「クリップ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2018年1月23日ダイヤモンド社フィードバック数:0ライフスタイル

統計で見る日本人の自殺と他殺、身近な方法から驚きの手段まで

5年に1回実施される政府の国勢調査。全国民を対象にした大規模調査のデータを読み解いてみると、意外な日本の姿が見えてくる。 アメリカの政府統計によると、1年間に銃による自殺者は2万1386人、殺人事件(以下:コロシ)は1万1008件発生している(2014年、疾病予防管理センターのデータより)。 では日本での銃使用がどうか、想像できるだろうか。自殺者は14人、コロシは3件(このほかに、自殺かコロシか特定されないもの4人、不慮の事故が4人)である。その数はアメリカの1000分の1にも満たず、拳銃のドン

2017年11月16日ダイヤモンド社フィードバック数:0ビジネス

「体に悪い会社」実態調査、うつ・不眠症・胃炎が蔓延するのはこんな職場だ

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。 日本の労働人口の約3人に1人が、何らかの疾病を抱えながら働いている――。これは厚生労働省が発表したデータだ。 ビジネスパーソンにとって、健康な心と体は仕事をする上で最も重要な資本。ところが世間には、働き方や職場環境が原因と見られる病気・体調不良に悩む人々が数多くいる。 産業構造の変化や市場競争の激化により、日本企業を取り巻く環境は厳しさを増している。売上第一主義で業務量が増え

2017年10月15日ダイヤモンド社フィードバック数:0社会/政治

日本人の「死ぬ場所」が変化、施設死が急増している理由

あさかわ・すみかず/1948年2月東京都中野区生まれ。東京都立西高校から慶應義塾大学経済学部に。1971年日本経済新聞社に入社。小売り・流通業、ファッション、家電、サービス産業などを担当。87年に月刊誌『日経トレンディ』を創刊、初代編集長を5年間勤める。93年流通経済部長、95年マルチメディア局編成部長などを経て、98年から編集委員。高齢者ケア、少子化、NPO活度などを担当。2011年2月に定年退社。同年6月に公益社団法人長寿社会文化協会常務理事に就任。66歳。2017年5月に「地域包括ケアシス

2017年8月17日ダイヤモンド社フィードバック数:0社会/政治

圧倒的に女性が多い街ランキング・ベスト30

5年に1回実施される政府の国勢調査。全国民を対象にした大規模調査のデータを読み解いてみると、意外な日本の姿が見えてくる。 5年に1回実施される国勢調査は政府が行う公的統計のなかでもっとも重要かつ大規模な調査である。日本国内に居住するすべての家庭を対象とし、世帯構成、各人の年齢性別、就業状況、住居の状況などが調べられ、またその結果は他の統計調査の基礎データとしても利用される。いわば「統計の統計」というべき存在である。 直近の国勢調査が行われたのは2015年(10月1日が基準)であるが、全国民を対象

2016年4月8日ダイヤモンド社★フィードバック数:0マーケティング

経歴を“盛る”人々を周囲はどこまで許せるか?

「なぜ、彼と話しているとイライラするのか」「彼女と関わると、なぜかトラブルに巻き込まれるのよね」――。あなたの周囲にも、きっとそんなタイプの人がいるだろう。そう、彼らは「めんどい人々」なのである。なぜ彼らは「めんどい」のか。世代間ギャップや価値観の違いなどその背景には色々な理由があるだろうが、はっきり理由がわからず、悩みは深まるばかりだ。この連載では、職場の上司、部下、同僚、そしてプライベートの友人、恋人まで、あなたを面倒事に巻き込む人々のパターンとうまく付き合って行くための心得を、できるだけわ

2016年2月1日ダイヤモンド社フィードバック数:0キャリアとスキル

実はゆっくり休む大チャンス! 8割が取得する「転職休暇」の実態

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。「1ヵ月くらい仕事、休みたいな~」 そう思ったとしても、一度社会に出てしまえば、長期の休みなどなかなか取れないのが社会人の常。しかし、社会人でも1ヵ月近く休むチャンスを得られる方法があることをご存じでしょうか。それが前職の会社から転職先で働き始めるまでの期間に休みを取る「転職休暇」です。 ダイヤモンド・オンラインでは、アンケート調査会社・

2015年12月8日ダイヤモンド社★フィードバック数:0社会/政治

東京23区「びっくり格差」ランキング

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。 港区「904万円」、足立区「323万円」。実にその差は、3倍に近い――。 これは、総務省発表による2012年の所得水準(正しくは、納税義務者1人あたりの課税対象所得額)のデータの一部である。 読者の中には東京都に住んでいる人も多いと思う。中でも23区は、まさに日本の首都・東京の顔とも呼べるエリアだ。このエリアの住民の中には、ある種のステ

2015年11月6日ダイヤモンド社★★フィードバック数:0社会/政治

栄養失調による死者数は殺人被害者の4倍! 統計から読み解く「日本人の死に方」

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。 厚生労働省が発表する重要な統計の1つに人口動態統計がある。人口の動態、つまりは人口が増えたり減ったりするその数値と、増減の原因を調べたものだ。 詳細な報告書は来年春に刊行されるが、9月初旬にホームページで調査の確報値が公開された。ここから、人口が減る、すなわち日本人の死がいかなる現状なのかを読み取ってみよう。 昨年死亡した人は127万3004人。死因別では悪性新生物(がん)が

2014年2月24日ダイヤモンド社フィードバック数:0マーケティング

増税前の「駆け込み消費」は本当に起きない? “春分の日”以降の消費ラッシュに要注意

2014年年4月から、消費税率が5%から8%に引き上げられる。さらに1年半後には10%にまでの引き上げも待っている。前回の1997年の引き上げ以来、17年ぶりの消費税増税だけに、どのような影響が出るか、どんな準備をしたらいいのか迷うことも多い。景気にはどのような影響が出るのか、ビジネス上ではどんな準備をすればよいのか、個人の生活はどう守ればいいのか。「マクロ景気」「ビジネス」「個人生活」の3つの視点で、消費税増税を乗り切る「術」を考える。 消費税増税まであと残り1ヵ月。4月1日からは消費税が8%

2014年2月14日ダイヤモンド社フィードバック数:0キャリアとスキル

小保方さん報道で理系女子人気は本当に高まったか? アンケート調査でわかった「リケジョ」の魅力と真実

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。「あの女性がそんな偉業を……!?」 理化学研究所の小保方晴子さんがSTAP細胞の作製に成功したニュースは、世界中を驚かせた。同研究所の再生科学総合研究センター・細胞リプログラミング研究ユニット・ユニットリーダーとして活躍する小保方さんは、外的な刺激で細胞を初期化するという、従来の科学の常識ではあり得ない方法を思いついたしなやかな発想力と、

2013年12月22日ダイヤモンド社フィードバック数:0キャリアとスキル

みんなの「冬のボーナス」は本当に上がった? アベノミクス1年の最も気になる成果を独自調査

下北沢の編集プロダクション。2008年創業から主にWeb媒体の記事制作を行う。 アベノミクスへの期待により、社員の賃上げに動く企業がちらほら登場している。その一方、「そう簡単に賃金が上がるはずがない」と先行きをシビアに見る専門家も多いのが現状だ。給料はビジネスマンの一大関心事。議論が熱を帯びている今、この連載では「ぼくらの給料は本当に上がるのか?」を多方面から分析する。 この冬、あなたのボーナスは増えただろうか、それとも変わらなかっただろうか。もしかして、「減った」という人も? 流行語大賞候補に

2013年11月26日ダイヤモンド社フィードバック数:0ライフスタイル

やる気をなくす親の言動、やる気にさせる言動ベスト5【前編】

1925年創立の中高一貫校である品川女子学院は一時期、中1の生徒が5人という危機的な状況に陥ったが、1989年から始まった総合的学校改革により7年間で入学希望者数が60倍、偏差値が20ポイント上昇した。その学校改革をしたのが6代目校長の漆紫穂子氏。メディアに登場する機会も多く、豊富なエピソードを交えた家庭教育、コミュニケーションスキルへの提言は、子育て世代はもとよりビジネスパーソンなどからも幅広く支持を集めている。『伸びる子の育て方』の刊行にあたり、そのエッセンスを6回に分けて語ってもらった。「

2013年5月9日ダイヤモンド社フィードバック数:47キャリアとスキル

ぼくらの給料実態アンケート

安倍晋三政権の掲げた経済対策「アベノミクス」により、上向き始めたと言われる日本経済。政府による異例の賃上げ要求に呼応した大手コンビニや大手自動車メーカーの動きが、春先から世間を賑わせている。安倍首相も「給料が上がる時代を取り戻す」と力強く宣言するが、果たして世の中は本当に賃上げムードにあるのだろうか。そして、これから私たちの給料が増える見込みはあるのか。 ダイヤモンド・オンラインでは、20代~60代の読者を対象に「ぼくらの給料実態アンケート」をサイト上で実施。すると、「これから年収がアップする・

2012年12月7日ダイヤモンド社フィードバック数:385社会/政治

どの政党を選べばいいか分からない読者必見! 生活保護制度へのアンケート結果でわかる各党の本音

急増する生活保護費の不正受給が社会問題化する昨今。「生活保護」制度自体の見直しまでもが取りざたされはじめている。本連載では、生活保護という制度・その周辺の人々の素顔を知ってもらうことを目的とし、制度そのものの解説とともに、生活保護受給者たちなどを取材。「ありのまま」の姿を紹介してゆく。 選挙を控え、さまざまな団体が、各政党にアンケートを依頼している。政党の集合離散の末に回答が得られなかったり、そのような背景もないのに回答が得られなかったり、真摯な回答が得られたり、回答は得られるものの情報量が非常

2012年10月4日ダイヤモンド社フィードバック数:15マーケティング

読者アンケートからわかった「日本人の好きなドラッカー作品」とは?

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。 ダイヤモンド社は、ドラッカーの全著作を初めて網羅した『P.F.ドラッカー完全ブックガイド』(上田惇生著、2012年5月)の刊行を記念して、この6月から8月までの3ヵ月間、「Myドラッカーキャンペーン2012」を開催しました。一番好きなドラッカー作品は何ですか? 結果 1.経営者の条件 2.マネジメント:課題、責任、実践 3.プロフェッショナルの条件 4.

2012年5月8日ダイヤモンド社フィードバック数:77ライフスタイル

30~40代女性は見た目年齢に自信アリ? 約6割が「自分は実年齢より若く見える」と回答

価値観が多様化し、隣の人の考えでさえ分かりづらい現代。注目のテーマについて、みんながどう考えているか気になるところだろう。この連載では様々な統計、調査結果等を取り上げ、その背景にあるトレンドや人々の意識を分析。現代の「日本人の気持ち」=「世論」を探っていく。「若く見られることにこだわりすぎるのはみっともないと思う。でも何もしないと確実に老ける。『若く見られたい』というより『現代の年相応』に見られるようにしたい」 これは、エイジングケアを始めようと思ったきっかけについて聞いたアンケートに寄せられた

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ