調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:ブランディング

データがいっぱい:ブランディング

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「ブランディング」については、関連調査データもぐっと増えています。

2021年12月10日VOYAGE GROUP★★フィードバック数:0マーケティング

PORTO、コネクテッドTVでのインストリーム動画配信において、ブランドリフト調査を実施

...ビス認知・特徴理解・興味関心・好意度・利用意向の各項目において広告非接触者に対し、リフトすることが確認されました。また、SP接触者との比較では、利用意向においてCTV接触者がリフトする結果となりました。以上のことから、CTVで広告接触することでブランドイメージの向上に寄与し、特に利用意向の醸成に効果があることが分かりました。PORTOでは引き続き、ブランディング施策に寄与できるよう、CTV領域における効果検証に努めてまいります。 ・調査主体:株式会社PORTO・調査実施機関 :株式会社インテージ・調査...

2021年11月9日SheepDogフィードバック数:0マーケティング

ライバーに関するアンケート

...っとした小ネタを使ったものでも十分に再生数がでているものもあるため、必ずしも高い機材を揃える必要はありません。人気の動画をチェックして、どんな動画が人気があるのかをリサーチすることが重要でしょう。ただ、肝心なのは面白い動画のポイントを抑えつつも独自性のあるコンテンツを出して、パクリ·真似と言われてしまわないような動画にする必要があります。一貫性のある動画を投稿するさまざまなジャンルの動画を投稿して人気を集めているTikTokerもいますが、基本的にはブランディングの意味も込めて一貫性した動画を投稿していくことが重要です。同じテーマの動画を投稿し続けることで、その...

工務店ホームページ制作の集客改善ポイント~施主900人アンケートをもとにした選ばれる住宅会社とは~

...話でのお問い合わせ(受付時間 平日10:00~18:00) tel:03-5457-1311 お困りのことがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。 Solutionブランディングデジタルマーケティングメディア制作ネット広告・SEOコンテンツ制作コンサルティング Seminarセミナー情報Case成功事例・ノウハウCompany会社概要企業理念・ブランド本社・営業所の紹介沿革と業績私たちの強み・実績ESG経営についてSDGsの取り組み代表メッセージ運営メディア NewsニュースIRIR情報Recruit...

全国の20歳~79歳の男女1000人に聞いた「リアル店舗とオンラインショップ、どう選ぶ?」

...らの購入場所にも魅力を感じている方が同程度いることが分かります。 実店舗で購入する理由「主に実店舗」で購入すると回答したものについて、実店舗で購入する理由をお聞きしました。上のグラフは、「衣服・ファッション小物」「食品・飲料・酒類」「家電・TV・カメラ」「美容・化粧品」の回答結果をそれぞれ比較したものです。上記のジャンルすべてにおいて「陳列棚にある商品全体を見たいから」が20%強となりました。各店舗独自のレイアウトの陳列棚から商品を選ぶという体験は、ジャンルにかかわらず、実店舗の魅力だといえるでしょう。 一方で、「実店舗ならではの包装・特典が欲しいから」は、ショップバッグやノベルティにブランディング...

2020年11月27日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

Cookie等を用いたユーザー行動分析の 利用実態調査 2020年版

...株式会社サイカ 千代田区西神田2-5-2 事業内容 - サイカ、「広告予算配分シミュレーション」 無料キャンペーンを期間限定で実施~国内No.1の広告効果分析ツール アドバ マゼラン、5周年特別企画~ ブランディング広告の売上効果を可視化できる新機能が、 広告効果分析ツールADVA MAGELLAN(アドバ マゼラン)に追加~テレビCMをはじめ中長期的なブランド価値向上効果を可視化~ ブランディング広告の売上効果を可視化できる新機能が、 広告効果分析ツールADVA...

2020年11月26日ONE COMPATH★フィードバック数:0ライフスタイル

電子チラシサービス『Shufoo!』、全国 6 万人の「コロナ意識度」調査

...コミュニケーション事業本部 エクスペリエンスデザイン本部 ブランド統括部) セールスプロモーション部門、金融企画部門などで、数多くのコミュニケーション企画立案に携わる。ブラン ディングセクションに異動後は、多岐にわたる情報を整理・分析しブランド戦略を立案することを得意としている。ブランドステートメント開発、CI/VI 開発、ブランド体系化、事業・商品サービスブランディング、空間ブランディングなど幅広い領域を担当。 調査概要 「Shufoo!」利用者調査調査エリア: 全国調査対象者: 「シュフーポイント」会員(全年...

2020年11月10日アイスタイル★★フィードバック数:0ライフスタイル

「美容とライフスタイルに関するアンケート」調査結果

...働く女性のためのメディアcafeglobe.comを立ち上げる。2012年より株式会社メディアジーンにて女性メディア統括、株式会社インフォバーンなどで企業のオウンドメディア支援、メディアビジネスコンサルティングに携わる。その他さまざまな企業のブランディングやクリエイティブ、メディアコンサルタントとして活動。2016年3月までデジタルハリウッド大学院客員教授としてWeb事例研究などの講義を担当。2017年7月よりアイスタイルにてBeautyTech.jp立ち上げ準備に関わり、2018年2月に編集長就任。■@cosmeについて月間訪問者1...

インターブランド「Best Global Brands 2020」レポート「ブランド価値」によるグローバル・ブランドランキングTOP100を発表

...ノロジー部門が最も高い成長率・Toyotaは昨年に続き第7位、17年連続で自動車ブランドの最高位 世界最大のブランディング会社インターブランドは、グローバルのブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2020」(以下BGB 2020)を発表しました。本ランキングは、グローバルに事業展開を行うブランドを対象に、そのブランドが持つ価値を金額に換算してランキング化するもので、レポートの発表は2000年から今年で21回目となります。時代の不安定性・不確実性がコロナ禍で加速され、本ラ...

“around20とSDGs“を徹底調査!

...■SHIBUYA109 lab.所長長田麻衣(おさだ・まい)総合マーケティング会社にて、主に化粧品・食品・玩具メーカーの商品開発・ブランディング・ターゲット設定のための調査やPR サポートを経て、2017年に株式会社SHIBUYA109 エンタテイメントに入社。SHIBUYA109マーケティング担当としてマーケティング部の立ち上げを行い、2018年5月に若者研究機関「SHIBUYA109 lab.」を設立。現在は毎月200人のaround 20(15歳~24 歳の男女)と接する毎日を過ごしている。■株式...

「新型コロナウィルスにおける自粛期間と現在の意識変化」に関する意識調査

...です。設立は2016年で、フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社の一部署としては2013年より活動しております。マーケティングコミュニケーション領域においては、生活者とブランドの関係性を醸成すべくコンテクストを開発し、そのコンテクストに必要となるメディア、タッチポイントを設計いたします。ブランディングおよびマーケティングコミュニケーション領域において、主に下記の内容を業務内容としております。【ブルーカレント・ストラテジー概要】カンパニーブランド :ブルーカレント・ストラテジー (BCS)(フラ...

2020年8月3日クアルトリクス★フィードバック数:0ビジネス

ビジネス再開後の働く日本人への意識調査 -EX編-

...ターネットによる調査調査対象:新型コロナウィルス流行前はオフィスで働いていた全国の男女有効回答数:501名 ■クアルトリクスについてクアルトリクスは、企業や組織のエクスペリエンス・データ (X-data™)の収集から管理・分析、およびそのデータに基づくアクションに至るまでを同じプラットフォームで運用を行うテクノロジープラットフォームです。Qualtrics XM Platform™は、チーム、部門、組織全体がビジネスに欠かせない顧客、製品、従業員、ブランディングという4つの...

2020年8月3日クアルトリクス★フィードバック数:0ビジネス

緊急事態宣言解除後の「働く日本人」への意識調査 -CX編-

...コロナウィルス流行前はオフィスで働いていた全国の男女有効回答数:501名 ■クアルトリクスについてクアルトリクスは、企業や組織のエクスペリエンス・データ (X-data™)の収集から管理・分析、およびそのデータに基づくアクションに至るまでを同じプラットフォームで運用を行うテクノロジープラットフォームです。Qualtrics XM Platform™は、チーム、部門、組織全体がビジネスに欠かせない顧客、製品、従業員、ブランディングという4つの主要なエクスペリエンスを一つのプラットフォームで管理するのみならず、アクションへつなげるシステムです。世界中の大企業11...

世界36のマーケティング市場から700超の企業回答を基にパンデミックの実影響を緊急調査!

...デミックを受け、実際にどのようなアクションを実施したのかを尋ねたところ、回答者の過半数がクリエイティブやコンテンツを調整し、オフライン施策を削減・オンライン間口を拡げるなど、この機に合わせた柔軟且つ迅速な改善を施していることが分かりました。全支出を停止するという最も保守的なアプローチを選択した回答者も3割弱見受けられたものの、ほぼ同じ割合で新規マーケティングチャネルの試行やブランディングメッセージを増やすとしたポジティブな回答が得られる興味深い結果となりました。一方で、大多...

2020年5月26日オズマピーアール★フィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナウイルスに関する生活者調査

...コミュニケーション課題を総合的に解決する広報・PR(パブリックリレーションズ)サービスを提供いたします。 MENU 2020.05.15【新型コロナウィルスに関する生活者調査】 2020年5月15日株式会社オズマピーアール<新型コロナウイルスに関する生活者調査>生活者の社会帰属意識が高まる中、企業にも“社会性”を求める機運が高まる “時短消費”が浸透し、企業のブランディング活動がより一層重要な時代に ブランド価値向上の鍵は、“働き手良し”発想 株式会社オズマピーアールは、新型...

2020年3月27日シードフィードバック数:0ライフスタイル

職業別 働く女性の朝とメイク事情調査

...の制服や好みの服がお似合いになる色ではなく悩んでいる方もいます。そんな時には目の色味を少し変えるだけで印象が変わり、素敵に見えるようになるのです。■プロフィールイメージコンサルタント カラーアナリスト ビジネスマナーインストラクターmuse Branding Academy 代表1969年生まれ。1990年女子美術短期大学卒業。独自のメソッドで、OL・ビジネスマンから起業家や政治家まで幅広いニーズに対応したコンサルティングとコーポレートブランディング業務を行い雑誌やテレビ等メディアへの出演も多数。著書:「仕事は見た目」(あさ出版)「一瞬...

TOPS OF 2019: DIGITAL IN JAPAN

...イルネットビュー Nielsen Mobile NetViewインターネットユーザーデータベースサービス ネットビューライフスタイル パワードバイビデオリサーチインタラクティブ など広告分析ソリューションニールセン デジタル広告視聴率 Nielsen Digital Ad Ratingsブランディング効果測定サービス Brand Lift Plus広告効果分析サービス ニールセン デジタルブランドエフェクト Nielsen Digital Brand Effectデジタル広告モニタリングツール ニールセン デジ...

2019年11月22日パブマティック★フィードバック数:0マーケティング

2019年 日本国内における アプリ内広告の意識調査のレポート

...2019年 日本国内における アプリ内広告の意識調査のレポートモバイル広告の予算がウェブからアプリへとシフトし、CPIキャンペーンだけでなくブランディングのために広告主がアプリ内広告を今後益々活用していくと予想されるなかで、アプリ内広告市場について理解することは重要です。PubMaticは、株式会社デジタルインファクトと共同で、メディアバイヤーを対象に2019年の国内市場のアプリ内広告の意識調査を実施しました。この調査のハイライトは以下となります。デジ...

第4回魅力度ブランディング調査

...TOPNews&Topics TOPニュース 電通PRの企業広報戦略研究所が、生活者1万人を対象とした『第4回魅力度ブランディング調査』結果を発表 企業広報戦略研究所(所長:三浦健太郎、所在地:東京都港区、株式会社電通パブリックリレーションズ内)は、生活者が企業のどのような活動や事実(ファクト)に魅力を感じ、その魅力がどのように伝わっているのかを解析することを目的に、本年6月末から全国1万人を対象とした『第4回魅力度ブランディング調査』を実施しました。「魅力度ブランディングモデル」とは、コーポレートブランド...

2019年7月18日パーソルキャリアフィードバック数:0大型消費/投資

今どき1,000万円プレイヤーの「夏のイベント事情」を徹底調査

...ディズニーランドのスーパーバイザーを経て、マーケティング部門へ異動。東京ディズニーリゾートの事業戦略およびマーケティング戦略の責任者として、企画立案から実行までを統括。在任中に、東京ディズニーシー限定キャラクター「ダッフィー」のブランドマネージャーとして、関連売り上げを2倍に引き上げる。2015年6月、株式会社インテリジェンス(現社名:パーソルキャリア株式会社)入社。転職サービス「DODA」(現転職サービス:「doda」)のブランド力向上や戦略課題の解決を目的としたリブランディング計画の立案・実行・推進と同時に、広報...

2019年7月18日YRK andフィードバック数:0マーケティング

昭和後期、平成、令和へと3時代を生き抜く企業の、 ブランド力“上昇ランキング”を発表

...き不透明な時代において、生活者に支持される強いブランドを作るには、まずは自社の可能性を最大化するためのプロジェクトのデザインが重要であると考えます。特に、リブランディングでは、従来の広告と同様の“オリエン型”の手法では、まず成功することがないといっても過言ではありません。なぜなら、常に自社ブランドと向き合っている企業内部の価値観や視野で練られたオリエンシートには、ブレイクスルーの生まれる余地はすでに少なく、また何より各セクションからのリレーの末、アンカーとしてバトンを貰った走者がブランドを背負う仕組みそのものが、イノベーティブなブランド...

2019年6月14日パーソルキャリア★フィードバック数:0キャリアとスキル

今どき1,000万円プレイヤーの「お金事情」を徹底調査

...名:パーソルキャリア株式会社)入社。転職サービス「DODA」(現転職サービス:「doda」)のブランド力向上や戦略課題の解決を目的としたリブランディング計画の立案・実行・推進と同時に、広報部の立ち上げにも従事。広報部長として戦略的PRに取り組む。2018年1月より、新規事業開発責任者に就任。ハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX(アイエックス)」< https://ix-portal.jp/ >を立ち上げる。■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol...

2019年2月14日SHEsharesフィードバック数:0大型消費/投資

「ミレニアルのお金の使い方」調査

...なミレニアル女性たちが約1年半で5000人ほど集まり、SHEでスキルを学びながら、本質的な心の繋がりを実現するブランディングや、Webサイト制作、SNS運用など(クライアント様向けのサービスサイト:https://creators.she-inc.jp/ )を行っております。ぜひ興味がある方は一度無料の体験レッスンへ↓最後に今回はお金の使い方に関する項目を中心に、ミレニアル世代の本音と実態に迫ってみましたが、いかがだったでしょうか。何かみなさんの中の悩みの解決や考察を深めることに繋がっていれば幸いです。また、全く...

2019年1月22日Criteo★★フィードバック数:0マーケティング

Criteo、年末年始商戦の消費者行動調査により日本のEC トレンドを分析

...びオープンなインターネット環境で広告を出稿するのに役立ちます。 Criteo、グリーンエネルギーを使用した新しいデータセンターを東京に開設世界最先端のコマースメディアプラットフォームを提供するグローバルなテクノロジー企業であるCriteo(クリ テオ、本社:フランス、日本代表取締役:グレース・フロム、以下Criteo)は、新しいデータセンターを東京に 開設し、稼働を開始しました。日本では2011年および2012年に開設されたデータセンターに続く3か所目と なり、アジア太平洋地域で最大のデータセンターとなります。 Criteo、リブランディングによる 新しいブランド...

2019年1月17日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

水についてのアンケート

...ポイントで広告を表示するサービスを行っております。【株式会社NEXERについて】本社:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル6F代表者:代表取締役 宮田 裕也Tel:03-6890-4757事業内容:インターネットリサーチ、広告、SEO、レビューコンテンツ、Web制作・ブランディングメディア関係者の方はこちらログインするとメディアの方限定で公開されている お問い合わせ先や情報がご覧いただけます添付画像・資料企業情報コラム株式会社NEXERの 関連プレスリリース こちらの投稿はプレスリリースではありません。 応援...

2018年12月19日パブマティック★★フィードバック数:0マーケティング

動画広告の利用に関する意識調査

...を比較メディアバイヤーのうち40%は、動画広告の予算にプログラマティック広告を含むと答えた。そのうち、プログラマティック広告予算の割合を動画広告予算全体の10%未満とするメディアバイヤーが45%、20%以上とするメディアバイヤーが30%だった。動画広告を出稿する目的として、広告主がブランディングを重視する(ブランディング:ダイレクトレスポンス 40.8%:33.9 %)一方、広告代理店は、ダイレクトレスポンスを目的とすると答えた割合が高い(ダイレクトレスポンス:ブランディング 66.1%:59.2%)メディアバイヤーの60...

2018 年「インターネットの現状/セキュリティ:Credential Stuffing Attacks(リスト型攻撃)」レポート

...もって設立15周年を迎え、それを記念しブランディングムービーを公開しました。是非ご覧ください。 https://youtu.be/GfrXsG1AUns※アカマイとアカマイ・ロゴは、アカマイ・テクノロジーズ・インクの商標または登録商標です※その他、記載されている会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です※本プレスリリースの内容は、個別の事例に基づくものであり、個々の状況により変動しうるものです ※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。 この...

2018年12月17日SHEsharesフィードバック数:0キャリアとスキル

「働く女性の価値観」に関するアンケート

...名で働く=転職・退職するとは一概には言えないことが分かります。「Q4.あなたはこの先どんな働き方でお仕事がしたいと思いますか。」に対する回答(働くミレニアルズN=180、・2018SHE独自調査による※)反対に、「個人名で働くことを妨げていること」は何かを聴取すると、次のような結果が得られました。妨げているものとして高く上がったのは「個人のスキルが十分にない」「セルフブランディングできていない」という声でした。加えて「会社の許可」「身の安全を失う不安」「会社にバレるリスク・罰則」など...

2018年12月14日トレンドExpress★★フィードバック数:0マーケティング

トレンドExpress、「2018年中国SNSクチコミ振り返りレポート」発表

...付け役と言われています。・ソーシャルバイヤーは、SNSユーザーからの信頼が得られないと取引が成立しないため、「丁寧な説明・質問対応」「明確な価格設定」「商品発送の迅速さ」などがソーシャルバイヤー間で競われており、消費者からは「安心して本物が手に入る方法」として広く認知されています。 トレンドExpressは、中国のSNS・ECを中心としたソーシャルビッグデータの収集・解析をコアに、ブランド企業の「分析」「ブランディング・プロモーション」「EC・流通」を支援します。“消費者インサイト”の発掘やブランドの課題抽出。データ分析に基づいたブランディング...

2018年11月20日CCCマーケティング★フィードバック数:0マーケティング

2018年夏の清涼飲料水・ビールのTVCMと購買の関係性を調査

...倒的に高い購買率となりました。今回の調査テーマである「CM効果」という点から見ると、CMを見ている、見ていないに関わらず購買されていたため、今回のグラフではCM効果は低い結果とはなりますが、購買率が高い背景には、長年のブランディング効果がこうした結果に現れているのかもしれません。一方、「マッチ」の購買率は他商品と比較すると高くはありませんが、CM効果の面ではトップとなりました。平野紫耀さん(King&Prince)と天龍源一郎さんが共演した、シュールで思わずクスっと笑ってしまうCMは視...

2018年11月20日パーソルキャリアフィードバック数:0社会/政治

「夫婦仲」「パートナーの仕事の理解度」についての調査

...トナーの仕事についてよくわからない、理解できないという悩みに答えるため、転職サービス「doda」を運営するパーソルキャリア社員のパートナーに、社内会議やOJTなどの実際の仕事や、ランチタイムなどの同僚との交流を体験してもらいます。『doda 勤労感謝でいい夫婦day』を通じ、普段パートナーの仕事に対してわかっているつもりでも実は違っていたり、新たな一面をみることができたりと、パートナーの仕事に関するわからないに応えることで、より一層パートナーに対する理解が深まるきっかけになって欲しいという思いから企画いたしました。10月よりリブランディング...

2018年10月30日ESSPRIDEフィードバック数:0ビジネス

「社長のファッション」に関する調査

...社長脳内リサーチ~ファッション編・後編~ 社長の好きな洋服はダントツ「ユニクロ」!! 一方時計は「ロレックス」や「オメガ」が好き!? 全国の社長のカード付きポテトチップスをきっかけに、PRや採用、ブランディングなどを支援するプラットフォーム 「社長チップス」 を提供している株式会社ESSPRIDE(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:西川世一)は、数多くの社長に出逢う中、その生態にユニークな点が多いことに着目し、「社長って何を考えているの?」「社長の人生って?」「社長が好むものって?」など...

第3回魅力度ブランディング調査

...調査』を実施しました。「魅力度ブランディングモデル」とは、コーポレートブランドを構成する魅力を「人的魅力」、「財務的魅力」、「商品的魅力」に分類し、それぞれで重視すべき6領域12項目(計36項目)を定め、企業の“魅力”を分析しています。企業広報戦略研究所では2016年から毎年、調査を行っており今回は第3回となります。今回は、過去の調査結果との比較分析を踏まえ、調査範囲を10業種・150社から20業種200社に拡大し、調査項目も近年の企業のブランディング活動の実態を踏まえて更新しています。本リ...

2018年7月21日リスキーブランド★★フィードバック数:0ライフスタイル

生活者分析| この10年の社会的価値観の動向

...だけでは以前よりも説得力を失うでしょう。抽象的な言葉(幸せ、未来、チャレンジなど)だけで共感を促すブランドメッセージも、かつてほどの訴求力は期待できなくなるでしょう。冷笑主義(シニシズム)の社会では、受け手は冷めた目で企業に接します。彼らは、「結局のところ、この会社、このブランドは何が違うのか?」という部分に目を向けます。広く抽象的に共感を促すよりも、競合他社と一線を画する存在感を訴求するブランディングやマーケティングが、これまで以上に求められます。論拠やストーリーの強化冷笑主義(シニシズム)の社会では、受け手は、企業...

大学生・新卒社会人の就業観に関する調査結果 状況を見て最適キャリアを選択したい「状況観察型」が最多

...支援のサービスでは、こうした手法を用いて、企業ごとに必要とする人材から、採用母集団・採用ターゲットとしての候補者像の設定、伝えるべきメッセージの策定など、ブランド調査からクリエイティブ制作、運用に至るまで一連の採用ブランディング戦略の策定・実行支援を行っています。なお、デジタル採用ブランディング戦略の構築・実行支援サービスの概要、お問い合わせ先についてはこちらをご確認ください。 本件に関する報道関係からの問い合わせ先デロイト トーマツ コンサルティング 広報担当 (デロイト トーマツ コーポレート ソリ...

2018年6月22日日経BP★★フィードバック数:0マーケティング

Webブランド調査2018-春夏

...の企業Webサイトの動きとして、商品・サービスの情報や魅力を伝えるマーケティング領域の情報発信のみならず、Webサイトを通した企業ブランディングを強化する企業・団体が増加している。調査結果の傾向としては、来訪者の目的に合ったコンテンツを的確に届けるサイトの評価が上がる傾向にある。企業のマーケティングや広報活動におけるサイトの貢献度を本調査で確認し、顧客接点の改善やブランド力の強化にお役立ていただきたい。 表1 Webブランド指数 総合ランキング トップ50(ランキングはスクロールできます) 表2...

2018年6月13日LiB★フィードバック数:0ライフスタイル

都市型女性の攻略は「揺れ」キャッチが鍵!? 調査資料『働く女性MAP』

...【調査リリース】都市型女性の攻略は「揺れ」キャッチが鍵!? 調査資料『働く女性MAP』を提供開始 働く女性の登録会員12万名のデータ調査から導き出した分析資料「働く女性MAP」の提供を開始働く女性に向けたプロモーション事業「LiBzBranding(リブズブランディング)」を運営する株式会社LiB(住所:東京都渋谷区、代表取締役:松本洋介)は、働く女性の登録会員12万名のデータ調査から導き出した分析資料「働く女性MAP」の提供を開始いたします。本資料では、登録...

2018年4月20日エビリー★フィードバック数:0マーケティング

2018年四半期YouTube企業動画ランキング ブランディングコンテンツ1位はONE OK ROCK出演CM。エンタメ系コンテンツでは”バブリーダンス”が3位に

...2018年四半期YouTube企業動画ランキングを発表。ブランディングコンテンツ1位はONE OK ROCK出演CM。エンタメ系コンテンツでは”バブリーダンス”が3位に 〜毎週更新の企業ランキングをkamui trackerに新設〜 株式会社エビリー(本社:東京都港区、代表取締役:中川 恵介)は、2018年四半期YouTube企業動画ランキング(集計期間:2018年1月−3月)を発表いたします。こちらの企業動画ランキングは、一般企業や団体のチャンネルを「ブランド」、メデ...

2018年4月20日Ryo-MAフィードバック数:0マーケティング

【第5弾】若者の”共感”を掴み、拡散力を企業PRに変える ミレニアル世代のSNS利用方法から、プロモーションを考える

...ためにも、若者の共感を掴み、共有してくれるようなブランディングが今後ますます重要になってくると考えられます。今回の調査を通して、20代の女性は全体的にSNSプロモーションに対して積極的にアクションを起こす様子が伺えました。SNSのフィードなども「詳細をみる」確率が高く、全てのSNSにおいて企業アカウントと友達登録やフォローをしている割合が男性に比べて高い傾向にありました。以上、ミレニアル世代のSNSと広告に関する調査をお送りしました。著者小林芽久未 (Megumi Kobayashi) 平成4年生まれ。株式...

2018年4月16日日経BPフィードバック数:0マーケティング

「ブランド・ジャパン2018」 第2回調査結果発表

...ら特別顧問として参加。 ブランド・ジャパン企画委員会企画委員長一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授阿久津聡氏 カリフォルニア大学バークレー校にて博士号(Ph.D.)を取得。専門はマーケティング、消費者行動論、ブランド論、文化心理学、実験経済学。著作に『ブランド戦略シナリオ - コンテクスト・ブランディング』(共著、ダイヤモンド社、2002年)、『ソーシャルエコノミー』(共著、翔泳社、2012年)、『ブランド論』(翻訳、ダイヤモンド社、2014年)、『カテゴリー・イノベーション』(監訳書、日本経済新聞出版社、2011年...

2018年4月16日日経BPフィードバック数:0マーケティング

「ブランド・ジャパン2018」 第1回調査結果発表

...パンには、第1回から特別顧問として参加。 ブランド・ジャパン企画委員会企画委員長一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授阿久津聡氏 カリフォルニア大学バークレー校にて博士号(Ph.D.)を取得。専門はマーケティング、消費者行動論、ブランド論、文化心理学、実験経済学。著作に『ブランド戦略シナリオ - コンテクスト・ブランディング』(共著、ダイヤモンド社、2002年)、『ソーシャルエコノミー』(共著、翔泳社、2012年)、『ブランド論』(翻訳、ダイヤモンド社、2014年)、『カテゴリー・イノ...

2018年4月13日ランスタッド★★フィードバック数:0キャリアとスキル

パナソニックが、最も魅力ある勤務先に決定!【エンプロイヤーブランド・リサーチ2018ランスタッドアワード】?

...先として魅力ある企業を世界共通基準で測る「エンプロイヤーブランド・リサーチ 2018 ランスタッドアワード」の日本の調査結果を発表しました。調査の結果、今、最も魅力のある勤務先にが選ばれました。 エンプロイヤーブランド・リサーチ 2018ランスタッドアワード 受賞企業優秀な人材の獲得とエンゲージメントの向上は、企業が持続的に成長し、グローバル競争に勝ち残っていくための重要な鍵となります。それに加え、超少子高齢化社会を迎える日本では人材の確保自体が課題になりつつあります。そのような状況の中で「エンプロイヤーブランディング」は、雇用...

2018年4月5日フルスピード★★フィードバック数:0マーケティング

BtoB企業のマーケティング担当者に聞いたデジタルマーケティングの活用実態

...ゲットの種類や精度」を重視 インターネットを活用した顧客獲得のサービスを新たに選定する際に重要視するものとして最も多かった回答は「サービスの認知度」で46.6%だった。以下「ターゲティングの種類や精度(35.5%)」「費用対効果(32.8%)」「成功事例の多さ(32.1%)」「配信メディアの質(21.9%)」と続く結果となった。費用対効果などの効果を重要視するのはもちろん、ターゲティングの種類や配信メディアの質などのブランディングを重視した回答の割合が多かった。 担当している事業に関しての広告・宣伝・販売...

「2018年にブランディング目的のデジタル広告費を増やす」と42%の企業が回答。~ビデオリサーチインタラクティブとニールセン デジタル 共同での企業向け調査結果を発表~

...にユーザーが閲覧できる状態で広告が表示されているか)、ブランドセーフティ(広告がブランドイメージが毀損されるような不適切なサイト・コンテンツ等に表示されていないか)などの問題点が挙げられています。そのような状況を踏まえて本調査では、広告主企業と広告代理店に勤めるデジタル広告の担当者を対象に、ブランディング目的でのデジタル広告の利用状況、及び課題や期待することなどを伺いました。*1ブランディング目的とは、認知の向上や製品/サービス理解の促進などを目的とし、直接的な広告クリックなどで誘導された販売を目的としないものと定義 *2出典:2016年日...

2018年2月23日電通★★フィードバック数:0マーケティング

2017年 日本の広告費

...127.3%)。メディア側において予約型広告から運用型広告へのシフトが前年よりさらに進んだ結果、媒体費全体における運用型の構成比は77.0%と、全体の4分の3を超えるに至った。 ・前年に続き、動画広告が拡大。生活者のモバイルシフトが進み、メディアやプラットフォーマー側で動画広告メニューの拡充が行われた結果、市場が順調に拡大した。特に、運用型広告領域においては、モバイル向け動画広告が活況を呈し、成長をけん引した。 ・運用型広告をブランディング目的で活用する動きが活発化。 広告主では、ナシ...

サイバーエージェント、インフィード広告市場調査を実施

...リプロモーション目的25%の割合。2023年の市場規模は2017年比210%の3,921億円に達すると予測。2017年のアプリプロモーション需要は、ゲーム系広告主による底堅い需要のほか、EC系・金融系・フリマ系など、ゲーム以外の多様なアプリプロモーション需要が特に伸びました。一方で、Webプロモーションにおいては、通販、金融系の企業によるダイレクトレスポンス需要が大きく、またナショナルクライアントによるブランディングを目的とする出稿も大きく増加しました。【2】インフィード広告市場推計 <配信先別>2017年の...

2018年1月23日日経BPフィードバック数:0マーケティング

Webブランド調査2017-秋冬

...ビスの情報や魅力を伝えるマーケティング領域の情報発信のみならず、Webサイトを通した企業ブランディングを強化する企業・団体が増加している。調査結果の傾向としては、来訪者の目的に合ったコンテンツを的確に届けるサイトの評価が上がる傾向にある。企業のマーケティングや広報活動におけるサイトの貢献度を本調査で確認し、顧客接点の改善やブランド力の強化にお役立ていただきたい。 表1 「態度変容:企業活動」スコア ランキングトップ20 表2 Webブランド指数 総合ランキング トップ50 表3 【一般企業編(ネット専業企業除く)】 Webブランド指数ランキングトップ10...

2018年1月15日3MINUTEフィードバック数:0マーケティング

インスタグラマー実態調査

...ような多数のプロモーション実績と、自社メディア「MINE BY 3M」、インフルエンサー発のプライベートブランド「eimy istoire(エイミーイストワール)」、「ETRÉ TOKYO(エトレトウキョウ)」などのノウハウを生かし、今後も、クライアント企業のパートナーエージェンシーとしてブランディングに繋がるデジタルプロモーションを提案します。<参考データ> 1.「自分はインフルエンサー」そんなプロ意識が芽生えるのは2,000フォロワーから インフルエンサーとは、自分の考えに賛同する人やファンを多く持ち、人々...

2017年12月27日日経BPフィードバック数:0社会/政治

「大学ブランド・イメージ調査 2017-2018」(2017年8月実施)【首都圏編】

...交流や国際社会に強い人材の輩出などの意見が見られた。以前より同大学については、これらのイメージが強い傾向ではあったが、2014年の「スーパーグローバル大学創成支援事業」、2015年の「大学の世界展開力強化事業」、2016年の「私立大学研究ブランディング事業(タイプB:国際展開型)」といった事業の採択が続き、同校の取組みや姿勢が目に留まることが増え、ますますイメージが強固になったといえる。 (※1)因子分析・・・多変量解析の分析手法の一つ。調査などから得られた観測変数(この場合、調査結果)が、どのような潜在的な変数(因子)から...

広告動態調査

...ターネットの利用目的(複数回答)では、「企業ブランドの構築」または「商品ブランドの構築」が84.7%を占めた。未導入企業でのこの割合を28.7ポイントも上回っており、ブランディング目的でデジタル広告を利用している企業が多いことが窺えた。広告業界の最近のトピックスのなかで、統合型マーケティング導入企業が重要と考える項目で最も多いのは、ブログ、SNSなどのソーシャルメディアの効果で、消費者の複数メディアの同時接触がこれに次いだ。【分析した調査の概要】・日経広告研究所の「広告動態調査」(2016年11~12月に実施)・調査...

2017年8月3日フルスピード★フィードバック数:0マーケティング

海外向けSNSを使った情報発信についてのアンケート調査

...・リアル店舗)や口コミ数増加など売り上げに直結する効果を期待する意見が多い事が分かりました。 長期的(半年~1年以内)には問い合わせ件数の増加や、店舗への誘導を期待する声が多く認知度の向上やブランディングを期待する傾向がありました。 ■SNS以外の方法ですでに海外向けにプロモーション施策を試みている企業は多い。 現在海外向けに行っているプロモーション施策の中で最も多いのは「①新聞、雑誌広告」で、35.5%。 Webを使った施策を実施しているの割合は、回答全体の44.5%と半...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ