし、関連製品の導入数ランキング(直近1カ月)を週替わりで紹介しま

2021年7月2日アイティメディア★★フィードバック数:0ビジネス

「Zoom」快進撃 ステイホームが加速させた驚くべき成長の軌跡

コロナ禍を経てすっかり市民権を得たリモートワークや在宅勤務。Zoom Video Communications(以下、Zoom)のWeb会議ツール「Zoom」をはじめとする各種ビデオ会議ツールの恩恵により仕事がはかどっていることに疑いはありません。読者の皆さんは「いま、画面見えていますか?」と1日に何回言いますか。 Zoomといえばセキュリティへの懸念や中国当局との関係が問題視されたこともありますが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックがもたらした変化の中で、世界中の人々が

2021年6月25日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

インフルエンサーの影響度 国別ランキングで日本が最下位

世界で22億人の視聴者を持つYouTubeをはじめ、日々の世論形成から商品の認知向上や実際の購入に至るまで、今やソーシャルメディアが及ぼす影響は計り知れません。何かを購入する際の意思決定において、ソーシャルサークルの意見は重要な情報源となります。読者の皆さんはいかがですか。インフルエンサーをフォローしていますか。マーケターとして、インフルエンサーとコラボレーションをした経験はありますか。 世界56の国と地域を対象に実施したStatista のGlobal Consumer Surveyの調査結果

2021年6月22日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

「サイト内検索」ツール 国内売れ筋TOP10(2021年6月)

この連載について Tecgence(テックジェンス、外部リンク)は国内ICT企業向けに、競合テクノロジーの導入・解約情報データ(テクノグラフィック)を提供するサービスを運営しています。同サービスでは高精度のトラッキング技術で国内150万以上の企業のドメインを解析。海外および国産の1000以上のツールについて、各社がいつ導入開始し、いつ削除したかを特定します。これを基に当連載ではMarTech(マーケティングテクノロジー)にフォーカスし、関連製品の導入数ランキング(直近1カ月)を週替わりで紹介しま

2021年6月18日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

ほぼ週刊インフォグラフィックス:BTS効果でK-POP大躍進 世界の音楽市場の成長率推移はどうなっている?

2020年の音楽アーティストのYouTube再生回数ランキング(外部リンク/英語、以下同)において、堂々の1位を誇る62億回を記録したのがBTS(防弾少年団)。ビリー・アイリッシュやエド・シーランといった米国のメジャーアーティストの2倍以上をカウントし、今や名実ともに世界のトップスターとなりました。 彼らが所属するBig Hit Entertainmentの評価もうなぎ上りです。韓国の証券市場であるKOSDAQに株式上場を果たすと、その時価総額は一時1兆円を超えて日本のコンビニ大手ファミリーマー

2021年3月11日アイティメディア★フィードバック数:0マーケティング

バーチャルイベントシステムの裏側とその効果

フィジカルイベントの開催が困難になったことで、増加傾向にあるバーチャルイベント。参加したことがあるマーケターもいるだろう。近年ではPDFの閲覧やセミナー・動画の視聴だけでなく、さまざまな手段で参加者とのコミュニケーションができたり、フィジカルイベントとのハイブリッド版などさまざまな形態がでてきている。では、実際にどのような仕組みになっているのだろうか? また主催者や出展社は来場者情報をどのように管理しているのだろうか?本資料には、そのシステムの概要や機能、主催者・運営者が見ている来場者情報の閲覧

2021年3月11日アイティメディア★フィードバック数:0マーケティング

セミナー集客成功のためのコピーライティングの秘訣

実際のオンラインセミナー参加者のアンケート結果から、適切な時間や参加者の声を集約。また、実際に高い効果が得られたセミナー集客メールをもとにコピーライティングの秘訣を2つのセオリーと5つの技術として伝授。Webセミナーの実施を考えているマーケターにはぜひ参考にしてほしい。●アンケート項目 視聴しやすい時間帯 適切な視聴時間 フリーコメント 好評の声、改善の声●コピーライティングベストプラクティス 効果的な集客を実現するメールの書き方:2つのセオリーと5つの技術

2021年3月11日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

コロナ禍におけるマーケティング施策の変化と見通し

新型コロナウイルスの感染拡大が各企業のマーケティング施策に与えている影響について調査。感染拡大直後の2020年3月にも同様の調査を行っており、比較を行っている。まだまだ不足しているIT環境とは何か、マーケティング予算・施策への影響など見えてきた。<調査項目> ・職場や働き方の状況と業務効率 ・リモートワークの課題とIT環境 ・今後のマーケティング施策について ・次年度のマーケティング予算の見通しとその理由 ・今後、予算投入したいマーケティング施策 など

2020年5月31日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

2021年4月実施 コロナ禍の企業対応とマーケティング施策

新型コロナウイルスの感染拡大が各企業のマーケティング施策に与えている影響について調査。感染拡大直後の2020年3月から3回目となる。大規模・小規模とわずフィジカルなセミナー・イベントの開催や出店については55%以上の方が、「実施の計画はないし、検討もしていない」との回答があり、まだまだコロナの影響は続きそうだ。<調査項目> ・職場や働き方の状況と業務効率 ・リモートワークの課題とIT環境 ・4月以降のマーケティング施策と予算の見通し ・新型コロナウイルスの影響が続く場合、収束する場合それぞれのマ

2018年3月26日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

32%が「不安」を感じる自社工場のセキュリティ対策、「意識改革」は不可欠

TechFactoryが実施した「製造業IoTセキュリティ」に関する調査(調査期間:2017年11月27~12月15日)では、製造業に従事する会員/読者を対象に、自社工場/生産現場におけるセキュリティに対する意識の変化、現状の取り組み、課題などについて聞いた。IoTなどの活用により、スマート工場化(つながる工場化)が進む製造業では、サイバー攻撃などのリスクが高まるため、セキュリティ対策への意識変革が求められる。この1年間のセキュリティ対策への意識の変化について聞いたところ、約43%が「変わらない

2018年3月26日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

設計現場の56.5%が3D CADを活用、2次元からの「移行予定なし」も16.7%

「TechFactory」が実施した「メカ設計者の実態とキャリア」に関する調査(調査期間:2017年11月1~27日)では、製造業に従事する会員/読者を対象に、設計現場における3D CAD推進の状況や使用ツール、そして直面している現場課題などについて聞いた。3D CAD推進の状況については、半数以上が設計業務で3D CADを活用していることが分かった。しかし、その一方で「3次元への移行予定はない」という回答も一定数あり、2次元図面中心の設計開発が根強く残っている状況が見て取れた。現場課題に関して

2018年3月26日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

77.3%が“つながる工場”実現に向けて取り組みを開始――経営層も投資に意欲

「TechFactory」が実施した「つながる工場の現状と課題」に関する調査(調査期間:2017年5月8~26日)では、製造業に従事する会員/読者を対象に、“つながる工場/スマートファクトリー”の実現に向けた取り組みの現状や、導入検討に関する課題について聞いた。つながる工場への取り組みに関しては、実施状況とともに工場内のどの部分でネットワーク化などが進捗(しんちょく)しているかを聞いた。また、ネットワーク化により得られるメリット、今後さらに強化していきたい領域、投資意欲などについても調査。現状、

2018年1月25日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2018年3月期上期、半導体商社業績まとめ

年末企画:2018年3月期上期、半導体商社業績まとめ主な国内半導体/エレクトロニクス商社の2018年3月期上半期の業績をまとめた。集計対象24社のうち、20社が増収を達成し、好調ぶりが目立った。24社中、20社が増収 半導体、電子部品を扱う国内半導体/エレクトロニクス商社にとって、2017年は“成長の年”になったようだ。 EE Times Japan編集部では、国内半導体/エレクトロニクス商社の2018年3月期上期業績と通期業績予想をまとめた。集計の対象とした24社中20社が、上期売上高で前年同

2018年1月24日アイティメディアフィードバック数:0モバイル

スマートフォン販売ランキング(2017年12月11日~12月17日)

携帯販売ランキング(12月11日〜12月17日):総合ランキング、「iPhone X(256GB)」がまた「iPhone 8(64GB)」にトップ譲る (1/4)auの「iPhone 8(64GB)」が制した。「iPhone X」発売後に「iPhone X」がトップを明け渡すのはこれで2回目。SIMロックフリーの「HUAWEI P10 lite」は順位を上げてきた。携帯電話(ファブレット※含む)キャリア総合ランキング TOP10  総合ランキング2回続いてトップで安定していたかに思われた「iP

2018年1月23日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年12月4日~12月10日)

トップは変わらず、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が3連勝。2位は前回4位タイのオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」で、5週ぶりのトップ3入り。3位も前回4位タイのキヤノン「EOS M100 ダブルズームキット」が入った。、3位はパナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」25週連続1位達成デジタル一眼ラ

2018年1月17日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年11月27日~12月3日)

前回3週ぶりにトップ返り咲きのキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が今回もトップ。2位は5週連続でキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」、3位はパナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」25週連続1位達成デジタル一眼ランキング、キヤノンが2週連続でトップ3独占2018年のデジタル一眼ランキング、キヤノン「EO

2017年12月25日アイティメディアフィードバック数:0モバイル

スマートフォン販売ランキング(2017年11月13日~11月19日)

携帯販売ランキング(11月13日〜11月19日):総合ランキング、再びiPhone勢独占も順位は大幅変動 (1/4)「Xperia XZ1 SOV36」がトップ10から後退し、1週でiPhone勢のトップ10独占に戻ったが、「iPhone X」の供給量不足の影響か、順位は大幅に変化した。携帯電話(ファブレット※含む)キャリア総合ランキング TOP10  総合ランキングは順位が大幅に入れ替わった。1位はソフトバンク「iPhone X(256GB)」が2週で返り咲き。2位はNTTドコモ「iPhon

2017年12月21日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年11月6日~11月12日)

デジタル一眼ランキングは大きく変化した。トップは前回8位から急上昇の「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」で、2015年2月の発売以来2年9カ月で初めて頂点に立った。ロングセラー機ではあるが、2017年3月から7月にかけてはトップ10から消えており、驚異の復活劇だ。2位は前回同様キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」、3位はオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」(前回4位)。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキン

2017年12月12日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年10月23日~10月29日)

デジタル一眼ランキングトップ3は前回と変わらず。キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が2週連続トップ。2位はオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」、3位はキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」25週連続1位達成デジタル一眼ランキング、キヤノンが2週連続でトップ3独占2018年のデジタル一眼ランキング、キヤノン「

2017年11月14日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年10月16日~10月22日)

デジタル一眼ランキングは、前回まで4連勝のソニー「α6000 ダブルズームキット」が後退し、キヤノンは2位に「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が5週ぶりのトップに立った。2位に前回7位から急上昇のオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」、3位にはキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が入った。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」25週連続1位達成デジタル一

2017年11月14日アイティメディアフィードバック数:0モバイル

スマートフォン販売ランキング(2017年10月16日~10月22日)

携帯電話(ファブレット※含む)キャリア総合ランキング TOP1010月16日〜10月22日順位前回順位キャリアモデル11auiPhone 8(64GB)22ソフトバンクiPhone 8(64GB)34NTTドコモiPhone 8(64GB)43ソフトバンクiPhone 7(32GB)55auiPhone 7(128GB)66auiPhone 7(32GB)710SIMロックフリーHUAWEI P10 lite87ソフトバンクiPhone 8(256GB)98auiPhone 8(256GB)10

2017年11月9日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年10月9日~10月15日)

デジタル一眼ランキングは、ソニー「α6000 ダブルズームキット」が連続トップを4週に伸ばした。3週続いて2位と3位にいたキヤノンは2位に「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」(前回3位)が上がるも、3位はオリンパス「OM-D E-M10 Mark II EZ ダブルズームキット」(前回4位)に奪われた。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が2カ月半ぶりにトップ返り咲きデジタル一眼ランキング、

2017年10月25日アイティメディアフィードバック数:0モバイル

スマートフォン販売ランキング(2017年9月25日~10月1日)

携帯電話(ファブレット※含む)キャリア総合ランキング TOP109月25日〜10月1日順位前回順位キャリアモデル11auiPhone 8(64GB)22ソフトバンクiPhone 8(64GB)35NTTドコモiPhone 8(64GB)46auiPhone 8(256GB)57auiPhone 7(32GB)63ソフトバンクiPhone 7(32GB)78ソフトバンクiPhone 8(256GB)84auiPhone 7(128GB)910NTTドコモiPhone 7(128GB)1011NTT

2017年10月25日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年9月25日~10月1日)

デジタル一眼ランキングは、前回に発売後初めて1位となったソニー「α6000 ダブルズームキット」が2連覇。2位は前回首位の座を明け渡したキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」、3位も前回と同じキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が入った。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」25週連続1位達成デジタル一眼ランキング、キヤノンが2週連続でトップ3独占2018年のデジタル

2017年10月22日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年9月18日~9月24日)

デジタル一眼ランキングは、前回2位のソニー「α6000 ダブルズームキット」が1位。2014年3月発売の機種だが、これが初の首位だ。前回まで13週連続1位だったキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」は2位に後退、3位にはキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が上がってきた。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」25週連続1位達成デジタル一眼ランキング、キヤノンが2週連続

2017年10月17日アイティメディアフィードバック数:0モバイル

スマートフォン販売ランキング(2017年9月18日~9月24日)

携帯電話(ファブレット※含む)キャリア総合ランキング TOP109月18日〜9月24日順位前回順位キャリアモデル1初auiPhone 8(64GB)2初ソフトバンクiPhone 8(64GB)32ソフトバンクiPhone 7(32GB)43auiPhone 7(128GB)5初NTTドコモiPhone 8(64GB)6初auiPhone 8(256GB)75auiPhone 7(32GB)8初ソフトバンクiPhone 8(256GB)91ソフトバンクiPhone 7(128GB)104NTTドコ

2017年10月16日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年9月11日~9月17日)

デジタル一眼ランキングのトップ3は、前回と変わらず1位キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が13連勝、2位にソニー「α6000 ダブルズームキット」、3位オリンパス「OM-D E-M10 Mark II EZ ダブルズームキット」となっている。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」25週連続1位達成デジタル一眼ランキング、キヤノンが2週連続でトップ3独占2018年のデジタル一眼ランキン

2017年10月8日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年9月4日~9月10日)

デジタル一眼ランキングのトップ3は、1位キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」で変わらず、連勝は12に伸びた。2位には6週ぶりにソニー「α6000 ダブルズームキット」(前回3位)が上がり、3位に前回2位のオリンパス「OM-D E-M10 Mark II EZ ダブルズームキット」が入った。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」25週連続1位達成デジタル一眼ランキング、キヤノンが2週連続

2017年10月2日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年8月28日~9月3日)

デジタル一眼ランキングは、1位キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が連勝を11に伸ばした。2位には前回3位のオリンパス「OM-D E-M10 Mark II EZ ダブルズームキット」が上がり、3位にはソニー「α6000 ダブルズームキット」が入った。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」25週連続1位達成デジタル一眼ランキング、キヤノンが2週連続でトップ3独占2018年のデジタル一眼

2017年9月22日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年8月21日~8月27日)

デジタル一眼ランキングは、1位キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が10連覇達成。2017年に10連勝を記録したのは「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」だけだ。2位オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」、3位オリンパス「OM-D E-M10 Mark II EZ ダブルズームキット」で、トップ3は4週連続で同じ並びだ。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」

2017年9月20日アイティメディアフィードバック数:0モバイル

スマートニュース販売ランキング(2017年8月21日~8月27日)

携帯販売ランキング(8月21日〜8月27日):総合ランキングにSIMロックフリーの「HUAWEI P10 lite」が初登場 (1/4)総合ランキングは前回7週ぶりに奪首したau「iPhone 7(128GB)」が2連覇。9位にSIMロックフリー端末「HUAWEI P10 lite」が入った。携帯電話(ファブレット※含む)キャリア総合ランキング TOP10  総合ランキングは、前回7週ぶりトップに立ったau(KDDI)「iPhone 7(128GB)」が連覇。以下、7位までは前回とまったく同じ

2017年9月15日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年8月14日~8月20日)

デジタル一眼ランキングトップ3は、1位キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が連勝を9に伸ばした。2位オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」、3位オリンパス「OM-D E-M10 Mark II EZ ダブルズームキット」まで変わらず。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」25週連続1位達成デジタル一眼ランキング、キヤノンが2週連続でトップ3独占2018年のデジタル一眼

2017年8月30日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年8月7日~8月13日)

デジタル一眼ランキングトップ3は、1位キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が8連勝。2位オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」、3位もオリンパスで「OM-D E-M10 Mark II EZ ダブルズームキット」が押さえた。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」25週連続1位達成デジタル一眼ランキング、キヤノンが2週連続でトップ3独占2018年のデジタル一眼ランキング

2017年8月23日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

デジタルカメラ総合販売ランキング(2017年7月31日~8月6日)

デジタル一眼ランキングの上位は、1位のキヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が7連勝。2位には前回4位のオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」が上がってきた。3位は前回と同じオリンパス「OM-D E-M10 Mark II EZ ダブルズームキット」。 「デジタルカメラ総合販売ランキング」バックナンバー デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」25週連続1位達成デジタル一眼ランキング、キヤノンが2週連続でトップ3独占2018

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

特集データ

お知らせ