「アマゾン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2016年6月7日オール相続フィードバック数:0社会/政治

もし親が住んでいた実家を相続したらどう使いますか?

オール相続調べ、「もし親が住んでいた実家を相続したらどうする?」調査結果を発表相続した実家に「住まない」が半数以上「親の住んでいた実家を相続したらどうする」というアンケートに対して「実家に住まない」と答えた方は59%でした。住むと答えた方の回答の例としては、「リノベーションして住みたい」 「退職後に住んでみたい」 「実家がなくなるのは寂しいので住みたい」といったものが寄せられました。住まないと回答した内、66%が売却希望相続した実家には住まない、と回答した内、売却を希望する方は66%でした。売却

2016年1月25日オール相続フィードバック数:0社会/政治

もし5000万円の財産を相続したらどうする?

オール相続調べ、「もし5000万円の財産を相続したらどうする?」調査結果を発表オール相続では、「もし突然、3000万円の価値のある不動産と2000万円の現金を家族や第三者から相続したらどうしますか?」というアンケートというアンケートを30代~70代の100人の男女に対して実施しました。現金は「貯金したい」が半数以上 「もし突然、2000万円の現金を相続したらどうしますか」というアンケートに対しては、貯金をしたいという人が59%でした。現金に関しては、何かあったときのことや老後を考えて貯金しておき

2015年12月17日オール相続フィードバック数:0大型消費/投資

「相続」に関するアンケート調査

「相続」に関するアンケート調査、親の相続でもめると思っている人が3割!オール相続では、「もし親の相続がおこったら、トラブルになると思いますか?」というアンケートを30代~70代の100人の男女に対して実施しました。3割の子供が、親の相続でもめると思っている! もし相続が発生したときに、もめると思った人は30%、もめないと思った人が70%という割合でした。相続発生前から、3割の人たちが何らかのトラブルが起こるだろうと考えているようです。もめないと思う理由は、財産が少ない、話し合いで決着できるもめな

2015年8月11日ポット出版★フィードバック数:0マーケティング

新しく発行した本の情報がネットに反映される調査

2015-08-11本は存在を知ってもらわなければ、そもそも売れない。たぶん、一番大きな「陳列」は書店。そのなかでも入り口近いところに平積みされと、とかされるのがいい。広告ってこともある。新聞によく載ってるでしょ。ポット出版もぼちぼち新聞に広告載せてる。そのほかここ十数年に存在感を増やしているのがネットだ。ネットには大きく3種類ある。・ポット出版や版元ドットコムのサイト →自分で発信できるところ。この延長に、Twitterやfacebookもあると思う。・本の存在を「勝手に」広めてくれる媒体や、

10大ニュースです。

2014年情報通信業界の十大ニュース

2014年情報通信業界の十大ニュース(株)情報通信総合研究所 グローバル研究グループ 清水 憲人 2014年も残りあとわずか。いつものように、個人的に印象に残った情報通信業界の出来事を振り返りつつ、年末を締めくくりたい。第10位 インド市場への注目5月にインドの首相に就任したナレンドラ・モディ氏は外資の誘致を通じて経済成長を推進する政策を進めている。フォルクスワーゲン、シスコ、アマゾン、ポスコなど、世界の名だたる企業が投資を加速させており、インドへの直接投資額は政権発足後半年間で2割以上増加

「アマゾンで購入する人は、事前に楽天で商品を調べる消費パターンが目立つ」そうです。

ネット通販、買うならアマゾンか?

WHAT'S NEW- 楽天を経由して、アマゾンで買う消費者 -最近電子書籍で巷を賑わせている楽天とアマゾンですが、この両者が日本のネット通販事業の2強であることは言うまでもありません。事業開始がそれぞれ1997年、2000年で、アマゾンは当初書籍のみとネット通販の歴史や商品取扱高では現在でも楽天に分があります。しかし、消費者のインターネット上での購買行動を観察すると、自社ウェブサイトへの訪問者をアマゾンがうまく購買に繋げている様子をうかがうことができます。■ 集客力の高い楽天、購買効率の高いア

2012年5月28日ランスタッドフィードバック数:2キャリアとスキル

ランスタッドアワード2012 「エンプロイヤーブランド・企業魅力度」調査

日本初開催のランスタッドアワード2012 「エンプロイヤーブランド・企業魅力度」調査・表彰を実施ソニーが1位、日本初開催のランスタッドアワード2012「エンプロイヤーブランド・企業魅力度」調査・表彰を実施2位オリエンタルランド、3位パナソニック、海外企業部門1位はアマゾン ランスタッドアワード1位のソニー(右)と、海外企業部門1位のアマゾン。中央はランスタッドCEOマルセル・ウィガース 世界最大級の総合人材サービス会社で、世界40の国と地域で事業を展開するランスタッド・ホールディング・エヌ・ヴィ

2011年10月25日eパートナーフィードバック数:3デジタル家電

書籍購入の実態調査

書籍購入の実態調査寄稿:冬狐洞隆也氏書籍購入の実態調査を紹介したい。まずは「本はどこから入手する?」のアンケート結果から。本はどこから入手する?新刊書店とネット書店を合計すると 59.5%となり、新刊本を選択する傾向は今も根強い。一方、古書店や新古書店・ネット新古書店を合計すると 21.7%となり、新刊書店の半分になる。同じ本であるならば、新しい本でなくても安いほうが良いといった理由で選ばれているようだ。読者の選択肢は今後も拡大すると考える。新刊を購入した店は?※複数回答アマゾンとアマゾン以外の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ