調査のチカラ TOP > タグ一覧 > カーボンニュートラル

「カーボンニュートラル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

指定管理工場担当者 省エネに関するアンケート

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。残り 95 %12/8(水)15:00~17:00本講座では、気候変動、カーボンニュートラルに関する動向、TCFDに関する概要、企業が開示するメリットや背景、実践する上でどのような準備が必要か、などTCFDの全体像を掴み、何をどのように進めていくか実践するためのアウトラインを掴むことを目的としています。ご登録後、確認用のURLが記載されたメールが届きます。また、このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています。(当サイト利用規約

エネルギー需給についてのレポートです。

日本のエネルギーミックスと約束草案の評価

2021年06月11日総合資源エネルギー調査会に提供の2050年カーボンニュートラル分析の追…2018年09月26日経済とCO2排出量のデカップリングに関する分析:消費ベースCO2排出量…2018年07月11日鉄鋼部門のエネルギー原単位推計2018年05月17日温暖化対策コスト評価およびその推計の前提となる投資の主観的割引率(投資…2017年05月18日地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(通称:ALPSⅡ)2017年02月09日日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析

電気料金値上げの影響です。

燃料費調整制度・FIT賦課金を含む電気料金値上げによる都道府県別の製造業への影響分析

2021年06月11日総合資源エネルギー調査会に提供の2050年カーボンニュートラル分析の追…2018年09月26日経済とCO2排出量のデカップリングに関する分析:消費ベースCO2排出量…2018年07月11日鉄鋼部門のエネルギー原単位推計2018年05月17日温暖化対策コスト評価およびその推計の前提となる投資の主観的割引率(投資…2017年05月18日地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(通称:ALPSⅡ)2017年02月09日日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析

今後の見通しです。

世界および日本のCO2排出量見通し 2014

2021年06月11日総合資源エネルギー調査会に提供の2050年カーボンニュートラル分析の追…2018年09月26日経済とCO2排出量のデカップリングに関する分析:消費ベースCO2排出量…2018年07月11日鉄鋼部門のエネルギー原単位推計2018年05月17日温暖化対策コスト評価およびその推計の前提となる投資の主観的割引率(投資…2017年05月18日地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(通称:ALPSⅡ)2017年02月09日日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析

コスト観点での分析です。

電源別発電コストの最新推計と電源代替の費用便益分析

2021年06月11日総合資源エネルギー調査会に提供の2050年カーボンニュートラル分析の追…2018年09月26日経済とCO2排出量のデカップリングに関する分析:消費ベースCO2排出量…2018年07月11日鉄鋼部門のエネルギー原単位推計2018年05月17日温暖化対策コスト評価およびその推計の前提となる投資の主観的割引率(投資…2017年05月18日地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(通称:ALPSⅡ)2017年02月09日日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析

世界主要国のエネルギー効率ランキング報告の検証-ACEEE報告の解釈について-

2021年06月11日総合資源エネルギー調査会に提供の2050年カーボンニュートラル分析の追…2018年09月26日経済とCO2排出量のデカップリングに関する分析:消費ベースCO2排出量…2018年07月11日鉄鋼部門のエネルギー原単位推計2018年05月17日温暖化対策コスト評価およびその推計の前提となる投資の主観的割引率(投資…2017年05月18日地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(通称:ALPSⅡ)2017年02月09日日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析

火力発電所の発電効率国際比較:2011年時点まで

2021年06月11日総合資源エネルギー調査会に提供の2050年カーボンニュートラル分析の追…2018年09月26日経済とCO2排出量のデカップリングに関する分析:消費ベースCO2排出量…2018年07月11日鉄鋼部門のエネルギー原単位推計2018年05月17日温暖化対策コスト評価およびその推計の前提となる投資の主観的割引率(投資…2017年05月18日地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(通称:ALPSⅡ)2017年02月09日日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析

2010年時点のエネルギー原単位の推計(鉄鋼部門-転炉鋼)

2021年06月11日総合資源エネルギー調査会に提供の2050年カーボンニュートラル分析の追…2018年09月26日経済とCO2排出量のデカップリングに関する分析:消費ベースCO2排出量…2018年07月11日鉄鋼部門のエネルギー原単位推計2018年05月17日温暖化対策コスト評価およびその推計の前提となる投資の主観的割引率(投資…2017年05月18日地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(通称:ALPSⅡ)2017年02月09日日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析

2013年11月2日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2013年10月

業況DI は、2カ月連続の改善。先行きは、改善見込むもコスト上昇圧力が重荷全産業合計の業況DIは、▲21.1(前月比+7.8ポイント)。全業種において業況は改善。時短要請や活動制限の緩和に伴い、客足が戻りつつある外食・観光関連のサービス業や、民間工事が持ち直しつつある建設業などで業況改善の動きがみられる。一方で、製造業、卸売業を中心に、半導体不足や部品供給制約による生産活動への影響が継続している。幅広い業種で、鉄鋼などの原材料費や原油価格を含む資源価格の上昇などのコスト増加が続いており、中小企業

2013年10月2日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査 2013年9月

業況DI は、2カ月連続の改善。先行きは、改善見込むもコスト上昇圧力が重荷全産業合計の業況DIは、▲21.1(前月比+7.8ポイント)。全業種において業況は改善。時短要請や活動制限の緩和に伴い、客足が戻りつつある外食・観光関連のサービス業や、民間工事が持ち直しつつある建設業などで業況改善の動きがみられる。一方で、製造業、卸売業を中心に、半導体不足や部品供給制約による生産活動への影響が継続している。幅広い業種で、鉄鋼などの原材料費や原油価格を含む資源価格の上昇などのコスト増加が続いており、中小企業

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ