調査のチカラ TOP > タグ一覧 > イーデザイン損保

「イーデザイン損保」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年12月6日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――テクノロジー活用で先行する企業の収益成長率は、出遅れた企業の2倍に上ることが判明

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア、株式会社タンバリンの買収に合意し、顧客体験を基点としたビジネス変革の支援体制を強化 【東京発:2021年11月19日】アクセンチュア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下、アクセン

2019年4月11日アクセンチュア★★フィードバック数:0社会/政治

市民のAI受容度が高まっていることが明らかに――アクセンチュア最新調査

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア、株式会社タンバリンの買収に合意し、顧客体験を基点としたビジネス変革の支援体制を強化 【東京発:2021年11月19日】アクセンチュア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下、アクセン

2018年10月16日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査―「企業のデジタル投資に関する意思決定でCFOの重要性が増していることが明らかに」

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 変化し続ける市場で成功するマーケターの共通点――アクセンチュア最新調査 【ニューヨーク発:2021年10月13日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新グローバル調査によると、世界のマーケティング担当役員の約7

2018年4月16日マイボイスコムフィードバック数:0ビジネス

損害保険会社のイメージに関するアンケート調査(第12回)

損害保険会社のイメージに関するアンケート調査(第12回) ■損保会社の認知率は「ソニー損保」「東京海上日動火災保険」「JA共済」「全労済」「アクサダイレクト」が各6~7割。過去調査と比べ「イーデザイン損保」が増加傾向。契約したい損保は「東京海上日動火災保険」「ソニー損保」「損害保険ジャパン日本興亜」「県民共済」などが上位。■『信頼性や安心感がある』のは、「東京海上日動火災保険」が3割強、「三井住友海上火災保険」「県民共済」「全労済」「損害保険ジャパン日本興亜」などが各2割。■『商品開発力や

2017年11月1日アクセンチュア★★フィードバック数:0マーケティング

アクセンチュア最新調査――B2B企業の成長には顧客体験のコントロールがカギ

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 変化し続ける市場で成功するマーケターの共通点――アクセンチュア最新調査 【ニューヨーク発:2021年10月13日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新グローバル調査によると、世界のマーケティング担当役員の約7

顧客サポート調査2017

サポートサイト優良企業、トップはイーデザイン損保(自動車保険)トライベック・ブランド戦略研究所(本社:東京都港区、代表取締役:後藤洋)は、企業のサポートを評価する「顧客サポート調査2017」の結果を発表した。 本調査では17業種、115製品・サービスのサポートサイトおよびコールセンターについて、利用経験者による評価を行った。 (インターネット調査、有効回答数9,943人、調査期間2017年6月7日〜6月29日) ■サポートサイト評価、1位は「イーデザイン損保」(自動車保険)サポートサイト評価1位

2013年2月26日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 損害保険会社のイメージ(7)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ損保会社の認知率は全体的に低下傾向だが「イーデザイン損保」は2010年調査以降増加傾向。加入損保は「東京海上日動火災保険」「損保ジャパン」などが上位。契約したい損保は「東京海上日動火災保険」「ソニー損保」「全労済」「損保ジャパン」の順で多い 『信頼性や安心感がある』のは、「東京海上日動火災保険」がトップで、「全労済」「JA共済」「三井住友海上火災保険」「損保ジャパン」「ソニー損保」などが続く 『商品開発力や企画力』『独自性がある』の上位は「

2011年11月29日アクセンチュア★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュアによる財務部門の意識調査です。

アクセンチュア調査結果:財務・経理部門は成長機会よりもコスト管理を重視

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア、株式会社タンバリンの買収に合意し、顧客体験を基点としたビジネス変革の支援体制を強化 【東京発:2021年11月19日】アクセンチュア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下、アクセン

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ