調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:スマートフォン特集

データがいっぱい:スマートフォン特集

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。今ならやはりスマートフォン関連の調査データがたくさん提供されています。

2022年5月17日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

スマートスピーカー(AIスピーカー)に関するアンケート調査(第5回)

...トリサーチ)【調査時期】2022年04月01日~04月05日 【回答者数】10,020名【設問数】 7~9問(自由回答の設問が1問含まれます)ローデータには約30項目の登録属性がつきます【調査機関】マイボイスコム株式会社 1.モバイル端末利用状況〔(全員)あなたが、個人で利用しているモバイル端末をお聞かせください。(複数回答可)〕 モバイル端末の利用状況は、「スマートフォン」が87.8%、「タブレット端末」が23.4%、「携帯電話」が10.6%です。「スマートフォン」は女...

2022年5月12日Coetoフィードバック数:0ライフスタイル

【Wacha調査レポート】Z世代の4人に1人が、買物の際の決済手段として「Paypay」を利用!

...ィア関係者向けの情報があります。 メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。 ※内容はプレスリリースにより異なります。 プレスリリース >Coeto株式会社 >【Wacha調査レポート】Z世代の4人に1人が、買物の際の決済手段として「Paypay」を利用! 種類調査レポートビジネスカテゴリスマートフォンアプリネットサービス位置情報東京都渋谷区(本社・支社)キーワード 関連URLhttps://www.wacha.app/ プレ...

2022年5月11日wevnalフィードバック数:0マーケティング

自社ECサイトにおけるブランド体験に関する意識調査(後編)

...分けてお届けします。 ■5人に1人が「LTVが向上できていない」ことを経営課題に感じている約8割がLTV向上にブランド体験が重要だと回答■LTV向上に向けて今後実施したいのは「パーソナライズされたコミュニケーション」「ブランド世界観の統一」■マーケティング支援会社を利用している場合、2社以上利用しているのは6割以上複数社利用が様々な課題になっていることが判明近年D2Cブランドは増加、コロナ禍でさらにその勢いを増しています。衣食住をはじめ、エンタメなど様々な商品ジャンルが登場し、スマホ...

早稲田大学柴田重信研究室・ベネッセ教育総合研究所 共同調査 「子どもの生活リズムと健康・学習習慣に関する調査」結果

...回「睡眠時間が短い子どもの方が、成績が良い?〜睡眠習慣と成績の深い関係〜」 https://benesse.jp/special/berd/suimin.html第2回「あなたは朝型?夜型? 体内時計のタイプにあわせて、生活を!」第3回「食べる”タイミング”を意識して成績アップ?」第4回「スマホやテレビ、寝る前だけはやめてみない?」 教育に関する調査・研究データや教育情報誌、オピニオン、特集など、 サイトで公開している情報を検索することができます。 ※サイ...

2022年5月6日17LIVEフィードバック数:0マーケティング

「17LIVE」利用ユーザー実態調査

...は石原さとみさんがランクイン! 種類調査レポートビジネスカテゴリネットサービススマートフォンアプリキーワードプレスリリース素材ダウンロードこのプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます。 プレスリリース画像一覧17LIVE株式会社のプレスリリースログイン企業・事業主ユーザーとして登録すると、プレスリリースの配信・掲載をおこなうことができます 企業・事業主ユーザーで ログインするユーザー登録でプレスリリースの受信や保存機能が利用可能です。メディアユーザーは限定情報を閲覧できます。 メデ...

2022年4月27日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

ニールセン・ビデオコンテンツ アンド アド レポート 2022(Nielsen Video Contents & Ads Report 2022)

...までテレビをメインで活用していたのであれば、今後は広告もメディアプランに組み込むことで、テレビを補完してコミュニケーションを取ることができると考えられます。これまでインターネット動画サービスは主に若年層を中心に利用が拡大してきましたが、の影響で在宅時間が増加した中、主にスマートフォンで視聴していたインターネット動画を自宅でテレビ画面からも視聴する機会が増えたという人も多いでしょう。特に、もともとインターネット動画の視聴が多い若年層は他の年代よりもテレビ画面からのインターネット動画の視聴が進んでおり、イン...

2022年4月20日wevnalフィードバック数:0マーケティング

自社ECサイトにおけるブランド体験に関する意識調査(前編)

...ンドとしての社会的責任を重要だと認識している具体的な施策は主に「環境への配慮」と「ジェンダーへの対応」■ブランドの世界観を一貫性を持って消費者に伝えることは重要だと9割近くが考えているが、その中で現在施策を実行できているのは3割未満近年D2Cブランドは増加、コロナ禍でさらにその勢いを増しています。衣食住をはじめ、エンタメなど様々な商品ジャンルが登場し、スマホで決済までできる気軽さから購入層が広がり、年々市場規模が増加しています。今回の調査ではD2Cブランドの自社ECサイト運営者を対象に、ブランド体験をテーマにアンケートを取得しました。また、前回実施したD2C...

2022年4月18日Snapフィードバック数:0マーケティング

Snapchat最新レポート:Z世代のコミュニケーション方法とARコマース

...Snapchat最新レポート:Z世代のコミュニケーション方法とARコマース 4兆4千億ドルの購買力を持つZ世代のSnapchatユーザーを分析 スマートフォン向けの写真共有ソーシャルアプリ「Snapchat(スナップチャット)」を運営する米Snap(本社:米国 カリフォルニア州、共同創業者兼CEO:エヴァン・シュピーゲル)は、SnapchatユーザーにおけるZ世代のコミュニケーション、つながり、消費の方法の変化についての調査を行いました。 昨年、Snapchatユー...

2022年4月14日インテージ★★フィードバック数:0ライフスタイル

2022年のGWは去年よりもアクティブに!

...的な連休取得が勧められている企業も増えているようです。そうした風潮も「4割は4日以上」という追い風になっているのかもしれません。 図表2自宅でどのように過ごす予定なのか、また、昨年と一昨年に自宅でどう過ごしたかを聞いた結果が【図表3】です。 上位には「インターネットをする」「テレビやDVDを観る」「インターネットで動画視聴」といったテレビやスマホ、パソコンとともに余暇を過ごす項目が並びました。中でも「テレビやDVDを観る」は16.6ポイント、「インターネットで動画視聴」も6.5ポイントと大きく増加しており、コロナ下、家の...

2022年4月6日ボーダレスワールドフィードバック数:0マーケティング

【303名が選んだ】おすすめマッチングアプリは?

...://resumica.jp/) プレスリリース >合同会社ボーダレスワールド >【303名が選んだ】おすすめマッチングアプリは?人気・出会いやすいアプリや相手の選び方や重視するポイントを女性・男性別に調査 種類調査レポートビジネスカテゴリネットサービススマートフォンアプリキーワードプレスリリース素材ダウンロードこのプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます。 プレスリリース画像一覧合同会社ボーダレスワールドのプレスリリースログイン企業・事業主ユーザーとして登録すると、プレ...

2022年4月6日インタースペースフィードバック数:0ライフスタイル

6割の人が結婚前に同棲を経験。女性向けWEBメディア『4MEEE』が同棲に関するアンケートを実施

...する家の家賃、間取り、生活費についても調査さらに、同棲生活における家賃や生活費の負担率の差や、同棲する家の間取りについてもアンケートを実施しました。アンケート結果の続きは、下記リンクよりご覧ください。記事URL▶:https://4meee.com/articles/view/30012787■4MEEE https://4meee.com/ファッション・美容・恋愛・ライフスタイルなど、可愛くなるための情報が満載の女性向けメディア。すぐ使えるトレンド記事を配信しており、スマホからもWeb/アプ...

2022年3月14日NTTドコモフィードバック数:0ライフスタイル

オンライン学習はスマホが8割超・パソコン3割:ツールはZoomが6割超

...。若い世代ほどスマホを使用。オンライン学習で使用しているツールは「Zoom」が6割超。続いて「YouTube」4割超、「LINE」3割超。調査結果NTTドコモ モバイル社会研究所では、2021年2月にオンライン学習でのツールに関する調査を実施しました。なお本調査では学校や塾のオンライン授業だけでなく、会社での研修や習い事をオンラインで行っている社会人や成人の方も調査対象となっています。1.オンライン学習はスマホが8割超えオンライン学習を行っている人にオンライン学習を行う時の機器を調査したところ、スマートフォン...

2022年3月11日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

歩行中のスマホ・ケータイ使用:10代では減少するも、10~30代は過半数が使用

...通信業界の直接の利害を離れ、自由独立の立場から、モバイルICTがもたらす光と影の両面を解明し、その成果を社会に還元することを目的とする、NTTドコモの社会科学系の研究所です。ホームレポートセキュリティ・マナー歩行中のスマホ・ケータイ使用:10代では減少するも、10~30代は過半数が使用(2022年2月2日)歩行中のスマホ・ケータイ使用:10代では減少するも、10~30代は過半数が使用調査・研究~モバイル社会研究所で実施している調査・研究テーマのご紹介~ ポイント歩行中にスマホ・ケー...

2022年3月9日Leading Communicationフィードバック数:0ライフスタイル

フードデリバリーサービスの利?動向調査アンケート

...ドデリバリーサービス⾃体が地⽅郊外だと配達区域外になっていることがほとんどで、CM やネット広告やテレビの特集などで⽬にするたびに複雑な気持ちになります。本来であれば、飲⾷店に⾏きたくても交通⼿段が無くて⾜が運べない⾼齢者の多い地域に普及して欲しい所ですが、スマホアプリを利⽤することが前提になっているサービスなのも複雑な思いがします。」(40 代/ 東北)「便利だと思うが、配送料⾦の⾼さがネック。また増加する配達員のモラルが問われるという報道があったりして、利⽤には躊躇いを感じる。」(40 代/関東)「コロ...

2022年3月7日アイティメディアフィードバック数:0モバイル

世界のスマホユーザー数&普及率ランキング 日本のポジションは、微妙……

...から4G対応のフィーチャーフォンも販売されていますので、3G停波後も「スマホに乗り換えない」という選択肢は存続します。 それはさておき、今週は世界のスマートフォンユーザー数のランキングを紹介します。日本は第何位でしょうか。普及率にも注目してみましょう。(出典:Statista)日本のスマホ普及率65.9%をどう考えればいいのか...

2022年3月2日ONE COMPATH★★フィードバック数:0マーケティング

お店の情報収集や口コミに関する意識調査【「LocalONE」調べ】

...に対してポジティブな印象を持った時」66.6%。ネガティブの1.5倍小売や飲食店などお店の情報は、企業のホームページとGoogle検索で調べる人が多い スマートフォンやPCで小売店舗や飲食店など何らかの店舗情報を調べる際に何を活用するかという質問に対し、「企業やサービスのホームページ(オウンドメディア)」が47.3%、「Google検索(Googleマップ含む)」が46.5%とツートップとなり、半数近くがこの2つを活用して店舗の情報を調べていることが分かりました。他、Shufoo!などの「店舗情報メディア」が39.2%、「Yahoo...

2022年最新版 生活者による企業アプリと企業SNSアカウントの利用実態調査

...企業アプリと企業SNSアカウント、生活者にはどう使い分けされている? ~2022年最新版 生活者による企業アプリと企業SNSアカウントの利用実態調査~企業と生活者が継続的につながり続ける手段として、多くの企業が自社アプリやSNS公式アカウントを活用しています。一方、生活者は何を期待して企業が提供するアプリやSNSアカウントを利用しているのでしょうか?各チャネル毎にどのように使い分けをしているのでしょうか。今回は、生活者による企業のスマートフォンアプリ(※)、企業のSNS公式...

2022年2月24日電通★★★フィードバック数:0マーケティング

2021年 日本の広告費

...出典:出版月報2022年1月号) ・雑誌広告費は、1-3月期は広告宣伝費が落ち込んだが、4-6月期以降は徐々に回復し、通年では前年比100.1%となった。 ・業種別では、「家電・AV機器」「案内・その他」など東京2020オリンピック・パラリンピックに関連する業種が前年対比で増加したが、雑誌広告費シェアの高い「ファッション・アクセサリー」「化粧品・トイレタリー」は前年に続き減少した。※スマートフォンでの閲覧に特化した「縦スクロール」「オールカラー」のウェブコミック。③ラジオ広告費 1,106億円(前年...

2022年2月22日ライフアカデミアフィードバック数:0ライフスタイル

枕なしで寝るメリット・デメリット【枕がいらない人の特徴を解説】

...リット枕なしで寝るのがおすすめの人の特徴枕がいらない人におすすめのタオル枕の作り方枕なしで寝るメリットは3つ!枕を使わないと調子いい?枕なしで寝る場合のメリットは次の3つです。上記3点について詳しく解説します。※ただし、上記のメリットはすべての人に当てはまると限らないのじゃ。 枕なしのメリット①ストレートネック(スマホ首)に良いとされる枕なしで寝る一つ目のメリットは、ストレートネックに良いとされている点です。ストレートネックとは…ストレートネックとは、頚椎の湾曲角度が30度以下と浅い状態のこと。スマホ首とも呼ばれており、スマートフォンやパソコンを長時間使用しているとなりやすい。 スマートフォン...

2022年2月21日NEXERフィードバック数:0大型消費/投資

【2022年最新】東京都内のおすすめボイストレーニングスクール!最短1ヶ月で差がつく最強ボイトレ教室

...違うように聞こえたりしませんか?これは、ある意味では当たり前のことなのです。自分の声だけは「自分の骨に響いている音=体の中で響いている音」が「外で鳴っている音」と一緒に脳に伝わるからです。そういう理由で「ふだん自分が聞いている自分の声」と「周りの人が聞いている自分の声」は違うのです。実際には「周りが聞いてる声」こそが、本当の自分の歌声になります。歌を上達させる為には自分の声を録音して、自分が実際にどういう声を出しているのかを知る必要があります。スマートフォンの録音機能で良いので、自分の歌声を小まめに録音するようにしましょう。最初...

2022年2月15日LANYフィードバック数:0エンタテインメント

人気NO.1漫画アプリは「LINEマンガ」!157人に聞いた最も好きな漫画アプリを調査

...してもらえると嬉しいです。”(30代女性)“待てば無料で読めるのは有難いが、無料で読める範囲が短くて一話を何話にもわけるのをやめて欲しい。課金させたいのが見え見え。”(30代女性)“1話を3つぐらいに分けている作品をたまに見かけますがテンポが悪く感じて苦手だなと思います。”(30代女性)漫画アプリを「無料で読む」という目的でダウンロードしている人が多いため、不満の声も話数を分割し課金してもらうビジネスモデルに言及したものが多く集まりました。また漫画アプリを認知するキッカケの1位となった「ネット広告」についても不満の声が。“最近子どもがスマホ...

2022年2月14日ICAフィードバック数:0マーケティング

【屋外ビジョンの印象って?】6割以上の方が“屋外ビジョンに流れる企業は信頼できる”と回答

...いった広告は見る気がなくても目に入りますよね。ニュースや風景映像の中に映り込むことも多く、巣ごもり生活を送る方でさえ間接的に目にする機会は多いでしょう。ああいった大がかりな屋外広告は、潤沢な広告費が使える大企業だけのものではありません。モニター式である大型屋外ビジョンであれば、印刷コストなどが発生しないため、はるかにフレキシブルな形での活用が可能です。広告といえば、最近はスマホなどのネット広告や動画広告が大きく伸長していますが、これらの広告については不快感を露にする方も徐々に増えてきているようです。また、緻密...

2022年2月8日Hakaliフィードバック数:0ライフスタイル

「新成人のメンタルヘルス」についての調査結果

...人のメンタルヘルス」に関するアンケート調査を実施致しました。今後も多様な切り口で、メンタルウェルネスについての調査・考察を進めて参ります。■ Awarefy とはAwarefy は、「感情と行動の記録で、マインドフルな日々を増やす」をコンセプトにした、スマートフォンアプリです。App Store および Google Play ストア で公開中です。<Awarefyの具体的な機能の例>・日々の感情やコンディションを記録し、自分の感情や状態を見える化・自分にあったストレス対処法やセルフケアを見つけられる・毎週...

2022年2月8日Housmartフィードバック数:0大型消費/投資

【カウル調査】2022年マンション価格はどうなる!?購入検討者の55%以上が「値上がる」と予想

...ィア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。 このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。 メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。 ※内容はプレスリリースにより異なります。 プレスリリース >株式会社Housmart >【カウル調査】2022年マンション価格はどうなる!?購入検討者の55%以上が「値上がる」と予想 種類調査レポートビジネスカテゴリ住宅・マンションスマートフォンアプリキーワード 関連...

SBIビジネス・ソリューションズが電子帳簿保存法の猶予措置に関する調査を実施

...ナーの実施などを通じて計画的な電子保存の導入や経理業務のDX推進をサポートするとともに、お客さまの課題やニーズと真摯に向き合い続けることでバックオフィスから経営課題を解決し、人手や資金などのリソースが不足しがちな中小企業の成長を支援してまいります。 クラウド型経費精算システム「経費BankⅡ」について「経費BankⅡ」は、Webブラウザで利用できるクラウド型経費精算システムです。スマートフォンやタブレット端末で、いつでもどこからでも申請や承認ができる上、取引先への支払依頼と支払予定表による支払管理、経費集計による経費分析、銀行...

2022年2月7日ガートナーフィードバック数:0ビジネス

Gartner、2021年の上位10社の電子機器メーカーによる半導体消費は25.2%増加したと発表

...体ベンダーは半導体チップの出荷量を増やしましたが、主要電子機器メーカーによる半導体需要はベンダーの生産能力をはるかに上回るものでした」半導体チップの不足は、自動車だけでなく、スマートフォンやビデオゲーム機などのさまざまな電子機器の増産も阻む要因となりました。その一方で、半導体不足によりチップ単価が大幅に上昇したため、主要電子機器メーカーは2021年の半導体の調達に例年よりもはるかに多くの金額を投じることになりました。マイコンや汎用ロジック集積回路 (ICs)、多種多様な特定用途向け半導体などの半導体チップは平均単価が15%以上...

2022年2月4日LINE★★フィードバック数:0企業情報システム

インターネットの利用環境 定点調査(2021年下期)

...ターネット上のコミュニケーションプラットフォームの一翼を担う会社の責務として、よりよいサービス提供のためにさまざまな調査研究を行っております。その一環として、2016年4月より半期に一度スマートフォン等でのインターネット利用に関する定点調査を行っています。このたび、2021年下期の調査結果をお知らせいたします。■調査サマリー・日常的な*インターネットの利用環境は、引き続き「スマホのみ」での利用が最多を維持・デバイス別の利用者の推移では、スマホ利用者が徐々に増加しており、今回調査では全体の97%がスマホを利用・15〜79歳までの年代別の利用者の推移では、引き続き年代が上がるほどスマホ...

2022年2月2日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

Z世代の“SNS疲れ”から生まれる一人行動ニーズ

...ったマーケティング活動を行う上では利用者側の使い分けやニーズにマッチした訴求をする必要がある。 Z世代にとってSNSは無くてはならないツールとなっているが、Z世代では50%(女性においては61%)の人がSNS疲れを起こしており、さらにSNS疲れを起こしている人の84%は、「進んで一人で行動する」ことがあると回答している。背景には、スマホ活用によって一人行動をしやすくなったことが考えられるが、他者とつながることからの解放ニーズの高さからも、一人行動にはビジネスチャンスが埋まっている。 ただし、Z世代でも女性層では一人で行動することへの抵抗感は高く、一人行動は浸透途上である。女性...

2022年1月27日電通グループ★★フィードバック数:0マーケティング

電通グループ、「世界の広告費成長率予測(2021?2024)」を発表

...長を予測しています。デジタルは前年に引き続きeコマースやソーシャル広告、動画広告での増加を予想しています。動画広告では、通常のテレビ番組を視聴しない世代へのアプローチとなるスマートフォン向けの広告に加え、テレビデバイスで視聴するオンライン動画を対象とする広告が注目を集め始めていることから、コネクテッドTVの伸長が期待されます。 2023年は、コロナ禍からの回復に伴って人流などが増加し、外食・各種サービスや交通・レジャー等の業種が復調すると見ています。加えて、コロ...

2022年1月26日全研本社フィードバック数:0キャリアとスキル

「留学保険」に関する意識調査

...生生活を過させることができた。55歳:保険を使うことはなかったが何かあったときに医療を受けることができるという安心感があった。59歳:留学時に風邪をひいたことがあったが、もっと重い病気があれば、保険に入っていなければ立ち往生することになった。54歳:スマホを取られたが保険でカバーできた。62歳:今回ではないが、旅行中の盗難に対し充分な補償を得た事がある。64歳:特に何事もなかったが安心ではあった。■一方で「どの保険がよいかわからない。」「特約など何を付けてよいのかわからなかった。」という悩みの声も 「Q6.Q1で「はい」と回...

サイバーエージェント、2021年国内動画広告の市場調査を発表

...に対応した魅力的なフォーマットの開発が進められている動画広告がもつ役割はますます重視されていくことが見込まれます。ユーザーにとって、スマートフォン、PC、コネクテッドテレビを通したシームレスな動画視聴が当たり前の行動として定着しており、広告主企業においても、これらに対応するとともに、動画広告の活用の幅をさらに広げる傾向が見られております。これらを背景に、2021年の動画広告市場規模は、昨年対比142.3%となる4,205億円と高い成長を遂げたことが推測されます。動画広告市場は今後もインターネット広告市場全体の水準を上回る高い成長率で推移することが予想され、2022年には5,497億円、2025...

2022年1月26日電通デジタル★★フィードバック数:0ライフスタイル

デジタルネイティブ世代の消費・価値観調査 '21

...のコロナ禍による増減傾向デジタルネイティブ世代に刺さるブランド要素該当する具体的な企業名と理由就職活動・働きたい企業コロナ禍で、友人同士で流行したこと各種メディアの役割デジタルサービス利用実態デジタルサービス/オフラインサービスの利用意向比較 ※1:デジタルネイティブ世代とは生まれた時からインターネットやパソコン・スマートフォンなどの環境がある、現在の10~20代/30代前半に該当する世代を指します。※2:デジタルネイティブ世代専門チーム「YNGpot.™」とは、デジタルネイティブ世代のインサイトや購買行動等のデータを軸に、最新...

もっと知りたい、Z世代。 ~情報・人との接し方とは~

...関心のある分野の情報を得るため」「最近のトレンドをチェックするため」が上位に来ている点が共通しています。しかし一方で、Instagram(インスタグラム)の場合、「家族や友人・知人とコミュニケーションをとるため」の利用に22.8%を獲得している点においてTwitter(ツイッター)と差が生じています。日常生活における「暇な時間」 ※ここでの暇な時間とは、「手が空いている・間が持たないと感じる時間」と定義し、本来目的の作業をしているが、手持無沙汰であると感じる時間のことを指します。(例:食事中は食事をしているが、暇だと感じスマートフォン...

2022年1月18日ToLicoフィードバック数:0キャリアとスキル

「子どものプログラミング学習」に関する調査

...のカリキュラムとして学べることを魅力的に感じているのかもしれません。私たちは普段の生活の中で、プログラミングを習っていなくてもパソコンやスマホを使用し、インターネットも利用できていますが、プログラミング学習は将来役に立つのでしょうか。そこで、「プログラミングは、将来役に立つと思いますか?」と質問したところ、8割以上の方が『思う(83.9%)』と回答しました。今後ますますAI化が進むことが予想されるため、プログラミングはできて当たり前とされる時代が来るかもしれません。また、手に職をつけることは将来就職する時の強みにもなるので、役に...

2022年1月17日ヤマップフィードバック数:0大型消費/投資

2021年に『登られた山』ランキングを公開

...の活動日記 https://yamap.com/activities/11786445四国エリア・ちーさんの活動日記 https://yamap.com/activities/13539437九州エリア・だっちさんの活動日記 https://yamap.com/activities/12477081【YAMAPについて】電波が届かない山の中でも、スマートフォンのGPSで現在地と登山ルートがわかる、登山を楽しく安全にするアプリ。山行の軌跡や写真を活動記録として残したり、山の情報収集に活用したり、全国...

2022年1月17日アドビ★★フィードバック数:0ビジネス

2021年のホリデーシーズンにおける米国のオンライン消費額が、過去最高の2,040億ドル(約23兆5,348億円)を記録

...った成長は見られない(2020年は24%、2019年は22%)ものの、店舗前受け取りの需要は持続しているといえます。買い物客は、利便性と配送遅延の回避を重視して利用しているか、あるいはCOVID-19の感染拡大時であっても安全な商品入手オプションであると考えているようです。クリスマスイブの前日(12月23日)の利用率は40%とピークに達しました。平均的な店舗前受け取りの注文額は91ドル(約10,000円)で、ショッピングカートにはおよそ2点の商品が入っています。モバイル:ホリデーシーズンには、オンライン販売の43%がスマートフォン...

2022年1月5日Glossom★★フィードバック数:0マーケティング

ソーシャルコマースに関する定点調査

...国の代から代の男女名に実施いたしました。スマートフォンの普及によりインターネットの利用率、利用時間は年々増加を続けています。また、ここ年のコロナ禍を経てインターネットを通じたショッピングはより浸透し、身近なものとなりました。中国ではソーシャルコマースの市場規模が年々急拡大、米国でも市場の拡大が見込まれており、年々の利用時間、利用率ともに増加を続ける日本にもこの影響は及ぶと考えられています。本調査はサイトの利用率や利用時間、また消費者が購買行動をとる際の参考情報源、やイ...

2021年12月27日Scene Liveフィードバック数:0ビジネス

営業組織を持つ経営者の約7割が、自社の「テレアポ」を課題視 「担当者ごとのアポ獲得数にばらつきがある」などの声

...を実感しているケースがほとんどであることからも、年々進化を遂げているコールシステムを活用することによって、従来のテレアポ業務で抱えていた課題が急速に解消することも見込めるでしょう。テレアポ特化型コールシステム「List Navigator.」とは上場企業をはじめ、国内累計3,100社の導入実績を誇るクラウド型コールシステムです。従来の携帯やスマートフォンからの架電と違い、クリックのみの簡単操作で架電を行えます。また、発信リスト管理、ステータス・見込み管理、自動分析機能、プレディクティブコールモード(多回線同時発信機能)など、アポ...

2021年12月23日マクロミル★★フィードバック数:0マーケティング

2021年 年末最新のテレビ利用動向調査

...を大きなサイズでみる※前のページへ戻るには、ウィンドウの画像が表示されていない部分をクリックするか、閉じるボタンを押してください 5.動画サービスをテレビで視聴する良さは、「大画面での臨場感」と「リラックス」動画サービスをテレビで視聴する理由について尋ねると、「大画面で臨場感を味わう」「リラックスしてみる」がともに4割でトップ。スマホなど別のデバイスよりも“コンテンツをしっかりと注視したい”というシーンに利用されているようです。また、若年層では、他年代よりも「他の作業や行動をしながら見られるため」「番組...

2021年12月16日サイバー・バズ★★フィードバック数:0エンタテインメント

サイバー・バズ、インフルエンサーによる「2021年トレンド振り返り・2022年トレンド予測調査」を発表

...のキーワードが多数挙がりました。また、同時に「アニメ鑑賞」「韓国ドラマ」「オーディション番組」「ホームシアター」「オリンピック開会式」「東京リベンジャーズ」「進撃の巨人」「鬼滅の刃」「スマホ漫画」といった自宅にこもって楽しむことに関するキーワードも多数挙がりました。また、海外旅行が中々出来なくなったことから、観光に費やすよりも国内(主に都内)の高級ホテルを選び高級ホテルの部屋内でゆっくり過ごす「ホテルステイ」が流行ったり、すぐに非日常を感じられる都内の「ホテルアフタヌーンティー」を楽しむ投稿が多く見られました。2021年1番...

2021年12月9日WACUL★★フィードバック数:0マーケティング

【Yappli×WACUL共同研究】アプリで売上を伸ばすベストプラクティスを発表

...が低いコンテンツを高頻度で送ったらたちまち幻滅されてしまうことを肝に銘じることである。WACUL 取締役 垣内のコメントアプリの支援に入ると、アクセス解析データが正しく取得できていないことがほとんどだ。GoogleAnalyticsの設定がやや面倒など、計測のハードルが高いことが主な理由である。今回はヤプリさんの協力で、今までブラックボックスにされていたアプリのプッシュ通知利用状況を一部明らかにすることができた。今後も提供いただいたデータを活用して、研究活動を進めていきたい。さて、アプリを改善しようとするとき、アプリは「超ヘビーユーザ」向けの顧客接点であることを念頭に置くべきだ。みなさんもスマホ...

2021年12月6日アイティメディアフィードバック数:0マーケティング

SNSはオワコン? 世界平均の利用時間に頭打ち感

...スウェーデンの精神科医であるアンデシュ・ハンセン氏の著書「スマホ脳」(新潮社)が2021年のベストセラー新書として再度注目を集めています。電車通勤のお供といえばスマホという方も多いことでしょう。そして、電車とスマホの組み合わせといえば「SNSの閲覧と書き込み」がいまだに日本の定番でもあります。 Statista Digital Economy Compass(外部リンク/英語)によると、2021年の1日当たりのソーシャルメディア利用時間は世界平均で142分。2012年が90分だ...

消費者から企業に対する顧客サービスにおける最も大きな要望は 迅速な対応と初回コンタクト時の問題解決

...ブチャット(38%)、Webサイト/フォーラムでの情報提供(13%)となっています。CXで最も使用されるデバイスはスマートフォンとPCであることから、企業は、デジタル化が進む中でインパクトのあるCXを構築するための能力開発が必要になってくると考えられます。・ アジア太平洋地域の消費者の4分の1近く(24%)が、倫理的で持続可能なブランドからしか商品やサービスを購入しないいと回答しました。企業が社会や環境に与える影響を管理する責任が問われる中、消費者は消費力をもって企業にその責任を問うています。アジ...

2021年12月2日フィードバック数:0ビジネス

【保育ICTに関するパパママ実態調査】 子育て支援で注目のICT、活用実態は4割以下の結果に

...の効果を感じていることが見て取れる結果となりました。また、保護者がメリットに感じているところは、「スマホからいつでもお知らせや連絡帳を確認できるのがよい(時間に縛られないなど)(65.78%)」が最も多く、忙しい保護者にとって、時間や場所に捉われずにコミュニケーションが取れる点をメリットに感じる傾向が伺えます。さらに、今後保育ICTに何を期待するかを質問したところ、「子どもの園での様子をもっと知りたい」が最も多く、次いで「もっとデータを記録してほしい(成長の記録として)」という結果となり、我が...

2021年12月1日SheepDog★フィードバック数:0ライフスタイル

10代の22%がテレホンカードを知らないと回答 使ったことがあるのは33%【テレホンカードに関するアンケート】

...多いのが大阪府で27.27%、次いで福岡県の26.32%、最も少ないのが宮城県で17.65%という結果になりました。西日本でテレホンカードを知らない割合が高い傾向にあると推測されます。スマートフォンの浸透の影響を受け、公衆電話の台数が減少しており、今後もテレホンカードを知らない方が増えていくと予想されます。■ ご取材、データ引用等可能です。·STRATE[ストラテ]への取材、コメント·本発表データの引用その他事項に関しても調整可能です。下記、お問い合わせまでお願いいたします。【本件に関するお問い合わせ先】株式...

2021年11月26日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

スマホのセキュリティ対策 シニア層ほど未実施率が高い~より安全で安心してスマホを活用するために

...所有者の3人に2人が画面ロックを利用対策未実施 シニア層ほど高い、60代で19%、70代で25%直近でスマホを所有したシニアはセキュリティ対策未実施率が高い調査結果2021年1月に実施した調査結果より、セキュリティに関する分析結果を公表します。1. スマホ所有者の3人に2人が画面ロックを利用スマホを所有している人に、セキュリティ対策を聞きました。図1の通り、画面ロックが凡そ3人に2人が実施している状況です。また、例示した10の対策、何も実施していない人は15%でした。図1.スマートフォン...

2021年11月24日正モバイルフィードバック数:0キャリアとスキル

仕事辞めたいけど言えない理由300名調査|1位「転職先が決まっておらず退職後の生活が不安」、2位「職場の人手が足りない」、3位「家族の反応を気にしてしまう」

...の辞め方が分からないという方が多いようです。「正モバイル」では、「携帯電話の複雑な料金体系をもっと分かりやすく」の理念のもとで、格安SIMを中心に情報発信するサイトです。2021年は携帯業界にとって激動の年であり携帯各社は相次いで割安な料金プランを発表しました。今やどこの携帯会社を選んでも家計は大助かりです。必需品となった携帯・スマートフォンの料金が下がりましたが、実際どこの携帯会社のプランを契約して良いか分からないものです。そこで、正モバイルでは携帯会社公式では教えてくれない「デメリット」の部分や、携帯会社公式HPでは...

2021年11月19日野村総合研究所★★フィードバック数:0ライフスタイル

野村総合研究所、9回目の「生活者1万人アンケート調査」を実施

...が気に入った付加価値には対価を払う)スタイルが2015年の22%から2021年には24%に増加しています(図9)。雇用条件の改善や共働き世帯の増加等により、世帯年収が維持されている中で(図10)、コロナ禍による自粛生活が続いたことや時間的な余裕が生まれたことから、生活者は制限ある生活の中でも楽しみを見出す(=こだわり志向)ようになったことがうかがえます。中高年層におけるスマートフォン保有が伸長し、情報検索もネット情報中心にスマートフォンの個人保有率は、生活者全体では2012年の23%から2015年の52%、2018年71%、そし...

2021年11月19日YKK APフィードバック数:0ライフスタイル

全国の男女1,099人に“生体認証”に関する意識調査を実施

...も使っている」人は65%  生体認証を「使ったことがある」または「現在も使っている」と回答した人の中で、顔認証を一度でも使用した経験がある人は65.0%と過半数以上いることが分かりました。過去に使ったことがある人(21.2%)は、空港の審査場や、ホテル、エンターテインメント施設の入館・入場システムなどでの利用経験があることが考えられます。また、現在使っている人(43.8%)は、スマートフォンやPCのロック解除や、オフィス入館時などで日常的に利用されているものと思われ、顔認...

2021年11月15日SELFフィードバック数:0ライフスタイル

【新型コロナワクチンアンケート調査】打たない人も?

...【新型コロナワクチンアンケート調査】打たない人も?スマートフォン向けアプリ『SELF』において、「新型コロナワクチン」に関するアンケート調査を行いましたので結果をレポートいたします。【内容】「新型コロナワクチン」に関する調査 【期間】2021/10/1~10/7 【対象】スマートフォン向けアプリ『SELF』の利用ユーザー 6,533名■「新型コロナ ワクチン接種調査」結果 Q1.あなたは「新型コロナワクチン」を打ちましたか?全体で見ると、の人が2回接種を完了していると回答しました。首相...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ