調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ラーニングコンテンツ

「ラーニングコンテンツ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年6月24日月刊総務フィードバック数:0ビジネス

8割以上がまだワーケーションの導入を検討したことがない

8割以上がワーケーションの導入を未検討。ネガティブイメージは仕事と休暇の線引きが曖昧になる8割以上がワーケーションの導入を未検討。ネガティブイメージは仕事と休暇の線引きが曖昧になる 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象に「ワーケーションに関する調査」を実施し、178名から回答を得ました。 調査結果 概要】 リリースはこちら ※グラフはクリックで拡大できます。約半数がワーケーションを「なんとなく理解」ワーケーションとは何か知っているか尋ねたところ、「よく理解している」が22.5%、「なんとなく

2021年4月28日月刊総務フィードバック数:0ビジネス

テレワーク手当の実施率は約3割。福利厚生の課題は「平等性」「制度の利用率」「経営層の理解」など

テレワーク手当の実施率は約3割。福利厚生の課題は平等性、制度の利用率、経営層の理解などテレワーク手当の実施率は約3割。福利厚生の課題は平等性、制度の利用率、経営層の理解など 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象に「福利厚生に関する調査」を実施し、148名から回答を得ました 調査結果 概要 リリースはこちら ※グラフはクリックで拡大できます。テレワーク手当を実施しているのは約3割。実施内容は「毎月一律の金額を支給」が多数テレワークを実施している企業に対し、テレワーク手当を実施しているか尋ねたと

2021年4月16日月刊総務フィードバック数:0ビジネス

コロナ対策やテレワーク推進の影響で、約9割が2020年度に会社全体のデジタル化が進んだと回答

9割が2020年度に会社のデジタル化が進んだと回答。2021年度に求めるものもデジタルツールの導入が最多9割が2020年度に会社のデジタル化が進んだと回答。2021年度に求めるものもデジタルツールの導入が最多 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象に「総務の2020年度の振り返りと2021年度の展望に関する調査」を実施し、139名から回答を得ました。 調査結果 概要 リリースはこちら ※グラフはクリックで拡大できます。約9割の総務が2020年度は仕事の内容が変化した 2020年度を振り返り、コ

2021年1月12日月刊総務フィードバック数:0キャリアとスキル

73.4%が対面研修のオンライン化に着手したが、うち59.0%がオンライン研修を対面に戻したいと回答

73.4%が対面研修のオンライン化に着手したが、うち59.0%がオンライン研修を対面に戻したいと回答73.4%が対面研修のオンライン化に着手したが、うち59.0%がオンライン研修を対面に戻したいと回答 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象に社員研修に関する調査を実施し、113名から回答を得ました。 調査結果 概要 ※グラフはクリックで拡大できます73.4%が対面研修のオンライン化に着手これまで対面で実施していた研修について新型コロナウイルス感染拡大後の実施状況を尋ねたところ、「一部をオンライ

2020年12月2日月刊総務フィードバック数:0キャリアとスキル

テレワークで「会社の方向性を伝えにくくなった」が79.1%。そのうち95.7%が社員のエンゲージメント低下を実感

テレワークで会社の方向性を伝えにくくなったが8割。社員のエンゲージメント低下を実感テレワークで会社の方向性を伝えにくくなったが8割。社員のエンゲージメント低下を実感 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象にモチベーションに関する調査を実施し、253名から回答を得ました。 調査結果 概要 ※グラフはクリックで拡大できます94.5%が新型コロナウイルスの感染拡大以降、社員同士が対面で会う機会が減った新型コロナウイルスの感染拡大以降、社員同士が対面で会う機会に変化があるか尋ねたところ、 「とても減っ

2016年7月19日矢野経済研究所★フィードバック数:0ビジネス

企業向け研修サービス市場に関する調査を実施(2016年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 企業向け研修サービス市場に関する調査を実施(2016年) ~新入社員研修は引き続き増加、定額制研修サービスの利用が拡大~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の企業向け研修サービス市場の調査を実施した。1. 調査期間:2016年4月~6月2. 調査対象:研修サービス事業者、ユーザー企業・団体等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに電話・e-mail等によるヒアリング、文献調査併用<企業向け研修サービスとは>

2016年4月12日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

eラーニング市場に関する調査結果 2016

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 調査要綱矢野経済研究所では、次の要綱にて国内eラーニング市場について調査を実施した。1.調査期間: 2016年1月~3月2.調査対象: eラーニングシステム開発・構築・販売事業者、eラーニングコンテンツ開発・製作・販売事業者、eラーニングを介した研修や講義を提供・運営する事業者(学習塾、語学学校、研修事業者等)、学習ソフトウェア開発・製作・販売事業者等3.調査方法: 当社専門研究員による面接取材及び、電話・FAX・電子メールによるヒアリング、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ