調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:アドフラウド、ビューアビリティ

データがいっぱい:アドフラウド

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「アドフラウド」については、関連調査データもぐっと増えています。

2021年12月8日Teads Japanフィードバック数:0マーケティング

アテンションエコノミー調査

...電通インターナショナルの調査にてTeadsのインリード動画がソーシャルメディアの2倍を超えるアテンションの獲得を証明 アテンションエコノミーリサーチは、今メディア業界で最も重要な指標に 消費者が広告にどのように反応しているかを測定するためには、ビューアビリティだけでは十分な指標ではないことが分かり、アテンションを重視することにより視認性と比べ、広告効果が3倍も優れていることが明らかに。 報道関係者各位2021.12.082021年12月8日、Teadsは、dentsu...

2021年11月19日Integral Ad Science Japan★★フィードバック数:0マーケティング

2022年に向けてサプライパス最適化への投資が増加 IAS最新調査

...性とメディア品質への課題も認める広告主は引き続きプログラマティックに積極的であり、54%が主なメリットとしてオーディエンスのリーチと配信規模の最大化を挙げています。しかし広告主は、アドフラウドの増加(44%)とブランドリスク(46%)に加え、プログラマティックにおける透明性の欠如(42%)に懸念があると回答しています。ブランドとエージェンシーの見解が一致しない場合もあり、プログラマティックにおけるアドフラウドの増加を懸念しているエージェンシーの担当者は、ブランドよりも1.5倍近く多くなっています。透明性の懸念に対応するため、多くの業界エキスパートは、自社...

デロイト トーマツ調査、64.5%の広告主企業がデジタル広告不正を認知するも、内容理解は半数以下

...に取り組む企業は予定も含め3割に留まるデジタル広告不正の中で対策の必要性を感じたものについては、不適切なサイトやコンテンツに広告が掲載されるといった「ブランドセーフティ問題」(81.1%)が最も多く、次いでbotなどによる不正クリックといった「アドフラウド問題」(68.3%)、配信された広告が視聴可能な状態で表示されないといった「ビューアビリティ問題」(60.4%)となりました。デジタル広告不正問題の中でも、ブランド価値・企業イメージ毀損に直結するブランドセーフティへの対策意識が高い結果となりました。一方...

2020年6月22日GumGum Japan★フィードバック数:0マーケティング

独自調査レポート: 脳科学が証明する、コンテキスト(文脈)と広告効果の因果関係

...、AIを活⽤した独⾃の画像認識技術・⾔語処理技術を持つテクノロジーカンパニーです。私たちの技術を活用することで、より良い広告サービスや消費者体験を実現することをミッションに活動しています。10年以上に渡る開発と機械学習により培われた高度な解析技術を、広告からスポーツマーケティングまで幅広く応用しています。広告サービスとしては、ウェブ上の画像と文章をAIで理解して文脈に沿った広告配信を行うコンテキスト・ターゲティング、ブランドにとってイメージ毀損となるリスクを回避するブランドセーフティ、不正取引(アドフラウド...

2020年3月11日電通★★フィードバック数:0マーケティング

「2019年 日本の広告費」

...ターネット広告市場の短中期的な拡張の中心軸となりうる結果となった。なお、2019年7月29日にD2C・CCI・電通3社共同で「物販系ECプラットフォーム広告費」を発表したが、今回の「2019年 日本の広告費」調査においては、すでにインターネット広告費に含まれていた部分を排除し、再定義して追加推定した。③インターネット広告制作費 3,354億円(前年比107.9%) ・アドフラウド(広告詐欺)や個人情報保護の観点から企業の広告活動を自社サイト(オウンドメディア)を基点に行う動きが進み、自社サイトと連携させてのソーシャルメディア活用も増加した。 ・大規...

2020年1月31日Integral Ad Science★★フィードバック数:0マーケティング

インターネット広告関係者が予測する業界トレンド発表!

...配信サービスの利用者数が増加を続けており、2020年の普及率は地域全体で37%に、日本も19%に達する見込みです。業界関係者らはここに新たなチャンスを見出し、従来型のTV広告からコネクテッドTV(CTV)とOTTへのシフトが加速すると予測しています。メディア品質の向上も2020年の最優先課題のひとつです。アンケートでは、半数以上がビューアビリティ計測とブランセーフティとブランド適合性に関する対策の積極的な実施を検討しおり、45%がアドフラウド対策を検討していると回答しました。85%が、業界全体でメディア品質のリスクを正確に計測し、的確...

2019年12月13日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いた  テレビCMに対する価値評価 2019年版

...施いたしましたので結果を発表いたします。本レポートは、2019年から2020年にかけての企業のテレビCMへの投資状況の変化と、その背景にあるテレビCMに対する広告宣伝担当者の評価について、テレビCM出稿に携わる広告宣伝担当者107名に調査を行い、結果をまとめたものです。※調査結果レポートは下記のURLでも公開しています。テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いた テレビCMに対する価値評価 2019年版【本調査の背景】●オフライン広告の価値の再評価インターネット広告(*1)市場の拡大が続く一方、アドフラウド(*2)等に...

2019年11月22日パブマティック★フィードバック数:0マーケティング

2019年 日本国内における アプリ内広告の意識調査のレポート

...のクローズドのプラットフォームのアプリ以外で、メディアバイヤーが出稿しているアプリのカテゴリは、ニュース(71%)、ヘルスケア/ライフスタイル(50%)、ゲーム(41%)であった。アプリ内広告枠をプログラマティックに買付する際の課題として、最も多くのメディアバイヤーが「ブランドセーフティー(51%)」と回答、次いで「アドフラウド(48%)」を挙げ、媒体社の在庫品質(インベントリクオリティ)に対する懸念が浮き彫りとなった。 ぜひ、レポートをダウンロードして詳細をご確認ください。 PubMaticは、広告...

2019年10月18日Adjustフィードバック数:0モバイル

Adjustが「モバイル成長マップ」レポートを発表

...Adjustが「モバイル成長マップ」レポートを発表 高価値を生み出すアプリユーザーを見定め、継続率を高める施策を効果的に行いたいマーケター必読 〜 インストール数以外にも焦点を当てた、新指標「リテンションファクター」を初導入〜 モバイル計測およびアドフラウド防止の業界リーダーであるadjust(アジャスト) 株式会社(本社:独・ベルリン、代表取締役社長兼共同創業者:クリスチャン・ヘンシェル)は、初の「モバイル成長マップ」レポートを本日発表しました。2018年にリリースされた約3,500のア...

2019年9月27日Integral Ad Science★フィードバック数:0マーケティング

メディアクオリティレポート2019年上半期版

...IASがビューアビリティアドフラウド、ブランドリスクのベンチマークを含む最新メディアクオリティレポート日本語版を発表 グローバルではビューアビリティ70%の最高値を記録、日本ではブランドリスクが大幅に改善したものの、他指標はさらなる取り組みが求められる結果に 広告業界の透明性を高め、デジタル広告の効果を最大するテクノロジ-とデータをグローバルに提供するIntegral Ad Science(本社:米国ニューヨーク、CEO:リサ・アッツシュナイダー / 日本オフィス:東京都千代田区、マネ...

2019年9月24日チェク・ジャパン★フィードバック数:0マーケティング

次世代アドテクノロジー企業CHEQ 2019年、日本におけるオンライン広告詐欺の被害総額は、少なくとも680億円に上ると予測

...タル広告スペースの信頼を回復することによって、デジタル・エコシステムの保全に寄与することを企業ミッションとしています。元イスラエル軍のサイバーセキュリティ専門家によって設立された同社は、強力なAI、NLP、コンピュータビジョン、およびディープ・ラーニング・アルゴリズムを実行し、ブランド・セーフティ、アドフラウド、およびビューアビリティのための、初のニューラルネットワークベースのソリューションを提供しております。急速に成長している同社は、近年注目を集めるイスラエルのハイテクシーンにおいて、頭角を現す10社のユニコーン企業のうちの1社と...

2019年7月24日adjust★★フィードバック数:0マーケティング

AdjustとLiftoffがショッピングアプリに関する共同調査を発表

...AdjustとLiftoffがショッピングアプリに関する共同調査を発表 日本のユーザーはアプリのインストールから商品の購入までの時間が長い反面、ロイヤリティが高いことが判明モバイル計測およびアドフラウド防止の業界リーダーであるadjust(アジャスト) 株式会社(本社:独・ベルリン、代表取締役社長兼共同創業者:クリスチャン・ヘンシェル)(https://www.adjust.com/ja)とLiftoff Mobile株式会社(本社:米・パロアルト、代表取締役社長兼共同創設者マーク・エリス)は...

2019年7月22日チェク・ジャパン★★フィードバック数:0マーケティング

次世代サイバーセキュリティ企業CHEQ、3分の2に近い広告主が、「既存のブランドセーフティツールは適切に機能していない」と告白

...ーヨーク、およびテルアビブにオフィスを構え、ミリタリーグレードのAIを導入してブランドの安全性、広告詐欺、およびビューアビリティについて革新的なソリューションを展開、アドベリフィケーションのテクノロジーを変革しています。バッテリー・ベンチャーズによる支援を受け、オンライン広告のリスクから広告主を保護すると共に、デジタル広告スペースの信頼を回復することによって、デジタル・エコシステムの保全に寄与することを企業ミッションとしています。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。 https://www.cheq.ai...

2019年7月18日ミック経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

ネット広告&Webソリューション市場の現状と展望2019年度版 (第12版)

...年のネット広告市場は、動画広告、ソーシャル広告など運用型広告の中でも、ブランド広告主にとって親和性の高い広告種類が急速に市場を拡大させております。一方で、2017年9月からi始まったITP(Intelligent Tracking Prevention)問題や、アドフラウド問題によるDSP広告、アドネットワーク広告への影響は、市場動向に少なからず影響を及ぼし始めています。今回の資料ではこうしたネット広告市場の現状と展望を、主要代理店の取材を基に集計分析致しました。 また、昨年までWebイン...

2019年5月30日Integral Ad Science★★フィードバック数:0マーケティング

最新版メディアクオリティレポート(2018年下半期)

...Home News IASがアドフラウド、ブランドセーフティ、 ビューアビリティに関する最新の調査レポートを発表IASがアドフラウド、ブランドセーフティ、 ビューアビリティに関する最新の調査レポートを発表 広告業界の透明性を高め、場所やデバイスを問わず消費者への広告効果を最大化させるテクノロジーとデータをグローバルに提供するIntegral Ad Science(日本オフィス:東京都品川区、マネージングダイレクター:藤中太郎、以下 IAS)は、2019年5月22日、最新の「メデ...

2019年5月24日Adjust★フィードバック数:0マーケティング

Adjust Global App Trends 2019レポート

...Adjustがモバイルアプリ市場の動向を調査・分析したAdjust Global App Trends 2019レポートを発表 日本ではミッドコア及びカジュアルゲームに続きEコマースアプリが人気の高いカテゴリー上位にランクイン アプリはインストール後、最初の1週間で79%のユーザーを失うことが明らかに アドフラウドの被害はEコマースやマッチング、モバイルバンキングアプリにおいて大きいことも判明 インドネシア、ブラジル、韓国がアプリ市場において急成長モバイル計測およびアドフラウド...

2019年2月22日Teads Japan★フィードバック数:0マーケティング

「効果のある6秒ビデオ動画広告を制作するためには」Teadsリサーチ結果を公式リリース

...つ知見や研究結果を引き続きご案内して参ります。」Teadsについて2011年にフランスで生まれたTeadsは、記事・コンテンツ内に動画広告を配信する随一の開発者であり、アウトストリーム広告市場のリーディングカンパニーです。世界26カ所のオフィスで750名以上の従業員が働くグローバルカンパニーで、日本には2014年に上陸しました。日本国内において250以上のプレミアム媒体社とパートナーシップを組み、月間8.5億インプレッション規模のネットワークを構築しています。Teadsのネットワークは、ユーザーフレンドリー、ブランドセーフティ、ビューアビリティ、不正...

2018年12月6日Momentum★★フィードバック数:0マーケティング

アドベリフィケーションに関する意識調査

...ベリフィケーション(*1)に関する認知度や対策状況を調査したものです。■認知度は昨年に比べて大幅に向上調査の結果、アドベリフィケーションとそれに関連するブランドセーフティ(*2)、アドフラウド(*3)、ビューアビリティ(*4)のキーワードの認知度は、2017年10月度の調査結果と比較して全てのキーワードで向上がみられました。それぞれのキーワードで「名称と内容どちらも知っている」と回答した割合をみると、アドベリフィケーションは19.7%と昨年に比べて約1.6倍、ブランドセーフティは36.8%と昨年より約2.6倍に、アドフラウド...

2018年11月2日Integral Ad Science Japan★★フィードバック数:0マーケティング

2018年上半期のデジタル広告に関する最新レポート

...全体で発生する膨大なインプレッションとマーケットを取り巻くさまざまな環境要因をあわせて分析し、デジタル広告に携わるすべての方にとって有用なデータを提供しています。2018年上半期のMQR作成にあたっては、グローバル全体で5,000億超のインプレッションがサンプリングされました。パブリッシャーダイレクト(純広)とプログラマティック・チャネルを通じて提供されるデジタル広告について、不正インプレッション、ブランドセーフティ、ビューアビリティの3つの主要な指標について調査を実施しています。さらに今回よりモバイル端末に関するデータと、デスクトップとモバイルの新たな評価指標「タイムインビュー(蓄積...

モバイル3キャリア広告商品の信頼性を調査 ビューアビリティ率69.5%、アドフラウド率0.8%を実証

...TOPnewsモバイル3キャリア広告商品の信頼性を調査 ビューアビリティ率69.5%、アドフラウド率0.8%を実証2018.06.13.モバイル3キャリア広告商品の信頼性を調査 ビューアビリティ率69.5%、アドフラウド率0.8%を実証 アドベリフィケーション推進協議会(以下、アドベリ推進協議会)に参画する株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、以下CCI)は、モバイル3キャリア(*1)が提供する広告商品の透明性に関する調査を実施しました。 イン...

若年層の起業並びに起業家に対する意識調査

...卒業のタイミングで許容度が一時的に低くなる傾向が興味深いですね。「別れ」と「出会い」のタイミングでは、身近な女子に目がいくということでしょうか。日本初「人工知能スタートアップ特化型」AIアクセラレーター、募集中。メンタリングを受けた人の感想はこちらやこちら。日本初「HRを”Hackする”スタートアップ投資」ファンド投資希望者募集中。15分で取材完了、マッハ取材受付中。 人気記事AnyMind GroupがHUMANと連携の下、対モバイルアプリ動画広告「POKKT」においてアドフラウド検知・防止機能を実装。HUMANの技術を導入し、より...

2018年5月14日グループエムフィードバック数:0マーケティング

2018年にオンラインメディアの視聴時間が従来型TVを上回る

...もしくは管理の良い最終POSシステムを備えたスーパーマーケットが多い。▽デジタルビデオ競争各プラットフォームでの上質なビデオ視聴者の測定がどの市場でもひどく不十分なため、グループエムは回答者に対し、現在のTVと新興デジタル勢力のシェアを単純に見積もるよう求めた。従来型TV視聴者はすべてのビデオ視聴時間の4分の3を費やすが、オンラインビデオの時間は3分の1(29%)を下回っているとみられる。▽メトリックスとビューアビリティーグループエムは最も効果的は広告は目か耳、もしくはその両方によらなければならないと確信し、業界と民間のビューアビリティ...

「2018年にブランディング目的のデジタル広告費を増やす」と42%の企業が回答。~ビデオリサーチインタラクティブとニールセン デジタル 共同での企業向け調査結果を発表~

...広告主企業と広告代理店に勤めるデジタル広告の担当者を対象に、ブランディング目的*1でのデジタル広告出稿に対する意識調査を実施し、その結果について取りまとめました。日本のインターネット広告費は1兆3,100億円(前年比113%)*2と1兆円を超えてテレビに次ぐ媒体に成長しております。2017年も二桁成長が予測されております。一方で、広告効果という観点では、ブランディング目的での利用が増えたことにより、アドフラウド(広告が人ではなく、BOTなどの不正プログラムで閲覧やクリックされていないか)、ビューアビリティ(実際...

2018年1月12日アイレップフィードバック数:0マーケティング

2017年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース

...が一気に広まってくるかもしれません。また、AppleのSiriやGoogle Assistant 、Microsoft Cortanaといった音声アシスタントを使った音声検索の増加にあわせて、企業も対応を検討していくフェーズに入ってきた年でした。■ ディスプレイ広告に関して出稿に関する考え方の大きな転換を求められた年昨年度までは、アドテクノロジーを活用した新しい広告の可能性に注目が集まっていましたが、今年はネット広告の信頼性についての関心が非常に高まった年だったと言えます。広告がユーザーが視聴できる状態でメディアに掲載されているのかといったビューアビリティ...

2017年11月9日Supership★★フィードバック数:0マーケティング

「ads.txt」導入状況の調査

...述内容とビッドリクエストの内容がマッチしない場合、徐々に入札額を下げるなどの対応を行うことで、不正と疑わしいインベントリへの広告入札を減らし、アドフラウドの排除を行います。■媒体社向け広告配信プラットフォーム「Ad Generation」「Ad Generation」では、パブリッシャー向けの管理画面にて「ads.txt」 に記述すべき内容をコピーアンドペーストで簡単に取得できるサポート機能の提供を開始しました。また「Ad Generation」が発行したパブリッシャーアカウントIDを含めた情報を、RTBのビッドリクエストで送ることで、「ads...

2017年上半期「メディアクオリティレポート」

...デジタルPRとプレスリリース配信info@digitalpr.jp受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) カスタマーサポートデスクは、新型コロナウイルス対策のため在宅対応につき、電話での対応を行っておりません。お問い合わせは info@digitalpr.jp までお願いいたします。運営会社からのお知らせはこちらIAS、ディスプレイ広告の不正インプレッション、ブランドセーフティ、ビューアビリティについて2017年上半期の調査結果を発表 日本の不正インプレッションは8.4% でブ...

2017年10月30日Appier★フィードバック数:0マーケティング

アドフラウドへの対策―AIはどのように役立つのか

...Appier、AIを使ったアドフラウド対策モデルの効果に関するレポート「アドフラウドへの対策―AIはどのように役立つのか」を発表 AIベースのアドフラウド対策は、従来のアプローチと比較して2倍の疑わしいインストールを検出 AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー、以下Appier)は、本日、AIを使ったアドフラウド対策モデルの効果に関するレポート「アドフラウドへの対策―AIはどのように役立つのか」を発表しました。本レ...

2017年10月10日DataSignフィードバック数:0マーケティング

DataSign Report 「ads.txt」 実態調査 2017.09

...、datasign-news.comに広告を配信する場合は、Google経由の広告掲載依頼の場合のみ、広告を配信する、といった制御を行うことにより、広告枠を偽装するアドフラウド(広告詐欺)の被害を減らすことができます。Ads.txtの詳細な仕様についてはIAB Tech Lab が公表している仕様書をご確認ください。https://iabtechlab.com/ads-txt/また、ads.txtによりオンライン広告の透明性が高まり、オンラインメディアを正当に評価できるようになるとともに、広告...

国内プライベートマーケットプレイス市場調査

...広告は、2021年には2017年の約4倍となる197億円に達し、全体の51%を占める見通しです。自社ブランドの広告が適切な場所に表示されることを強く求める広告主を中心に、動画広告の出稿において、PMPを介した広告取引需要が拡大しています。動画広告の配信においては、実際にユーザーの目に触れられること(ビューアビリティ)について、広告の買い手側がより強く意識することなどが、PMPの需要拡大を後押ししています。動画広告と静止画とで構成されるリッチメディア広告の展開においては、大手広告主を中心にPMPを活...

国内インターネット広告における「ブランドセーフティ」「ビューアビリティ」についての広告評価を調査

...TOPnewsCCI、国内インターネット広告における「ブランドセーフティ」「ビューアビリティ」についての広告評価を調査あわせてBEYONDX PMPにてビューアブルインプレッション課金型メニューをリリース2017.09.08.CCI、国内インターネット広告における「ブランドセーフティ」「ビューアビリティ」についての広告評価を調査あわせてBEYONDX PMPにてビューアブルインプレッション課金型メニューをリリース●良質なWEBサイトでの広告コミュニケーションがブランド向上のカギに  株式...

2016年12月15日アイレップフィードバック数:0マーケティング

2016年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース

... Assistant のリリースは、検索の可能性を広げる戦略的に重要なサービスとなるでしょうか。 ■ ビューアビリティー元年 JIAAが「ビューアビリティに関するJIAAステートメント」を発表しました。これまでディスプレイ広告の広告指標、取引指標については「インプレッション」と呼ばれる表示回数をベースとした指標が活用されてきましたが、近年はメディアスペースの多様化、広告表現の多様化が進み、世界的に「ビューアビリティ(視認可能性)」についての考え方が広まってきています。今後、イン...

2014年12月1日popInフィードバック数:0マーケティング

READ REPORT Vol.3 ?ネイティブアドのビューアビリティについての一考-

...popInが、ネイティブアドのビューアビリティに関する調査レポートを発表し、ネットワークの100%ビューアブル・インプレッション対応を表明popIn株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:程 涛、以下 popIn)は、レコメンドウィジェット型ネイティブアドのビューアビリティに関する調査「READ REPORT Vol.3 –ネイティブアドのビューアビリティについての一考-」を2014年12月1日に発表しました。合わせて、popInが運...

2013年9月19日comScoreフィードバック数:0マーケティング海外要登録

vCE Charter Study Japan

...日本のオンライン広告配信の現状とその効果についての理解を促進するため、コムスコアは76のキャンペーンに対して調査を実施しました。本調査はビューアビリティやブランド保護、ターゲットへのリーチ等の各指標の現状を明らかにするとともに、日本の広告市場の根本的な課題を浮き彫りにする結果となりました。以下は内容の抜粋です。半分以上の広告は『見られていない』:配信された広告インプレッションのうち、ビューアビリティ率は他の地域よりも低い49%であり、半分以上の広告は見られていないという結果になりました。また...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ