調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:ポケモンGO

データがいっぱい:ポケモンGO

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。一大ブームとなったポケモンGOについては、関連調査データもぐっと増えています。

2020年5月8日ネオマーケティング★★フィードバック数:0ライフスタイル

withコロナで消費者の意識はどう変わる?2020年ライフスタイルに関する調査

...自粛によりできなくなったことの中で、オンラインでできそうなもの、やってほしいことがあればご自由にお書きください。(自由回答)【n=2000】 ■一部抜粋 ・VR等を活用した身体を動かす何か。(男性、20代、兵庫県) ・アイドルとゲームをする。(男性、30代、京都府) ・プロスポーツ選手の練習映像や練習風景の生配信。(男性、30代、大阪府) ・uber eatsが地方にほしい。(男性、40代、愛知県) ・スポーツの配信。(男性、40代、神奈川県) ・ポイント倍倍セール。(男性、40代、兵庫県) ・ポケモンgoのリ...

2020年4月27日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2020年3月度)「note」利用者の約9割に、課金経験

...結果サマリー 企業や団体などが開設し、ユーザー自身が登録している「 LINE 公式アカウント」につ... 調査結果サマリー 今年、マーケティング担当者が注目したキーワードは、1位「人工知能」、2位「ポケモンGO」 ... 調査結果サマリー 3人に2人が、中古車アプリで、購入予定のない車を見て楽しむ 中古車アプリを利用している... 調査結果サマリー CtoCサービス利用経験者に、現在利用中のサービスを聞いたところ、「メルカリ」を挙げた人が最も多く(52... 調査結果サマリー 旅行先で、投稿者は「ファ...

2020年4月20日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

動画&動画広告月次定点調査 2019年総集編

...っと前ですが割と刺激的な見出しの記事を目にしました。 “Googleは... 定性調査ってなんだろう? 定性調査と定量調査の違いとは? どのような手順で調査するの? 定性調... 【記事要約】 この記事では話題の「ポケモンGO」での体験をヒントに、ジオフェンシングを活用した「O2O」のあり方につ... 【記事要約】 2016年、スナチャをはじめとしたエフェメラル系SNS(消える系SNS)がマーケティング界隈で話題になりまし... 目次: プレスリリースとは プレスリリースの主な目的 掲載の可能性をあげるための3つのポイント 参考事例-調査デ... 目次...

2020年3月17日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

出前アプリ利用に関する実態調査

...要約】 この記事では話題の「ポケモンGO」での体験をヒントに、ジオフェンシングを活用した「O2O」のあり方につ... 目次: 「100億円あげちゃうキャンペーン」で一気に知名度を上げたスマホ決済 スマホ... 【記事要約】 この記事では、SNSマーケティングにおける、最新のアカウント運用事例やキャンペーン事例、SNS広告の現状... 1、そういえばフリマアプリがここ数年でずいぶん伸びた。 フリマアプリ、伸びていますね。 MRCが全国の15歳から69... 【記事要約】 今回の記事では、最近SNSで見...

2020年1月31日エンターブレインフィードバック数:0エンタテインメント

ファミ通モバイルゲーム白書2020

...、自社が運営するエンターテイメント分野ユーザーリサーチシステム「eb-i」のデータを用いて、モバイルゲームユーザーの実態を調査しています。 本調査では、国内の各タイトルが週あたりにプレイされた時間を集計し、拡大推計した「1週あたりの総プレイ時間」としてランキング化しました。 2019年、国内で最も遊ばれたモバイルゲームは、「ポケモンGO」です。2016年の配信以来、非常に多くのユーザーに継続的に遊ばれていることが分かります。 2019年の新作としては、3位に9月配信の「ドラ...

2020年1月28日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

YouTube「バンパー広告」視聴経験者の25.2%に、その「商品の検索」経験

...結果サマリー ポケモンGOユーザーの約6割が出現ポケモンに合わせて歩く道順を調整 ... 調査結果サマリー 首都圏のタクシー利用者のうち、約2割が「スマホアプリ」から配車依頼の経験あり 首都圏在... 調査結果サマリー 最も使われている電動歯ブラシのメーカーは、「ブラウン」 電動歯ブラ... 調査結果サマリー 自ら調べて生命保険を選んだ人のうち、39.2%はその保険を他人に勧めたい 人に勧めたい... 調査結果サマリー 三大共通ポイントをひとつに絞るなら「楽天スーパーポイント」 Tポイント、楽天...

2019年9月30日MM総研フィードバック数:0マーケティング

フリマやシェアリング等のコンシューマーアプリの利用実態調査

...)」19.3%、「QRコード決済」16.6%と続く。カーシェア、シェアサイクルはそれぞれ1.9%、1.4%だったが、利用意向の項目で見ると全体の4.7%、3.2%を占めた。【図1】(※)GPS連動型…「ポケモンGO」などの位置情報を利用したゲーム利用率1位のフリマアプリは、経済産業省『電子商取引に関する市場調査』によると2018年度の推定市場規模は6,392億円に上り、2017年度と比較して132%の規模となった。スマホ1つで手軽に始められる点や、自分...

2019年9月5日App Annie★★フィードバック数:0モバイル

<App Annie調べ>2019年上半期 国内アプリTOP10ランキング発表

...の人気を誇っていることが分かります。現在、収益額のトップ10は、日本のアプリパブリッシャーが8割を占めていますが、ここで注目すべきは、「荒野行動」と「Pokemon GO」の2つの海外ゲームアプリがランクインしている点です。このランキングの結果から、今後、中国やアメリカのゲームアプリが日本での収益を見込み、日本のゲームアプリ市場への参入が増加していく可能性があります。非ゲームカテゴリー収益ランキングは、マンガ・マッチング・動画アプリの人気が顕著ゲームを除くカテゴリーにおいての、収益ランキングは、漫画、マッチング、動画...

2019年7月30日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

電動歯ブラシの利用に関する実態調査 最も使われている電動歯ブラシは、「ブラウン」

...残しがなくなってスッキリしそうなのは容易に想像できるのですが。私の場合の「利用しない理由」は、「場所を取りそうだから」です。独立型洗面化粧台ですが、狭くすでに物でパンパンです。足元の収納スペースを工夫すれば入るのですが、歯磨きの度にいちいち出し入れするのはきっと無理。できれば外出先などでも使いたいので「コンパクト」で見た目もいいものがあれば、きっと買うと思います! 調査結果サマリー EC利用経験者のうち、「ECで贈り物をしたことも、ECを使って手配された贈り物を受け取ったこともある」人... 調査結果サマリー 30代の3割以上がポケモンGOの利...

2019年7月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年6月度) ファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜く

...結果サマリー スマートフォン利用者の半数以上が「アプリごとに位置情報のオン/オフを使い分け」、1割近くは「位置情報... 調査結果サマリー ポケモンGOユーザーの約6割が出現ポケモンに合わせて歩く道順を調整 ... 調査結果サマリー “ジム女子”が意識して鍛える部位は「お尻」、“ジム男子”は「お腹」 現在、「フィッ... 調査結果サマリー 20~30代女性を中心に、ファッションアイテムの情報収集は「スマホ」にシフト 1年前と... 調査結果サマリー 「タンパク質を意識して食品や飲料を購入」している女性に、その...

2019年4月12日矢野経済研究所★フィードバック数:0モバイル

スマホゲーム市場に関する調査を実施(2018年)

...の課金システムを搭載しないゲームの大ヒットが続いている。「ポケモンGO」ではこれまで市場に登場してこなかったAR(拡張現実)機能と位置情報を組み合わせた斬新なゲームシステムで、老若男女問わずこれまであまりスマホゲームに馴染みのなかった層を中心に社会現象となるほどの人気を獲得した。一方、中国メーカーが2017年に国内へ投入したバトルロイヤルゲーム「荒野行動」では、数十人から100人程度でゲームフィールドをリアルタイムで共有し、時には1人で、時にはチームを組んで相手を倒しながら最後の1人まで生き残りを賭けた戦いを行うというゲームシステムで、仲間...

2019年2月27日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

スマホ利用時の検索手法

...% セルフ型ネットリサー... 調査結果サマリー 利用者、利用意向者の「Netflix」認知度は30.5%。20代では45.4% 有料動... 調査結果サマリー 専業主婦の約半数が、「1年後には仕事に就きたい」 現在、専業主婦をしている母親のうち、... 【記事要約】 この記事では話題の「ポケモンGO」での体験をヒントに、ジオフェンシングを活用した「O2O」のあり方につ... 1.今更ながら"SNS離れ"ってほんとうか? 関東も梅雨明けしたみたいですね。これから夏本番!でもって、あ~またFac...

2019年2月7日KADOKAWA★★フィードバック数:0デジタル家電

ファミ通モバイルゲーム白書2019

...続でトップとなっています。2位以下は、「ポケモンGO」、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」、「パズル&ドラゴンズ」、「モンスターストライク」と続き、ユーザー数が多く、すきま時間で気軽にプレイしやすいという特徴を持つタイトルが並んでいます。2018年国内モバイルゲーム課金売上トップは、2年連続で「モンスターストライク」!本書では、2018年の国内モバイルゲーム売上ランキングを収録しています。年間トップとなったのは、2年連続で「モンスターストライク」となり、売上額は933億円でした。第2位も、2017年に引き続き「Fate...

2018年12月18日エアトリフィードバック数:0大型消費/投資

「ポケモンGOと旅行」に関するアンケート

...海外土産の新定番は『ポケモンGO』の地域限定ポケモン !?4... 海外土産の新定番は『ポケモンGO』の地域限定ポケモン !? 46.5%の人が旅行先で“ポケモンを捕まえた!”経験ありまた、『ポケモンGO』利用経験は女性の方が男性より10%以上多い結果に 総合旅行プラットフォーム「エアトリ」(https://www.airtrip.jp/)を運営する株式会社エアトリ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉村 英毅 以下エアトリ)は、10代~70代の男女892名を対象に「ポケモンGOと旅...

2018年11月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

お一人様消費とSNS投稿に関する実態調査

...によって異なる転職理由、20代は給与よりも「仕事内容」 転職活... 調査結果サマリー 2019年9月度調査において、「AIスピーカー」を所有している人※1のうち、「ほぼ毎... 調査結果サマリー 利用しているパソコンのOSについて聞いたところ、2019年度1月度調査では「Wi... 調査結果サマリー 20代の「ポケモンGO」利用率が、7月の6割から3割に激減 スマー... 調査結果サマリー 今年、マーケティング担当者が注目したキーワードは、1位「人工知能」、2位「ポケモンGO」 ... 【記事要約】 今回...

2018年11月1日伊藤園フィードバック数:0ライフスタイル

北米ビジネスマンの飲料実態調査

...Twitter社、『Pokémon GO』の開発で有名になったテクノロジーカンパニーのナイアンティック社でも社員の健康を促進するために、日本の伊藤園の「お~いお茶」が導入されています。 ⇒ポケモンGOのナイアンティックでお茶会!?「お~いお茶」で緑茶ブームを仕掛けた伊藤園の新たな取り組み!リフレッシュ効果から文化や精神性まで、お茶の深い魅力を海外に発信。2018年8月9日、株式会社伊藤園はアメリカのサンフランシスコにあるポケモンGOで有名な、モバ...

「スマホゲーム」についてのアンケート調査

...もハマっているゲームで最も多く名前が挙がったのは「LINE:ディズニー ツムツム」。次いで「ポケモンGO」「パズル&ドラゴンズ」など。・最もハマっているゲームの継続期間は「3年以上」が23.1%で、比較的長く続いている様子。・ハマっている理由は「スキマ時間で楽しめる」「無心でできる」「キャラクターが可愛い」「単純で面白い」「無課金でも長時間遊べる」などのほか、「飽きてきた頃にイベントがある」「新キャラが毎月追加される」など。ゲームに飽きさせない工夫が見られる。・一度やってみたゲームをやめた理由は「飽きた」62.4%、「課金...

2018年5月30日テスティーラボ★フィードバック数:0デジタル家電

【若年層男女1,057名対象】VR/ARに関する調査

...(拡張現実)とは現実世界を「拡張する」表現や技術を表す言葉です。「Instagramのストーリーズ」や「ポケモンGO」代表として、スマホやタブレットのカメラ映像に表示される現実世界の映像に対して、位置情報などのデータや、実際にはその場にないはずの映像やCGを重畳させて表示するといったものです。説明後、全員を対象にARの体験率を調査したところ「体験したことがある」と回答したのは、10代で、20代でとなりました。ARという言葉の認知度は3割以下ではあるものの、体験...

2018年2月19日Gzブレインフィードバック数:0エンタテインメント

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」登場で10代のスマホゲームユーザーが増加! ~『スマホゲームユーザー分析2018』発売~

...ートフォンを所有するようになり、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」の配信によって、スマホでも「どうぶつの森」を遊ぶようになったことが伺えます。2017年も引き続き好調の「ポケモンGO」や「LINE:ディズニー ツムツム」!性別によって異なる特徴も。2017年週当たり※における、スマホゲームのプレイ人数について男女別に調査をしました。男性のランキングで首位となったのは、「ポケモンGO」です。そのほか、6位に「実況パワフルプロ野球」、9位に「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」といった、スポ...

2018年1月24日テスティーラボフィードバック数:0マーケティング

【2017年】テスティー版 ”BUZZランキング”

...く遊ばれていることが判明しました。11月にTesTee Lab!にて事前調査を行った「どうぶつの森 ポケットキャンプ」は、いずれの年代においても女性を中心に支持されている結果となりました。また、「ポケモンGO」は10代ではランクインしなかったものの、20代、30代以上の男女にプレイされていることがわかりました。特徴的だったのは30代以上の男性で、他の性年代では挙がらなかった「みんなのゴルフ」や「実況パワフルプロ野球」など、昔から根強い人気のあるスポーツゲームのスマホアプリ版の名前が多数寄せられました。2017年の...

2018年1月12日GT-Agencyフィードバック数:0エンタテインメント

クリエイターアンケートで振り返る2017年スマホゲーム業界Vol.3【年末企画】

...インクロニクル』、『三国志大戦』シリーズ ーー2017年で一番気になったスマホゲームはなんですか?『ポケモンGO』。新作じゃないですが、今夏から入ったレイドボスのシステムによって、格段に楽しくなりました。作り手側の視点で面白いなあと思ったのは、相変わらず、ゲームとしては何のバランスもとられていないということ。どれだけ最強のポケモンを揃えて属性相性も完璧にしても、高難度ボスは倒せないし、ボスの回りに20人集まりさえすれば、弱いポケモンでも最強ボスを瞬殺できちゃう。ゲームバランスもクソもない。でも楽しい。それは、ゲー...

2017年10月24日花王★フィードバック数:0モバイル

ポケモン GOの「楽しさ」は体も心も動かす

...TOPくらしの現場から[くらしの現場レポート] ふだんの生活に嬉しい変化 ポケモン GOの「楽しさ」は体も心も動かすポケモン GOの「楽しさ」は体も心も動かす 位置情報ゲームアプリ『ポケモン GO』(以下、ポケモン GO)は、街のあちこちに現れるポケモンを見つけ、捕獲・進化・バトルなどをさせて遊ぶ、キャラクターと現実の街が一体となったゲームです。日本では2016年7月に配信がスタートし、若者から高齢者までもプレイを楽しんでいます。これ...

2017年10月16日勝手にランキングフィードバック数:0モバイル

ポケモンGOって、今でも人気? 実は、日本でもトラブルは起きていた……?

...ポケモンGOって、今でも人気? 実は、日本でもトラブルは起きていた……?世界的に大きな社会現象となった「ポケモンGO」を、皆さんは覚えていますか……?当時は偽アプリが出回ったり、歩きスマホや深夜に多くの人がレアなポケモンを求めて出歩くなど、マナーの問題なども大きく取り上げられていましたよね。あれから1年経った今、当時のプレイヤーはどうしているのでしょうか?今回は、プレイヤーが実際に体験したことなどを絡めながら、現在のポケモンGOについて見ていきたいと思います。 今も続けているのは、半数...

2017年8月20日マイナビ★フィードバック数:0モバイル

ポケモンGO、今プレイしてる? やめた理由は?

...レポート ポケモンGO、今プレイしてる? やめた理由は? 目次 リリースから1年と少し経ったポケモンGO。伝説のポケモンやレイドバトルなどの新要素が加わったことで人気が再燃しているという噂ですが、実際のところはどうなのでしょうか。そこで、マイナビニュースがポケモンGOに関するアンケート調査を実施したとのこと。果たしてどんなデータが集まったのか、担当編集の藤谷さんが結果を知らせに来てくれました。藤谷: 岡安さん、マイナビニュースの人気企画、「アンケート調査」って知っていますか?岡安: いや...

2017年8月17日ナイル★フィードバック数:0モバイル

Ingress エージェント利用端末をアンケート調査

...身がデータの集計に慣れていないため見にくかったかもしれませんが、端末選びの参考になれば幸いです。考えてみたら、NIAのサーバには世界中から集められた端末データがあるはず。ぜひ見てみたいですね!国別に違いがありそうでとても興味があります。『ポケモンGO』の場合は、もう少しミドルクラスの端末が増えそうなので、そういう比較データも興味があります。でもそんなことしたら、端末の売れ具合に大きく影響しちゃいますかね?というわけで、ご協力いただいたみなさま。貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。これからも折りに触れてアンケートを実施したいと思いますので、今回...

2017年8月7日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

位置情報アプリに関する利用実態調査

...出現ポケモンに合わせ、約6割のユーザーが歩く道順を調整 位置情報アプリに関する利用実態調査出現ポケモンに合わせ、約6割のユーザーが歩く道順を調整1年前と比べ、ポケモンGO利用率が最も落ちていないのは30代調査結果サマリーポケモンGOユーザーの約6割が出現ポケモンに合わせて歩く道順を調整現ポケモンGOユーザーに、出現するポケモンに合わせて、歩く道順などを意識するようになったかを聞いたところ、「あてはまる」と答えた人は29.3%、「ややあてはまる」の人は34.7%で、合計で64.0%が歩...

2017年5月6日テスティーラボフィードバック数:0ライフスタイル

「お~いお茶」についての市場調査

...答した人は結果となっています。全体のが「不満・要望はない」という結果から、「お~いお茶」への満足度の高さが伺えます。少ないながらも挙げられた不満・要望の中で、複数人から挙げられたものが以下のような意見です。カフェインゼロまたはカフェインの量が少ないものが欲しいペッドボトルが柔らかい、へこみやすい特にカフェインへの要望が複数見られたことから、消費者は妊婦さんや小さな子どもでも安心して飲めるものを求めていると言えそうです。 伊藤園の自動販売機の一部が、「ポケモンGO」のポ...

2017年4月19日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

AIとSTEM(ステム)教育に関する意識調査

...教育分野に携わる方々にもご覧いただきたいと思います。 調査結果サマリー アプリのテレビCMの方が、ストアランキングより、ダウンロードの動機になる人は約3割 「... 調査結果サマリー EC利用経験者のうち、月額費用を支払うことで、自身で選んだ商品ではなく、サービス運営会社が選んだ商品を購... 調査結果サマリー 今年、マーケティング担当者が注目したキーワードは、1位「人工知能」、2位「ポケモンGO」 ... 調査結果サマリー 2018年、「ふるさと納税」をした人は2割弱。前年より増加 2018年にふるさと納... 調査結果サマリー 「バイ...

2017年3月29日テスティーラボ★フィードバック数:0デジタル家電

若年層VR/AR調査

...層における事情のレポートをご覧ください!まず、VRとARについてその意味を簡単に説明します。とは「Virtual Reality(仮想現実)」のことで「作り込まれた現実のような世界」に「ユーザーを飛び込ませる」ような体験を促すものです。現実ではないけれど、現実のように感じさせる技術とも言えますね。とは「Augmented Reality(拡張現実)」のことで、現実世界を「拡張する」表現や技術を表す言葉です。昨年爆発的にヒットしたスマホゲーム「ポケモンGO」にも、このARの技術が使われています。スマ...

2017年3月23日ドゥ・ハウスフィードバック数:0マーケティング

「2016年マイベストヒット」に関する調査

...度「家族との時間」に費やす時間は長いものの、お金はあまりかけられていない2016年の「マイベストヒット」についてのエピソードの一例のご紹介 2016年にヒットした乳酸菌入りのチョコレートとの出会いは「大好きなチョコレートをどうせ食べるなら体に優しいものを」という思いから2016年ヒット商品:話題の映画は認知度が6割となるものの、実際に観た人は1割程度各メディアで話題となった2016年の商品について認知を聴取したところ、最も認知率が高かったのは「ポケモンGO(79.9%)」、次いで「YouTube(70...

2017年2月18日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資

シェアリングエコノミーに関する実態調査【2017年版】

...る利便性向上に期待」 ITを活用することで、より便利... 調査結果サマリー 国産エナジードリンクで、最も認知度が高いのは「RAIZIN」 セルフ型ネットリサーチの... 調査結果サマリー YouTube で、スキップできない、6 秒以下の短い動画広告(バンパー広... 調査結果サマリー EC利用経験者のうち、ネットスーパーを「知っている※1」人は95.0%で、実際に「利... 調査結果サマリー “おにぎらず”の認知度は約7割。20代女性の5人に1人が食べた経験あり 握らないおにぎ... 調査結果サマリー 20代の「ポケモン...

2017年2月9日アイティメディアフィードバック数:0デジタル家電

中古スマホ販売/買取ランキング:販売は「iPhone 5s」が3キャリア+SIMフリーで1位――ゲオ12月編

...売ランキングで上昇。ポケモンGOの影響が予想される。ゲオ、53店舗で中古端末の保証サービスを開始――保証額は5000円〜8万円ゲオが53店舗で中古端末の保証サービスを開始した。保証額は5000円〜8万円の10プランを用意する。支払いは1回でよい。3年前の「iPhone 5s」がいまだに“現役”の理由発売から3年がたとうとしている中で、いまだに売れている「iPhone 5s」。Y!mobileとUQ mobileが取り扱い、iPhoneを安価に運用したい層に訴求している。なぜ5sの人気は衰えないのだろうか。関連リンク...

2017年1月24日MM総研★★フィードバック数:0デジタル家電

ARとVRに関する一般消費者の利用実態と国内市場規模

...ARとVRに関する一般消費者の利用実態と市場規模調査「VR元年」に初の調査(16年11月実施) 2017年01月17日■ 認知度はARが30.9%、VRが47.5%■ ARコンテンツの利用経験はポケモンGOが最も高い■ VR HMDの所有率は3.4%、購入意向は8.0%■ 2016年度コンテンツ国内市場規模はAR 59億円・VR 27億円、VR HMDは55億円の見通し  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は1月17日、AR(拡張現実、Augmented Reality)とVR(仮想...

2017年1月18日テスティーラボ★フィードバック数:0モバイル

『スーパーマリオラン』に関するアンケート

...いてのに調査しました!10代20代の「スーパーマリオラン」普及率は?<10代スーパーマリオラン普及率グラフ><20代スーパーマリオラン普及率グラフ>「スーパーマリオラン」のDL経験者は10代で、20代ではという数字になりました。ともに3割を超える結果となり、以前調査した「ポケモンGO」と比較しても負けず劣らずの普及具合と言えますね。また、「スーパーマリオラン」のDL経験者に、いつDLしたか調査するとこのような結果に。DL経験者のがようですね。流行に敏感な若年層は大半ならではの結果と言えそうです。「スーパーマリオラン」を...

2017年1月15日アイティメディアフィードバック数:0ビジネス

がんばれ!アドミンくん 2016年アドミンくんランキング

...ニーズはこうで競合はこう、市場動向はこう、当社の強みはこうだから戦略はこうなる…… 第516話 ポケモンGOおいおいおい、どいつもこいつも歩きスマホで、あれか、ポケモンなんとかってやつか! 前見てないと危ないだろーが! 第492話 未来が見える未来IoTとインターネットとクラウドとビッグデータと人工知能で、未来は未来がいろいろと見えるようになるのだゾ! 第517話 ポケモンGO(2)おいおいおい、もう10時じゃないか、営業がなんで事務所でグズグズしてんだ。とっとと客先まわって仕事とってこい! 第504話 ネッ...

2017年1月13日ライオンフィードバック数:0大型消費/投資

『ストッパ』受験生実態調査

....0%)」であることもわかりました(図6)。 ■今年の受験生が選ぶ「プレッシャーに打ち勝ち活躍した著名人」、「受験生活でつらかったこと」今年の受験生が選ぶ「2016年にプレッシャーに打ち勝ち活躍したと思う著名人」は、1位「吉田沙保里選手(38.0%)」、2位「内村航平選手(37.5%)」、3位「福原愛選手(29.0%)」と、リオオリンピックで活躍したスポーツ選手が上位に並ぶ結果となりました。さらに、「受験生活でつらかったこと」については、「『君の名は。』を観に行けなかった(22.0%)」、「『ポケモン...

2017年1月12日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2016年スマートフォンゲームアプリに関する定点調査

...は「ツムツム、ポケGO、キャンクラ」スマートフォンを所有する20歳から69歳の男女568人を対象に、スマートフォンゲームアプリの利用について聞いたところ52.9%の人がスマートフォンゲームアプリで遊んだことがあると回答した。 スマートフォンゲームアプリで遊んだことがあると回答した人(N=351)を対象に、ダウンロードして遊んだことがあるゲームアプリを複数回答で聞いたところ、「LINE ディズニーツムツム」が33.0%と最も多く、次いで「ポケモン GO」が30.2%、「パズル&ドラゴンズ」が22.8...

2017年1月11日Baidu★フィードバック数:0マーケティング

中国百度検索より、日本で検索されたキーワードランキング

...ント)中国でも絶大な人気を誇る「ONE PIECE」を抑えて、ポケモンの「可达鸭(コダック)」が1位に。「ポケモンGO」の影響かと思いきや、コダックの頭を抱える姿が「困った」や「悩んでいる」という様子を想像されることからSNSで盛り上がっていた。クイズで不正解になると3日間自分のアイコンをコダックにするということも流行り、11月末から検索数が一気に伸びて1位になったのではないか。ご当地キャラ「熊本熊(くまモン)」は、2015年夏ころから、中国人の間でもじわじわ人気が上がっているキャラクター。【日本...

2017年1月10日all engineer.jpフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年、「技術的にすごい」と製造業エンジニアがうなったヒット製品

...2016年、「技術的にすごい」と製造業エンジニアがうなったヒット製品は――1位「PlayStation VR」、2位「NSX」、3位「プリウス」~「自分も開発に携わりたい」のは「NSX」「iPhone 7」「PlayStation VR」~ポイント「技術的にすごい」製品は「PlayStation VR」「NSX」「プリウス」「買いたい」製品は「iPhone 7」「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」「Raspberry Pi 3」「アイデアがすごい」製品は「ポケモンGO/GO...

2017年1月8日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

会員が注目した2016年記事ランキング(セキュリティ編)

...までのウイルス対策と何が違うのか枯れたはずの「エンドポイントセキュリティ」が再び“熱い技術”になった2つの理由「Pokemon GOでGoogleアカウント情報が丸見え」問題とは何だったのか「IDaaS」は“パスワード認証の悪夢”から逃れるための救世主となるか?図解で分かる 「ランサムウェア」に有効なセキュリティ対策はこれだIoTマルウェア「Mirai」の大規模DDoS攻撃の黒幕は? 専門家が指摘する多くの疑惑Javaのブラウザプラグインがついに廃止へ、「Javaアプレット」の“終活”は?ランキング集計方法期間中(2016年1月〜11月)に掲...

2017年1月8日インタースペースフィードバック数:0モバイル

2016年ママが最も使っていたアプリ・ネットサービス

...年さらに順位を伸ばしており、SNSによるコミュニケーション、スマホによる動画視聴が、より一層ママたちの生活に根付いてきていることがうかがえます。また、「SNOW」や2016年に大きく話題をさらった「ポケモンGO」も全体の10%の利用率を獲得。ママ達への浸透度合いがうかがえます。2015年から2016年にかけて利用率が急伸長したサービス(2015年版・2016年版の比較)■2015年から2016年で利用者の増加が顕著なサービスは「Instagram」2016年はInstagramの利用率が40%を超える結果となりました。本ア...

2017年1月8日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

会員が注目した2016年記事ランキング(情報系システム編)

...ウドで変わるオフィススイート勢力図「Windows 10」無償アップグレード終了で起こる“ドキッ” とすること固定電話を「Skype for Business」に置き換えると起きる“予想外”なこと「Apple Watch」の本気はこれから 今からでも買いたくなる“意外な使い道”とは「Pokemon GO」は楽しいだけではなく街の姿も変える 始まったARの社会実験ランキング集計方法期間中(2016年1月〜11月)に掲載したTechTargetジャパンの情報系システム関連記事について、同期間中のページビュー上位10記事をピックアップしました。計測...

2016年「ブログ流行語」ランキングTOP10

...有名人の不倫に関する話題が目立ったこともあり、新しい報道のたびにブログ上の投稿件数も増える、という流れがみられました。続く4位には、日本のみならず世界的な大ヒットを記録し、社会現象にもなった「ポケモンGO」(155,921件)。また、8月に開催されたオリンピックのタイミングには、5位「卓球」(102,224件)、6位「リオ五輪」(90,082件)の投稿が盛り上がりました。そして、7位になったのは、76,735件で「乳がん」のワード。特に、フリーアナウンサー・小林麻央さんが乳がんと診断されていたことが明らかになった6月9日(木)の翌日には2...

2017年1月6日アットホームフィードバック数:0モバイル

2016年を代表するNo.1アプリ「ポケモンGO」が意外な層に人気!

...カテゴリ記事を探すその他ソーシャルメディア 2016.12.21 2016年を代表するNo.1アプリ「ポケモンGO」が意外な層に人気!この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!みんなにシェアしよう! 2016年もさまざまな話題が生まれましたが、その中でも世界的にブームを起こし、社会現象とも言えるのが「ポケモンGO」。at home VOXでも以前、ポケモンGOの世代・地域別プレイ率について調べました。今回は、7月の配信から約5ヶ月経ったポケモンGOの現在のプレイ率について、アン...

2016年12月25日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

2016年、マーケティング担当者が最も注目したキーワードは?

...2016年、マーケティング担当者が最も注目したキーワードは? スマートフォンに対する媒体注目度が、昨年より13.3ポイント上昇2016年、マーケティング担当者が最も注目したキーワードは?担当者が情報源にするSNSは、「Facebook」が約8割で「Twitter」を上回る調査結果サマリー今年、マーケティング担当者が注目したキーワードは、1位「人工知能」、2位「ポケモンGO」2016年、マーケティング担当者が最も注目したキーワードは「人工知能・AI」(38.8%)で、次いで「ポケモンGO」(36...

2016年12月19日Facebook★★フィードバック数:0マーケティング

2016年ランキング

...Facebook、2016年ランキング発表 ~今年全世界で話題となった動画と画像コンテンツについて~今年も残すところ後少しとなりました。Facebookでは2016年のしめくくりとして、様々な出来事や世界で話題になったトピックや関心事をまとめ、今年1年を振り返ります。あらゆる出来事がFacebookを通してシェアされ、さまざまなコミュニケーションや会話が生まれました。Facebookでは、この1年間にシェアされたコンテンツの中で全世界で大きな話題を呼んだトピックのランキングをお伝えします。アメリカ大統領選挙ブラジルの政治ポケモン...

2016年12月18日日経BPフィードバック数:0マーケティング

「ブランド・ジャパン2017」ノミネートリスト

...レポート/ケーススタディレポート/ケーススタディ当社運営の CCL.が、コーポレート・コミュニケーションの仕事に役立つ情報を発信します。 ソリューションソリューション当社が企業・団体へご提供するコミュニケーション施策は、ブランド、デジタル、コンテンツの3つの切り口で皆様の事業目的に貢献します。 企業情報企業情報日経BPコンサルティングは日経BPの100%子会社です。 最新情報最新情報ブランド調査の最新結果はニュースリリースをご覧ください。 お問い合わせ 「ポケモンGO」「テス...

2016年12月15日マクロミルフィードバック数:0社会/政治

全国2,000名が選んだ「2016年 重大ニュース」

...%) 11位 JR博多駅前で道路陥没事故(28.7%) 12位 相模原の障害者施設 殺傷事件(28.5%) 13位 リオ五輪 日本選手活躍(28.1%) 14位 舛添東京都知事 政治資金疑惑・辞任(24.8%) 15位 ポケモンGO流行(24.1%) 16位 広島東洋カープ25年ぶりリーグ優勝(18.3%) 17位 清原和博 覚せい剤で逮捕(18.2%) 18位 小林麻央 乳がんでの闘病・ブログ開設(17.8%) 19位 相次ぐ乳幼児虐待死事件(16.8%) 20位 ベッキー・川谷 不倫報道(16.1...

2016年12月6日CompTIA★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「Tech on the Horizon: From VR to Bots」(近未来のテクノロジー:VRからBotへ)

...はニュースやリサーチを通じてフューチャーテクノロジーの何らかの知識があることがわかりました。 (注意 :この調査は、拡張現実のコンセプトを持つポケモンGo がリリースされる前に実施されています。) 認知度が高ければ高いほど、そのテクノロジーは、特に消費者テクノロジーである場合、社会と融合しているという証明です。 10 年前、ドローンや人工知能 (AI) といったテクノロジーは、専門の業界紙に載るものとされていましたが、今日ではマスメディアのヘッドラインを飾っています。 全体的に、チャネル企業のテクノロジー理解と、エンドユーザーの認知度は類似しています。それぞれのテクノロジーを見ても、高~中程...

2016年11月30日電通★★フィードバック数:0マーケティング

『話題・注目商品2016』レポート

...者に先行きの不透明感を感じさせました。その結果、消費意欲も力強さを欠き、生活防衛志向が残る一年となりました。 その一方で、「ポケモンGO」や「シン・ゴジラ」「君の名は。」といった久々の大ヒット日本映画の登場、スポーツでは「リオデジャネイロ・オリンピック/パラリンピック」での日本人選手の活躍やプロ野球の「広島東洋カープ セ・リーグ優勝」など、明るい話題も多くみられました。 今回の「話題・注目商品2016」ランキングでも、そうした世の中の流れを反映し、新しい消費を感じさせるものが多く並んでいます。 1位となった「ポケモンGO」は、現実...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ