「上方修正」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年4月9日富士通フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2018年3月調査)予測

【PRESS RELEASE】日銀短観(2018年3月調査)予測2018年3月20日株式会社富士通総研日銀短観(2018年3月調査)予測当社は、4月2日に発表される日銀短観(2018年3月調査)の業況判断DIと設備投資計画の予測を行いました。業況判断DI(大企業)は、12月調査に比べ、製造業は横ばい、非製造業はわずかに悪化すると見込まれます。2017年度の設備投資計画(全規模・全産業)は、12月調査から上方修正されると予想されます。業況判断DI:大企業・製造業 26%ポイント、大企業・非製造業

2016年11月24日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「業績計画を増額した236社」ランキング

「業績計画を増額した236社」ランキング早くも「アップルペイ」で利益拡大した会社も アップルペイのような話題の新商品をきっかけに、自社の業績を飛躍させる会社もある(写真:ロイター/アフロ) 円高や国内消費の低迷などを受けて、企業業績の進捗度合いや通期決算の見通しがどのようになるか、株式市場でも注目が高まっている。中間決算(2016年4~9月)の発表シーズンにあった3月決算会社を対象に、9月から11月第1週までに行われた会社の発表を集計したところ、2017年3月期の営業利益計画を期初の計画に比

2015年7月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

6月日銀短観 大企業を中心に業況感が堅調に改善、設備投資も大きく上方修正

トップレポート・コラム経済分析日本6月日銀短観 ここから本文です6月日銀短観大企業を中心に業況感が堅調に改善、設備投資も大きく上方修正サマリー◆日銀短観(2015年6月調査)は、製造業と非製造業のいずれも大企業を中心に業況感が堅調に改善していることを示す内容となった。加えて、2015年度の設備投資計画が大きく上方修正されるなど、企業の投資意欲が高まっている点も注目される。◆大企業製造業の「業況判断DI(最近)」は+15%ptと前回(+12%pt)から改善し、市場コンセンサス(+12%pt)も上回

2015~16年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~15年度:1.8%(上方修正)、16年度:2.1%(下方修正)~

2015~16年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~15年度:1.8%(上方修正)、16年度:2.1%(下方修正)~

2015年1~3月期GDP(2次速報)の結果

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバルビジネスグローバルビジネス本邦企業の海外戦略、進出・提携支援、買収後の事業統合(PMI)や現地経営管理など、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供します。 デ

2015年6月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP二次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2015年1-3月期GDP二次速報 ここから本文です2015年1-3月期GDP二次速報設備投資が緩やかに持ち直し、一次速報から上方修正サマリー◆2015年1-3月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率+3.9%(前期比+1.0%)と、一次速報(前期比年率+2.4%、前期比+0.6%)から上方修正された。実質GDPが2四半期連続のプラス成長となり、成長ペースも加速したという構図は一次速報から変わらず、日本経済が緩やかな持ち直しを続けていることを再確認させる結

2015年6月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度経済見通し~15年1-3月期GDP2次速報後改定

2015・2016年度経済見通し~15年1-3月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し~15年1-3月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2015年度1.8%、2016年度1.9%を予想> 2015年1-3月期の実質GDP(2次速報値)は設備投資の上

2015年6月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期四半期別GDP速報(2次速報値) ~1次速報から大幅上方修正も、4-6月期の下振れリスクは残存~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年6月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP(2次速報値)の予測 ~前期比年率+3.1%と、1次速報から上方修正を予想~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製造工業生産能力・稼働率指数 (平成27年3月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率)、製造工業生産予測指数 製造業の動きから見る日本の景気 結果が更新されない場合は押してください。結果の概要【2019年1月分】 (2019年3月18日発表)製造工業稼働率指数は、99.4で前月比-4.7%の低下であった。製造工業生産能力指数は、98.8で前月比0.0%の横ばいであった。 確報と速報を比べると、生産、出荷、在庫は上方修正、在庫率は下方修正であった。生産の上方修正は、チューハイ・カクテル、スピリッツ等による。冊子、データダウンロー

2015年5月17日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2014/15 年度主要穀物の生産状況等調査結果(第8回)を公表(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は5月12 日、2014/15 年度(10 月〜翌9 月) 第8回目となる主要穀物の生産状況等調査結果を発表した。当該調査は、春植えの夏 期作物(大豆、第1期作トウモロコシなど)と、秋植えの冬期作物(第2期作トウモ ロコシ、小麦、大麦、ライ麦など)の生産予測を毎月発表するものである。これによると、2014/15 年度の主要穀物の作付面積は、5721 万ヘクタール(前年度 比0.3%増)と見込まれている。このうち大豆は、3157 万3000 ヘクタール(同4.

さくらレポート(2015年4月)~景気判断は、全9地域中3地域で上方修正

さくらレポート(2015年4月)~景気判断は、全9地域中3地域で上方修正 | ニッセイ基礎研究所 さくらレポート(2015年4月)~景気判断は、全9地域中3地域で上方修正 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・景気判断は全9地域中3地域で上方修正・業況判断は5地域で改善も、先行きは全地域で悪化・製造業の業況判断は4地域で改善、先行きは7地域で悪化・非製造業

2015年3月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 在庫の下方修正で予想下振れも良好な内容(14年10-12月期実質GDP:確報) ~個人消費が上方修正~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年3月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 下方修正もより良好な内容に改定(14年10-12月期実質GDP:改定) ~設備投資が大幅上方修正~

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

2015年2月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2015年1月)の予測 ~CI一致指数は2ヶ月連続で高い伸び。基調判断は若干の上方修正か~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年2月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2014年12月) ~基調判断は「改善」に上方修正。景気回復局面入りを示唆~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年2月2日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (平成26年12月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率)、製造工業生産予測指数 製造業の動きから見る日本の景気 結果が更新されない場合は押してください。結果の概要【2019年1月分】 (2019年3月18日発表)製造工業稼働率指数は、99.4で前月比-4.7%の低下であった。製造工業生産能力指数は、98.8で前月比0.0%の横ばいであった。 確報と速報を比べると、生産、出荷、在庫は上方修正、在庫率は下方修正であった。生産の上方修正は、チューハイ・カクテル、スピリッツ等による。冊子、データダウンロー

2015年2月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2014年12月)の予測 ~基調判断は「改善」に上方修正の見込み。景気回復局面入りを示唆~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年1月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

FOMC 政策変更を急ぐ必要はない

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC 政策変更を急ぐ必要はない ここから本文ですFOMC 政策変更を急ぐ必要はない国際情勢などを見極める時間があるうちに課題を検討すべきサマリー◆2015年1月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した。声明文のうち、金融正常化に至るまで「忍耐強く」なれるという表現を維持し、3月と4月のFOMCにおける利上げ開始の可能性が低いことを示唆した。◆声明文における経済の現状認識では、米国経済はしっかりとしたペースで加速していると

業績2段階アップの常連企業は買いか

業績2段階アップの常連企業は買いか | ニッセイ基礎研究所 業績2段階アップの常連企業は買いか 金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2015年3月期・第3四半期の決算発表が始まった。昨年4月の消費税率引き上げ、円安進行、原油価格の急落など上場企業を取り巻く経営環境が大きく変化する中、業績上方修正の『常連銘

2015年1月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数確報 (平成26年11月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率)、製造工業生産予測指数 製造業の動きから見る日本の景気 結果が更新されない場合は押してください。結果の概要【2019年1月分】 (2019年3月18日発表)製造工業稼働率指数は、99.4で前月比-4.7%の低下であった。製造工業生産能力指数は、98.8で前月比0.0%の横ばいであった。 確報と速報を比べると、生産、出荷、在庫は上方修正、在庫率は下方修正であった。生産の上方修正は、チューハイ・カクテル、スピリッツ等による。冊子、データダウンロー

2015年1月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2014年11月) ~一致CIは3ヶ月ぶりの低下も、12月分では基調判断が「改善」へ上方修正される可能性あり~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年12月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2014年11月)の予測 ~12月分では基調判断が上方修正される可能性も~

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

2014年12月9日富士通フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2014年12月調査)予測

PRESS RELEASE日銀短観(2014年12月調査)予測2014年12月8日株式会社富士通総研当社は、12月15日に発表される日銀短観(2014年12月調査)の業況判断DIと設備投資計画の予測を行いました。業況判断DI(大企業)は、9月調査に比べ、製造業、非製造業とも悪化すると見込まれます。2014年度の設備投資計画(全規模・全産業)は、9月調査から上方修正されると予想されます。業況判断DI:大企業・製造業 12%ポイント、大企業・非製造業 12%ポイント設備投資計画:全規模・全産業 20

2014年12月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期GDP二次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2014年7-9月期GDP二次速報 ここから本文です2014年7-9月期GDP二次速報コンセンサスを裏切る下方修正サマリー◆2014年7-9月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率▲1.9%(前期比▲0.5%)と、一次速報(前期比年率▲1.6%、前期比▲0.4%)から下方修正された。当社を除く大方の予測機関は二次速報での上方修正を見込んでおり(市場コンセンサス:前期比年率▲0.5%、大和総研予測:前期比年率▲1.7%)、下方修正はネガティブな結果であった。

2014年12月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期GDP(2次速報値)の予測 ~前期比年率▲0.5%と、1次速報から上方修正を予想~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年11月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数確報 (平成26年9月分)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率)、製造工業生産予測指数 製造業の動きから見る日本の景気 結果が更新されない場合は押してください。結果の概要【2019年1月分】 (2019年3月18日発表)製造工業稼働率指数は、99.4で前月比-4.7%の低下であった。製造工業生産能力指数は、98.8で前月比0.0%の横ばいであった。 確報と速報を比べると、生産、出荷、在庫は上方修正、在庫率は下方修正であった。生産の上方修正は、チューハイ・カクテル、スピリッツ等による。冊子、データダウンロー

2014年11月10日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数は着実に増加し一部で賃金増える

トップレポート・コラム経済分析米国米雇用者数は着実に増加し一部で賃金増える ここから本文です米雇用者数は着実に増加し一部で賃金増える2014年10月の米雇用統計:過去分の上方修正で堅調さ維持サマリー◆10月の非農業部門雇用者数は前月から21.4万人増加し、失業率は前月から0.1%ポイント低下して5.8%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を下回ったが、過去分の上方修正によって、20万人以上の雇用増加は9ヵ月続いていることになった。◆業種別の雇用動向は、サービス業では、主にレジャー・娯楽

2014年10月17日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国の牛肉生産量、前月の予測値から上方修正

米国農務省世界農業観測ボード(USDA/WAOB)は10月10日、直近の食肉生産量の見通しを公表した。これによると、2014年の牛肉生産量は前月の予測値から1万6000トン上方修正され、前年比5.3%減の1108万トンとしている。USDAは、上方修正の理由として、トウモロコシなど飼料穀物価格の下落により肥育期間が延びることから、1頭当たり枝肉重量が増加することを挙げている。また、2015年の牛肉生産量も、同じく前月予測値から上方修正された。一方、2014年の豚肉生産量は、1頭当たりの枝肉重量は増

業績の上方修正、“常連企業”の特徴を探る-中間決算から半年先を読む(2)

業績の上方修正、“常連企業”の特徴を探る-中間決算から半年先を読む(2) | ニッセイ基礎研究所 業績の上方修正、“常連企業”の特徴を探る-中間決算から半年先を読む(2) 金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 本レポートの前半「中間決算の業績上方修正は期末に8割の自信」では、中間決算を発表するタイミングで主

中間決算の業績上方修正は期末に8割の自信-中間決算から半年先を読む(1)

中間決算の業績上方修正は期末に8割の自信-中間決算から半年先を読む(1) | ニッセイ基礎研究所 中間決算の業績上方修正は期末に8割の自信-中間決算から半年先を読む(1) 金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら まもなく2015年3月期の中間決算が発表のピークを迎える。過去10年を振り返ると、中間決算を発表す

2014年10月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook あとは上方修正を待つだけ

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の13、先行きは横ばい

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の13、先行きは横ばい | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は1改善の13、先行きは横ばい 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 大企業製造業の業況判断D.I.が13と前回比で1ポイント上昇し、2四半期ぶりとなる景況感の改善が示された。一方、大企業

【2014年8月米小売売上高】個人消費への不透明感は和らぐ

【8月米小売売上高】個人消費への不透明感は和らぐ | ニッセイ基礎研究所 【8月米小売売上高】個人消費への不透明感は和らぐ 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 9月12日、米国商務省が8月の小売売上高を公表した。結果は前月比+0.6%となり、前月改定値(同+0.3%)から加速、市場予想の+0.6%(Bloomberg集計の中央値

2014年8月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 設備投資の大幅上方修正が全体を押し上げ(14年4-6月期実質GDP:改定) ~国内需要は緩やかな拡大基調~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 労働資源の活用が進む兆候

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 労働資源の活用が進む兆候緩やかでもしっかりとした回復ペースへ 2014年8月20日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆4-6月期の実質GDP成長率は1-3月期のマイナス成長からの反動で予想を上回り、1-3月期の統計も上方修正された。今後の見通しに変更はないが、上半期の成長ペースが上方修正されたことに伴い、2014暦年の成長率見通しを引き上げた。◆7月開催のFO

【2014年6月米小売売上高】消費の強さは維持されている

【6月米小売売上高】消費の強さは維持されている | ニッセイ基礎研究所 【6月米小売売上高】消費の強さは維持されている 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:予想は下回ったが基調はほぼ予想通り7月15日、米国商務省が6月の小売売上高を公表した 。結果は前月比+0.2%となり、前月改定値(+0.5%)から低下、市場予想の

2014年7月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年6月日銀短観

トップレポート・コラム経済分析日本6月日銀短観 ここから本文です6月日銀短観増税後の反動減で業況判断は悪化も、設備投資計画は上方修正サマリー◆日銀短観(2014年6月調査)では、業況判断DI(最近)は総じて悪化した。大企業製造業の業況判断が市場予想から下振れしたことはややネガティブ。ただし、悪化の主な要因は消費税増税後の反動減であるという点については想定内の内容であった。◆大企業製造業の「業況判断DI(最近)」は+12%ptと前回(+17%pt)から悪化し、市場コンセンサス(+15%pt)から下

2014~15年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~2014年度1.1%(上方修正)、15年度1.4%(変更なし)~

2014~15年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~2014年度1.1%(上方修正)、15年度1.4%(変更なし)~

2014年6月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期GDP二次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2014年1-3月期GDP二次速報 ここから本文です2014年1-3月期GDP二次速報設備投資が想定以上の上方修正サマリー◆2014年1-3月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率+6.7%と、一次速報(同+5.9%)から上方修正された。市場コンセンサス(同+5.6%)からも大きく上振れしたが、これは設備投資が想定以上に上方修正されたことが主因であり、ポジティブな内容であった。一方、民間在庫は一次速報から大きく下方修正された。ただし、在庫の急減は増税前の駆

2014年6月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期四半期別GDP速報(2次速報値) ~予想外の上方修正だったが、4-6月期の反動減懸念は強まる~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年5月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

シンガポールは緩やかな景気拡大を続ける(Asia Weekly (5/19~5/23)) ~台湾は外需主導で景気底離れするとし、政府は見通しを上方修正~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

知って得する配当の魅力、知らなきゃ損する配当の魅力

知って得する配当の魅力、知らなきゃ損する配当の魅力 | ニッセイ基礎研究所 知って得する配当の魅力、知らなきゃ損する配当の魅力 金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ■配当を増やす企業が増加傾向株式投資では3種類の収益が期待できる。(1)株価の値上がり益、(2)配当による収益、(3)株主優待品の3つだ。とり

2014年3月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

10-12月期法人企業統計と二次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本10-12月期法人企業統計と二次QE予測 ここから本文です10-12月期法人企業統計と二次QE予測経常利益は2四半期ぶりの前期比増加。GDP二次速報は上方修正を予想サマリー◆2013年10-12月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+26.6%と、8四半期連続の増益となった。また、売上高は同+3.8%と2四半期連続の増収となった。売上高が増加するなかで、人件費の削減が進んでいること、変動費率の改善が続いていることで経常利益が大きく押し上げられた格好

2013年12月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本12月日銀短観予測 ここから本文です12月日銀短観予測業況判断は高水準での推移が続く。設備投資計画は上方修正の見込みサマリー◆12月16日に公表予定の2013年12月日銀短観において、大企業・製造業の業況判断DI(最近)は14%pt(前回調査からの変化幅:+2%pt)、大企業・非製造業の業況判断DI(最近)は15%pt(前回調査からの変化幅:+1%pt)と、それぞれ小幅ながら改善が続くと予想する。◆製造業では、円安によって収益と価格競争力を改善させている「自動車

2013年11月22日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

民間調査機関26社が発表した見通しのまとめです。

民間調査機関の経済見通し(2013年11月) ~駆け込み需要を背景に高成長へ。14年度は経済対策による押し上げで上方修正~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年10月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、政府の成長率目標実現の意欲を示したGDP統計 ~7-9月期の予想外の加速を加味し、今年の成長率見通しを上方修正~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年10月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ESPフォーキャスト調査(2013年10月) ~13年度は前年度比+2.80%。14年度は経済対策の反映により上方修正~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

日銀短観(9月調査)予測-大企業製造業の業況判断D.I.は4改善の8を予想

日銀短観(9月調査)予測-大企業製造業の業況判断D.I.は4改善の8を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(9月調査)予測-大企業製造業の業況判断D.I.は4改善の8を予想 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 9月調査日銀短観では、注目度の高い大企業製造業で3四半期連続となる景況感改善が示されると予想する。前回調査以降、ド

2013年9月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年9月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本9月日銀短観予測 ここから本文です9月日銀短観予測業況判断は高水準での推移が続く、設備投資も上方修正サマリー◆10月1日に公表予定の2013年9月日銀短観において、大企業・製造業の業況判断DI(最近)は5%pt(前回調査からの変化幅:+1%pt)、大企業・非製造業の業況判断DI(最近)は15%pt(前回調査からの変化幅:+3%pt)と、それぞれ高水準での推移が続くと予想する。◆業種別に見ると、「自動車」や「電気機械」といった輸出業種で業況判断の改善が見込まれる。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ