調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:ネット選挙特集

データがいっぱい:ネット選挙特集

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。いよいよ日本でも本格化するネット選挙は、調査業界にとっても非常に重要なトピックです。

2016年7月25日ミエルカ通信★フィードバック数:0社会/政治

「選挙」「都知事選」関連キーワードのGoogle検索の傾向

...の選挙と比較して2.09ポイントアップでしたが、ネット選挙解禁以降、「投票率を上げるWeb施策」は十分な効果をあげられたのでしょうか。 わかりにくい候補者選び、検索ユーザーは「まとめ」希望下のSKNは参院選翌日に「選挙」を調べたものです。「投票 誰に」「候補者」「わかりやすい」「まとめ」などのキーワードが多く検索されていました(該当部分を青い円で抽出)。つまり有権者は「投票したいけど、誰に入れればいいの?」と、比較材料をWeb上で集めていたのです。試しに「選挙 候補者 わかりやすい」をGoogleで検...

ネット時代に生きる10代有権者の意識調査

...しているのかに注目するのもポイントです。「どのような立場の人が発信しているのか」を意識したり、「発信者が特定の政党や支持団体の関係者ではないか」など懐疑的な目を持ったりしながら情報を見ていくことは、インターネットやソーシャルメディアに限らずとも必要な視点と言えます。西田亮介(にしだ・りょうすけ) 社会学者東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。専門は情報社会論と公共政策。情報化と社会変容、情報と政治(ネット選挙)、社会起業家の企業家精神醸成過程や政策としての「新しい公共」、地域産業振興、協働推進、日本...

2016年5月5日パイプドビッツフィードバック数:0社会/政治

『選挙ポスター』に関する意識調査

...に投票に行く人にとって、選挙ポスターは今もなお重要な情報源であることが分かりました。と同時に、ただ目立てばいいのではなく、政党や候補者ごとに、どのようなメッセージを、誰に届けるべきなのかを吟味しなければ十分な効果を発揮しないこともうかがうことができました。 3年前のネット選挙解禁によってインターネット上に情報は氾濫するようになったものの、買い物の道すがら、投票所に行く途中、投票前の最後に目にするオフィシャルな情報として、選挙ポスターはこれからも投票行動に影響を及ぼしていくことが予想されます。本調...

2016年3月13日パイプドビッツフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

『電力小売自由化』に関する意識調査

...アマネジャー政策シンクタンク、国会議員秘書、選挙コンサルを経て、2011年株式会社パイプドビッツ入社。政治と選挙のプラットフォーム「政治山」の運営に携わるとともにネット選挙やネット投票の研究を行う。政治と有権者の距離を縮め、新しいコミュニケーションのあり方を提案するための講演活動も実施している。 関連記事イチから教えて電力自由化!基本情報Q&A消費者契約法から考える「電力自由化」と「2年縛り」料金プランアンケート:電力自由化についてご存知?関心ある?(~3/15実施)安倍内閣支持層でも反対多数―軽減...

2016年2月9日パイプドビッツフィードバック数:0社会/政治

第35回政治山調査「安倍内閣支持層でも反対多数―軽減税率で消費増税は可能か」

...答結果とQ3・Q4との関連性 <著者> 市ノ澤 充株式会社パイプドビッツ 政治山カンパニー シニアマネジャー政策シンクタンク、国会議員秘書、選挙コンサルを経て、2011年株式会社パイプドビッツ入社。政治と選挙のプラットフォーム「政治山」の運営に携わるとともにネット選挙やネット投票の研究を行う。政治と有権者の距離を縮め、新しいコミュニケーションのあり方を提案するための講演活動も実施している。...

2015年12月21日パイプドビッツフィードバック数:0社会/政治

第34回政治山調査「民泊の賛否は同数、4割が利用したいと回答」

...」「職業」「住居形態」「個人年収」とQ1~Q5との関連性Q1の回答結果と、Q2~Q5との関連性 <著者> 市ノ澤 充株式会社パイプドビッツ 政治山カンパニー シニアマネジャー政策シンクタンク、国会議員秘書、選挙コンサルを経て、2011年株式会社パイプドビッツ入社。政治と選挙のプラットフォーム「政治山」の運営に携わるとともにネット選挙やネット投票の研究を行う。政治と有権者の距離を縮め、新しいコミュニケーションのあり方を提案するための講演活動も実施している。 関連記事無許可で「民泊」は違...

2015年9月9日パイプドビッツフィードバック数:0社会/政治

第31回政治山調査「安保法制反対デモ、参加者は1.8%」

...にはどのような懸念があると思いますか?【クロス分析結果】「性別/年代」「職業」「政党支持」と各設問との関連性 <著者> 市ノ澤 充株式会社パイプドビッツ 政治山カンパニー シニアマネジャー 政策シンクタンク、国会議員秘書、選挙コンサルを経て、2011年株式会社パイプドビッツ入社。政治と選挙のプラットフォーム「政治山」の運営に携わるとともにネット選挙やネット投票の研究を行う。政治と有権者の距離を縮め、新しいコミュニケーションのあり方を提案するための講演活動も実施している。 関連...

2015年8月7日パイプドビッツフィードバック数:0ライフスタイル

『ふるさと納税』に関する有権者意識調査

...コンサルを経て、2011年株式会社パイプドビッツ入社。政治と選挙のプラットフォーム「政治山」の運営に携わるとともにネット選挙やネット投票の研究を行う。政治と有権者の距離を縮め、新しいコミュニケーションのあり方を提案するための講演活動も実施している。 関連記事4人に1人が購入、世帯年収の影響も-プレミアム商品券(2015/7/22)17歳から19歳、65%が『投票に行く』と回答(2015/7/1)安保法制への「反対」45.2%で「賛成」28.2%を大きく上回る(2015/6/17)地域...

2015年2月12日インプレス★フィードバック数:0マーケティング

昨年版が公開されました。

「インターネット白書ARCHIVES」に 2013-14年版の記事が追加掲載されました

...ったインターネット上で不特定多数を結び付けて経済活動や創造活動を実現していくビジネスの可能性を解説した記事が注目されます。また、社会動向では市民がテクノロジーの力によって地域課題を解決していくシビックテックの動きを初めて紹介した「オープンガバメント」、2013年の公職選挙法改正により実現した「インターネット選挙」の解説など、その年に起こった出来事に着目した記事がお読みになれます。<<「インターネット白書編集委員会」とは>> 「インターネット白書ARCHIVES」の運営は、一般財団法人インターネット協会(IAjapan)、一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)、株式...

2015年1月9日インターネットコム★フィードバック数:0社会/政治

選挙において影響の大きかった媒体を聞いています。

ネット選挙の総括、各媒体のうち投票で最も有効だったのは新聞、ネット活動のなかでは各党ホームページ

...昨年12月2日から14日までおこなわれた衆議院選挙の運動期間で、インターネットを活用した政治活動が再び注目を浴びた。有権者との新しいタッチポイントとして、各政党や候補者が本腰をいれて活用を始めているが、選挙戦がとつぜん開始したことや導入から日が浅いこともあいまって、各政党や候補者の日ごろの準備や知見が露わとなった。インターネット選挙は、有権者側からはどのように映ったのか。インターネットコムと NTT コムリサーチでは「インターネット選挙運動」に関する調査を行った。調査対象は、全国10代〜60...

2014年12月15日ステージグループ★フィードバック数:0社会/政治

ネット選挙についての調査です。

インターネット選挙運動についての調査

...検索インターネット選挙運動についての調査、ネット上の公式情報が「参考になる・・85%」、SNS活用に「好感が持てる・・50%」 法人向けウェブ制作の『オールインターネット』(運営:ステージグループ/東京都)が、第47回衆議院議員総選挙を機に、インターネット選挙運動に関する調査を実施。働く20代~50代が期待することは、他人の意見よりも正確な情報。ブログ・SNS活用では、全年代の50%以上が「好感が持てる」と回答する結果に。 インターネット選挙運動についての調査、ネット上の公式情報が「参考...

2014年11月16日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

3Dプリンタから生まれる新たなものづくり

...の関心は惹かないが、残り1%の人にとっては喉から手が出るほど欲しいという製品を作り、売上を得ている。たとえば「LiveShell.PRO」は、ビデオカメラに接続すると、インターネットに映像と音声を直接流せる手のひらサイズの配信機器で、ネット選挙の解禁も相まって、5万円以上という価格にもかかわらず、飛ぶように売れている。「OTTO」は、スマートフォンアプリから電源をON/OFFできる8個口の電源タップで、これを使えば外出先からエアコンなどの家電製品の管理ができるようになる。失敗しないとわかっていて、かつ100億円...

2014年3月2日中央調査社★フィードバック数:0マーケティング

新聞中心です。

第6回「メディアに関する全国世論調査」(2013年)結果の概要

...ィア時代における新聞の在り方を考えるデータを提供することを目的としたもので、2008年12月の第1回、2009年9月の第2回、2010年10月の第3回、2011年9月の第4回、2012年9月の第5回に引き続き、第6回目の実施となります。今年度のトピックとして、一つは参院選報道の各メディアの印象とインターネット選挙運動、もう一つは憲法改正報道におけるメディアとの接触状況や評価について質問しました。調査結果の概要は以下の通りです。1.メディアの信頼度と印象―新聞・NHKテレビ・ラジオの情報信頼度がやや回復。第1回調...

2014年2月2日NHK★フィードバック数:0社会/政治

政治意識調査の分析です。

自民大勝の背景と有権者の受け止め方

...自民大勝の背景と有権者の受け止め方~「参院選後の政治意識・2013」調査から~第23回参議院選挙では自民党が大勝し、非改選を含めて与党が過半数を確保した。この結果、衆参のねじれが3年ぶりに解消された。選挙の2か月後に実施した世論調査の結果から、自民大勝の背景などについて分析する。▽安倍政権の経済政策について比例で自民党に投票した人の84%が『評価する』と答えるなど、自民党の勝利には経済対策への評価が大きく影響していた。▽今回初めて解禁されたインターネット選挙運動については、情報...

2013年9月26日アイレップ★フィードバック数:0社会/政治

参院選でのSEOを中心とした対応調査です。

ネット選挙運動白書2013

...ホーム ニュース【アイレップ ネット選挙運動白書2013】 2013年7月の「参議院議員選挙」における各政党のネット利用状況を調査 ●キーワード検索時における各政党公式サイトの順位状況 ●各政党公式サイトのSEO対応状況 ●Facebook、Twitter利用状況【アイレップ ネット選挙運動白書2013】2013年7月の「参議院議員選挙」における各政党のネット利用状況を調査●キーワード検索時における各政党公式サイトの順位状況●各政党公式サイトのSEO対応状況●Facebook、Twitter...

2013年7月30日凸版印刷★フィードバック数:0社会/政治

主婦に絞った調査です。

主婦のネット選挙に関する意識調査

...<「主婦のネット選挙に関する意識調査」を実施>5人に1人の主婦が情報収集にインターネットを活用!また、投票した主婦の7割が次回インターネットを活用したいと回答し、主婦にリーチできるインターネットメディアが今後ますます重要に  凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)が運営する電子チラシポータルサイト「Shufoo!(シュフー)」(※1)は、第23回参議院議員通常選挙に合わせ選挙管理委員会や政党向けの電子チラシサービス(※2)を提供しています。初めてのネット選挙...

2013年7月30日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年6月インターネット業界採用動向

...推進に向けた改革案が盛り込まれた成長戦略素案を発表し、IT人材育成の仕組み構築に期待がかかります。サイバーエージェントも小学生向けプログラミング教育事業会社「CA Tech Kids」を設立し、義務教育段階からのプログラミング教育などIT人材の教育に注目が集まっています。<今後の見通し> 現状ではソーシャルゲーム関連の求人ニーズが非常に高く、全体の求人の多くを占めています。「ネット選挙解禁」「世界最高水準のIT社会の実現のための成長戦略」などインターネット業界全体に追い風が吹いている今、採用ニーズは中長期的に高い状態が続くと予想されます。◆IT転職...

ネットの影響を見ています。

参議院選挙におけるネット選挙解禁が有権者に与える影響について

...TOPNews&Topics TOPニュース 電通PRと東大橋元研究室がネット選挙に関する共同調査実施 政党・候補者のネット情報を見た人の58%が評価し、35%が拡散 株式会社電通パブリックリレーションズ(代表取締取役社長執行役員:近見竹彦、本社:東京都中央区、以下 電通PR)と東京大学大学院情報学環の橋元良明教授は、参議院選挙におけるネット選挙解禁が有権者に与える影響について共同調査を実施しました。今回の調査結果では、選挙期間中にインターネット上で政党・候補者の発信した情報を見た人の57.9...

2013年7月23日マクロミル★フィードバック数:71社会/政治

ネットリサーチならではの即時性です。

【速報】参院選有権者2,000人緊急意識調査

...で愛想が良いと自分では思ってるオジサン。趣味は妄想。 art新しいコトが大好き。が、人の心を見つめつづける時代遅れの男になりたい若造。 マル子野鳥をこよなく愛するナチュラル系女子(自称) 丁寧な暮らしに憧れているがいつもドタバタしている。 トリピー趣味は美術館めぐり。職業自由人。気づいたら海外にいることもある弾丸トラベラー。そのため、常に金欠。 【緊急調査】 2013年参院選の投票締切り直後から、有権者2,000人にアンケート。ネット選挙の投票行動への影響を探る 全国の有権者2,000人を対象に、第23回参議院選挙(2013年...

2013年7月18日ユーザーローカル★フィードバック数:46社会/政治

ユーザーローカルによる調査です。

各政党のソーシャルメディア活用度調査

...ユーザーローカル、各政党のソーシャルメディア活用度調査を発表。ネット選挙解禁で政党のLINE利用が活発化2013年7月18日、ビッグデータ分析のベンチャー企業である株式会社ユーザーローカル(東京都目黒区、代表取締役社長:伊藤将雄)は、ソーシャルメディア分析ツール「Social Insight(ソーシャルインサイト)」()を利用し、参院選に向けた各政党のソーシャルメディア利用状況を調査しましたので発表します。「政党のLINE活用が広がっていること」、「政党によって軸とするSNSに違...

2013年7月8日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

中度情報人材を増やそう

...トップレポート・コラムコラム中度情報人材を増やそう ここから本文です中度情報人材を増やそう7月4日、日本で初めてのネット選挙(インターネット選挙運動の解禁)となる参議院選挙が公示された。なりすましや誹謗中傷の広がりなどが危惧されているが、こうした事態を少しでも避けるべく、候補者だけでなく、我々、有権者も「情報リテラシー」を高める必要がある。未成年者は、もともと選挙運動が禁止されているが、SNS利用などによって選挙違反を起こさないよう、未成年者向けのチラシも作られている。今回...

各ソーシャルメディアでの閲覧、発信についての調査です。

ネット選挙元年 ソーシャル・メディア(SNS)は、若者の選挙への関心を幅広く喚起できるのか

...ネット選挙元年「ソーシャル・メディア(SNS)は、若者の選挙への関心を 幅広く喚起できるのか」 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。この6月に全国に在住の15~79才の男女個人1,200名を対象に「ソーシャル・メディアによる見聞き/発信状況」「見聞き/発信するジャンル」について訪問留置調査を実施いたしました。ソーシャル・メデ...

Twitterで広く拡散したつぶやきをランキングにしています。

政治家のTwitter発言炎上指数ランキング

...選挙法改正により、インターネット選挙運動が解禁となったことで注目が集まっている政治家個人のソーシャルアカウントは、発言がそのまま不特定多数にリアルタイムで拡散するソーシャルメディアの特性から、発言に対する受け手の反応も高い迅速性を持ち、支持や炎上コメントが度々発生するなど、その動向が注視されています。こうした中で、ビジネスサーチテクノロジでは、政治家のソーシャルアカウントを対象としたデータ収集から「政治家のSNS利用状況」を調査、各政治家のTwitterでのツイート(コメント)に対...

政党ホームページの8割以上がJIS規格最低基準を満たさず

... 8341-3:2010)への対応状況を調査しました。本調査では、11の政党サイトの合計107,223ページのうち90,483ページ(84.39%)にJIS規格で最低限遵守すべき「達成等級A」の問題があることが確認されました。調査の背景ウェブアクセシビリティとは「高齢者や障害者といった、ホームページ等の利用になんらかの制約があったり利用に不慣れな人々を含めて、誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できること」を意味します。2013年4月19日にインターネット選挙...

各政党・立候補予定者の『ネット活用状況調査』

...[株式会社KADOKAWA] ,ニコニコ動画 ネット選挙 参議院選挙 ソーシャルメディア 政党 角川アスキー総合研究所 ネット活用 立候補予定者...

SNSでつながりたいかどうかは別問題かもしれません。

Facebookユーザーに聞く ネット選挙に関する意識調査

...Facebookユーザー4,000人に聞いた「ネット選挙に関する意識調査」 ~57%が「友達の『いいね!』や『シェア』の影響で投票先が変わる可能性がある」と回答86%が「政党や政治家のFacebook活用で政策を知るきっかけが増える」、 38%が「Facebookで選挙活動の情報を受け取りたい政党がある」 ~Facebookがネット選挙運動に与える影響が浮き彫りに~2013年06月27日 ソーシャルメディアマーケティング事業を手がけるアライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表...

2013年6月13日マクロミル★フィードバック数:3社会/政治

ネット選挙についての調査です。

選挙に関する調査

...で愛想が良いと自分では思ってるオジサン。趣味は妄想。 art新しいコトが大好き。が、人の心を見つめつづける時代遅れの男になりたい若造。 マル子野鳥をこよなく愛するナチュラル系女子(自称) 丁寧な暮らしに憧れているがいつもドタバタしている。 トリピー趣味は美術館めぐり。職業自由人。気づいたら海外にいることもある弾丸トラベラー。そのため、常に金欠。 有権者はネット選挙解禁に何を期待するのか? 公職選挙法が改正され、2013年7月の参議院選挙よりインターネットを利用した選挙運動の規制が緩和されます。“選挙期間中のホームページやSNS...

2013年5月19日Yahoo!★フィードバック数:10社会/政治

「関連銘柄」と一緒に検索されています。

話題の「ネット選挙」、関心があることは......?

...話題の「ネット選挙」、関心があることは......?解禁に向け法改正が進んでいる「ネット選挙」。期待や懸念など、さまざまに報道されています。「ネット選挙」とともに検索されるワードをみると、「関連銘柄」といった株関連のワードの検索数が多く、「ネット選挙とは」など、制度自体を調べるワードを大きく上回っています。今のところ、世の中の関心は選挙制度の変化より、株価の変化に集まっているようです。「ネット選挙」「ネット選挙とは」「ネット選挙 関連銘柄」の検索数推移集計期間:2013年1月1日~2013年5...

2013年4月15日アイオイクス★フィードバック数:53社会/政治海外

アメリカの状況をインフォグラフィックにしています。

米国のネット選挙運動の歴史をまとめたインフォグラフィック

...米国のネット選挙運動の歴史をまとめたインフォグラフィックツイッター選挙といわれたアメリカの大統領選。日本でも数年前からネットを利用した選挙活動解禁の運動はありましたが、今夏の参院選からようやく解禁される見込みです。そこで、日本がこれから参考にできる(かもしれない)アメリカのネット選挙運動の歴史を、分かり易くインフォグラフィックにまとめてみました。インフォグラフィックの最後に、日本のネット選挙運動解禁の動きも簡単にまとめています。Please Enjoy! — SEO Japanアメ...

2013年3月19日アイレップ★フィードバック数:10社会/政治

情報源にフォーカスしています。

有権者1,000人に聞いたネット選挙解禁に関する意識調査

...ホーム ニュースアイレップ デジタルマーケティング レポート 有権者1,000人に聞いたネット選挙解禁に関する意識調査 ネット選挙解禁で、情報収集にネットを活用する有権者が8割に! ~SNSを活用して候補者・政党と関わっていきたい有権者は約3割 候補者・政党からのメールを受け取りたい有権者は約1割 検索エンジンによる検索結果上位20件が選挙に影響する可能性大~アイレップ デジタルマーケティング レポート有権者1,000人に聞いたネット選挙解禁に関する意識調査ネット選挙解禁で、情報...

2013年2月26日ジャストシステムフィードバック数:2社会/政治要登録

ネット選挙に関する意識調査

...「ブログ」を利用した選挙活動に6割は賛成だが、「SNS」での活動は意見が二分ネット選挙に関する意識調査ネット選挙が解禁された場合、なりすまし・誹謗中傷・スパムを不安視調査結果サマリー「ブログ」を利用した選挙活動に6割は賛成だが、「SNS」での活動は意見が二分セルフ型ネットリサーチ「Fastask」にて、政党や立候補者個人が「ブログ」「SNS」などを利用して選挙活動を行うことに対する考えを聞いたところ、「ブログ」は約6割の人が賛成と回答し、「SNS」は賛成と反対が二分する結果となりました。また...

2012年12月11日Amazon★フィードバック数:85マーケティング

Amazonのランキングです。機械的な表示ですがカテゴリー別など情報量は多めです。

Amazon.co.jp「2012年年間ランキング」

...オープンしたKindleストア。記念すべき最初の年間ランキング・総合第1位は、ネット界の寵児・津田 大介が動員の革命、政治家のSNS利用、ネット選挙、オープンガバメントなど、社会への新しいアプローチを説いた『ウェブで政治を動かす!』。年末の衆院選を前に読んでおきたい注目の一冊… Amazon MP3ストアのランキングには配信限定タイトルやお買い得なコンピレーションなど、CDのランキングとはカラーの異なる配信ならではの楽曲やアルバムがランクイン。2012年楽曲総合ランキング第1位は、「人間活動中」の宇...

2011年9月14日リファイドフィードバック数:1社会/政治

野田内閣の支持率調査 - 株式会社リファイド

...検索アンケートサイト「Q-VOICE」を運営する株式会社ゲインは、ニュースサイト「ネット選挙ドットコム」を運営する株式会社リファイドと共同で、野田内閣の支持率調査を実施しました。 支持率は38.9%。新聞各紙やテレビ局が実施した同時期の調査と比べ、平均23%も低い辛口の評価。また、34.9%が1年未満の短命内閣と予想。 アンケートサイト「Q-VOICE」を運営する株式会社ゲイン(東京都港区、代表:岡田隆太朗)は、自社...

衆院選におけるインターネットユーザーのネット内行動の動向

...に新しいと思います。日本では、公職選挙法などが関係し、“ネット選挙”の解禁までは至っておりません。ただし、今回の衆院選では、ポータルサイト・新聞社サイトなどにおいて衆院選に関する特設コンテンツやユーザー参加型のコンテンツなど様々な展開が積極的に行われ、またユーザー自身のブログなどでの情報発信も含め、「選挙」というイベントにおいてインターネットが関わる機能・役割が大きくなっているのは、疑う余地はありません。 当社が提供する各種サービスを元に、ユーザーの行動を検証してみた主なポイントは次の通りです。なお、デー...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ