「タカ派」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【7月米FOMC】タカ派の声が強まる?

【7月米FOMC】タカ派の声が強まる? | ニッセイ基礎研究所 【7月米FOMC】タカ派の声が強まる? 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が7月29-30日(現地時間)に開催され、資産購入ペースの縮小(100億ドル/月の減額)が決定された。資産購入額の減額は事前の市場予想の通りだった。声明文

FRBのタカ派、ハト派とテイラー・ルール~政策スタンスと政策金利~

FRBのタカ派、ハト派とテイラー・ルール~政策スタンスと政策金利~

2014年3月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:3月FOMC~フォワードガイダンスを修正、総じてタカ派の印象

BTMU Focus USA Weekly:3月FOMC~フォワードガイダンスを修正、総じてタカ派の印象

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

失業率7%後の世界は謎に包まれたまま ~見通しはタカ派でも、利上げ時期を巡る方針は中立~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年9月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

この方程式はほどほどに 「タカ派=米金利上昇=日米名目金利差拡大=円安」

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年5月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド準備銀、あらためてインフレ「タカ派」姿勢を強調 ~準備銀は政府による構造改革の必要性を示唆~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年4月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 反省会 ~一人くらい筋金入りのタカ派も必要だろう~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年4月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2013年3月)

3 月29 日のCQM は2012 年10-12 月期 (2012Q4)のGDP 統計(確定値)とそれ に対応する2 月の国民所得・消費支出のみ を更新した。 ?その結果、支出サイドでは2013Q1 の実質 GDP 伸び率を2.97%から3.15%へ、所得サ イドでは1.98%から3.45%へとそれぞれ上 方に修正した(図表1)。?? ?連銀エコノミストの中で、ハト派対タカ派 の意見の相違がかなり表面化している。 ?タカ派の代表であるプロッサーフィラデル フィア連銀総裁は低金利政策のコストの大

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ