調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:デジタル広告

データがいっぱい:デジタル広告

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「デジタル広告」については、関連調査データもぐっと増えています。

2021年12月8日Teads Japanフィードバック数:0マーケティング

アテンションエコノミー調査

...いての資料のダウンロードはこちらです。 https://info.teads.com/attentioneconomy-japan2021■TeadsについてTeadsは、26か国に1,000人以上のスタッフを有するグローバルカンパニーです。世界のトップパブリッシャーの良質な記事・コンテンツ内にinReadというプログラマティック・デジタル広告を提供する、最先端のクラウドベースのエンドツーエンドなテクノロジープラットフォームを運営しています。このTeadsのプラットフォームでは、ブランドセーフで安心安全な広告環境のもと、ビュ...

2021年9月2日Reproフィードバック数:0マーケティング

Webサイト活用状況に関するアンケート

...が「デジタルマーケティングの知見があり、施策を実践できるメンバーが足りない」と回答。加えて、59.1%の方が「デジタルマーケティングに関わる人数が不足している」と回答しています。多くの企業がノウハウ・人材不足に悩んでいる現状が明らかになりました。【2】デジタルマーケティング施策の成功は専任の担当者を設置できるか否かにかかっているデジタルマーケティング人材の活用状況についての設問では、各領域の担当者が「専任」か「兼任」かで、成果に大きな差が生まれているという事実が浮き彫りになりました。「デジタル広告...

2021年8月6日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

デジタル広告への寛容度 各国の実態は?

...一人一人に合った広告が随時アプリやブラウザ上で表示されるデジタル広告は、いまや広告の主流となりつつあります。Zenithがリリースした「Advertising Expenditure Forecasts」の2021年7月版によると、2021年における世界の広告支出の58%をデジタル広告が占めることになるようです。日本でも2019年にデジタル広告がついにテレビ広告を抜き、2020年にはその差をさらに広げています。 しかし、デジタル広告も順風満帆ではありません。2021年春、プラ...

2021年7月27日GumGum Japan★★フィードバック数:0マーケティング

サードパーティーCookie排除に伴うデジタルマーケティング施策に関する意識調査

...ことからもコンテクスチュアル広告を使うことにより、ユーザーに対して好意的な認知を形成することに寄与し、ユーザーがオフラインで購買を行う際にも一定の効果があることがわかります。現在多くのデジタル広告が”顧客獲得効率”を目的にした販促としての使い方が多い中、EC化率が高くないオフラインでの購買がまだまだ多い商材については、従来型のTV-CMなどの宣伝広告としてのコンテクスチュアル広告を検討してみる価値があると考えられます。 GumGum活用事例 :飲料メーカー様 自社商品購入率 2.27倍カテゴリー購入率は1.35倍。カテ...

デロイト トーマツ調査、64.5%の広告主企業がデジタル広告不正を認知するも、内容理解は半数以下

...デロイト トーマツ調査、64.5%の広告主企業がデジタル広告不正を認知するも、内容理解は半数以下 ブックマークが追加されました デロイト トーマツ調査、64.5%の広告主企業がデジタル広告不正を認知するも、内容理解は半数以下 ブックマークが削除されました 記事タイトル デロイト トーマツ調査、64.5%の広告主企業がデジタル広告不正を認知するも、内容理解は半数以下 既にブックマークされています デロイト トーマツ調査、64.5%の広告主企業がデジタル広告不正を認知するも、内容...

2021年3月15日電通★★フィードバック数:0マーケティング

2020年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析

...デジタルが共同でインターネット広告媒体費の詳細分析を実施 国内電通グループのデジタル広告領域を牽引する4社(CCI/ D2C/電通/電通デジタル)は、電通が2021年2月に発表した「2020年 日本の広告費」の調査結果のうち、インターネット広告媒体費の内訳を、広告種別、取引手法別などの切り口で分析し、さらに2021年の予測を加えた「2020年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」を発表しました。 2020年の世界的な新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)拡大の影響により、日本の総広告費は6兆1,594億円(前年比88.8%)とな...

2021年3月5日Integral Ad Scienceフィードバック数:0マーケティング

IAS が日本を含むAPAC地域の消費者を対象とした インターネット広告とコンテンツのコンテキスト関連性に関する調査レポートを公開

...結果の3つの主なポイント:1.APACの消費者は、オンラインコンテンツと広告のコンテキスト関連性に非常に敏感:調査対象者の圧倒的多数(インドネシアでは96%、シンガポール91%、オーストラリア86%、日本75%)が、デジタル広告が似たような文脈のオンラインコンテンツ上に表示されることを好むことが分かりました。消費者は、閲覧するオンラインコンテンツに関連性の高い広告に、より高い価値を見出しています。関連性の高い広告は記憶に残りやすいだけでなく、ブラ...

2020年12月1日The Trade Desk Japan★★フィードバック数:0マーケティング

動画配信サービス利用実態調査、昨年と比較して34%の人が地上デジタル放送よりも動画配信サービスの視聴が増加

...で動画配信サービスを視聴する機会や時間が増えれば、今後は大画面でのコンテンツを視聴するコネクテッドTVが普及していくことが見込まれます。The Trade Deskの日本担当ゼネラル・マネージャーの馬嶋慶は「日々変化する生活者のライフタイルに対応するために広告主もマーケティング戦略を柔軟に変えていくことを強いられています。限られた予算の中で効率的かつ効果的にキャンペーンを実施するためにデータを活用したプログラマティック広告の需要が高まっています。デジタル広告戦略において、視聴...

2020年11月27日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

Cookie等を用いたユーザー行動分析の 利用実態調査 2020年版

... MAGELLAN(アドバ マゼラン)に追加~テレビCMをはじめ中長期的なブランド価値向上効果を可視化~ 10月18日は「統計の日」。サイカが統計解析を 活用し、コロナ禍が広告に与えた影響を発表~テレビCMや動画広告の費用対効果が向上~ 10月18日は「統計の日」。サイカが統計解析を 活用し、コロナ禍が広告に与えた影響を発表~テレビCMや動画広告の費用対効果が向上~ サイカ、デジタル広告領域のパートナーとして フルスピードと業務提携ヘルスケア領域を中心に統合マーケティング支援を展開 サイカ、デジタル広告...

2020年11月17日フィードフォース★★フィードバック数:0マーケティング

フィードフォースのデータフィード管理ツール「dfplus.io」、データフィード利用状況調査2020を実施

.../freetrial/ フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。会社名:株式会社フィードフォース 所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F 代表者:代表取締役 塚田 耕司 事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業 Webサイト: 株式...

レポート『対デジタルプラットフォーマー規制強化に伴う地方企業への悪影響』を発表

...タルプラットフォーマーへの規制強化によって地方企業の売上(デジタル広告経由)が、5年間で最大6.47兆円が毀損される可能性。● プラットフォーマーへの過度な規制はむしろデジタル広告出稿市場の萎縮を招き、ひいては地方企業等の売上毀損に繋がるなど、デジタル広告によって現状恩恵を受けている地方企業にも大きなネガティブ影響がもたらされかねないため、慎重な検討が必要。<国内外で加速する「プラットフォーマー規制」の動き>昨今、GAFA(Google, Apple, Facebook, Amazon)に代...

2020年10月23日SMN★★フィードバック数:0マーケティング

SMN、国内コネクテッドテレビ広告市場調査を実施

...コロナウイルス感染拡大による外出自粛の影響を受け、テレビ端末でのインターネット動画配信サービスの視聴需要は大幅に増加。これに伴いコネクテッドテレビ向けに配信される広告量も急増。・今後もコネクテッドテレビ広告の需要は、中期的に急速に拡大することが予想され、2024年の市場規模は558億円に達すると予測。 コネクテッドテレビ広告とは、インターネット回線に接続されたテレビ端末であるコネクテッドテレビ(*1)向けに配信される動画フォーマットを中心としたデジタル広告のことです。米国ではすでに広告主から大きな需要があり、2019年時点で65.5億ドル(約...

2020年10月13日サイバー・バズ★★フィードバック数:0マーケティング

国内ソーシャルメディアマーケティングの市場動向調査

...、1兆12億円規模に。サイバー・バズ/デジタルインファクト調べソーシャルメディア広告向け需要は、企業のマーケティング活動におけるソーシャルメディアの重要性の高まりを背景に、過去継続して拡大を続けています。2020年の広告向け需要は4,932億円、前年比107%と堅調に推移することが見込まれます。広告市場におけるデジタル広告のシェアが高まると同時に、デジタル広告市場におけるソーシャルメディアのシェアもまた年々高まっており、今後もこの傾向が続くことが予想されます。これらを背景に2025年には2020...

2020年10月6日シネブリッジ★★フィードバック数:0マーケティング

シネアドCrossMedia調査レポート

...あたりの態度変容効果を見ると「認知形成、意向形成、イメージ形成」の各指標に対して、シネアドはTVCMとデジタル動画広告に比べて圧倒的に高い効果を示しています。その理由として「視聴者がTVCMやデジタル広告に接触する時とは全く異なる "集中できる環境でCMを観る" 」ことが大きな要因と言えますが、もうひとつの重要な要因として「視聴者にとってシネアドは最も受容性が高い広告である」ということがあげられます。つまり視聴者にとって「シネアドは広告媒体として煩わしくない」ということです。このことはカンター・ジャ...

調査報告 第8弾|緊急事態宣言解除後のスーパーや百貨店等9業種の店舗周りの人流変化調査

...スロケーションズからご連絡いたします。アカウント発行と同時に利用方法のご説明、モニタリング対象地点の登録を行います。結果を確認いただけます。◆ 公共団体・一般企業向け無償キャンペーンの概要Location AI Platform を実際にお試しいただける2ヶ月フリートライアルキャンペーンを行います。ご希望の場所を Location AI Platformにて解析し、地域経済支援やテイクアウトをはじめとした新サービスの告知にご活用いただけます。(デジタル広告やダイレクトメールを配信する場合は別途費用が必要になります。)分析地点数:ご希...

広告プラットフォームの普及率調査

...株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区 代表取締役 野下 智之、以下「デジタルインファクト」)は、国内で提供されている広告プラットフォーム(※1)全99サービスを対象に、普及率調査を実施しました。 本調査では日本のデジタル広告業界関係者(※2)165名に、認知しているサービス、内容をある程度理解しているサービス 、利用実績があるサービス、他のユーザーに勧めたいサービスなど、全7問の質問を実施。回答者が各項目に当てはまると考えている全てのサービスについて回答を得ました。 調査...

2020年3月17日電通★フィードバック数:0マーケティング

2019年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析

...グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやインフォメーションなどをご覧いただけます。 IR情報株式会社電通グループのIR情報はこちらからご覧ください。 2019年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析2020年3月17日株式会社D2C 株式会社サイバー・コミュニケーションズ 株式会社電通 株式会社電通デジタルD2C/CCI/電通/電通デジタルが共同でインターネット広告媒体費の詳細分析を実施国内電通グループのデジタル広告...

2020年3月11日電通★★フィードバック数:0マーケティング

「2019年 日本の広告費」

...億円 5年連続の減少となった。「新聞広告費」「雑誌広告費」「ラジオ広告費」「テレビメディア広告費」はすべて前年割れ。(2)インターネット広告費 2兆1,048億円 大型プラットフォーマーを中心に堅調な伸びが続き、マスコミ四媒体事業者が提供するインターネットサービスにおける広告費「マスコミ四媒体由来のデジタル広告費」(前年比122.9%)や今回追加推定の「日本の広告費」における「物販系ECプラットフォーム広告費」(新設項目)が全体をさらに押し上げた。なお、新設...

2020年3月2日クックパッド★フィードバック数:0ライフスタイル

クックパッド、食ビジネス専門メディア「FoodClip」でリモートワーク増加による検索動向の変化を調査

...利用者が約5,200万人のクックパッドだからわかるリアルな食トレンドクックパッド利用者の検索・アクセスログといったビッグデータ(「たべみる」*1)を活用し、著しく変わるトレンドや検索・調理・購買行動を可視化します。2. 食品業界のカスタマーサクセスから、戦略のシュミレーションが可能「FoodClip」の中では、大手食品メーカーや大手トイレタリーメーカーなどの事例を紹介。テレビCMとデジタル広告を最適配分した結果、マス広告だけでは到達できない層へのアプローチに成功したノウハウや、生活...

2020年2月10日Twitter★フィードバック数:0マーケティング

映画「ジョーカー」における会話のインパクト

...マーケティング映画「ジョーカー」における会話のインパクト アカデミー賞最多11部門でノミネートとなった「ジョーカー」。本日、主演男優賞と作曲賞を受賞されました。実は、テレビ広告とデジタル広告を連動したマーケティング施策を実施し、日本での記録的な興行収入を達成しています。また、Twitterでのキャンペーンでは、会話が大きく盛り上がり、観客動員数増加に大きく貢献することができました。今回は、ワーナー ブラザース ジャパン様にご協力いただき、テレ...

2020年1月31日Integral Ad Science★★フィードバック数:0マーケティング

インターネット広告関係者が予測する業界トレンド発表!

...なインプレッションを超え、素晴らしい印象(インプレッション)を与え続けるためにIASができることについて、くわしくは公式サイトにアクセスしてお確かめください。www.integralads.com/jp/ Fill out the form to sign up for the latest and greatest IAS updates— delivered right to your inbox. フォームに必要事項を入力してください。IASからアドベリやデジタル広告に関する最新トピックをお届けします!...

2020年1月9日ミュゼプラチナムフィードバック数:0大型消費/投資

若者の定番「韓国コスメ」は、55歳以上にも人気。女性の世代別メイク事情をリサーチ

...のサロンによるクロスメディアアプローチが特徴のメディアサービスです。店頭サンプリング、商品モニター、リサーチ、デジタル広告やメールマガジンによるサービス告知などを提供しています。F1層をコアとした全国372万人以上(※)の会員さまへ向け、自社サービスの認知拡大、継続的な収益モデルを検討したい企業様は、ミュゼマーケティングへお問い合わせください。▶サービスの詳細・資料ダウンロードはこちら:https://musee-marketing.com/美容脱毛サロン『ミュゼプラチナム』について“全ての女性のキレイをお手伝いしたい”との想いを込め、2003年に誕生した、高品...

TOPS OF 2019: DIGITAL IN JAPAN

...イルネットビュー Nielsen Mobile NetViewインターネットユーザーデータベースサービス ネットビューライフスタイル パワードバイビデオリサーチインタラクティブ など広告分析ソリューションニールセン デジタル広告視聴率 Nielsen Digital Ad Ratingsブランディング効果測定サービス Brand Lift Plus広告効果分析サービス ニールセン デジタルブランドエフェクト Nielsen Digital Brand Effectデジタル広告モニタリングツール ニールセン デジ...

2019年11月22日パブマティック★フィードバック数:0マーケティング

2019年 日本国内における アプリ内広告の意識調査のレポート

...2019年 日本国内における アプリ内広告の意識調査のレポートモバイル広告の予算がウェブからアプリへとシフトし、CPIキャンペーンだけでなくブランディングのために広告主がアプリ内広告を今後益々活用していくと予想されるなかで、アプリ内広告市場について理解することは重要です。PubMaticは、株式会社デジタルインファクトと共同で、メディアバイヤーを対象に2019年の国内市場のアプリ内広告の意識調査を実施しました。この調査のハイライトは以下となります。デジタル広告...

Web広告が低品質なコンテンツ環境に表示された場合、65%が「ブランドの使用を取り止める」

...Web広告が低品質なコンテンツ環境に表示された場合、65%が「ブランドの使用を取り止める」 IASが、コンテンツの品質が広告認知に与える影響に関する調査レポートを発表 広告業界の透明性を高め、デジタル広告の効果を最大するテクノロジ-とデータをグローバルに提供するIntegral Ad Science(本社:米国ニューヨーク、CEO:リサ・アッツシュナイダー / 日本オフィス:東京都千代田区、マネージングダイレクター:藤中太郎、以下 IAS)は、2019年11月16日、Web広告...

2019年11月6日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

ニールセン 消費者のマルチスクリーンの利用状況を発表

...ートフォンを使っていつでもどこでも手軽に情報収集し、購入する傾向が高まっていることが分かります。 また、実店舗で商品を購入する際にオンラインで情報収集し検討をする人が、多くのカテゴリーで3割近くいることが分かりました。消費者が購入の検討をする上で、オンラインかオフラインかという購入経路に関係なく、デジタル上での情報の重要性が増していると言えます。そのような中で、昨年のデジタル広告費がテレビと並んだことが話題になりましたが、消費者が信頼するメディアとしても、オンライン上の口コミ、ブランドのウェブサイトなどデジタルメディア全般が向上していました。広告...

2019年10月21日フィードフォース★フィードバック数:0マーケティング

データフィード利用状況調査2019

...内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業 Webサイト: 株式会社フィードフォース 担当:千葉、金井 TEL:03-5846-7016 (受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く) FAX:03-3834-7666 E-mail:pr@feedforce.jp フィード広告運用をもっと自由に - 主要機能や強み、導入効果など dfplus.io が5分でわかるまとめ資料 配布中 Close 商品...

2019年9月27日Integral Ad Science★フィードバック数:0マーケティング

メディアクオリティレポート2019年上半期版

...IASがビューアビリティ、アドフラウド、ブランドリスクのベンチマークを含む最新メディアクオリティレポート日本語版を発表 グローバルではビューアビリティ70%の最高値を記録、日本ではブランドリスクが大幅に改善したものの、他指標はさらなる取り組みが求められる結果に 広告業界の透明性を高め、デジタル広告の効果を最大するテクノロジ-とデータをグローバルに提供するIntegral Ad Science(本社:米国ニューヨーク、CEO:リサ・アッツシュナイダー / 日本オフィス:東京都千代田区、マネ...

2019年9月24日チェク・ジャパン★フィードバック数:0マーケティング

次世代アドテクノロジー企業CHEQ 2019年、日本におけるオンライン広告詐欺の被害総額は、少なくとも680億円に上ると予測

...詐欺で失われた広告費用は高単価広告商品、低単価広告商品問わず混在している状況であるが、低単価広告商品における影響度が甚大であることが明らかになりました。さらにグローバルでは、オンライン広告詐欺被害は今年230億ドル規模に上るとマーケティング担当者たちが予想していることが、CHEQの調査で分かっています。世界的に急成長しているデジタル広告予算を搾取しようとする詐欺行為は、オンライン広告のエコシステムの複雑さと不透明さを要因に、ますます増加する傾向にあります。監視体制の難しさや透明性の不足といった業界特有の状況を温床に、オン...

2019年9月9日Gushcloud Japan★★フィードバック数:0マーケティング

国内企業・自治体による「インバウンド・デジタル広告市場規模 2018」を推計

...国内企業・自治体による「インバウンド・デジタル広告市場規模 2018」を推計 ・インバウンド・デジタル広告市場規模※1は298億円、2020年は506億円・インバウンド・インフルエンサーマーケティング市場規模※2は30億円、2020年には63億・日本のインフルエンサーマーケティング市場規模は249億円、2020年は390億円 東南アジアを 中心に世界11か国でインフルエンサーマーケティングを手掛けるGushcloud Internationalの日本法人である、株式会社Gushcloud...

2019年9月3日Gushcloud Japan★フィードバック数:0マーケティング

国内企業・自治体による「インバウンド・デジタル広告市場規模 2018」を推計

...国内企業・自治体による「インバウンド・デジタル広告市場規模 2018」を推計 ・インバウンド・デジタル広告市場規模※1は298億円、2020年は506億円・インバウンド・インフルエンサーマーケティング市場規模※2は30億円、2020年には63億・日本のインフルエンサーマーケティング市場規模は249億円、2020年は390億円 東南アジアを 中心に世界11か国でインフルエンサーマーケティングを手掛けるGushcloud Internationalの日本法人である、株式会社Gushcloud...

2019年8月16日グローバルウェイ★フィードバック数:0キャリアとスキル

広告業界の「労働時間の満足度が高い企業ランキング」発表!1位はサイバー・コミュニケーションズ

...バー・コミュニケーションズ」の口コミ・給与明細情報はこちら> https://careerconnection.jp/review/8904/■女性活躍推進に注力し、えるぼし認定最高位を取得した「サイバー・コミュニケーションズ」サイバー・コミュニケーションズは、インターネット黎明期の1996年に電通とソフトバンクの共同事業として創設され、現在は電通の完全子会社になっています。広告会社とメディアを繋ぐ「メディアレップ」として、常に業界をリード。2018年にはデジタル広告...

2019年7月22日チェク・ジャパン★★フィードバック数:0マーケティング

次世代サイバーセキュリティ企業CHEQ、3分の2に近い広告主が、「既存のブランドセーフティツールは適切に機能していない」と告白

...とは言えない広告環境に対抗するためだけでなく、広告のリーチやプラットフォームのコンテンツを保護する現在のテクノロジーの能力、ブランドセーフティツールとその有効性を調査しました。このレポートは、キャンペーンの間にブランドセーフティツールを導入した後の影響を検証し、300人以上のDigidayオーディエンスメンバーの調査を行いました。CHEQについて世界的なサイバーセキュリティ会社であるCHEQは、高度なAI 自動制御技術を用いたブランドセーフティのパイオニアで、世界有数のブランドに対するデジタル広告の支出を保護しています。東京、ニュ...

2019年6月24日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂消費税対策研究プロジェクト調査 「増税前後の意識・行動」

...ント還元施策による増税前の駆け込みに歯止めがかかる層も存在。増税後には、現金の利用割合は51.0%から40.5%に低下。一方でクレジットカードは32.9%から38.3%に、電子マネーは11.1%から13.0%に、電子決済サービスは3.0%から5.4%に増加。博報堂消費税対策研究プロジェクトでは、この調査データをもとにして、各消費財カテゴリーの駆け込み意向者・新たな決済手段の検討者など、増税前後での行動変化が想定されるターゲットを把握し、博報堂DYグループのソリューション「生活者DATA WORKS」(※1)のひとつである「Querida」(※2)を活用したデジタル広告...

2019年6月24日ミュゼプラチナムフィードバック数:0ライフスタイル

「眠りが浅い」と答えた20~30代女性は44% 睡眠に関してF1層にリサーチ

...ゼマーケティング調べ】とご明記ください。『ミュゼマーケティング』について美容意識の高い女性を中心とした会員層を有し、自社デジタルメディアと全国197(※)店舗のサロンによるクロスメディアアプローチが特徴のメディアサービスです。店頭サンプリング、商品モニター、リサーチ、デジタル広告やメールマガジンによるサービス告知などを提供しています。F1層をコアとした全国362万人以上(※)の会員さまへ向け、自社サービスの認知拡大、継続的な収益モデルを検討したい企業様は、ミュゼマーケティングへお問い合わせください。▶サー...

「店舗集客型デジタル広告(O2O広告)」の市場規模調査を実施

...プレスリリース 「店舗集客型デジタル広告(O2O広告)」の市場規模調査を実施2019年の店舗集客型デジタル広告市場は昨対比約2倍の405億円に、2024年には2019年比約6.4倍の2,586億円に到達予測 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野下智之)と共同で、「店舗集客型デジタル広告(O2O広告)※1」の市場動向調査を行いましたので、2018年の...

2019年5月30日Integral Ad Science★★フィードバック数:0マーケティング

最新版メディアクオリティレポート(2018年下半期)

...ィアクオリティレポート日本版(以下MQR)」の調査結果を発表しました。> 最新版メディアクオリティレポート(2018年下半期)ダウンロード <デジタル広告の成果に直結するタイムインビューは1.3秒伸びて9.8秒に一人の消費者に複数回にわたり配信されたインプレッションの表示時間を蓄積し、計測対象のインプレッション全体での平均値を示すIAS独自の指標「タイムインビュー」。前回のレポートで登場して以来、マイナスを排除してゼロに戻すだけでなく、広告効果を押し上げるプラスの作用に着目してIASのソ...

2019年3月25日MCEI東京支部★★フィードバック数:0マーケティング

今、注目の「デジタルマーケティング」、マーケティング実務家はどう実感し、どう活用しているのか?

...回答を得て、その集計結果をまとめました。【要約】今、マーケティング実務家は「デジタルマーケティング」を、どう実感しているのか?●デジタルマーケティングへの企業の取り組み状況・約8割の企業が取り組んでおり、一般化・浸透してきている。その中でも、SNS活用67.4%、デジタル広告活用41.8%、検索エンジン最適化32.6%がベスト3。・SNS活用からさらにもう一歩踏み込んだデジタルマーケティングとしてここ数年主流となりつつあるコンテンツマーケティングやSEOは約3割の企業が実施。・一方、「取り組んでいない」が2...

2019年2月26日フィードフォース★フィードバック数:0マーケティング

フィードフォース、ソーシャルログイン利用状況調査2019を発表

...会社フィードフォース所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F代表者:代表取締役 塚田 耕司事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業Webサイト:https://www.feedforce.jp/<本件に関するお問い合わせ先>株式会社フィードフォース担当:深谷、金井TEL:03-5846-7016(受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く)FAX:03-3834-7666E-mail:pr@feedforce.jp...

2019年2月19日indaHashフィードバック数:0大型消費/投資海外

An International Study of Consumer Habits around Valentine's Day Conducted with over 1000 Influencers

...エイターのタスクは、SOL ビールの夏のコンテンツを作成することでした。 キャンペーンは2つのタスクで実行されました。1つ目は写真コンテンツ、2つ目はビデオコンテンツ でした。 SOLは生成されたコンテンツに非常に満足し、南アフリカのデジタル広告のスペースで、 それらを広告コンテンツとして再利用しました。 デジタルクリエイターの キャンペーンがどのようにブランドリフトさせるかを見てください 当社のサービスでは利便性向上の為にCookie使用しております。利用を続けるにあたってCookieの使...

2019年1月22日Criteo★★フィードバック数:0マーケティング

Criteo、年末年始商戦の消費者行動調査により日本のEC トレンドを分析

...する広告とを最適化させることができる新しいソリューション「Criteo コンテクスチュアル広告」のベータ版 の提供を日本で開始しました。これにより、クッキーレス環境下においても継続してマーケターに確かな成果をも たらすデジタル広告の手法を提供することが可能になります。 Criteo、最高人事責任者にマニュエラ・モンタニャーナを任命世界最先端のコマースメディアプラットフォームを提供するグローバルなテクノロジー企業である Criteo(クリ テオ、本社:フランス、以下 Criteo)は、Chief People Officer(最高人事責任者、以下 CPO)にマ...

2019年1月18日電通★★フィードバック数:0マーケティング

「世界の広告費成長率予測(2018~2020)」を発表

...イージス・ネットワーク」(本拠地:英国ロンドン市)は、世界59カ国・地域から収集したデータに基づき、「世界の広告費成長率予測」※1を取りまとめました。本予測は年に2回のペースで改定と新規予測を行っていますが、今回は2018年と2019年予測の改定と、2020年の新規予測を行いました。 その結果、2018年の世界の広告費成長率は4.1%(2018年6月の前回予測は3.9%)を見込んでいます。また世界的な経済成長を背景に、2019年も3.8%(前回予測も3.8%)、2020年にも4.3%(新規予測)と、引き続き主にデジタル広告...

「広告取引に関する広告主実態調査」の発表

...る一方、ガイドラインを持つ企業は半数にとどまり、投資対効果に向けた広告・マーケティング取引のガバナンスが必要デジタル媒体の重要度が増す中、広告・メディア戦略実行・投資上の課題は、「広告効果測定の難しさ・不透明さ」とともに「媒体単価等コスト面の不透明さ」「デジタル広告不正」の認知は78.1%と高いが、内容まで知っている企業はそのうち半数程度 2019年1月17日有限責任監査法人トーマツ(東京都千代田区、包括代表 國井泰成)は、広告活動を行っている上場企業105社を対象とした「広告...

大手サービスプラットフォームであるAmazon、Facebook、Google、LINE、Twitter、Yahoo!JAPAN、楽天の広告サービスに関するアンケート調査

...株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区 代表取締役 野下 智之、以下「デジタルインファクト」)は、大手サービスプラットフォームであるAmazon、Facebook、Google、LINE、Twitter、Yahoo!JAPAN、楽天の広告サービスに関するアンケート調査を実施しました。 本調査では、国内デジタル広告業界関係者101名に、各プラットフォームが提供する広告サービスについて全14項目の質問を実施。各項目に当てはまる全てのサービスについて回答を得ました。 全14項目のうち、4...

2018年12月6日Momentum★★フィードバック数:0マーケティング

アドベリフィケーションに関する意識調査

...ィアなどで記事を読んだから」となっており、昨今さまざまなメディアでデジタル広告における詐欺行為や広告が起点となったブランド毀損が問題視されていることによる影響が非常に大きいことがわかりました。また、自由回答では「漫画村、Anitubeなどの違法サイトが話題になり、広告が出稿されているか(社内で)議題にあがったため」「(公序良俗に反するような)不快なサイトに表示されたくない」などの具体的なサイト名をあげた理由も多くみられ、直近...

2018年11月15日サイカ★★フィードバック数:0ライフスタイル

「Cookie等を用いたユーザー行動分析」に関する意識調査から見えた、広告効果測定の潮流

...が挙げられました。これらの調査結果から、「Cookie等を用いたユーザー行動の追跡・把握」が現在デジタル広告の効果を測定する方法として広く用いられているものの、出稿媒体数の増加に伴う広告戦略の複雑化に伴い、「他の広告施策の効果との切り分けの難しさ」「精度や信頼性の低さ」「限定的な測定範囲」などにより十分に広告効果を測定できていないと感じている人が多いという現状がうかがえました。 *1: インターネット広告とは、インターネット上で出稿される広告のことで、リスティング広告、動画広告、メール広告、SNS広告...

2018年11月6日フィードフォースフィードバック数:0マーケティング

データフィード管理は「ツール利用」が88%!フィードフォースの「dfplus.io」、データフィード利用状況を調査

...会社フィードフォース 所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F 代表者:代表取締役 塚田 耕司 事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業 Webサイト: 株式会社フィードフォース 担当:谷垣、金井 TEL:03-5846-7016 (受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く) FAX:03-3834-7666 E-mail:pr@feedforce.jp フィード広告運用をもっと自由に - 主要...

2018年11月2日Integral Ad Science Japan★★フィードバック数:0マーケティング

2018年上半期のデジタル広告に関する最新レポート

...IAS、2018年上半期のデジタル広告に関する最新レポートを発表 新たな評価指標「タイムインビュー」でデジタル広告の総合的なエンゲージメント評価が可能にインテグラル・アド・サイエンス(日本オフィス:東京都品川区、代表取締役社長:藤中 太郎、以下 IAS)は本日、2018年上半期の「メディアクオリティレポート(以下 MQR)」の調査結果を発表しました。同レポートはIASがグローバルで年2回実施している調査で、世界...

2018年6月18日電通★★フィードバック数:0マーケティング

「世界の広告費成長率予測」を発表

...新規予測を行っています。2018年の世界の広告費成長率を3.9%(前回予測:3.6%)と見込むことで、総広告費は6,135億ドルに達し、過去最高となる見通しです。また2019年も、世界的にデジタル広告がけん引する形での堅調な成長(3.8%と予測)が見込まれます。これにより、世界の総広告費はリーマンショックの影響を受けた2009年以来、10年連続のプラス成長見通しとなります。とりわけデジタル広告費は堅調で、今後も二桁成長が続くと予測しています。その結果、2018年には世界の総広告費に占めるデジタル広告費のシェアは38.4%とな...

メディアクオリティレポート(2017年下半期)

...最新のメディアクオリティレポートをご確認ください 「2017年下半期メディアクオリティレポート」は、IASが計測した数十億もの膨大なインプレッションデータの分析から導き出された、ディスプレイ&動画を含む世界各国のデジタル広告キャンペーンのメディア品質および指標を網羅した総合レポートです。IASをご利用いただいている広告主様、代理店様、メディアパートナー様、テクノロジーベンダー様に「有意義なデータと透明性」を提供することを目的とし、IASでは年2回、同レ...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ