「au損害保険」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年6月3日au損害保険フィードバック数:0ライフスタイル

子どもの自転車事故に関する調査

~子どもの自転車事故に関する調査~ 自分の子どもが事故の加害者・被害者になった時の対応方法 決めていない、考えたことがない保護者が7割以上 au損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田隆章、以下、au損保)は、全国の小学生から高校生の自転車に乗る子どもを持つ保護者1,000人を対象に、子どもの自転車利用に関する調査を行いました。コロナ禍により公共交通機関の代替手段として利用が増えている自転車ですが、利用時は安全・安心が何より大切です。今回は初夏を迎え子どもたちの活動が活発になる

2020年7月27日au損害保険フィードバック数:0社会/政治

東京都の「自転車通勤」に新型コロナが与えた影響を調査

~東京都の「自転車通勤」に新型コロナが与えた影響を調査~ 自転車通勤者のうち、4人に1人が新型コロナ流行後に開始 au損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田隆章、以下、au損保)は、東京都在住で週1回以上自転車通勤をしており、かつ勤務先から自転車通勤を認められている会社員の男女500人を対象に、新型コロナウイルス感染症(以下新型コロナ)が通勤形態に与えた影響を調査しました。 緊急事態宣言が全国で解除されて1ヵ月以上が経過し、テレワークで働いていた人も、出社する機会が段階的

2020年6月17日au損害保険フィードバック数:0ライフスタイル

新しい生活様式「自転車通勤」新型コロナ前はどうだった?

~新しい生活様式「自転車通勤」 新型コロナ前はどうだった?~ 会社で自転車通勤を認められている人 50.1% au損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田隆章、以下、au損保)は、東京都在住で週1回以上自転車を利用している会社員を対象に、自転車通勤の実施率やその実態を調査しました。 環境に優しい、交通渋滞を緩和する、健康の維持増進に役立つなど、近年注目を集めている自転車通勤。一方で、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大により、また新たなメリットが見いだされています。政府から発

2014年12月10日au損害保険フィードバック数:0大型消費/投資

ペット医療に関する調査

- ペット医療に関する調査結果 - ペットを飼って困ったこと1位は「高額な入院費」 4人に1人は10万円以上の入院費を払った経験ありau損害保険株式会社は、日本におけるペット(犬および猫)の飼育頭数が約2,150万頭(※一般社団法人ペットフード協会調べ)に達する昨今、飼い主のペット医療への関心の高まりを受け、20代から60代の犬か猫を飼っている方を対象に「ペット医療に関する意識調査」を行いました。(インターネット調査、調査期間:2014年11月6日(木)、サンプル数:607人) 調査の結果、ペ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お知らせ