「カレント」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年10月22日リ・カレントフィードバック数:0キャリアとスキル

【意識調査】20代若手社員、リモート環境で「上司、先輩へ気軽に雑談・相談がすることができない」が約9割!

【意識調査】20代若手社員、リモート環境で「上司、先輩へ気軽に雑談・相談がすることができない」が約9割! 20代若手社員のオンラインで働く悩みに関する最新若手意識調査レポートを公開 リ・カレント株式会社は、COVID-19感染拡大防止の影響で働き方が多様化しているなか、20代の若手社会人がオンライン(リモート環境)でどのような不安や悩みを持っているか、東京都の20代、1300名に対して調査を致しました。本調査は、リ・カレントの若手人材育成事業部・トレジャリアを中心に、企業の人事のみなさまと共にこ

2020年6月24日リ・カレントフィードバック数:0キャリアとスキル

2020年度 最新20代若手社員の意識調査レポートを公開

【意識調査】20代働く若手の本音、働く理由を明確に「持たない」が9割、コロナで価値観が揺らぐ若手が半数越え、2020年度、最新20代若手社員の意識調査レポートを公開 “何のために”働くのかという仕事の軸を持っていない20代若手社員をコロナ禍が直撃リ・カレント株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:石橋真、以下「リ・カレント」)は、COVID-19の影響が若手の仕事・キャリアの考え方にもたらす影響について、2020年度の新入社員を中心とした「2020年度最新若手意識調査」を実施しました。本

2019年2月4日ディップフィードバック数:0キャリアとスキル

リカレント教育(学び直し)についてのアンケート調査ディップ

> リカレント教育(学び直し)について|みんなの声レポート 「リカレント教育(学び直し)」について 文部科学省でも推進している「リカレント教育(学び直し)」。大人になっても色々学び直ししたいですよね。今回はどのくらいの方が、どんな内容で、どのくらいの時間や期間を使って学び直ししているかをまとめました。今後の学び直しの参考になれば幸いです。(有効回答数:1314) 01. 「リカレント教育(学び直し)」を知っていますか?02. 「リカレント教育(学び直し)」をしたいと思いますか?03. 「リカ

季刊「国際貿易と投資」第97号(2014年秋号)

季刊 国際貿易と投資2014年98号 2014年12月発行 97号 2014年9月発行 96号 2014年6月発行 95号 2014年3月発行 季刊 国際貿易と投資 年間購読のご案内年4回発行の当研究所の研究誌です。カレントなテーマについて、分析、解説、提言を行っています。また、特定テーマをとりあげて「特別増刊号」を発行しています。年間購読料(頒布価格) 10,000円(年間、送料

2014年6月4日国際貿易投資研究所フィードバック数:0ビジネス

国際貿易と投資 No.96 2014年夏号

季刊 国際貿易と投資2014年98号 2014年12月発行 97号 2014年9月発行 96号 2014年6月発行 95号 2014年3月発行 季刊 国際貿易と投資 年間購読のご案内年4回発行の当研究所の研究誌です。カレントなテーマについて、分析、解説、提言を行っています。また、特定テーマをとりあげて「特別増刊号」を発行しています。年間購読料(頒布価格) 10,000円(年間、送料

季刊「国際貿易と投資」<No.95 2014年春号>

季刊 国際貿易と投資2014年98号 2014年12月発行 97号 2014年9月発行 96号 2014年6月発行 95号 2014年3月発行 季刊 国際貿易と投資 年間購読のご案内年4回発行の当研究所の研究誌です。カレントなテーマについて、分析、解説、提言を行っています。また、特定テーマをとりあげて「特別増刊号」を発行しています。年間購読料(頒布価格) 10,000円(年間、送料

国際貿易と投資 第94号(2013年冬号)

季刊 国際貿易と投資2013年94号 2013年12月発行 93号 2013年9月発行 92号 2013年6月発行 91号 2013年3月発行 季刊 国際貿易と投資 年間購読のご案内年4回発行の当研究所の研究誌です。カレントなテーマについて、分析、解説、提言を行っています。また、特定テーマをとりあげて「特別増刊号」を発行しています。年間購読料(頒布価格) 10,000円(年間、送料込)ご購入希望の際は下記のご購

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ