調査のチカラ TOP > タグ一覧 > サイバー攻撃

「サイバー攻撃」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

第24回世界CEO意識調査 サイバーセキュリティ編

第24回世界CEO意識調査 サイバーセキュリティ編 2021年1月~2月にPwCが実施した第24回世界CEO意識調査によると、世界のCEOは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックの渦中においてもデジタルトランスフォーメーション(DX)を積極的に推進しており、その動きに衰えは見受けられません。しかしながら、北米と西欧の企業のCEOは、自社の成長見通しに対する脅威のトップに「サイバー攻撃」を挙げており、DX推進の足かせになる可能性があります。今回の世界CEO意識調査では、

2021年6月10日プルーフポイントフィードバック数:0ビジネス

日本の主要銀行の72%が「なりすましメール詐欺」に有効な対策を取っていないことが判明

無料トライアルプルーフポイントのソリューションを30日間お試しいただくことができます。お申込み Threat CenterProofpointのThreat Operation Centerについて学び、Threat Blogとレポートで最新のリスクについての情報を得て下さい。Learn More プルーフポイントの調査により日本の主要銀行の72%が「なりすましメール詐欺」に有効な対策を取っていないことが判明 サイバーセキュリティとコンプライアンス分野のリーディング カンパニーである

第24回世界CEO意識調査

第24回世界CEO意識調査新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が始まって1年を経た2021年1月~2月、第24回世界CEO意識調査では5,050名のCEOに、新たな脅威に対応し、経営モデルを変革し、持続可能な未来を創り出していくための計画について聞きました。 2020年3月11日、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)を宣言したことを公式な節目として、深刻な混乱と苦難の時期が始まりました。それから1年以上が経

2020年3月17日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2019年下半期の攻撃トラフィックレポート

ランサムウェアの悪質化が顕著に、エフセキュアが2019年下半期の攻撃トラフィックレポートを発表 先進的サイバー・セキュリティ・テクノロジーのプロバイダであるF-Secure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Samu Konttinen、日本法人: 東京都港区、以下、エフセキュア) は、2019年下半期 (7月~12月) における攻撃トラフィックに関する調査レポートを発表しました。同期間においては、ランサムウェアの悪質化、感染したIoTデバイスのボットネット、『エターナルブ

第23回世界CEO意識調査

第24回世界CEO意識調査新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が始まって1年を経た2021年1月~2月、第24回世界CEO意識調査では5,050名のCEOに、新たな脅威に対応し、経営モデルを変革し、持続可能な未来を創り出していくための計画について聞きました。 2020年3月11日、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)を宣言したことを公式な節目として、深刻な混乱と苦難の時期が始まりました。それから1年以上が経

2019年10月3日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Incident Response report 2018

インシデントレスポンスの50%超がサイバー攻撃による損害後に依頼Kasperskyのセキュリティ専門チームが、2018年に依頼を受け対処したインシデントレスポンスについて分析した結果、対応依頼の約56%が、依頼のあった組織がサイバー攻撃を受け、不正送金、ランサムウェアによる暗号化やサービス提供が不能な状態など、明らかな被害を受けた後に行われていました。一方、依頼の44%は初期段階の攻撃検知後に対処され、深刻な被害を受ける前に顧客を守ることができました。[本リリースは、2019年8月30日にKas

第22回世界CEO意識調査

第24回世界CEO意識調査新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が始まって1年を経た2021年1月~2月、第24回世界CEO意識調査では5,050名のCEOに、新たな脅威に対応し、経営モデルを変革し、持続可能な未来を創り出していくための計画について聞きました。 2020年3月11日、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)を宣言したことを公式な節目として、深刻な混乱と苦難の時期が始まりました。それから1年以上が経

2018年11月7日NTTデータフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2018年7月~9月)

サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2018年7月~9月)を公開 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、2018年7月から9月のサイバーセキュリティに関するグローバル動向について調査を実施し、セキュリティ被害の抑止を目的に調査結果を公開します。 NTTデータでは、お客さまやNTTデータグループ内でのセキュリティ被害抑止を目的に、ニュースリリースやWeb、新聞、雑誌等の公開情報を収集し、セキュリティに関するグローバル動向を調査しています。このレポートは、サイバーセ

企業のサイバーセキュリティ戦略が頻繁に見直される国、日本‐一方で日本企業の経営陣はサイバーリスクへの備えに自信がない

PwC Japanグループ、「グローバル情報セキュリティ調査2018(日本版)」を発表 ‐企業のサイバーセキュリティ戦略が頻繁に見直される国、日本‐一方で日本企業の経営陣はサイバーリスクへの備えに自信がない2018年6月15日PwCコンサルティング合同会社PwCサイバーサービス合同会社PwCあらた有限責任監査法人PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋)、PwCサイバーサービス合同会社(同、代表執行役:足立 晋)、PwCあらた有限責任監査法人(同、代表執

2018年5月30日KPMG★フィードバック数:0ビジネス

KPMGグローバルCEO調査2018

Myページ会員に登録すると、あなたの興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示されるほか、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。 KPMGジャパンのプライバシーポリシーが更新されました。最新のプライバシーポリシーをご確認ください。 オンライン・プライバシー・ステートメントが更新されました。 プライバシーポリシーが更新されました。最新のプライバシーポリシーをご確認ください。 「KPMGグローバルCEO調査2018」について 「KPMGグローバルCEO調査2

2018年1月17日A10フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年のサイバーセキュリティ状況 - 10の予測

Skip to Content2018年のサイバーセキュリティ状況 - 10の予測 1970年代、アメージング・クレスキンは未来が見える不思議な能力で観衆を沸かせました。彼は暗示を用いることで予測をしていたといわれます。クレスキンは自身を超能力者と呼ばず、エンターテイナーとして振る舞いましたが、彼の予測はよく当たりました。 私たちも、できるだけ努力してクレスキンのように、2018年のサイバーセキュリティ状況を予測してみようと思います。私たちの経験と市場への知見を駆使し、来年起こるであろう10項

2018年1月17日ITRフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

SIEM市場規模推移および予測

2016年度のSIEM市場は前年度比13.7%増と2桁成長サイバー攻撃対策や迅速なインシデント対応への需要が拡大ITRがSIEM市場規模推移および予測を発表 2017年12月12日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のSIEM(Security Information and Event Management)市場規模推移および予測を発表します。 国内SIEM

2017年12月22日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

10月度IoTサイバー脅威分析リポート

10月度IoTサイバー脅威分析リポート10月末に上位6カ国のIoT機器からのサイバー攻撃が急増2017年11月20日 このリポートは、横浜国立大学(学長:長谷部 勇一)と、ソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社(本社:東京都中央区、社長:原山 健一、以下「BBSS」)の共同研究におけるIoT機器を狙ったサイバー攻撃の観測結果を報告するものです。2017年10月度 検知状況【1】 アクセスホスト数・攻撃ホスト数日次のアクセスホスト数、攻撃ホスト数の推移です。図1に示す通り、10月期もIo

2017年10月29日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

9月度IoTサイバー脅威分析リポート

9月度IoTサイバー脅威分析リポート国内のISP配下のネットワークで感染機器の増加を観測2017年10月16日 このリポートは、横浜国立大学(学長:長谷部 勇一)とソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社(本社:東京都中央区、社長:原山 健一、以下「BBSS」)が、2017年6月27日から開始した共同研究プロジェクトにおけるIoT機器を狙ったサイバー攻撃の観測状況を月次で報告するものです。ある国内ISPネットワークにおける攻撃ホストの増加を観測9月までの観測結果から新たな事実が確認されま

2017年8月17日A10フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ビジネスパーソンのサイバー攻撃の被害とセキュリティへの懸念に関する 日本を含むグローバルの調査

Skip to Contentビジネスパーソンのサイバー攻撃の被害とセキュリティへの懸念に関する 日本を含むグローバルの調査の結果を公開日本のビジネスパーソンは、世界平均と比べてサイバー攻撃の被害が半数で、 スマホアプリダウンロード時に最もセキュリティへの懸念を抱かないことが判明 セキュアアプリケーションサービスを提供するA10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は、日本を含むグローバルで実施したスマートフォ

2017年3月8日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃者と組織のセキュリティ担当者が得る報酬の不均衡が判明

McAfee ニュースルームサイバーセキュリティに関する最新のニュースをご覧ください。 パナソニックとマカフィー、車両セキュリティ監視センター(車両SOC)のサービス事業化に向け、車両SOCの構築を共同で開始することに合意2021年3月23日プレス リリースを読む

2017年2月13日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業におけるECサイトのセキュリティ実態調査 2016

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~12時 13時~18時。土日祝祭日を除く) 企業におけるECサイトのセキュリティ実態調査 2016~49.1%が、ECサイトへのサイバー攻撃を受けた経験「あり」

2016年11月3日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

TRIPWIRE 2016 スマートシティ調査ーサイバーリスク

TRIPWIRE 2016 スマートシティ調査ーサイバーリスク6 月に実施された調査では、スマートシティ・テクノロジに関連するサイバーセキュリティの課題について評価を行いました。調査の回答者には、連邦政府および地方自治体で働く 203名の IT プロフェッショナルが含まれていました。「スマートシティは市民に優れた効率性をもたらします。しかしながら、そのような効率化の実現に用いられるインターネット接続がひとたび悪意を持った者に悪用されると、インフラストラクチャに損害を与えたり、人命すら奪われる可能

2016年8月18日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

脅威となるサイバーアクティビティがブラジルで増加を見せ、今後数週間は特に警戒するようFortiGuard Labsが注意喚起

フォーティネットは本日、FortiGuard Labsのサイバー脅威動向に関するグローバルレポートの内容を発表しました。 2016年8月10日フォーティネットジャパン株式会社脅威となるサイバーアクティビティがブラジルで増加を見せ、今後数週間は特に警戒するようFortiGuard Labsが注意喚起グローバルなサイバーセキュリティに関する脅威レポートで、高度な脅威テクニックや依然として多く見られるインザワイルド状態のサイバー脅威に関するデータを公表高性能サイバーセキュリティソリューション

2016年7月7日プルーフポイントフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

QUARTERLY THREAT SUMMARY: 2016年1-3月

ガイド:現代のサイバーセキュリティ今日の高度な攻撃を阻止する方法については、レポートをダウンロードしてください。ダウンロード今 Threat CenterProofpointのThreat Operation Centerについて学び、Threat Blogとレポートで最新のリスクについての情報を得て下さい。Learn More そして、VAPはあなたが予想している通りの人とは限りません。最新の「人を保護する」サイバーセキュリティ脅威レポートでは、誰がどのように標的にされているか、そ

2016年7月5日JPCERT/CCフィードバック数:0ビジネス

2015年度 CSIRT構築および運用における実態調査

近年のサイバー攻撃は、個別の組織や業界を標的とした攻撃、個人の情報や金銭の搾取を目的とした攻撃、政治的な主張や技術力を誇示するための攻撃など、目的や対象、手法が多岐にわたり、事業の根幹を揺るがすような影響を及ぼすものもあります。そのため、組織では、サイバー攻撃への備えが課題となっています。備えの一つとして、発生したセキュリティインシデントに効果的に対処するための組織体制の要となる「Computer Security Incident Response Team(CSIRT)」の構築や運用が進めら

大型連休中のサイバー攻撃に関する調査

[株式会社サイバーセキュリティクラウド] ,Web改ざん WAF 攻撃遮断くん サイバーセキュリティクラウド サーバーセキュリティ DDoS対策 攻撃見えるくん クラウドWAF WAFセキュリティ サイバーセキュリティレポート

2016年5月21日IPA★★フィードバック数:0社会/政治

「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2016」報告書

「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2016」報告書について掲載日 2016年5月10日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 2015年12月に経済産業省とIPAが共同で策定した、“サイバーセキュリティ経営ガイドライン”が公開されました。このガイドラインでは組織の情報セキュリティ対策の推進には経営層の主体的な関与が必要と指摘しています。IPAでは企業経営者の情報セキュリティに対する関与、組織的な対策状況について把握するため、文献・アンケート・ヒアリングの3段階で調査

ESET 日本版ネット常識力レポート2016

ESETが提供するより安全なネット活用のためのセキュリティ情報 NEWSニュース | 最新のニュースをお届けします 2016.5.9 日本のサイバーセキュリティ意識の実態調査の結果2016年1月にESETは、日本におけるセキュリティ意識を把握しようと調査を行いました。日本のインターネットユーザーがサイバーセキュリティに対してどのような受け止め方をしているのか、その知識や理解などの実態を明らかにしようとしました。この記事は、ESETが第三者調査機関に委託した調査の報告書「Japan Cybe

2016年3月19日ITR★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業IT利活用動向調査2016

サイバー攻撃の認知率とリスク重視度が上昇 マイナンバー制度対応は前進するも、多くの企業は道半ば JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査2016」の速報結果を発表 2016年3月17日一般財団法人日本情報経済社会推進協会株式会社アイ・ティ・アール 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC、会長 牧野 力)と株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業672社のIT/情報セキュリティ責任者を対象に共同で実施した「企業IT利活用動向調査2016」の一

Flipping the Economics of Attacks (攻撃の経済的価値の反転)

サイバー攻撃者視点での調査結果発表2日侵入を防げば攻撃者は思いとどまる 次世代セキュリティ企業であるPalo Alto Networks (NYSE: PANW) は、独立調査機関であるPonemon Instituteが実施したサイバー攻撃者の経済的価値を研究するための調査の結果を公開しました。本調査はPalo Alto Networksが後援したものとなります。「Flipping the Economics of Attacks (攻撃の経済的価値の反転)」と題されたレポート(英語・ダウ

2016年3月2日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Trend Labs 2015年 年間セキュリティラウンドアップ

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~12時 13時~18時。土日祝祭日を除く) 情報と金銭を狙ったサイバー犯罪の矛先が法人に 2015年の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロード

2016年3月2日IBMフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年下半期Tokyo SOCレポート

最新の「2015 Securing the C-Suite(2015 IBMセキュリティー・スタディー)」および「Tokyo SOCレポート」を発表 コグニティブ、クラウド、コラボレーションを軸に、セキュリティー事業を展開 2016年2月29日日本IBMは、「2015 Securing the C-Suite(2015 IBMセキュリティー・スタディー)」および「2015年下半期Tokyo SOC情報分析レポート」を発表しました。「2015 IBMセキュリティー・スタディー」は、グローバルで

2016年2月18日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃の検知に関し自信過剰なITプロフェッショナル

Tripwire による調査:サイバー攻撃の検知に関し自信過剰な IT プロフェッショナルエンドポイントにおけるサイバー攻撃の検知に必要な7 つの重要なセキュリティコントロールに関する自信度を評価米オレゴン州ポートランド - 2016年2月11日 - エンドポイント検知/対応、セキュリティ、コンプライアンスソリューションの主要なグローバルプロバイダであるTripwire, Inc.は本日、Tripwireの依頼により Dimensional Research 社が実施した調査の結果を発表しました

2016年2月10日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

物理的損害をもたらすサイバー攻撃を可視化、認識できる手段が欠如していると、エネルギー業界の3分の2が回答

【Tripwire 】ホーム > プレスリリース > Tripwire による調査:物理的損害をもたらすサイバー攻撃を可視化、認識できる手段が欠如していると、エネルギー業界の3分の2が回答 Tripwire による調査:物理的損害をもたらすサイバー攻撃を可視化、認識できる手段が欠如していると、エネルギー業界の3分の2が回答エネルギー業界のITプロフェッショナルのうち、自社の制御技術を標的とするすべての脅威を正確に追跡できているのは、わずか35%にとどまる米オレゴン州ポートランド - 2016年2

2015年8月31日内閣府★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット上の安全・安心に関する世論調査

インターネット上の安全・安心に関する世論調査お願い本報告書の内容を引用されたときは,その掲載部分の写しを下記宛に御送付下さい。内閣府大臣官房政府広報室 世論調査担当〒100-8914東京都千代田区永田町1-6-1電話 03(3581)0070FAX 03(3580)1186目次本報告書を読む際の注意1 調査の概要2 調査結果の概要1.インターネットの安全・安心について(1) インターネットの利用頻度(2) インターネット利用に対する不安感(3) インターネットを利用した犯罪の増減2.インターネ

2015年6月30日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

エネルギー会社のセキュリティ・プロフェッショナルの 86% が重要システムへのセキュリティ侵害を 1 週間以内に検知可能であると回答

【Tripwire 】ホーム > プレスリリース > エネルギー会社のセキュリティ・プロフェッショナルの 86% が重要システムへのセキュリティ侵害を 1 週間以内に検知可能であると回答 エネルギー会社のセキュリティ・プロフェッショナルの 86% が重要システムへのセキュリティ侵害を 1 週間以内に検知可能であると回答Tripwire、400 名のエネルギー会社役員および IT プロフェッショナルのサイバーセキュリティに対する意見を比較ポートランド州オレゴン、2015 年 6 月 25 日発 -

2015年5月15日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2016

「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2016」報告書について掲載日 2016年5月10日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 2015年12月に経済産業省とIPAが共同で策定した、“サイバーセキュリティ経営ガイドライン”が公開されました。このガイドラインでは組織の情報セキュリティ対策の推進には経営層の主体的な関与が必要と指摘しています。IPAでは企業経営者の情報セキュリティに対する関与、組織的な対策状況について把握するため、文献・アンケート・ヒアリングの3段階で調査

2015年2月18日ハミングヘッズ★フィードバック数:0マーケティング

ニュースのデータ分析によるコラムです。

500万記事の解析でみえた報道の深層

ITをもっと身近に。新しい形のネットメディア 【公式ブログ】HH Newsの記者が取材のこぼれ話などを綴るブログです! 南紀白浜で問う「機能しているのか?サイバー攻撃対策」内部犯行、マイナンバーなどについて講演が行われた「第19回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」を詳細に取材。NISC・谷脇康彦氏(政府の動向)、IPA・小松文子氏(内部不正)、弁護士・岡村久道氏(マイナンバー)の3つの講演を中心にレポート。 読むだけがニュースじゃない!独自の超高速マシンを使った ビッグデータの分析結果

2015年2月18日Radwareフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年のDoS/DDoS攻撃「セキュリティレポート」

2014年のDoS/DDoS攻撃「セキュリティレポート」をリリース2015.02.18統合アプリケーションデリバリーソリューションのリーディング・プロバイダーである日本ラドウェア株式会社(東京都目黒区、以下ラドウェア)は、Radware, Ltd.の緊急対策チーム(ERT)が作成した「グローバルアプリケーション&ネットワークセキュリティレポート 2014-2015年」日本語版を公開しました。本レポートでは、サイバー攻撃がその回数、継続期間、複雑さ、攻撃対象などの面で転換点に達していることを指摘し

2014年12月24日大和総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

求められるサイバーセキュリティの人材育成

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 求められるサイバーセキュリティの人材育成 ◆サイバー攻撃は、攻撃意図や対象が多様化するとともに手法も複雑化しており、特に経済・生活基盤への攻撃は被害が甚大になることもある。近年では国を越えたサイバー攻撃の例も見られるため、その脅威は世界中で警戒されている。◆日本では2014年11月にサイバーセキュリティ基本法が成立した。国においてサイバーセキュリティを推進する体制が整備・強化されるとともに、国、地方公

PwCのレポートです。

グローバル情報セキュリティ調査 2015

あらゆるものが高度に複雑にネットワーク化されたサイバー空間を、世界経済フォーラムでは「ハイパー・コネクテッド・ワールド」と名付け、将来的に大きな価値が創出されるものとして期待されています。しかしながら、既にサイバー空間では重大なインシデントが頻発しており、世界のCEOや取締役は、サイバー攻撃を経営リスクとしても認識しています。技術立国である日本には価値の高い知的財産などが多く存在します。また、膨大な個人情報を保有する企業も多くあります。日本企業は、これらの重要資産をサイバーリスクの脅威から、どの

2014年11月20日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

トレンドマイクロのまとめです。

2014年第3四半期セキュリティラウンドアップ

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~12時 13時~18時。土日祝祭日を除く) トレンドマイクロについて プレスリリース 日本と海外の脅威動向を分析した「2014年第3四半期セキュリティラウンドアッ

2014年11月10日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク要登録

脅威予測―2015年とその後 潜在する脅威の顕在化

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~12時 13時~18時。土日祝祭日を除く) トレンドマイクロについて プレスリリース -トレンドマイクロ、2015年以降の国内外の脅威動向を予測したレポートを公開

2014年8月19日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

トレンドマイクロのレポートです。

2014年第2四半期 日本と海外における脅威動向

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~12時 13時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~12時 13時~18時。土日祝祭日を除く) 2014年第2四半期セキュリティラウンドアップ狙われるインターネットの根幹、問われる企業の信頼 Trend L

PwCのCEO調査です。

17th Annual Global CEO Survey Japan Analysis : Fit for the future

第24回世界CEO意識調査新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が始まって1年を経た2021年1月~2月、第24回世界CEO意識調査では5,050名のCEOに、新たな脅威に対応し、経営モデルを変革し、持続可能な未来を創り出していくための計画について聞きました。 2020年3月11日、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)を宣言したことを公式な節目として、深刻な混乱と苦難の時期が始まりました。それから1年以上が経

PwCのグローバル調査です。

第17回世界CEO意識調査

第24回世界CEO意識調査新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が始まって1年を経た2021年1月~2月、第24回世界CEO意識調査では5,050名のCEOに、新たな脅威に対応し、経営モデルを変革し、持続可能な未来を創り出していくための計画について聞きました。 2020年3月11日、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)を宣言したことを公式な節目として、深刻な混乱と苦難の時期が始まりました。それから1年以上が経

2013年12月12日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年サイバー攻撃の「三大脅威」と、2014年の脅威予測は?

2013年サイバー攻撃の「三大脅威」と、2014年の脅威予測は? 2013年も残りあと約半月に差し掛かりましたが、今年も様々なサイバー攻撃やサイバー犯罪が国内の企業や団体、そして個人のインターネット利用者を襲いました。トレンドマイクロでは、2013年に国内で猛威をふるったサイバー攻撃、サイバー犯罪を 2013年のサイバー攻撃「三大脅威」として選定しました。 ■三大脅威 (1)-止まらない Web改ざん2013年には、様々な企業や団体の Webサイトが改ざんの被害にあい、公になった改ざん事例の

2013年12月3日HPフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本でのサイバー犯罪によるコストは50%増、攻撃への対処に要する時間も34%拡大

日本でのサイバー犯罪によるコストは50%増、攻撃への対処に要する時間も34%拡大とHPが発表- セキュリティ・インテリジェンス・ソリューションが影響を軽減し、1組織あたり年間平均8600万円のコスト削減につながることを、今回2回目となる年次調査で明らかに -2013年12月3日日本ヒューレット・パッカード株式会社日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、Ponemon Instituteが実施した日本での調査結果を発表しま

PwCのレポートです。

米国サイバー犯罪調査-2013における主要な発見事項-

米国サイバー犯罪調査‐2013における主要な発見事項‐ 危機感の欠如PwCが米国において実施した、サイバー犯罪調査2013によると、「サイバー犯罪の脅威が深刻になりつつあるにもかかわらず、組織のリーダー達の危機感は依然として希薄である。」という調査結果が導出されました。リーダー達の多くは、自社のサイバーセキュリティ体制を正確に把握しておらず、サイバー攻撃によってもたらされるさまざまなリスクを過小評価し、逆に知らず知らずのうちに攻撃に対する脆弱性を増大させてしまっていることさえあります。一

10Minutes‐サイバーセキュリティの厳しい現実‐

国家や企業を標的にしたサイバー攻撃が世界中で大きな社会問題となっています。これは、もはやITの問題ではなく、組織の存亡に関わる経営課題にほかなりません。特に、インターネットを介した企業間の連携や、事業活動のグローバル化が進んだ現代のビジネス社会では、問題がさらに複雑化しています。ひとたび、顧客情報や製品情報等の機密情報が盗難されたり漏えいしたりすると、組織が受けるダメージは計り知れません。このような中、PwCは、サイバー攻撃から効果的に情報資産を保護するアプローチを提言します。 © 200

2013年8月9日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃後の復旧に要する費用の平均は6,400万円に

サイバー攻撃後の復旧に要する費用の平均は6,400万円に

2013年6月17日カスペルスキーフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

脅威に対して本当に効果的な技術を採用している企業は5社中2社にとどまる

~Windows XPのサポート、長期間にわたる強固なセキュリティの確保、パフォーマンスといった全ての課題を解決~Kaspersky ICS CERT が、ランサムウェア「Cring(クリング)」のあるインシデントを調査した結果、VPNサーバーの脆弱性を利用して標的組織のネットワークに侵入、感染させていたことが判明しました。ランサムウェアの感染により、その企業は製造プロセスを一時的に停止する結果になりました。企業や組織が2021年に直面するサイバーの脅威について議論するとき、必ず話題になるのがラ

2012年12月28日日経BP★フィードバック数:8デジタル家電

IT関連のニュースランキングです。

PC Online 読者が選んだ!2012年の10大ニュース

2012年も残りわずか。今年もパソコンやIT関連では多くのニュースや出来事があった。日経パソコンは、パソコン活用サイト「PC Online」でのアンケートを基に、2012年の10大ニュースをまとめた。911人の回答者のうち、48.8%がパソコン歴20年以上のベテランユーザー。果たして、どのようなニュースを選んだのだろうか。“身近な脅威”に票が集まる 2011年の1位が「大企業や省庁へのサイバー攻撃」だったように、例年セキュリティや犯罪関係のニュースは注目度が高い。今年は3本がランク入りした。 遠

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ