調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:次世代自動車

データがいっぱい:次世代自動車

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。電気や水素など、化石燃料以外のエネルギーを使う次世代自動車については、その普及状況や世間における評判など、多くの調査が実施されています。

2021年5月13日パーク24フィードバック数:0デジタル家電

半数以上がガソリン車以外の購入を考えた経験あり 電気自動車を購入検討するために必要なのは「価格の手ごろ感」

...者はガソリン車以外を検討したことが「ある」と回答した人が61%となっており、非保有者に比べ14ポイント高くなりました。ガソリン車以外で購入を検討したことがあるクルマの種類は、「ハイブリッド車」71%がダントツでした。次いで「電気自動車」31%、「ディーゼル車」25%となっています。クルマ保有・非保有別では、「ハイブリッド車」・「電気自動車」・「水素自動車」において保有者よりも非保有者の方が割合が高くなっています。ガソリン車以外の購入を検討したことがある割合は保有者の方が高いものの、非保...

2021年3月25日メンバーズフィードバック数:0ライフスタイル

メンバーズ、「気候変動問題・SDGsに関する生活者意識調査」を実施

...の分別や削減、過剰包装を避ける(56%)」「無駄なものを買わない(55%)」4. SDGsや地球温暖化を意識して、今後取り組みたいと考えている内容トップ3は「ハイブリッド車・電気自動車の利用(37%)」「再生可能エネルギーの電力会社への乗り換え(35%)」「ジェンダーやフェミニズムに関する勉強(34%)」SDGsや地球温暖化に関する企業への印象について 5. 約7割(65%)が地球温暖化に対する企業の取り組みに期待していると回答6. 約7割(70%)が地...

2020年10月28日レソリューションフィードバック数:0大型消費/投資

自動車専門学校に関する調査

...車専門学校に進学したら一番学びたいことを教えてください」と質問したところ、 『一級整備士資格レベルの知識や技術(23.4%)』という回答が最も多く、次いで『ハイブリッド車や電気自動車の技術(18.3%)』『コネクティッドカーや自動運転技術(12.0%)』『二級整備士資格レベルの知識や技術(11.6%)』と続きました。「一級自動車整備士」の資格は、国家資格である自動車整備士資格の中でも最上級の資格です。そのため、試験の難易度も高く、平成30年度第2回(第98回)自動車整備技能登録試験の「一級小型自動車学科試験」の筆記試験合格率は49.3%、「一級...

インターブランド「Best Global Brands 2020」レポート「ブランド価値」によるグローバル・ブランドランキングTOP100を発表

... JAPAN 2019-2020を受賞するなど、2019年の第3四半期で売上は前年度を上回り、Toyotaは日本の企業として初めて30兆円企業となっています。Honda:20位、217億ドル(-11%)Hondaは、主軸である二輪、四輪事業のビジネスで苦戦する一方で、ラリーやHonda Jetなどでは成功を収め、本田技研工業の直下にR&D部門を移行するなど、事業一体のR&Dに注力しています。Hondaはまた2025年までにヨーロッパで販売されるすべての四輪を電気自動車に置き換えることを宣言しました。「人の...

2020年10月5日パーク24フィードバック数:0社会/政治

2人に1人はガソリン車以外の購入を検討したことが「ある」 電気自動車の購入には「価格の手ごろさ」を重視

...2人に1人はガソリン車以外の購入を検討したことが「ある」 電気自動車の購入には「価格の手ごろさ」を重視 パーク24株式会社(本社:東京都品川区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※ の会員を対象に実施した、「電気自動車」に関するアンケート結果を発表いたします。 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 調査結果トピックス① クルマ保有者の77%は「ガソリン車」を保有② 2人に1人は...

2020年8月12日ナイル★フィードバック数:0大型消費/投資

【新型コロナの流行による移動手段の変化を調査】7割以上の人が自家用車や自転車での移動にシフト

....jp/?utm_source=news取り扱い車種:国産全メーカー全車種(電気自動車、バス、トラックなど一部を除く)契約可能期間:1〜11年対象エリア:全国2019年3月にトヨタ自動車などが出資をする「未来創生2号ファンド」を運営するスパークス・グループ株式会社をリードインベスターとし、SBIグループ、AOKIグループなど複数の投資家から15億円の資金を調達しました。(※)「日本自動車リース協会連合会」の会員で個人向けリースを提供している業者の中で、初期費用・ボーナス払いがない金額で比較。2020...

2020年3月6日野村総合研究所フィードバック数:0企業情報システム

野村総合研究所、「ITロードマップ2020年版」をとりまとめ~将来的に大きな進展が見込まれる「ブレインテック」~

...タルアイデンティティがもたらすデジタル変革」「Society5.0におけるサプライチェーンセキュリティ」「ゼロトラスト」などを「デジタル化時代のセキュリティ」としてまとめました。これらのテーマのうち、近年の技術進化に伴い、将来的に大きな進展が見込まれているのが、人間の脳の活動を理解し、その知見をビジネスに活用する「ブレインテック(Brain Tech)」です。この分野では数年先までに、以下のような発展が見込まれます。 ブレインテックの発展 米国の電気自動車メーカー、テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は、2017年に...

2019年11月22日Capgeminiフィードバック数:0社会/政治

World Energy Markets Observatory(世界エネルギー市場展望2019)

...いますが、現時点では、ソフトコスト(受入)や出力の不安定さ、配電を理由に、スケジュール可能な発電源に勝る競争力を持てずにいます。エネルギーに関する技術的ブレークスルーについては、2040年までに工業化が期待されるものはありません。しかしながら、既存の技術の改善により、再生可能エネルギーや電気電池、電気自動車、モジュラー式小型原子炉などの低コスト化が引続き実現するでしょう。さらに、本レポートでは、水素は、貯蔵、可動性、超伝導性の面で、工業化の段階に進む必要があると述べています。また、ハイ...

2019年8月22日グローバルウェイフィードバック数:0キャリアとスキル

自動車・輸送用機器業界の「ストレス度の低い企業ランキング」発表! 1位はトヨタ自動車

...明細情報はこちら> https://careerconnection.jp/review/4497/■自由度の高い在宅勤務制度を導入する「トヨタ自動車」トヨタ自動車は、自動車の世界販売台数がグループで年間1000万台を超える、日本を代表するグローバル企業です。近年は電気自動車やAI(人工知能)にも注力。「自動車メーカー」から、人々の移動を先端技術で支える「モビリティカンパニー」への変革を目指しています。「トヨタ自動車健康宣言」を発表して、社員の健康増進や疾病予防活動に取り組んでいます。その結果、2018年から2年連...

2019年6月27日グローバルウェイフィードバック数:0キャリアとスキル

自動車・輸送用機器業界の「仕事にやりがいを感じる企業ランキング」発表!

...環境を引き寄せるもそうでないのもその人次第と思います」(研究開発/30代後半男性/年収1000万円/2017年度)<その他の「トヨタ自動車」の口コミ・給与明細情報はこちら> https://careerconnection.jp/review/4497/■自由度の高い在宅勤務制度を導入する「トヨタ自動車」トヨタ自動車は、自動車の世界販売台数がグループで年間1000万台を超える、日本を代表するグローバル企業です。近年は電気自動車やAI(人工知能)にも注力。「自動車メーカー」から、人々の移動を先端技術で支える「モビリティカンパニー」への...

2019年2月22日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

自動車の購入に関するアンケート調査(第4回)

...、車非所有者では1割強。非購入意向は3割弱、関東では4割弱と高い。■車の購入意向者が最も購入したい自動車は「ガソリン車」が4割強、「ハイブリッド車」が3割強。「電気自動車」「プラグイン ハイブリッド車」は各5~6%。 【調査対象】「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】インターネット調査(ネットリサーチ)【調査時期】2019年01月01日~01月05日 【回答者数】10,650名【設問数】 7~9問(自由回答の設問が1問含まれます)ローデータには約30項目の登録属性がつきます【調査...

2019年2月20日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

カーボンナノチューブ世界市場に関する調査を実施(2018年)

...概況2018年のカーボンナノチューブ(CNT)世界市場規模は、メーカ-出荷量ベースで前年比118.5%の2,255.8tの見込みである。高価格が課題であった単層カーボンナノチューブでは低価格化が進む傾向にあり、導電性/帯電防止塗料・コート剤や熱硬化性樹脂複合材、ガラス、アスファルト、タイヤなど幅広い用途で採用が広がった。一方、多層カーボンナノチューブではリチウムイオン電池(LiB)導電助剤向けの需要が拡大しており、EV(Electric Vehicle)やPHEV(Plug-in Hybrid...

2019年KPMGグローバル自動車業界調査結果

...ートレーンの動向グローバルの結果ではハイブリッド車とバッテリー自動車への投資計画があるとする回答が7割を超えたのに対して、日本の回答は5割程度にとどまっている。日本で投資意欲が一番高かったのは内燃機関エンジンであったが、そこだけを見てもグローバルの回答割合よりも低くなっており、全体的にパワートレーン技術への投資意欲が低い傾向となった。【今後5年間で投資を予定しているパワートレーン技術】・ハイブリッド車グローバル:71%日本:48%・バッテリー式電気自動車グローバル:71%日本:55%・プラグインハイブリッド車グローバル:68%日本:43%・レンジエクステンダー付き電気自動車グローバル:67...

2019年1月28日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

パワー半導体の世界市場に関する調査を実施(2018年)

...ー半導体の世界市場規模(メーカ出荷金額ベース)は、前年比35.4%増となる3億1,000万ドルとなった。コストダウンが進んだSiC-SBD(ショットキーバリアダイオード)が需要の中心であり、情報通信分野(サーバの力率改善回路)、産業分野(太陽光発電用パワーコンディショナー、産業機器用電源、EV[電気自動車]用充電ステーション)、自動車分野ではEVのオンボードチャージャー(OBC)などで使われている。2018年については、EVのメインインバータ、OBCにSiC-MOSFETが採用されたために、自動...

2019年1月11日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

技術職の年収が高い企業ランキング

...のTOYOTA」に上り詰めた自動車メーカー。海外拠点が多く、グローバルに活躍できる。電気自動車やAIなどの新産業にも着手「メーカーのなかでは給与は高いと感じる。また査定に関しても、妥当であると感じる。上司とフィードバック面談があり、その場で良い点、改善すべき点を述べてくれる」(研究開発/20代後半男性/年収700万円/2018年度)「収入は高いほうと思う。課長クラスまでは年功序列的ではあるが、単に年数を重ねただけでは昇格できない。優秀な人が多く皆さん頑張っているので、結果を出して行く必要はあるが、結果...

2018年12月25日ソニー損害保険★フィードバック数:0大型消費/投資

2018年全国カーライフ実態調査

...の調査結果と比較すると、「軽自動車」を運転している割合は2017年35.9%→2018年34.9%、「コンパクトカー」を運転している割合は2017年19.0%→2018年18.1%と、どちらも昨年と同水準でした。 次に、主に運転している車の燃料(エンジン)タイプを聞いたところ、「ガソリン自動車」が81.6%、「ハイブリッド自動車(HV)」が11.9%となりました。 オプション装備にはいくらくらいかけている人が多いのでしょうか。主に運転している車に付けているオプション装備について、付け...

2018年12月21日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

車載用リチウムイオン電池世界市場に関する調査を実施(2018年)

...、中国)3.調査方法: 当社専門調査員による直接面談取材、ならびに文献調査併用 <車載用リチウムイオン電池市場とは>車載用リチウムイオン電池(Lithium-ion Battery、以下 LiB)は、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、ハイブリッド車(HEV)などに搭載され、自動車のモーターを駆動する。本調査における車載用LiB電池市場は、乗用車及ぶ商用車のマイルドハイブリッド車(SSV、12V、48V)、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車に搭載されるLiB...

2018年11月21日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

自動車・輸送用機器業界の残業が少ない企業ランキング

...「自動車①(国内)」「自動車②(世界)」「エコカー」「自動車部品・タイヤ」「二輪車・自転車」に記載があり、対象期間中に「キャリコネ」に雇用形態が正社員のユーザーから給与・残業情報が20件以上寄せられた企業対象期間:2017年4月1日~2018年3月31日回答者:キャリコネ会員のうち勤務先を評価対象企業に選択した会員※本ランキングはユーザーが投稿したデータをもとに作成しており、企業が公開している残業時間データとは乖離がある場合がありますーーーーーーーーーーーーーーーーキャリコネでは、さま...

2018年11月12日インテージフィードバック数:0大型消費/投資

「EVシフト」の生活者実態調査

...車を検討するとしている人たちのプロファイルや価値観の特性を、ガソリンハイブリッド車またはガソリン車だけを検討している人たちとの比較から見ていきましょう。ここから、電気自動車またはプラグインハイブリッド車を検討するとしている人たちを「EV or PHEV購入意向者」、ガソリンハイブリッド車またはガソリン車だけを検討している人たちを「HEV or ガソリン購入意向者」と表記します。まず年代構成に着目すると、「EV or PHEV購入意向者」は、60代の構成比が40%と最も高く、「HEV or ガソリン購入意向者」での構成比の2倍を占めることがわかりました(図表...

2018年10月12日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

自動車・輸送用機器業界の年収ランキング

...が良い者の伸び率はやや高め。業界水準で見れば、少々少なくは感じるが、大企業ならではの福利厚生は満足できる」(海外営業/20代後半男性/年収400万円)ーーーーーーーーーーーーーーーー <調査概要> 「自動車・輸送用機器業界の年収ランキング」調査対象:『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)の「自動車①(国内)」「自動車②(世界)」「エコカー」「自動車部品・タイヤ」「二輪車・自転車」に記載があり、対象期間中に「キャリコネ」に雇用形態が正社員のユーザーから給与明細投稿が20件以上寄せられた企業対象期間:2015年4月...

2018年5月16日プラネットフィードバック数:0大型消費/投資

車に関する意識調査

...の車を利用している」が45.4%と低くなっていました。こちらの調査では確認できませんが、札幌市在住の回答者が比較的多かったのかもしれません。 車に求めるもの…60代以上で1位の「安全性」、40代以下では何位?車に求めるものは何かを聞きました。1位は「燃費のよさ・環境への配慮(ハイブリッドカー、電気式自動車など)」44.5%、2位「安全性(衝突防止機能など)」38.0%、3位「生活スタイルに合っているかどうか(ミニバン、SUV、スポーツタイプなど)」37.0%、4位「走行性能(加速、安定感)」34.3%、5位「車内...

2018年1月25日FOLIOフィードバック数:0大型消費/投資

2017年 投資テーマ人気ランキング

...では特に体験型観光の需要が注目されています。インバウンド企業を扱う「ようこそ日本へ」の投資も堅調で、パフォーマンスは+39.29%です。購入者数第8位「人工知能」人工知能(AI)は人工的に人間と同等の知能を実現させることを目標にした研究分野であり、Googleの「AlphaGo」などの目覚ましい活躍により、投資分野でも関心を集めています。 2017年の流行語大賞にノミネートされた「AIスピーカー」など、身近な分野でも実用化が進んでいます。パフォーマンスは+6.50%。購入者数第9位「電気自動車」日本や新興国では価格面からハイブリッド車(HV...

2018年1月17日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018 カスタマーが最も注目したのは「マツダ RX-8」

...ら8位に大きく順位を伸ばしており、プラグインハイブリッドのモデルが初めて上位10車種にランクインをしました。 カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー特設サイト■選考方法 2016年11月1日~2017年10月31日の1年間においてカーセンサーnetに掲載されたすべてのモデルのうち 1. 上記の期間中でカーセンサーnetに掲載された総台数 2. ユーザーから寄せられた問い合わせの総件数 3. 掲載された1台当たりの問い合わせ集中率 以上の要素を独自のルールでポイント化し、ポイ...

第38回 2017~2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー

...ペのいずれにも調和している点も支持されている。 授賞理由 先代モデルからPHEVシステムが刷新され、前後モーターの出力が向上。バッテリー容量、燃料タンク容量の拡大により航続距離も延長された。電動走行可能な距離も伸びた上に、ツインモーター4WDを軸とした車両運動統合制御システム・S-AWCの進化でSUVとは思えない軽快なハンドリングを手に入れた点が評価された。 授賞理由 シボレーブランド初のミッドシップスポーツカーながら完成度の高いハンドリングを実現している。502馬力を発生する6.2L V8エンジンを搭載して官能的な走りを披露する一方、日常...

2017年12月12日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

車載用リチウムイオン電池世界市場に関する調査を実施

...用リチウムイオン電池とは>本調査における車載用リチウムイオン電池とは、xEV(12V・48VマイルドHEV、ストロングHEV、PHEV、EV)に搭載されるリチウムイオン二次電池(Lithium-ion Battery 以下、LiB)を指す。また、乗用車及び商用車に搭載されるLiBを対象とする。 <車載用リチウムイオン電池市場とは>本調査における車載用リチウムイオン電池市場は、2016年まではメーカー出荷ベースで、2017年以降はxEVの生産ベースでLiB容量を算出した。調査結果サマリー◆2016年の車載用LiB世界...

2017年11月27日ソニー損害保険フィードバック数:0大型消費/投資

2017年 全国カーライフ実態調査

...動車の人気にかげり?軽自動車ユーザーの割合が昨年比で6.9ポイント減少普及が進むハイブリッド自動車、7年前より10.8ポイント増加4割半が車購入時の「オプション品」を購入、平均購入額24.7万円次に乗りたい車 「軽自動車」は昨年比で6.7ポイント減少もトップをキープ「コンパクトカー」は昨年比4.4ポイント増で初の2位に新エコカー減税の認知者は「ハイブリッド自動車」への買替えを検討する傾向あり愛車との“別れの儀式”ドライバーの4割強が経験あり巻き込まれないか心配なこと 1位「ペダル踏み間違い事故」 昨年6位か...

【自動車部品】特許資産規模ランキング、トップ3はデンソー、日立オートモティブ、矢崎総業

...日立オートモティブシステムズは、「内燃機関の気筒へ直接的に燃料を噴射する内燃機関の制御装置及び制御方法」や、「モータ駆動を応答良く開始させることが可能な3相ブラシレスモータの駆動装置」などが注目度の高い特許として挙げられます。 3位の矢崎総業の注目度の高い特許には「電気自動車やハイブリッド自動車用の電源装置において、芯線がアルミ材で形成されている電線の接続構造」や「高圧電線を備える自動車用高圧ワイヤハーネス及びこの製造方法」などが挙げられます。 上位10社の中で、前年から順位を上げた企業には、日立オートモティブシステムズ、矢崎...

2017年10月10日ニワンゴフィードバック数:0社会/政治

月例ネット世論調査2017年9月

...安倍政権は、一億総活躍の推進、働き方改革、人づくり革命などにより、国民が75歳まで働き続け、年金は75歳から支給するように改める環境整備を進めています。あなたは、「75歳まで現役」とすることに納得できますか、納得できませんか。 Q8欧米各国と中国は環境対策のため、電気自動車への移行を急ピッチで進めており、日産、ホンダ、トヨタなども電気自動車の開発・普及を急いでいます。自動車はまだガソリン車の方が使い勝手がよいとされていますが、あなたは、日本で今後20年以内に電気自動車...

2017年10月5日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム ハイブリッド自動車(6)

...インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 ハイブリッド自動車 】に関するアンケート調査(第6回)ハイブリッド自動車のイメージは「環境に良い」「燃費が良い」が5〜6割、「割高感がある」3割弱。所有車では「燃費が良い」が1位、「割高感」は比率低い マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、6回目となる『ハイブリッド自動車』に関するインターネット調査を2017年8月1日〜5日に実施し、11,149件の回答を集めました。調査...

2017年9月26日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2017年8月報

...企業倒産上場企業の倒産は発生しなかった。2017年では、東証1部上場のタカタ�梶i民事再生法、6月)の1件が発生。■景気動向指数(景気DI)景気DIは47.7、消費税引き上げ後最高を更新2017年8月の景気DIは前月比0.1ポイント増の47.7となり、3カ月連続で改善した。有効求人倍率が高水準で推移するなど雇用・所得環境が改善するなか、エコカー減税などを受けて購入した自動車や家電など耐久消費財が、買い替え時期を迎えたことはプラスに働いた。また、災害復旧・復興工事や東京五輪需要も好材料となったことで、全体のほか複数の業界・規模・地域...

2017年9月26日パーク24フィードバック数:0大型消費/投資

「ガソリン価格とクルマの利用」に関するアンケート

...リン価格が高騰した際の購入検討車両の種類に変化が見られるかもしれません。※2017年6月9日当社発表の「電気自動車に関するアンケート結果」より■調査概要調査対象:タイムズクラブ会員(2016年6月23日以降に入会し、直近でタイムズ駐車場・B-Times・タイムズカープラス・タイムズカーレンタルを利用された方)調査方法:非公開型インターネットアンケート調査期間:2017年6月23日~2017年6月29日有効回答者数:7,405名 ― お問い合わせ先 ―パーク24株式会社 企画管理本部グループ企画部(広報) 小田原・渡邉・小沼...

2017年9月18日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2017年上半期のエンジンオイルの販売動向

...実施したエンジンオイル交換に関する調査※3によると、エンジンオイルの交換頻度は、半年に1回以上が48%、また走行距離では5,000㎞以下の交換が44%を占めた。これらの割合は2015年8月の調査と比べると、それぞれ9%、11%減少した。マニュアルに記載されているエンジンオイルの交換目安が、エコカー等では従来より長くなっていることが影響していると考えられる。エンジンオイルの定期的な交換促進は、業界にとってより難しい課題となりそうだ。 ※1 全国のカー用品店、ガソリンスタンド、ホームセンター、インターネット通販の 販売実績を元に、市場...

「世界で最も革新的な企業」100社、セールスフォースが3年ぶり首位に

...Forbes Corporate Communications,Forbes Staff米フォーブス発のニュースを配信翻訳記事フォローするKen Wolter / Shutterstock.com フォーブスは8月8日、今年の「世界で最も革新的な企業」リストを発表した。7度目のランキング発表となる今回は、3年ぶりに米のIT企業セールスフォースが首位に返り咲いた。2位は昨年まで2回連続でトップだった米電気自動車(EV)大手のテスラ。3位のアマゾンは、上場から20年目となる今年、前回から8つラ...

2017年7月5日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2016トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

...で日産自動車、本田技研工業となりました。【自動車メーカー 他社牽制力ランキング2016 上位10社】 1位トヨタ自動車の最も引用された特許は、「ワイヤレス給電のコイル」に関する特許(特許第4453741号)で、後発の特許8件に審査の過程で拒絶理由として引用されています。企業別にはTDKの2件をはじめ、三菱電機エンジニアリング、東芝、LG INNOTEK、矢崎総業などとなっています。このほかには、トヨタホームとの共同保有である「複数台の電気自動車やハイブリッド車に対する充電制御」(特許第4333798号)や...

2017年6月29日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニサービス(5)

...す。次いで「ローソン」「ファミリーマート」が各1割強となっています。◆コンビニエンスストアの店頭サービスにないと困るもの コンビニエンスストア利用者に、店頭サービスにないと困るものを聞いたところ、「ATM」「公共料金・国民年金や税金・その他支払い」が各3割強で上位2位、「コピー・ファックスサービス」「切手・はがき・印紙」「ゆうパック・宅配便」が各2割で続きます。比率が低いものは、「自賠責保険の加入」「電気自動車充電スタンド」「個人向けローン・キャッシングサービス」「クリーニング取り次ぎ」です。「公共...

2017年6月23日パーク24フィードバック数:0大型消費/投資

「電気自動車」に関するアンケート

...【パーク24】電気自動車の航続距離や充電ステーション数に対する不安は減少傾向 【パーク24】 電気自動車の航続距離や充電ステーション数に対する不安は減少傾向 2017年06月09日パーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※の会員を対象に実施した、「電気自動車」に関するアンケート結果を発表いたします。□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 調査結果トピックス ① 電気自動車 1...

2017年5月31日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム コンビニサービス(5)

...す。次いで「ローソン」「ファミリーマート」が各1割強となっています。◆コンビニエンスストアの店頭サービスにないと困るもの コンビニエンスストア利用者に、店頭サービスにないと困るものを聞いたところ、「ATM」「公共料金・国民年金や税金・その他支払い」が各3割強で上位2位、「コピー・ファックスサービス」「切手・はがき・印紙」「ゆうパック・宅配便」が各2割で続きます。比率が低いものは、「自賠責保険の加入」「電気自動車充電スタンド」「個人向けローン・キャッシングサービス」「クリーニング取り次ぎ」です。「公共...

2017年4月10日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

一都三県別 中古車購入人気動向レポート

...、2016年度冬季「一都三県別 中古車購入人気動向レポート」を発表いたしました。※1 リクルートが運営する中古車情報のアプリ。中古車の検索や販売が可能です。「カーセンサー中古車検索アプリ」 全体まとめ中古車もトレンドはエコカー! ファミリーカーの定番ミニバンは各都県ともに売れ筋TOP!東京都⇒三県とは違う路線を貫く東京都。中古車といえども最新モデルを好む傾向。 神奈川県⇒埼玉・千葉と似ているものの、土地柄からか外車の比率が高めの結果に。 埼玉県⇒定番車が好まれる埼玉。賢く...

2017年4月6日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

軽自動車に関するアンケート調査(第4回)

...のはボックス型にかたよりすぎ。(女性38歳)・電気自動車やハイブリッドカーがあるとよい。(女性44歳)・音がうるさいので、静かな設計のものや、内装がもう少しゆったりとした厚みがほしい。(女性66歳)・マイボイスコムが提供する「アンケートデータベースMyEL(ミエル)」に会員登録すると、このアンケートの詳細データがご覧いただけます。・この調査以外にも、食、住、家庭用品、流通、情報通信、金融、季節催事等の多ジャンルのアンケート結果が多数閲覧できます。・各調査の単純集計、クロス集計、自由回答、ロー...

2017年4月4日PSソリューションズフィードバック数:0デジタル家電

「瀬戸内カレン」利用実績及び利用者アンケート

... Platform」を採用しています。※1 先進技術を用いた立ち乗り電動二輪や町中での利用を想定した1~2人乗りの小型電動コンセプトカーなどを包括する次世代自動車の概念です。※2 移動体、モビリティに特化したIoT「瀬戸内カレン」は2017年3月26日のサービス開始から1年間で2,724名の方にご利用いただきました。また、利用者へアンケート調査を行い222名から回答を得た結果、73.9%の方に“大変満足”と回答いただいた他(図1)、豊島に今後訪問予定の知り合いがいた場合に“絶対に勧める”と回答した利用者は55...

2017年3月31日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

読書頻度に関するグローバル調査

...・燃料電池自動車に関する消費者調査」GfK Japanは、全国のドライバー約15,600名に対し、洗車状況に関するインターネット調査を実施し、その結果について発表した。 「ゴルフウェアに関する購買行動調査」GfKジャパンは、過去1年以内にゴルフウェアを購入したゴルファー約2,300人に対してゴルフウェアの購買行動に関するインターネット調査を行い、その結果を発表した。 「2019年上半期 家電・IT市場動向」GfKジャパンは、全国の有力家電・IT取扱店の販売実績データ等を基に、2019年上...

2017年3月29日イードフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

e燃費アンケート2016-2017

...く節約、楽しくエコロジー”するサービスです。実燃費の計測、全国のスタンド情報、ユーザー同士のクチコミ情報など、様々なコンテンツが用意されています。 その他にも「e燃費」では、ガソリン車だけでなく電気自動車(EV)をはじめとする、次世代自動車に関するサービスのご提供や調査レポートも行っております。 e燃費は今後とも「クルマ」「エコ」「社会」などをテーマに情報発信し、皆様のエコカーライフを応援してまいります。■本リリースに関するお問合せ 担当:e燃費事業部 石原正義 問合せ窓口はこちら ■取材...

2017年3月17日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2016~2017年シーズンにおける乗用車用冬タイヤの販売動向

...ズン乗用車用冬タイヤ販売動向】2016-2017年の冬タイヤシーズン(2016年9月~2017年2月)における乗用車用冬タイヤ販売は本数、金額ともに前年比7%増となった(図1)。当該シーズンは降雪地域を中心とした前シーズンの販売不調、2014年に始まったエコカー減税時の新車購入者による履き替え需要、主要モデルの新旧の入れ替えに伴う値引き販売等から、期待値が高かった。しかし実際の商戦の滑り出しは低調であった。週次の動向をみると、10月第4週までは多くの週で前年を下回り、9月第1週から10月第4週(9月5日~10月30日)の販...

2017年1月27日帝国データバンク★★フィードバック数:0ビジネス

個人消費活性化に対する企業の意識調査

...に良い」と回答した企業は0社で、個人消費動向について非常に厳しい見方 過去に実施された消費活性化策で効果のあった政策は、「所得税減税」(43.9%)が最高。2位は「エコカー減税・補助金」(40.9%)、3位は「住宅ローン減税」(37.3%)となり、減税にともなう消費者の負担軽減策が上位に。さらに、4位「エコポイント制度」(23.1%)と5位「プレミアム付商品券」(18.8%)には付加サービスが得られる政策が続いた 個人消費活性化には「賃金の増加」(74.3%)が突出。以下、「将来不安の払拭(年金...

2017年1月17日KPMGフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年KPMGグローバル自動車業界調査

...シェアリングは4位に大きく上昇した。プラットフォームやモジュールの標準化推進はグローバルでは6位であったが、日本では2位に位置付けている。【日本】2. プラットフォームやモジュールの標準化推進 4. サービスとしてのモビリティ/カーシェアリング ※「極めて重要」と選択した回答者の割合 2.パワートレーンの動向今後5年間のパワートレーン技術の投資先として、プラグインハイブリッド電気自動車がトップとなっている。ただしいずれの選択肢も5割前後の回答割合となっている。日本の回答ではバッテリー式電気自動車...

2017年1月12日アイティメディアフィードバック数:0マーケティング

スマートジャパン 記事ランキング2016

...めの太陽光発電、各国が苦しむ理由とは東京電力が大失態、スマートメーターの設置に大幅な遅れ“セット割”に勝負を託す、東京電力の新料金プラン「水路で発電」を低コストに、3人で設置できるマイクロ水車ソーラー充電が可能な「プリウスPHV」、太陽光でどこまで走るか落差1メートルの水路でも発電可能、設置も簡単な小水力発電機発電していないFIT認定はどんどん取り消し、新制度が2017年4月に開始熱源に「貼るだけ」で発電するシート、積水化学が2018年度に製品化へプレスで作る「全固体電池」、電気自動車に向く  1年間...

2017年1月12日アイティメディアフィードバック数:0大型消費/投資

MONOist オートモーティブ 年間ランキング2016

...、Volkswagen(VW)が電気自動車へシフトする姿勢を明確にした他、トヨタ自動車は全社的に大規模な組織変更を行うなど自動車メーカーの経営戦略にも変化がありました。さらに、ある自動車メーカーが長年にわたって続けてきた不正も明らかになりました。 そんな1年間で、MONOistのオートモーティブフォーラムで多く読まれた記事を振り返ってみます。2016年に公開した記事の読まれた回数ランキングをご紹介します。デザイン、安全技術、環境技術……それぞれがトップ3に クラ...

2017年1月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子情報産業の世界生産見通し2016

...りにマイナスとなる見込み。2017年の国内経済は、官公需の下支えのもと、緩やかな景気回復基調が続く見通し。国内で生産する小型・薄型・省エネに貢献する高信頼性電子部品や半導体は、スマートフォンの高機能化や、自動車の運転支援機能の向上・電気自動車の増加など電装化率の向上により増加が期待できる。また、パソコンやカーナビゲーションシステムでの国内需要増加も見込めることから2017年はプラス成長を見通した。日系企業の国内生産比率は39%となり、「ディスプレイデバイス」(日系国内生産比率93%)、「サーバ・ストレージ」(同74%)、「半導...

2017年1月10日all engineer.jpフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年、「技術的にすごい」と製造業エンジニアがうなったヒット製品

...的に低燃費化が進んでいると思った<ノート e-POWER>・電気自動車に近いハイブリッド車でリーフで培った電気自動車の技術が応用されていてすごいと思った・エンジンで発電し、モーターで走る逆転の発想が面白い。価格も手ごろで、純粋な電気自動車の普及への道筋を確かなものにする事が出来そうな予感がする・自分で発電機を持つという意味で、電気自動車の航続距離の短さをカバーしているところがすごい。気軽に電気自動車の優れた加速度性能を生かせる車だと思った・エンジンの発電効率がエンジンの自身を動力にするよりも効率が良いことがすごい・ブレ...

2017年1月5日ソニー損害保険フィードバック数:0大型消費/投資

2017年新成人のカーライフ意識調査

...人の厳しいコスト意識がうかがえます。また、全体の平均額は17,624円となりました。 カーライフに掛けられるお金の平均額を過去の調査結果(2012年〜2016年新成人)と比較すると、自分の車を持っている方の平均額は5年前より9,000円近く減少(2012年27,662円→2017年18,820円)しました。2014年ごろまでのガソリン価格の高騰がここ数年で落ち着いたことに加え、燃費の良いエコカーや維持費が比較的安価な軽自動車など、自身の掛けられる金額に見合ったマイカーを上手に選択することで、コス...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ