調査のチカラ TOP > タグ一覧 > デジタル技術

「デジタル技術」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年11月6日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者209人に聞いた テレビCM出稿のDX化に対する意識調査

企業の広告宣伝担当者209人に聞いたテレビCM出稿のDX化に... 企業の広告宣伝担当者209人に聞いた テレビCM出稿のDX化に対する意識調査テレビCM出稿プロセスのDXにより期待されるのは、 デジタル技術活用による業務効率化と、データ活用による事業成果の獲得株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下 サイカ)は、独自の広告調査・研究レポートの第23弾として、「企業の広告宣伝担当者209人に聞いた テレビCM出稿のDX化に対する意識調査」を実施いたしましたの

2020年6月23日INTLOOPフィードバック数:0企業情報システム

新型コロナウイルスの企業のDX推進への影響調査を実施

>> 新型コロナウイルスの企業のDX推進への影響調査を実施 新型コロナウイルスの企業のDX推進への影響調査を実施 企業の生産性向上支援、コンサルティング事業などをおこなうINTLOOP株式会社(よみ:イントループ 本社:東京都港区 代表取締役:林 博文、以下当社)は、企業のデジタルトランスフォーメーションの推進への新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を明らかにするため、当社サービスにご契約いただいている企業を対象に、2020年5月19日(火)~6月12日(金)に「企業のデジタルトラ

2018年9月28日キャップジェミニフィードバック数:0企業情報システム

没入型技術の到来:今後3年間でARおよびVRがビジネスオペレーションの主流となる

没入型技術の到来:今後3年間でARおよびVRがビジネスオペレーションの主流となるーキャップジェミニの最新調査レポートより 新しい調査レポートの所見:1. 没入型技術は、企業の効率性、生産性、安全性を向上させる2. 完全な「仮想」よりむしろ「拡張」現実がビジネスオペレーションをリードする【2018年9月6日:パリ発】キャップジェミニ・リサーチ・インスティテュートは、新しくリリースしたレポートで、「企業は拡張現実(AR)と仮想現実(VR)を活用して、ビジネスオペレーションを強化している」ことを明らか

2018年6月1日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

デジタル技術の活用が化学プラントの収益向上と新規設備投資を促進する要因になることが判明

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――デジタル技術の活用が化学プラントの収益向上と新規設備投資を促進する要因になることが判明 アクセンチュア最新調査――デジタル技術の活用が化学プラントの収益向上と新規設備投資を促進する要因

2018年3月30日JETRO★★フィードバック数:0ビジネス

「2017年度日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」(ジェトロ海外ビジネス調査)結果概要

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 「2017年度日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」(ジェトロ海外ビジネス

2017年11月9日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

デジタル技術をテコに効率化と成長を図る企業は、平均60億ドルの時価総額増が可能

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――デジタル技術をテコに効率化と成長を図る企業は、平均60億ドルの時価総額増が可能 アクセンチュア最新調査――デジタル技術をテコに効率化と成長を図る企業は、平均60億ドルの時価総額増が可能

2017年10月15日ITR★★フィードバック数:0マーケティング

ITR注目トレンド2018

講演資料ITR注目トレンド2018執筆者: ITR | 発行号: 2017-10デジタライゼーションによって、あらゆる産業界においてビジネスの価値観が変わり、デジタル技術を前提としたビジネスモデルが浸透しつつある。将来のトレンドを見据えてビジネスに貢献するIT戦略を推進することは、多くの企業においてますます重要な課題となっている。こうした背景から、ITRでは12のIT戦略テーマならびにその将来予測をまとめた。ダウンロード

2017年8月24日アクセンチュア★フィードバック数:0大型消費/投資

半数以上の金融機関が、顧客体験の向上、デジタルイノベーションの推進、コスト削減を目的に、今後1年間で変革への投資を拡大

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――半数以上の金融機関が、顧客体験の向上、デジタルイノベーションの推進、コスト削減を目的に、今後1年間で変革への投資を拡大 アクセンチュア最新調査――半数以上の金融機関が、顧客体験の向上、

2017年7月4日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――行政機関のデジタル投資と行政課題のギャップを埋めるには、民間企業や市民との連携が効果的 アクセンチュア最新調査――行政機関のデジタル投資と行政課題のギャップを埋めるには、民間企業や市民

2017年5月2日東洋経済新報社フィードバック数:0マーケティング

「CSR企業ランキング」業種別トップ20

最新!「CSR企業ランキング」業種別トップ20電機はハイレベル、KDDIが情報通信首位に 激戦業種を制したのがキヤノンだ(撮影:尾形 文繁) 信頼される会社をCSRと財務の両面から見つける「CSR企業ランキング」。先日の総合ランキングと部門別ランキングに続き、今回は「所属業種別のランキング」をご紹介する(金融・未上場を除く。同業種は別途発表予定。ポイント算出方法など、ランキングについての解説はこちら)。総合ランキングは大手製造業が上位となりやすい。ただ、CSR活動は業種・業態により行える活動

2017年4月26日富士通★★フィードバック数:0企業情報システム

デジタル革新の動向・実態調査

ホーム >プレスリリース >世界15カ国のビジネス・リーダーを対象としたデジタル革新の動向・実態調査を実施 PRESS RELEASE 2017年4月18日富士通株式会社世界15カ国のビジネス・リーダーを対象としたデジタル革新の動向・実態調査を実施デジタル革新の取り組みのうち34%において、売上向上などの成果を確認当社は、世界的なデジタル革新の動向・実態の調査を目的に、世界15カ国の経営層およびそれに準ずる意思決定者(ビジネス・リーダー)1,614名を対象として実施した「グローバル・デジタル革

2017年3月7日日本マイクロソフトフィードバック数:0企業情報システム

日本における「デジタルトランスフォーメーション」推進の重要性について

日本における「デジタルトランスフォーメーション」推進の重要性について [2017年3月1日]マイクロソフトによるアジア地域における調査から、他地域との傾向の違いが明確にPosted by: 岡部 一志コーポレートコミュニケーション本部 本部長マイクロソフトは、この度、アジアの 13 か国・地域※のビジネスリーダーを対象に、最新テクノロジの活用とビジネス変革について調査した「Microsoft Asia Digital Transformation Study」(回答者数:日本の 115 人を含む

2017年3月1日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――機械学習や人工知能(AI)など デジタル技術の導入は、行政機関の人材獲得に不可欠 アクセンチュア最新調査――機械学習や人工知能(AI)などデジタル技術の導入は、行政機関の人材獲得に不可

2016年12月25日東洋経済新報社フィードバック数:0企業情報システム

全上場企業3635社についてデジタル技術の活用状況を調査

全上場企業3635社についてデジタル技術の活用状況を調査

2016年12月23日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――高度なアナリティクス、 機械学習やIoTなどのデジタル技術が 公共サービス機関の変革に貢献 アクセンチュア最新調査――高度なアナリティクス、機械学習やIoTなどのデジタル技術が公共サー

2016年5月11日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

要注意!業績下方修正"常習犯"ランキング

要注意!業績下方修正"常習犯"ランキング3年で8回も約束を破った会社は? 業績の下方修正は株価下落に直結する。決算説明会での経営陣の表情は厳しい(撮影:梅谷秀司) 3月決算企業の本決算発表が4月下旬から本格化する。上場企業は、経常利益や純利益の前期実績、あるいは直前に公表された会社予想に比べて、新たに算出した予想値に、30%以上の乖離が生じた場合などに、開示が義務づけられている。特に今年は、年明け以降、円高の進行や原油価格がさらに下がるなど市場環境が激変。企業業績の下振れ懸念が強まっており、

2016年3月14日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

最新!「新卒採用数が多い」200社ランキング

最新!「新卒採用数が多い」200社ランキングトップ10にはメガバンクなど金融勢が並ぶ 採用数トップは、みずほフィナンシャルグループ(撮影:梅谷秀司) 採用スケジュールの変更が大きな混乱を招いた2016年卒の就活。長期間に及ぶ就活を経た学生も、4月には晴れて社会へと巣立っていく時期だ。一方で、2017年卒の就活は早くも始まっている。就活生の皆さんは、業界・企業研究によって、志望業界・企業を少しずつ絞っている段階だろう。ただ、進めていくと、同じ「会社」なのに、一社ごとの個性や特徴が見えてくるはず

2015年4月26日東洋経済新報社★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東洋経済のランキングです。

最新「CSR企業ランキング」業種別トップ20

最新「CSR企業ランキング」業種別トップ20 ハイレベルな電機、サービスは電通が首位 信頼される会社を、複数のデータから見つけるCSR企業ランキング(総合)。先日紹介したとに続き、今回は「所属業種別から見たランキング」をお届けする(金融・未上場を除く。同業種は別途発表予定、ポイント算出方法など、ランキングについての解説は)。総合ランキングは大手の製造業が上位となりやすい。ただ、CSR活動は業種・業態により行える内容の差も大きい。そのため、各企業のCSRの取り組みを評価する際は全体だけでなく業種

CEO調査です。

第18回世界CEO意識調査 日本分析版

PwC Japan、「第18回世界CEO意識調査 日本分析版」を発表‐日本企業の景況観と成長に向けた取り組みを、世界77カ国の主要企業と比較 日本のCEOの約8割が、今後1年間の成長に自信を示しているが、前年をやや下回る結果に自社が成長する上で重視する国として、日本では引き続き中国が1位となる一方、2位の米国が前年より大きく上昇中長期的な競争への対応では、デジタル技術に関する重要度の認識やダイバーシティへの取り組みで弱い部分も2015年4月22日PwC JapanPwC Japanは本日

2015年3月13日アクセンチュアフィードバック数:0キャリアとスキル

「多様な働き方」に関するアクセンチュアの最新調査

Skip to main content Skip to Footer「多様な働き方」に関するアクセンチュアの最新調査――ダイバーシティを実現するためにデジタル技術の活用は欠かせないものの、デジタル化された職場では「聞く」という行為が難しくなる傾向に【ニューヨーク発:2015年2月26日】アクセンチュアが実施した最新の調査「#ListenLearnLead(聞き、学び、リードする)」によると、グローバルで活躍するビジネスパーソンの多くは「自分自身をよい聞き手である」(96%)と認識する一方で、「

2015年3月12日アクセンチュア★フィードバック数:0ビジネス

アクセンチュアのレポートです。

デジタルビジネスを成長させる:アクセンチュア・モビリティ・リサーチ2015

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――デジタル技術を全面導入することでビジネス変革の可能性がさらに拡大することが明らかに アクセンチュア最新調査――デジタル技術を全面導入することでビジネス変革の可能性がさらに拡大することが

オムニチャネル対応についてのレポートです。

オムニチャネル時代のためのサプライチェーン再構築

グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献する監査法人 私たちは、最先端のデジタル技術を活用し、卓越した知見に基づいた保証業務の提供により、ステークホルダーに高い付加価値を与え、グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献するプロフェッショナル集団を目指しています。よりよい社会の構築への取り組みEYは、優れた知見や高品質なサービスの提供を通して、資本市場と世界経済における信頼の構築に貢献します。あらゆるステークホルダーに対する約束を果たすためのチームを率いる優れたリーダーを育成していきます。そうす

2015年1月22日アクセンチュア★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

アクセンチュアのレポートです。

IIoTによる成功(Winning with the Industrial Internet of Things)

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――IIoTは経済成長を促進させるが、潜在能力を引き出すために政府と企業のさらなる対策が必要将来の労働者が新たなデジタル技術による恩恵を得るために【スイス、ダボス発:2015年1月21日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、経済成長の不確実性がある時代において、インダストリアル・インターネット・オブ・シングス(Industrial Internet of Things、以下IIoT)は、

iSRFの調査です。

第13回 全国スキル調査(2014年)

全国スキル調査 ITスキル研究フォーラム(iSRF)では、1年に1度(概ね夏季)Web上でスキル調査を実施しています。組織内でIT利活用に携わる方、DX推進に携わる方、情報システムやソフトウェア、各種デジタル技術の設計・開発・運用に携わるエンジニアやマネージャーの皆さんが無料で自由に参加できます。調査の診断結果から自分の強みと弱みを客観的に把握でき、今後のキャリアアップに役立てていただくことができます。また、企業においてもIT利活用を推進していくための基礎データとして活用していただけます。また、

PwCの調査です。

デジタル投資の成果を高める5つの行動 ‐第6回 Digital IQ調査‐

デジタル投資の成果を高める5つの行動 ‐第6回 Digital IQ調査‐ PwC USでは、世界36カ国の主要企業の経営幹部を対象に、クラウドコンピューティング、ソーシャルメディア、ビックデータなど先進情報技術への企業の理解と適用状況を調査し、その傾向を明らかにすることを目的に「Digital IQ 調査」を毎年実施しています。本報告書は、「PwC's 2014 Digital IQ Survey」(回答企業1,494社)の回答結果をまとめたもので、デジタルの時代に共通して注視している

第13回不正行為グローバルサーベイ

グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献する監査法人 私たちは、最先端のデジタル技術を活用し、卓越した知見に基づいた保証業務の提供により、ステークホルダーに高い付加価値を与え、グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献するプロフェッショナル集団を目指しています。よりよい社会の構築への取り組みEYは、優れた知見や高品質なサービスの提供を通して、資本市場と世界経済における信頼の構築に貢献します。あらゆるステークホルダーに対する約束を果たすためのチームを率いる優れたリーダーを育成していきます。そうす

EYによるレポートです。

2013年度 情報セキュリティ・グローバルサーベイ

グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献する監査法人 私たちは、最先端のデジタル技術を活用し、卓越した知見に基づいた保証業務の提供により、ステークホルダーに高い付加価値を与え、グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献するプロフェッショナル集団を目指しています。よりよい社会の構築への取り組みEYは、優れた知見や高品質なサービスの提供を通して、資本市場と世界経済における信頼の構築に貢献します。あらゆるステークホルダーに対する約束を果たすためのチームを率いる優れたリーダーを育成していきます。そうす

アジア新興国市場で利益を創出する

グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献する監査法人 私たちは、最先端のデジタル技術を活用し、卓越した知見に基づいた保証業務の提供により、ステークホルダーに高い付加価値を与え、グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献するプロフェッショナル集団を目指しています。よりよい社会の構築への取り組みEYは、優れた知見や高品質なサービスの提供を通して、資本市場と世界経済における信頼の構築に貢献します。あらゆるステークホルダーに対する約束を果たすためのチームを率いる優れたリーダーを育成していきます。そうす

2013年G20アントレプレナーシップ意識調査

グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献する監査法人 私たちは、最先端のデジタル技術を活用し、卓越した知見に基づいた保証業務の提供により、ステークホルダーに高い付加価値を与え、グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献するプロフェッショナル集団を目指しています。よりよい社会の構築への取り組みEYは、優れた知見や高品質なサービスの提供を通して、資本市場と世界経済における信頼の構築に貢献します。あらゆるステークホルダーに対する約束を果たすためのチームを率いる優れたリーダーを育成していきます。そうす

2013年第2四半期 Global IPO Update

グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献する監査法人 私たちは、最先端のデジタル技術を活用し、卓越した知見に基づいた保証業務の提供により、ステークホルダーに高い付加価値を与え、グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献するプロフェッショナル集団を目指しています。よりよい社会の構築への取り組みEYは、優れた知見や高品質なサービスの提供を通して、資本市場と世界経済における信頼の構築に貢献します。あらゆるステークホルダーに対する約束を果たすためのチームを率いる優れたリーダーを育成していきます。そうす

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ